大活躍!スノーピークのヘキサタープの張り方アレンジ方法

スノーピークは、日本生まれのアウトドアメーカーとして人気があります。

テントやバーナーなど様々なアウトドア用品を取り扱っていますが、その中でも人気が高いのがタープです。

この記事では、そんなタープの中でもヘキサタープについての特徴や、張り方のアレンジ方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

廃盤のスノーピークのトルテュライト!ブログでの評判は?

スノーピークはアウトドアメーカーでとても有名ですね。その中でも人気のあった「トルテュライト」...

バーベキューをより楽しむために!おしゃれなグッズをご紹介

休日を利用して家族や仲間たちとバーベキューを楽しむ方が増えています。楽しく会話をしながら屋外...

モンベルのロープの量り売り!買うならどれくらいの長さ?

モンベルでは、アウトドアで何かと入り用になるロープを1m単位で量り売りしています。テントの設...

ザリガニ釣りを楽しもう!釣れる時期・時間・場所を教えます

特に田舎育ちの人は、幼少期に一度はザリガニ釣りを経験したことがあるのではないでしょうか。ザリ...

ロゴスで人気のコットアッセムコンパクトベッドで快眠を!

キャンプの夜を快適なものにするために、寝袋やマットと合わせて持っていたいのが、「コット」です。...

バーベキューを手軽に!グリルはコンパクトなものがおすすめ

バーベキューは道具がたくさん必要で、何かと大変そうなイメージを持つ方が多いようです。とくに、...

キャンプで簡単に作れるおしゃれなアウトドア料理をご紹介!

キャンプでの食事をバーベキューばかりでマンネリ化していませんか?最近では、キャンプで作ったお...

トランギアストームクッカーには蓋がない!何で代用するの?

アウトドアギアの1つには、クッカーがありますね。そのクッカーのなかで、人気に火をつけているの...

モンベルのグローブで手指を防寒して冬場の釣りを楽しもう

冬場の釣りは、竿を握る手先が冷えてツライですよね。指先がかじかむと、リグを作りにくくなり...

バーナー以外もすごかった!SOTOのガスランタンの使い方

キャンプなどのアウトドアで、大活躍してくれる優秀なバーナーが人気のSOTOですが、実はバーナーだ...

ダッチオーブンでビーフシチュー!キャンプでも無水は可能?

家族でキャンプへ行くとき、その醍醐味の1つには子どもたちと料理することも挙げられますよね。そ...

キャンプをより快適に過ごすためのテーブル!おすすめは?

キャンプやバーベキューでなくてはならないものの1つがテーブルです。使いやすく機能的なテーブル...

ファウデのテントはおしゃれ!ブログから魅力を探ろう

アウトドアブランドの「ファウデ」をご存知でしょうか。ファウデは、ドイツ製にこだわったアウトド...

釣り初心者が失敗しないために押さえておくべき道具とは?

いざ魚を釣りに行こうと考えたときに、とりあえず釣り竿とエサを持っていけばいいと考えていませんか?...

キャンプ料理をおしゃれな食器で楽しもう!おすすめをご紹介

キャンプで使う食器にはどのようなものを求めますか?テントやシェラフなど先に揃えたいアイテムが...

スポンサーリンク

スノーピークのタープの種類や特徴

まずは、スノーピークのタープの種類についてご紹介していきます。

スノーピークのタープは、その形状から「ヘキサタープ」「レクタタープ」「ペンタタープ」「スクリーンタープ」などに分かれています。

また、アウトドア初心者の方には「エントリーライン」、中級者の方には「スタンダードライン」、上級者の方には「プロライン」と、使う人のレベルによって分かれているのも特徴です。

スノーピークのタープは、どれもスノーピークのこだわりを持って作られていて、使われている素材も上質なものが使われています。

張り方も簡単なものが多く、張り方のアレンジもそれぞれ出来るので、誰もが気軽に使えるのがスノーピークのタープです。

スノーピークの特徴として、製品にあえて保証書を付けず、購入した製品に製造上の欠陥があった場合は、いつでも修理や交換などの対応をしてくれます。

これもスノーピークならではの嬉しい特徴です。

次からは、そんなスノーピークのタープの中から、「ヘキサタープ」の特徴について詳しくご紹介していきます。

スノーピークのヘキサタープの特徴

スノーピークのタープの特徴についてご紹介しましたが、ここからは「ヘキサタープ」の特徴について詳しくご紹介します。

〇ヘキサタープとは?

ヘキサタープというのは、その名の通りヘキサゴン(六角形)の形をしたタープのことを言います。

様々なメーカーから販売されている定番のタープです。

〇ヘキサタープの特徴

ヘキサタープの特徴として、まずはその見た目になります。

スタイリッシュで格好いい見た目なので、多くのアウトドアファンから人気があります。

機能面も優れていて、風に強く様々な環境下で使えるのも特徴です。

張り方も簡単なものが多く、一人で張れるものもあります。

〇張り方のアレンジが出来る

ヘキサタープは、張り方のアレンジ方法がいろいろとあります。

組み合わせるテントや、張る場所の環境などに合わせて最適な張り方をすることで、よりヘキサタープの性能を上げることが可能です。

このように、ヘキサタープには魅力がいっぱいあります。

次からは、スノーピークのヘキサタープについてご紹介していきます。

スノーピークのヘキサタープのラインナップ

ここからは、スノーピーク自慢のヘキサタープのラインナップをご紹介していきます。

〇アメニティタープヘキサ

初めてタープを使う方に最適な、スノーピークのエントリーラインのタープです。

張り方がとても簡単なので、誰でもすぐに使うことが出来ます。

エントリーラインでも、素材と機能性は優れているので、とても満足出来るタープです。

〇HDタープ シールド ヘキサ

アウトドア中級者の方向けのスタンダードラインのタープです。

スノーピークのヘキサタープの王道的存在で、様々なアウトドアシーンで大活躍してくれます。

もちろん張り方も簡単なので、使いたい時にすぐ使えます。

〇HDタープ シールド ヘキサエヴォPro.

アウトドア上級者向けのプロラインのタープです。

開放感にとても優れていて、有効面積も広いので、大人数でのアウトドアで大活躍してくれます。

張り方のアレンジをすることで、テントとドッキング出来る優れものです。

〇ヘキサPro.air

こちらもスノーピークプロラインのタープです。

とても軽量化されているので、持ち運びにも便利で、快適なアウトドア生活を演出してくれます。

このように、スノーピークには豊富なラインナップのヘキサタープが用意されているので、自分のスタイルに最適なヘキサタープを選ぶことが出来ます。

ヘキサタープの張り方アレンジ『ロースタイルなアウトドア』

ここからは、スノーピークヘキサタープの張り方のアレンジ方法について、スタイル別にご紹介していきます。

まずは、「ロースタイルなアウトドア」をされる方向けの張り方です。

ヘキサタープの張り方としては、片側だけのポールを短いものを使って張ります。

そうすることで、タープに傾斜が出来るので、低い側にリビングスペースを設置して、高い側を出入口にします。

リビングスペースには、脚の短いテーブルや座椅子などを用意することで、足を延ばしてゆっくりとくつろげるロースタイルなアウトドアを楽しむことが可能です。

片側が低くなっているので、そちら側が目隠しとなり、プライベートな空間を保つことも出来ます。

他にも、すべてのポールを短くすることで完全にロースタイルなヘキサタープにすることも可能です。

出入口も低いので、出入りする時は不便かもしれませんが、みんなで周りを気にすることなくゆったりとくつろげます。

スノーピークでは、ポールの長さが数種類あるので、その中から自分好みの長さを選ぶようにして下さい。

ヘキサタープの張り方アレンジ『ヘキサタープの壁を作る』

次の張り方アレンジ方法は、「ヘキサタープの壁を作る」方法です。

スノーピークのヘキサタープの片面をロープでペグダウンするのではなく、本体を直にペグダウンすることによって、反対側に「ヘキサタープの壁」を作ってしまうことが出来ます。

この張り方をすることで、片面はとても開放的になりますが、もう片面は完全に目隠しされた状態となり、開放感とプライベートを両立させることが可能になります。

また、風上側の本体を直にペグダウンすると、壁のおかげで内部に風が侵入するのを防ぐことが出来ます。

冬などの冷たい風を防ぎたい時などにも有効な方法です。

多少の雨も防ぐことが出来るので、この張り方を覚えておけば、環境の変化にもすぐに対応することが出来ます。

このアレンジ方法でも、ポールの長さを調節することで、様々なスタイルが楽しめます。

本体を直にペグダウンする時に、なるべく地面との隙間が無いようにするのがコツです。

ヘキサタープの張り方アレンジ『テントとドッキング』

最後に、スノーピークのヘキサタープを「テントとドッキング」させるアレンジ方法です。

ヘキサタープに使うポールの長さを、前後で違う長さのものを使うことで、タープ本体に傾斜をつけることが出来ます。

そのヘキサタープの低い側に、すっぽりとテントの入口部分を潜り込ませることで、ヘキサタープとテントのドッキングが完了です。

これによって、ヘキサタープがまるでテントの延長のようになり、より広々とした快適な空間が作れます。

また、ヘキサタープの両側にそれぞれテントの入口を潜り込ませると、テントとテントをつなぐスロープの出来上がりです。

雨の日などに、濡れることなくテント間を移動することが出来る、とても便利な方法になります。

他にも、ヘキサタープの張り方のアレンジ方法はいろいろとあります。

自分で張り方を開発してみるのも楽しいかもしれません。

スノーピークヘキサタープの張り方アレンジで万能タープに!

スノーピークのヘキサタープの特徴や、張り方のアレンジについてご紹介してきました。

張り方をアレンジすることによって、様々なアウトドアシーンに適応してくれるヘキサタープは、まさに万能タープです。

これを機会に、いろいろな張り方のアレンジに挑戦してみてはいかがですか?