大活躍!スノーピークのヘキサタープの張り方アレンジ方法

スノーピークは、日本生まれのアウトドアメーカーとして人気があります。

テントやバーナーなど様々なアウトドア用品を取り扱っていますが、その中でも人気が高いのがタープです。

この記事では、そんなタープの中でもヘキサタープについての特徴や、張り方のアレンジ方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コールマンのバーナーをメンテナンス!部品選びと交換方法

キャンプやバーベキューの時に、大活躍してくれるバーナー!バーナーは、様々なアウトドアメーカー...

簡単に自分でできる!ネオプレーンウェーダーの修理方法

伸縮性があり保温力に優れたネオプレーンウェーダーは、様々なフィッシングシーンで欠かすことのできな...

コンロの火がつかない原因は!?水?電池?それとも汚れ?

アウトドアでよく使われるアイテムの1つといえば、ガスコンロです。そんなコンロですが、使ってみ...

キャンプで本格コーヒーを!アウトドアでもミル挽きコーヒー

キャンプといったアウトドアを満喫している最中の飲食は、普段よりもおいしく感じますよね。もし自...

トランギアのアルコールバーナー!必要なアルコールの量は?

無骨なシンプルデザインをしており、ミニマムなキャンプを楽しんでいる方から支持を受けているのが、ト...

サイフォン式コーヒーはネルフィルターの交換がポイント?

コーヒーは、私たちにとってとても身近な飲み物です。その味わいと香りは、アウトドアの際の癒しにも...

プリムスのランタン2279とは?プリムス製ランタンの歴史

プリムスといえば、「黄色のガス缶に赤文字」で有名ですね。プリムスはスウェーデン発の会社で、の...

アウトドアで使いたいモンベルの手袋!防水タイプも気になる

寒い時期にアウトドアに出掛ける時、必要なのが手袋です。重い荷物を背負いながら山道などを歩くの...

コールマンドームシェルターの設営は難しい?組立説明書

コールマンのパーティーシェードが進化した「ドームシェルター」はご存知でしょうか?進化したドー...

キャンプをおしゃれに!グッズの選び方とポイントをご紹介!

キャンプで他の方のサイトを見て、「おしゃれだなぁ」と思ったことはありませんか。キャンプで使う...

コールマンのポップアップシェードは設営もしまい方も簡単!

キャンプやピクニック、海などに行くと、日陰で休む場所が欲しくなりますよね。強い日差しの中、大...

アウトドアの調理で大活躍コールマンツーバーナーの修理方法

アウトドアの醍醐味と言ったら、外で食べる美味しい料理ですよね。外で食べることによって、いつも...

キャンプ場の10月は寒い?ブログから学ぶ防寒対策と楽しみ方

キャンプシーズンというと、5月から10月あたりが目安になりますが、10月ともなると、朝晩の冷え込...

バーベキューグッズはおしゃれなものがいい!おすすめは?

バーベキューの基本的な道具やグッズはあっても、「こんなグッズがあったら便利だな」「おしゃれなバー...

ポーラテックのフリースが欲しい!パタゴニアのおすすめは?

フリースのアイテムに関して、「ポーラテック」というワードを耳にしたことがある方もいらっしゃると思...

スポンサーリンク

スノーピークのタープの種類や特徴

まずは、スノーピークのタープの種類についてご紹介していきます。

スノーピークのタープは、その形状から「ヘキサタープ」「レクタタープ」「ペンタタープ」「スクリーンタープ」などに分かれています。

また、アウトドア初心者の方には「エントリーライン」、中級者の方には「スタンダードライン」、上級者の方には「プロライン」と、使う人のレベルによって分かれているのも特徴です。

スノーピークのタープは、どれもスノーピークのこだわりを持って作られていて、使われている素材も上質なものが使われています。

張り方も簡単なものが多く、張り方のアレンジもそれぞれ出来るので、誰もが気軽に使えるのがスノーピークのタープです。

スノーピークの特徴として、製品にあえて保証書を付けず、購入した製品に製造上の欠陥があった場合は、いつでも修理や交換などの対応をしてくれます。

これもスノーピークならではの嬉しい特徴です。

次からは、そんなスノーピークのタープの中から、「ヘキサタープ」の特徴について詳しくご紹介していきます。

スノーピークのヘキサタープの特徴

スノーピークのタープの特徴についてご紹介しましたが、ここからは「ヘキサタープ」の特徴について詳しくご紹介します。

〇ヘキサタープとは?

ヘキサタープというのは、その名の通りヘキサゴン(六角形)の形をしたタープのことを言います。

様々なメーカーから販売されている定番のタープです。

〇ヘキサタープの特徴

ヘキサタープの特徴として、まずはその見た目になります。

スタイリッシュで格好いい見た目なので、多くのアウトドアファンから人気があります。

機能面も優れていて、風に強く様々な環境下で使えるのも特徴です。

張り方も簡単なものが多く、一人で張れるものもあります。

〇張り方のアレンジが出来る

ヘキサタープは、張り方のアレンジ方法がいろいろとあります。

組み合わせるテントや、張る場所の環境などに合わせて最適な張り方をすることで、よりヘキサタープの性能を上げることが可能です。

このように、ヘキサタープには魅力がいっぱいあります。

次からは、スノーピークのヘキサタープについてご紹介していきます。

スノーピークのヘキサタープのラインナップ

ここからは、スノーピーク自慢のヘキサタープのラインナップをご紹介していきます。

〇アメニティタープヘキサ

初めてタープを使う方に最適な、スノーピークのエントリーラインのタープです。

張り方がとても簡単なので、誰でもすぐに使うことが出来ます。

エントリーラインでも、素材と機能性は優れているので、とても満足出来るタープです。

〇HDタープ シールド ヘキサ

アウトドア中級者の方向けのスタンダードラインのタープです。

スノーピークのヘキサタープの王道的存在で、様々なアウトドアシーンで大活躍してくれます。

もちろん張り方も簡単なので、使いたい時にすぐ使えます。

〇HDタープ シールド ヘキサエヴォPro.

アウトドア上級者向けのプロラインのタープです。

開放感にとても優れていて、有効面積も広いので、大人数でのアウトドアで大活躍してくれます。

張り方のアレンジをすることで、テントとドッキング出来る優れものです。

〇ヘキサPro.air

こちらもスノーピークプロラインのタープです。

とても軽量化されているので、持ち運びにも便利で、快適なアウトドア生活を演出してくれます。

このように、スノーピークには豊富なラインナップのヘキサタープが用意されているので、自分のスタイルに最適なヘキサタープを選ぶことが出来ます。

ヘキサタープの張り方アレンジ『ロースタイルなアウトドア』

ここからは、スノーピークヘキサタープの張り方のアレンジ方法について、スタイル別にご紹介していきます。

まずは、「ロースタイルなアウトドア」をされる方向けの張り方です。

ヘキサタープの張り方としては、片側だけのポールを短いものを使って張ります。

そうすることで、タープに傾斜が出来るので、低い側にリビングスペースを設置して、高い側を出入口にします。

リビングスペースには、脚の短いテーブルや座椅子などを用意することで、足を延ばしてゆっくりとくつろげるロースタイルなアウトドアを楽しむことが可能です。

片側が低くなっているので、そちら側が目隠しとなり、プライベートな空間を保つことも出来ます。

他にも、すべてのポールを短くすることで完全にロースタイルなヘキサタープにすることも可能です。

出入口も低いので、出入りする時は不便かもしれませんが、みんなで周りを気にすることなくゆったりとくつろげます。

スノーピークでは、ポールの長さが数種類あるので、その中から自分好みの長さを選ぶようにして下さい。

ヘキサタープの張り方アレンジ『ヘキサタープの壁を作る』

次の張り方アレンジ方法は、「ヘキサタープの壁を作る」方法です。

スノーピークのヘキサタープの片面をロープでペグダウンするのではなく、本体を直にペグダウンすることによって、反対側に「ヘキサタープの壁」を作ってしまうことが出来ます。

この張り方をすることで、片面はとても開放的になりますが、もう片面は完全に目隠しされた状態となり、開放感とプライベートを両立させることが可能になります。

また、風上側の本体を直にペグダウンすると、壁のおかげで内部に風が侵入するのを防ぐことが出来ます。

冬などの冷たい風を防ぎたい時などにも有効な方法です。

多少の雨も防ぐことが出来るので、この張り方を覚えておけば、環境の変化にもすぐに対応することが出来ます。

このアレンジ方法でも、ポールの長さを調節することで、様々なスタイルが楽しめます。

本体を直にペグダウンする時に、なるべく地面との隙間が無いようにするのがコツです。

ヘキサタープの張り方アレンジ『テントとドッキング』

最後に、スノーピークのヘキサタープを「テントとドッキング」させるアレンジ方法です。

ヘキサタープに使うポールの長さを、前後で違う長さのものを使うことで、タープ本体に傾斜をつけることが出来ます。

そのヘキサタープの低い側に、すっぽりとテントの入口部分を潜り込ませることで、ヘキサタープとテントのドッキングが完了です。

これによって、ヘキサタープがまるでテントの延長のようになり、より広々とした快適な空間が作れます。

また、ヘキサタープの両側にそれぞれテントの入口を潜り込ませると、テントとテントをつなぐスロープの出来上がりです。

雨の日などに、濡れることなくテント間を移動することが出来る、とても便利な方法になります。

他にも、ヘキサタープの張り方のアレンジ方法はいろいろとあります。

自分で張り方を開発してみるのも楽しいかもしれません。

スノーピークヘキサタープの張り方アレンジで万能タープに!

スノーピークのヘキサタープの特徴や、張り方のアレンジについてご紹介してきました。

張り方をアレンジすることによって、様々なアウトドアシーンに適応してくれるヘキサタープは、まさに万能タープです。

これを機会に、いろいろな張り方のアレンジに挑戦してみてはいかがですか?