機能的なユニフレームのダッチオーブン!錆びた時の対処とは

ダッチオーブンを使ったことはありますか。

煮る・焼く・蒸すなどの料理ができる便利なダッチオーブン。

人気アウトドアブランドのユニフレームでは、数種類のダッチオーブンを販売しています。

1つあると、キャンプ料理の幅がぐっとあがりますよね。

この記事では、ユニフレームのダッチオーブンを中心に、錆びた時の対処方法などもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノーピークのオフトンは寝心地抜群だけど収納性が弱点

キャンプなどのアウトドアでは、いかに熟睡できるかが体力的にも精神的にも大切になってきます。そ...

コールマン火器のポンプカップを皮に!メリットはあるのか?

コールマン製のランタンやツーバーナーといった火器類に不可欠なのはポンピングです。点火のために...

いつものバーベキューをエビでより豪華に!下ごしらえの方法

エビをバーベキューの食材に使ってみたことはありますか。「下ごしらえが難しそう」「不器用だから...

キャンプを最高に楽しもう!みんなが選んだテント人気6選!

緑に囲まれた気持ちの良い空間でバーベキューをしたり、美味しい料理に舌鼓をうつなど、家族や友人とは...

オフロードで林道ツーリング!地図アプリで経路を予習しよう

ツーリングされる方のなかには、林道などの整備されていない道を走る方もいますよね。そのときはい...

おしゃれなコールマンのレジャーシート!畳みかたは?

レジャーシートはキャンプや遠足、運動会などで大活躍する優れものですよね。そんなレジャーシートは...

ユニフレームのライスクッカーで失敗しない!使い方も簡単!

キャンプでの炊飯というと飯盒が思い浮かびますが、飯盒での炊飯は火加減が難しくて失敗しやすいですよ...

バーベキューでチーズフォンデュを楽しもう!そのやり方とは

バーベキューで、お肉と野菜、魚介類などを焼くのは定番ですよね。その定番に加えて、サイドメニュ...

コンロのグリルに火がつかない!その対処法は?

魚などの焼き物料理をする時に、便利で大活躍するのが、コンロのグリルですね。そんなグリルで料理中...

バーベキューコンロは使い捨てが簡単便利!おすすめもご紹介

バーベキューは、老若男女を問わず人気のアウトドアレジャーですね。しかし、バーベキューコンロの...

キャンプは料理が大事!夏の暑さを乗り切るキャンプ料理

夏のキャンプといえば、シーズン真っ最中、どこのキャンプサイトも賑わう時期です。下界の暑さから...

スノーピークのIGTでキャンプサイトを自分らしく改造しよう

スノーピークのアウトドアギアにはいくつもの看板商品がありますが、IGTもそのひとつといって良いで...

知らないと危険!コールマンのガス缶の処理と捨て方とは?

キャンプでランタンを灯しながら、バーベキューやキャンプならではの料理を堪能して、楽しい時間を過ご...

ユニフレームのロングセラー商品ユニセラ!ロングやミニも!

キャンプというと、大人数のファミリーや仲間とバーベキューをするのが楽しいものですね。しかし、最...

コールマンのテントの上手なたたみ方をご紹介!

キャンプなどのアウトドアで大活躍してくれるコールマンのテント!苦労して設営して、キャンプを楽...

スポンサーリンク

人気アウトドアブランド!ユニフレームの気になる歴史!

まず、アウトドアブランドのユニフレームについて少しご紹介します。

ユニフレームは日本発祥のアウトドアブランドです。

1985年に新潟県燕市で設立されました。

ユニフレームの語源は、「ユニークなフレーム(炎)を想像する」から来ています。

多くのキャンプ用品が作られている金物の町燕市で、ユニフレームの製品は作られています。

金物職人の町である燕市と商人の町である三条市は合わせて燕三条と呼ばれ、「モノづくり地域」としてブランドを確固たる地位にしました。

ユニフレームの商品は、ほとんど日本の職人によって作られています。

多くの製品にステンレス網を素材に使うことによって、錆びにくく、頑丈な作りになっているのも特徴の1つです。

リーズナブルな価格で、丈夫で長持ちする製品を作っています。

焚火台やバーベキュー用のグリルなどの焼き物を中心とするアウトドア用品のシェアは、ブランドの中でもとても高いです。

では、数あるアウトドアブランドの中でも人気の高い、ユニフレームのダッチオーブンについて後述していきます。

ユニフレームと他ブランドのダッチオーブンの特徴とは?

ダッチオーブンは、焼く・炒める・煮る・蒸す・揚げるなど、沢山のバリエーションの調理方法ができるオーブンです。

炭火を蓋の上に乗せれば、中までじっくり火が通り、うまみを逃がしません。

こんな万能な鍋があれば、キャンプでも大活躍してくれそうですよね。

そんなダッチオーブンですが、ユニフレームだけではなく、他のアウトドブランドからも発売されています。

簡単にご説明すると下記のような特徴の違いがあるので、ユニフレームも含めて参考にしてください。

【ブランド名:ユニフレーム】

・素材 黒革鉄板

・シーズニング(使い慣らし) 必要

・IHでの使用 可

・洗剤の使用 可

【ブランド名:ロッジ】

・素材 鋳鉄製

・シーズニング(使い慣らし) 必要

・IHでの使用 不可

・洗剤の使用 不可

【ブランド名:新富士】

・素材 ステンレス製

・シーズニング(使い慣らし) 不要

・IHでの使用 可

・洗剤の使用 可

【ブランド名:ロゴス】

・素材 カーボンと鋳鉄

・シーズニング(使い慣らし) 必要

・IHでの使用 可

・洗剤の使用 可(洗う時は蓋のネジを外して、カーボンと鋳鉄を分けて洗う)

【スノーピーク】

・素材 ダクタイル鋳鉄

・シーズニング(使い慣らし) 不要

・IHでの使用 可

・洗剤の使用 不可

ブランドによってダッチオーブンの扱い方が違うので、注意しましょう。

次項で、ユニフレームの錆びにくく丈夫なダッチオーブンの特徴について、詳しく見てみましょう。

錆びにくく丈夫で洗うのが簡単!ユニフレームの黒皮鉄板のダッチオーブン

ユニフレーム以外のブランドでよく見られる黒い鋳鉄製のダッチオーブンは、溶かした鋳物素材を型に流し込んで作ります。

一方、ユニフレームのダッチオーブンは、「黒皮鉄板」という1枚の鉄板を鍋の形にプレス、成型したものです。

「黒革」とは、鉄を高い温度で熱することで表面が酸化変質して作られる「酸化皮膜」のことです。

酸化皮膜が、黒皮鉄板のダッチオーブンを使用する時に有効に働きます。

では、黒皮鉄板のダッチオーブンの良いところをご紹介します。

●洗剤を使えて簡単・清潔

上述した通り、酸化皮膜で守られているので、洗剤を使って金タワシでゴシゴシ洗えます。

洗った後は、乾かして食用油をぬると良いでしょう。

●錆びにくい

酸化皮膜が表面を保護しているため、赤錆が発生しづらいです。

ただ、しっかり洗えていないと錆びることもあるので、使用後はしっかり洗いましょう。

●丈夫で割れにくい

1枚の鉄板で作っているので、強い衝撃や温度の変化があっても割れにくく頑丈な作りになっています。

ヒートショック(高温のダッチオーブンを水に入れるなど)にも、強いです。

ユニフレームのダッチオーブン!シーズニングで錆びを防ごう

初めてユニフレームのダッチオーブン使用するときには、シーズニング(使い慣らし)が必要です。

もともと錆びにくい黒革鉄板のダッチオーブンですが、より錆びにくくなるので必ず行いましょう。

では、シーズニングの方法をご説明します。

①本体と蓋を別々にして左右のコンロに載せ、空焼きします。

空焼きの時間は20分から30分です。

煙が出るまで加熱します。

②煙が消えて、本体と蓋の色が黒からグレーに変わったら、1度火をとめましょう。

火をとめたら、本体を少し冷まします。

③火をつけ、底に十分に広がる量の油を敷きます。

④油を敷いたら、クズ野菜を入れて炒めます。

こうすることによって、鉄臭さを取り除けます。

この時、野菜を使ってダッチオーブンの側面にもしっかり油をなじませます。

⑤キッチンペーパーなどを使って、さらに油をなじませます。

洗って、しっかりと乾いたら、植物性の油を塗ります。

蓋は空焼きだけで大丈夫です。

簡単なので、「錆びてきてしまった」と感じたらすぐやってみましょう。

ユニフレームのダッチオーブン!錆びてしまった時の対処法とは?

錆びにくいユニフレームのダッチオーブンですが、何度も使っていくうちに表面にしみ込んでいる油分が無くなってしまって、錆びてくることがあります。

そんな時は、まず油料理をしてみましょう。

それでも、錆が取れない場合の対処法をご紹介します。

こちらも簡単にできるので、ぜひお試しください。

①スチールたわしとクレンザーで洗浄していきます。

クレンザーは、オーブンの底に2周りさせましょう。

②ゴシゴシこすります。

錆びを落としたら、水を入れて流します。

この時、ダッチオーブンの底がシルバーになっていることがありますが、黒革鉄板が剥がれたわけではないので安心してください。

③水分を飛ばすために、強火で空焼きします。

④水分が蒸発したら、火をとめます。

⑤本体を少し冷まし、全体的に油をいれます。

⑥キッチンペーパーなどで油をなじませます。

⑦再度、5分間空焼きします。

この手順で行えば、錆びをきれいに取ることができます。

おすすめ!3サイズのユニフレームのダッチオーブンとは?

では最後に、初心者でも簡単に使用できるユニフレームのダッチオーブンのご紹介をします。

【ユニフレーム:ダッチオーブンスーパーディープ 8インチ】

・参考価格 9,900円

・サイズ 20センチ×深さ9.5センチ

・重量 4.2キロ

・満水容量 2.9リットル

【ユニフレーム:ダッチオーブンスーパーディープ 10インチ】

・参考価格 14,601円

・サイズ 26センチ×深さ11センチ

・重量 5.8キロ

・満水容量 5リットル

【ユニフレーム:ダッチオーブンスーパーディープ 12インチ】

・参考価格 16,900円

・サイズ 30センチ×深さ13センチ

・重量 8.8キロ

・満水容量 8.2リットル

これまでご紹介してきた黒皮鉄板製のダッチオーブンなので、とても頑丈で錆びにくく、お手入れ方法も簡単です。

1枚の鉄板を使って作られているため熱の伝導率が良く、ムラなく加熱することが出来るので、初心者の方にもおすすめです。

サイズは上述したように、8インチ・10インチ・12インチと3サイズあります。

ご自身の用途に合わせて、サイズを選んでくださいね。

ユニフレームのダッチオーブンでキャンプ料理作りを楽しもう!

ユニフレームのダッチオーブンの特徴とお手入れ方法などをご紹介しました。

「ダッチオーブンを使った料理を作ってみたいけど、むずかしそう」と感じていた人も多いかと思います。

ユニフレームのダッチオーブンは初心者向けの万能鍋なので、気軽に挑戦できるのが嬉しいです。

この記事を参考にして、ご自身にぴったりのダッチオーブンでキャンプ料理作りを楽しみましょう。