モンベルのゴルフ用レインウェアで雨の日も快適にプレイ!

ゴルフは自然の中で行うスポーツですから、雨の日であったとしても、ゴルフの醍醐味と思わなければなりません。

しかしそうはいっても、雨の日のゴルフは不快だと感じる人が多いことも事実でしょう。

そんなときは、レインウェアをモンベルに変えてみませんか。

機能がしっかりしているモンベルのレインウェアであれば、雨の日でも快適にプレイできますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

今年からキャンプを始める!初心者にお勧めのセットをご紹介

年々キャンプ人気は上昇しています。 「今年こそはキャンプデビューしよう」と考えている方も多いの...

小川キャンパルのラナが便利!簡単設営ドームシェルター!

小川キャンパルのドームシェルター・ラナは、家族で使っても広々とくつろげる居室の広さと設営の簡単さ...

初めてのダッチオーブン!サビに強いユニフレームがおすすめ

「初めてダッチオーブンを買うけど、どれならサビないのだろう…。」と悩んでいる方はいらっしゃいません...

飯盒炊爨?飯盒炊飯?その違いを徹底解説!

みんなでキャンプを楽む時は、野菜切り係や火の準備の係やテントを張る係などそれぞれ分担しますね。 ...

モンベルのジオラインタイツが人気!サイズや厚さが選べる?

モンベルといえば、アンダーウェア素材のジオラインが人気です。 なかでもタイツは、アウトドアの際に...

「ペトロマックスhk500」の点火手順をマスターしよう!

「ペトロマックスhk500」は、その見た目や点火方法など、レトロ感が魅力的なランタンです。 し...

サーモスの魔法びんの仕組みや蓋が開かない時の対処法を伝授

サーモスのマグやスープジャーを使用していると、時々「開かない」などの不具合が出る事があります。 ...

バス釣りに挑戦!バス釣り入門に必要な道具や知識をご紹介!

釣りの中でも、スポーツとして楽しまれているのがバス釣りです。 針にかかったバスは、驚くほどの力...

キャンプを最高に楽しもう!みんなが選んだテント人気6選!

緑に囲まれた気持ちの良い空間でバーベキューをしたり、美味しい料理に舌鼓をうつなど、家族や友人とは...

タープ泊にはスノーピークのペンタとポンタどっちが良い?

ソロキャンプにタープが必要か悩んでいませんか。 それであればいっそのこと、テントをなくしてター...

クーラーボックススタンドって必要?自作・代用アイディア

夏キャンプで大活躍するのが、クーラーボックスです。 冷えた野菜のサラダや新鮮なフルーツを味わった...

バーベキューでの失敗しない火起こしのコツを伝授!

バーベキューで最も時間がかかる準備は「火起こし」でしょう。 しかし、単に炭とマッチを用意して、...

キャンプは女子だけでも!ブログと連携するインスタで楽しく

女子キャンプが人気です。 キャンプといえば、釣り、火起こし、飯盒、BBQなど、なんだか難しそうで...

オートバイで旅をする為のキャンプ道具とリストをご紹介!

オートバイに乗って素敵な湖畔や眺望の良いキャンプ場で過ごす旅は、格別なものがあります。 しかし...

意外と知らないモンベルのカッパの基本的な洗い方をご紹介!

登山やアウトドアアクティビティの必須アイテムであるカッパは、使う機会が多いだけに汗や泥で汚れがち...

スポンサーリンク

雨のゴルフはレインウェアにこだわろう

気持ちの良い晴れた日は、ゴルフ日和ですね。

広がる青空の下、美しい緑に囲まれたコースでプレイするのは最高に気持ちが良いものです。

しかし、屋外で行うスポーツは天候に左右されるリスクも常にあります。

雨や風によって、コンディションが悪いこともあります。

雨のラウンドを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

プロゴルファーが、雨の日でも完璧にパターを入れるのを見たことがありますよね。

雨は関係ない、と思いたいのですが、実際のところ雨の日のゴルフはテンションが下がります。

雨の日のゴルフでは、傘をさしたりレインウェアを着たりするのが一般的な対策です。

ほかにもグローブやシューズを雨用のものにするという人もいます。

中でも、いちばんこだわってほしいアイテムが、レインウェアです。

ゴルフ用のレインウェアは、ゴルフをすることを前提に設計されています。

モンベルなど、大手のアウトドアブランドからも専用の商品が販売されています。

レインウェアはどれも同じと思っていませんか。

レインウェアを変えれば、雨の日のゴルフも楽しくプレイできるかもしれません。

レインウェアは防水性が高いものを!

ゴルフ用のレインウェアは、少々高くても、モンベルなどのしっかりしたブランドのものがおすすめです。

間違っても、安いビニールカッパはやめておきましょう。

スポーツ用ではないため動きづらい上に透湿性もなく、汗だくになって気持ち悪いだけです。

レインウェアに必要な性能、まずは防水・耐水性です。

レインウェアの値段の高さは、この耐水性の高さにも関係しています。

耐水性をあらわす性能数値で、耐水圧20,000mm以上のものを選びましょう。

これは生地に染みこもうとする水の力を抑える性能数値で、レインウェアがどのくらいの水圧に耐えられるのかをあらわします。

耐水性や防水性はJIS規格で定められており、耐水圧2,000mm以上のものがレインウェアと認められます。

ゴルフをするためには、その10倍程度の耐水性が必要です。

耐水圧20,000mmというのは、生地の上に1cm四方の柱を立てて、その柱に20,000mmの水を入れても耐えられるという意味です。

20,000mmというのはつまり20mですから、かなりの水圧に耐えることができます。

ゴルフをすると、さまざまな動きをします。

ボールを打つだけでなく、濡れた地面に膝を付いたり、屈んだり、いろいろな部分に圧力がかかりますので、これくらいの耐水圧が必要なのです。

モンベルのレインウェアは耐水透過性が抜群!

レインウェアに必要な性能は、耐水性だけではありません。

耐水性と同じくらい重要な性能として、透湿性が挙げられます。

透湿性(透湿度)とは、体の蒸れや水蒸気を排出する性能です。

ゴルフなどの運動をすると、人間の身体からは汗が出ます。

この汗が気化して体を冷却するのです。

しかし、安いビニールカッパでは透湿性がないため汗が気化できず、蒸れて不快な状態になります。

レインウェアでは、雨水は防ぎ、汗や水蒸気は排出する、という機能が重要なのです。

そして、その機能を兼ね備えた素材として有名なのがGORE‐TEX(ゴアテックス)です。

モンベルを代表するレインウェア「ストームクルーザー ジャケット」でも、ゴアテックスが採用されています。

このゴアテックスのおかげで、高い耐水性と透湿性を持つことができるのです。

雨の中でのプレイ中は、「蒸れない」ことが快適性に直結します。

ゴアテックスであれば、少々の雨であれば気にならないくらい快適にゴルフを楽しむことができますよ。

さまざまなシーンで着回しできるモンベルのウェア

ほかにも、ゴルフのレインウェアで押さえておきたいポイントをご紹介していきます。

ゴルフの動きといえばスイングです。

レインウェアにはコート型のものもあるのですが、スイングの動きを妨げないような上下タイプのレインウェアを選びましょう。

先ほどもご紹介したモンベルのストームクルーザーはジャケットとパンツが別売りになっています。

そのため、上下で違うサイズを選ぶこともできますし、ジャケットとパンツを違う素材にすることもできます。

ファッションという意味でも、カラーバリエーションを楽しむことができますね。

雨の具合に合わせてジャケットだけ、パンツだけという着回しもできますので、上下で用意しておくのがおすすめです。

メンズ、ウィメンズ両方のモデルがありますので、レインウェアだけでなくアウターとして、ウィンドブレーカーとして使うこともできますよ。

ゴルフのときだけでなく、日常のファッションに取り入れてもおしゃれですよ。

雨のゴルフのもうひとつのお供、モンベルのレインハット

雨の日のゴルフはレインウェアの着用がおすすめなのですが、レインウェアを着るほどでもないという小雨のときもあります。

そんなときにおすすめのアイテムが、レインハット(帽子)です。

また、レインハットはレインウェアと一緒に使うと雨を忘れるくらい快適なプレイができます。

雨水が服の中に侵入してくると考えられる箇所は、

・襟首
・手首
・足首

などの首関節の部位です。

中でも襟首は雨が当たりやすい部位ですので、ここから雨水の侵入を防ぐキャップの存在は大切なのです。

レインハットも、レインウェアと同様にきちんとした素材のものを選ぶようにしましょう。

モンベルでは、全天候型のキャップを販売しています。

キャップ型、ハット型とありますが、どちらもゴアテックスでできており、防水透湿性は抜群です。

おすすめは、「モンベル ゴアテックス クラッシャーハット」です。

透湿性があるため、頭部の蒸れも気になりません。

襟元への雨だれを防いでくれるハット型で、ひさしに芯が入っていないため使わないときはコンパクトにたたむことができます。

フードをかぶるよりも視界が確保できるため、雨の日のゴルフのストレスを緩和してくれますよ。

ぜひ、レインウェアと一緒に使ってみてください。

ゴルフのあとはレインウェアのお手入れ

モンベルのレインウェアは、機能はしっかりしているものの、やはりレインウェアとしては少しお高めです。

きちんとメンテナンスをして、長く使いたいですよね。

レインウェアは、洗えないと思われているかもしれませんが、実は洗えます。

むしろ、洗わないと機能が落ちてしまうため、ゴルフなどで使用したあと、汚れはしっかりと落としましょう。

撥水加工が施されているレインウェアは、洗って汚れを落とすと撥水機能が回復しますので、定期的に洗濯することで長持ちします。

洗濯の際には、アウトドアウェア用の専用洗剤を使ってください。

モンベルでも洗剤を販売しています。

「O.D.メンテナンス ベースクリーナー」です。

レインウェアだけでなく、ソフトシェルやテント、バックパックも洗うことができます。

レインウェアの洗濯機での洗い方を簡単にご説明します。

①ひどい汚れがある場合、ベースクリーナーを直接汚れに塗っておきます。

②レインウェアはジッパー、ベルクロなどすべて閉めて洗濯用ネットに入れます。

③ベースコートを規定の分量洗濯機に入れ、手洗いコース(デリケート洗いコース)で洗います。

④すすぎはしっかり、標準コースの2倍ほど行いましょう。

⑤脱水はしないでください。

⑥乾燥機で乾かします。

熱を加えると、撥水機能が回復します。

乾燥機がない場合は自然乾燥し、乾燥したらあて布をして中温でアイロンをかけます。

レインウェアは、一度使うと思ったよりも汚れが付着しています。

使ったら洗うようにすると、機能が劣化せずに使い続けることができますよ。

雨の日は練習のチャンスと思おう

雨が降ると、ゴルフに行きたくなくなってしまいますよね。

普通のコースが難しくなりますし、集中力も途切れます。

しかし、きちんと準備をしていれば意外と雨の日も楽しめるものです。

芝が濡れてショットが難しいと思いますが、それも練習です。

むしろ雨の日は練習のチャンスだと思えば、楽しめるかもしれませんよ。