キャンプやバーベキューの道具を使いやすく収納しよう!

キャンプやバーベキューをするためには、いろいろな道具が必要になります。

その中にはテントやタープ、バーベキューグリルなど、かさばるものもたくさんあります。

そうなると困るのが収納問題ですよね。

家に道具があふれてしまって困っているという人も多いはずです。

そこで今回は、キャンプやバーベキュー道具の収納について考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

周りと差がつくキャンプ料理!朝食におすすめな簡単メニュー

キャンプ料理のメインは夕食だけにあらずです。 自然豊かな景色と美味しい空気の中で食べる朝食は、...

ホワイトガソリンと灯油は全くの別物!違いと注意点について

キャンプ用品で使用する燃料の「ホワイトガソリン」と「白灯油」。 共に「白」や「ホワイト」と付い...

お洒落キャンパー必見!ケルティのノアズタープ16をご紹介

自然の中でキャンプをする際、テントと一緒にタープを使う方もいるのではないでしょうか。 日よけや...

キャンプに必要な道具とは?おすすめをシーン別にご紹介

キャンプに行こうと思い立った時に、まず何から用意したら良いかわからない方も多いことでしょう。 ...

秋冬キャンプを快適に!布団乾燥機・その他暖房アイテム

キャンプは1年を通して楽しめるアウトドアです。 季節ごとにそれぞれの楽しみ方がありますが、夏のハ...

石油ストーブの臭いで目が痛いのはなぜ?一酸化炭素の影響?

石油ストーブは昔から多くのご家庭で使われていて、冬が近づくと石油ストーブの独特の臭いを思い出す、...

キャンプで料理をする時に持っていると便利なグッズをご紹介

キャンプに行ったら大自然のなかで食べる料理も楽しみの1つです。 キャンプではアウトドア料理に挑...

ローバーの登山靴を修理に出して長く履こう!注意点と対処法

ローバーはドイツの老舗登山靴メーカーで、今では日本にもファンが多い登山靴メーカーです。 最近では日...

キャンプでの焚き火には焚き火台がマスト!おすすめ製品紹介

キャンプの醍醐味と言えば『焚き火』です。 燃える炎を眺めていると、不思議と心が癒されてきますよ...

スノーピークのタープで焚き火はできる?焚き火台って何?

キャンプに焚き火は定番ですが、雨が降ってしまったときは残念ですよね。 そんなとき、焚き火タ...

コールマンのスポーツスター!使い方とメンテナンス解説!

キャンパーのみなさんは、コールマンを愛用しているという方も多いですよね。 数多く発売されている...

バーベキューの主役!おすすめのお肉の種類や部位をご紹介!

バーベキューの主役といえばお肉ですよね。 バーベキューではどんなお肉でもご家庭でいただくお...

ユニフレームのダッチオーブン!サイズ展開は8インチから!

アウトドアメーカーのユニフレームからは、バーナーや焚き火台など、アウトドアでの活動をサポートする様...

ストウブ鍋の熱い取手に!オススメ鍋つかみと型紙不要のDIY

皆さんは、ストウブのお鍋をお使いですか? ストウブの鍋は、料理を美味しく作れるだけでなく、ダッ...

コンロの火がつかない時のチェック箇所!症状は両方?片方?

料理をしようと思ったら「コンロの火がつかない」なんて体験をしたことはありますか? 故障かなと慌て...

スポンサーリンク

キャンプ道具やバーベキュー道具、どうやって収納する?

キャンプやバーベキューを趣味にすると大変なのが、使わないときの道具の収納です。

この問題は、多くのアウトドア好きが悩んでいる問題でもあります。

キャンプ道具やバーベキュー道具は、普段の生活に使うものではありません。

つまり、使わないときは収納しておかなければならないということになります。

しかし、雑に収納してしまうといざキャンプやバーベキューをするときに取り出しにくいというハプニングが発生してしまうので、持ちだしやすくしておかなければなりません。

この両方を成立させるのは難しく、多くのキャンパーが頭を悩ませています。

キャンプ道具やバーベキュー道具はかさばるものが多いです。

そして、新しい道具も欲しくなり思ったより増えてしまうこともありますよね。

キャンプ道具やバーベキュー道具を収納するときの基本的な考え方を見てみましょう。

●一ヶ所にまとめる

倉庫や物置など、ある程度大きな収納場所があるのであれば、一ヶ所にまとめて道具を収納しましょう。

まとめておくことで、道具の量や大きさを把握することができます。

持ちだすときもラクです。

●縦方向の空間を活用する

収納スペースに限りがある場合は、縦方向の空間を上手に活用しましょう。

背の高いラックや棚を使うと、天井近くまでの空間に収納することができます。

重い道具が多い場合には、頑丈なスチール製の棚がおすすめですよ。

また、縦方向の収納はものを見つけやすいという利点もあります。

ボックスを使えば道具をまとめて収納できる

大雑把ではありますが、前項でご紹介した方法で大きなキャンプ道具やバーベキュー道具をなどを収納することができると思います。

そしてさらに工夫をすると、もっと快適に道具を収納&使用ができるようになりますよ。

●ボックスやコンテナを使う

テントやタープ、バーベキューコンロやダッチオーブンなどの大きな道具は収納しても見つけるのが簡単ですが、小さな道具はいったん収納してしまうと迷子になりがちです。

調理道具やバーベキューで使う燃料などのこまごまとしたものは、ボックスやコンテナなどにまとめて入れておくと迷子になりません。

用途や種類別に分けてボックスに収納すると、使用するときの使い勝手も良いです。

そのまま車に積むこともできるので、持ち運びもラクですよ。

ボックスやコンテナにはいくつか種類がありますので、中に入れるものによって使い分けましょう。

キャンプやバーベキューにおすすめの収納ボックス

収納ボックスの中から、キャンプ道具やバーベキュー道具を収納するのにおすすめのものをいくつかご紹介します。

●RVボックス

頑丈で防水性があり屋外使用も可能です。

耐荷重もしっかりあるため、積み重ねもできますし、イスとして使うことができるものもあります。

防水機能が付いているため、収納スペースに余裕がないというご家庭は、RVボックスに道具を収納してベランダやデッキに置いておくということもできます。

●コンテナ

プラスチック製のものがほとんどで、サイズ展開が豊富です。

中が見える透明タイプがおすすめです。

留め具が付いていてふたが固定できるようになっているものであればホコリが入らず、衛生的に道具を収納できます。

ほかにも折りたたみ式や引き出し式などさまざまな種類のものがあり、目的によって使い分けることができます。

●ソフトボックス

柔らかい素材でできたボックスで、ちょっとした隙間を使って収納することができます。

使わないときはたたんでおけるのも良いですね。

同じシーンで使うものは一緒に収納する

ボックスやコンテナを使った小物収納は、ちょっとしたコツで使い勝手がグンと良くなります。

大きなボックスは容量もたっぷりですから、どんどんものを詰め込みたくなるかと思いますが、ただ詰め込めば良いというわけではありません。

使うときのことを考えて道具を収納しましょう。

例えば、バーベキュー道具を収納するとします。

バーベキューのボックスには、コンロや軍手、火ばさみ、着火剤、チャコスタなど、バーベキューに必要な道具をひとまとめにして収納します。

同じように、調理器具のボックスには包丁やおたま、お皿やラップなどをまとめて収納します。

使うシーンが同じものをまとめて収納しておくと、使うときにあちこち探さずに済みますし、道具を見つけやすくもなります。

「大きなボックスをいくつも持っていけない」というのであれば、ボックスの中をさらに小さなボックスで仕切って収納しましょう。

小さな透明ボックスで小分けにすると、大きなボックスの中が整然として見やすく使いやすいですよ。

こだわりのキャンプ道具やバーベキュー道具は見せる!

さて、これまでキャンプ道具やバーベキュー道具の収納についてお話ししてきました。

家の中の限られたスペースでも、工夫することによって使いやすく収納することができるということがわかりましたね。

ここで発想を変えてみましょう。

収納は道具を隠すことではありません。

こだわりのキャンプ道具やバーベキュー道具は、「見せる収納」でインテリアとして活かすこともできるのです。

「しまう」のではなく「見せる」収納にもチャレンジしてみましょう。

例えば、使い込んだダッチオーブンは味があって、キッチンに置いておくだけで雰囲気があります。

また、ソロ用の焚き火台は小さくてかわいいので、インテリアとしても飾りやすいです。

これがあるだけで、一気にお部屋にアウトドア感が溢れますね。

ほかにも、シエラカップを集めているのであればそれを壁にかけてディスプレイするのもおしゃれです。

ひとつひとつ集めていくのも楽しくなります。

思いきりインテリアをアウトドア風にするのも良し、さりげなくインテリアに紛れ込ませるのも良し、センスの見せどころですね。

収納としてもインテリアとしても◎のアイテム

インテリアとしてキャンプ道具やバーベキュー道具をディスプレイするのはセンスが必要なため、難しいと感じる人もいるでしょう。

収納力もあり、おしゃれなインテリアにもなる強力なアイテムがあります。

●スノーピーク シェルフコンテナ

頑丈なコンテナとして持ち運ぶことができるうえ、設置して広げるとシェルフとしても使うことができるすぐれモノです。

2サイズあり、以下のような大きさになっています。

・シェルフコンテナ 25…520×325×210(h)mm
・シェルフコンテナ 50…625×405×270(h)mm

耐荷重は約20キロで、3段まで重ねることもできます。

ガルバニウム鋼板の本体がインダストリアルな雰囲気ですが、持ち手の竹材が無骨な雰囲気を和らげ、おしゃれ感を高めています。

このコンテナであれば、おしゃれなインテリアとしてリビングに置いておいてもカッコいいですね。

キャンプ道具やバーベキュー道具を入れておいても良いですが、マガジンラックなどの用途でインテリアに使っている人もいるようですよ。

キャンパーとしての腕が試されるかも?

キャンプやバーベキューでは、準備と撤収がいちばん大変な時間です。

キャンプ道具やバーベキュー道具がきちんと収納されていないと、準備の段階で疲れてしまいかねません。

そうなると、本番が楽しめませんよね。

キャンプやバーベキューと収納はセットと考えておくと良いですよ。

キャンパーとして本当の腕が試されるのは、収納のときかもしれませんね。