通気性はアウトドアスニーカーに必須!?カラーは白が人気?

通気性のよいアウトドアスニーカーを選ぶのにはポイントがあります。

選び方を間違えると、有意義なアウトドアの妨げにもなり得るでしょう。

また、アウトドアスニーカーといえば、黒や茶などの暗いカラーが一般的ですよね。

ですが、近年はアウトドアスニーカーをタウンユースとして使用するのが人気です。

白などの明るい色を選んで、おしゃれのワンポイントとして楽しむ人もいます。

これらをふまえて、今回はアウトドアスニーカーの魅力に迫ります。

アウトドアスニーカーは用途で選ぶ

一口にアウトドアスニーカーと言っても、様々な種類があります。

先述した通り、用途によって選ぶことが大切です。

主なアウトドアスニーカーの種類をみてみましょう。

【ローカットスニーカー】

足首の動きが自由になりやすく、キャンプにおすすめです。

足の固定が強すぎないため、暑い日でも快適に履きやすいのもよいですね。

フェスなどでも活躍します。

またハイカットなどに比べ、カラー展開が幅広いのも特徴です。

白などの明るいカラーをタウンユースとして使用するのが人気なのも納得できますね。

【ミドルカットスニーカー】

足首がローカットに比べて固定しやすいのが特徴です。

ハイキングにおすすめです。

安定した足運びにも役立つため、山歩きなどにもよいでしょう。

【ハイカットスニーカー】

高山などの難易度の高い登山に適しています。

足首の固定が強く、足全体をしっかりとサポートしてくれます。

登山は荷物が多いのも特徴です。

その際の安定した歩きにも、ハイカットは役立ちます。

足に負荷がかかりやすい登山では、ハイカットを選ぶとよいでしょう。

またアウトドアスニーカーに共通して重要なのが、通気性などの機能です。

事項では、機能についてみていきましょう。

アウトドアスニーカーと通気性の関係

アウトドアは外での活動のため、選ぶアウトドアスニーカーの機能が重要です。

とくに大切なのが、前項でも触れた通気性です。

通気性がないと、足にどのような影響が出るのかみていきましょう。

靴の不快な症状として挙げられるのは、足の蒸れです。

これには、湿度が大きく関係しています。

ある会社が計測した、靴のなかの湿度のデータをご紹介しましょう。

それによれば、1日のうち8時間に渡り、90%を超える湿度が計測されたのです。

冷房を効かせた涼しい部屋であっても、同じ結果が出ました。

また、このときの最高湿度は99.4%にも及んだのです。

その後靴を脱いでしばらく経つと、湿度の低下がみられました。

湿度が高くなる原因として、汗が挙げられます。

身体には、汗腺という器官が多く存在します。

なかでも足の裏には無数の汗腺があるため、最も汗をかきやすい部分なのです。

足の裏は、靴や靴下などに覆われている状態が多く、汗が溜まります。

アウトドアスニーカーに通気性が備わっていれば、汗による湿度の上昇を抑えることができます。

これらに関しては、アウトドアスニーカー以外の靴にも当てはまるといえるでしょう。

また通気性をより効果的にするには、履いた後のお手入れも大切です。

例えていうならば、白く洗い上げるようなお手入れが目安となります。

白をより白く?アウトドアスニーカーの通気性を損なわないお手入れ方法

ここでは、アウトドアスニーカーのお手入れについてみていきます。

【用意するアイテム】

・中性洗剤
・割りばし
・新聞紙
・スポンジ
・防水スプレー

①まず、中敷きや靴ひもを外します。

これらを中性洗剤で洗いましょう。

②靴底を洗います。

砂や石が挟まっていることがあります。

この状態でアウトドアスニーカーを履くと、グリップ力の低下の原因になります。

滑りやすくもなり、危険です。

しっかりと割りばしで取り除きましょう。

③アッパーを洗います。

スポンジに水を付けて丁寧に洗いましょう。

アッパーが白などの汚れが目立つカラーの場合は、特に念入りにしましょう。

スポンジの代わりに、タオルでも代用できます。

その場合、タオルはよく絞ってから使用してください。

④新聞紙の上に置き、乾かします。

アウトドアスニーカーの中に水分が残らないよう、しっかりと乾かしてください。

⑤防水スプレーをかけます。

ムラにならないよう、全体にかけてください。

注意点として、じゃぶじゃぶと洗うのはおすすめしません。

アウトドアスニーカーの通気性や防水性を損なうおそれがあります。

防水スプレーは使い方を間違えると変色や白いシミができる!?

防水スプレーは、前項の通りアウトドアスニーカーのお手入れに大きく役立ちます。

ですが、防水スプレーを使用したことにより、白いシミができてしまうこともあります。

どのような場合に起こるのか、詳しくみていきましょう。

まず、使用できる素材は防水スプレーの種類により異なります。

注意書きにも詳しく記載されているため、よく読んでおきましょう。

主な例として、合成皮革やエナメルなど、防水スプレーに適していない素材があります。

アウトドアスニーカー本来のツヤを奪う原因にもなりますので注意しましょう。

また、ヌバックやスエードもアウトドアスニーカーで人気の素材ですよね。

これらの素材には、専用の防水スプレーを使用する必要があります。

変色や白いシミの原因になるため、注意しましょう。

上記以外にも、オイルや、ろうを含む素材はどうでしょう。

これらは、防水スプレーが浸透しない場合があります。

また、皮の風合いや通気性を損なうことにも繋がります。

専用のスプレーを使用しましょう。

このように、素材に合った防水スプレーの使用が大切です。

アウトドアスニーカーのお手入れに!おすすめアイテム

ここでは、アウトドアスニーカーのお手入れに役立つアイテムをご紹介します。

【コロンブス 靴ブラシ 豚毛ブラシ102】

・サイズ:全長14.5㎝
・材質:木部/ブナ 毛部/豚毛
・原産国:中国

豚毛を100%使用したブラシです。

アウトドアスニーカーの表面の細かいほこりなども、取り除くことができます。

裏起毛の素材の毛流れを整えることにも役立ちます。

毛先の柔らかさも特徴で、素材を傷つける心配がありません。

クリームをのばすのにも使用できます。

注意点として、ブラシに以前使用したクリームが付着していないか確認しましょう。

白などのアウトドアスニーカーの場合、その色が移ってしまうこともあります。

クリームをのばすのに使用した後は、ブラシの汚れを落としておきましょう。

【コロニル アウトドアアクティブバイワックススプレー】

・対応素材:オイルヌバック、オイルレザー
・容量:200ml
・原産国:ドイツ

天然のワックスが含まれています。

皮の柔軟性や、耐久性の維持に役立ちます。

汚れをつきにくくするために、定期的な使用をおすすめします。

皮の風合いを持続できる優れものです。

定期的なアウトドアスニーカーのお手入れは、通気性の向上にも役立ちます。

また汚れは、通気性以外の機能も損ねる原因となりますので注意しましょう。

白がマストアイテム!?通気性のよいアウトドアスニーカー

タウンユースとしても注目が集まっている、白のアウトドアスニーカー。

なかでも人気の商品はどのようなものでしょうか。

主なものをご紹介します。

【コロンビア クイックロウ2オムニテックトレッキングシューズYU3936】

・メイン素材:合成繊維
・表面素材:合成繊維

コロンビア独自の技術であるオムニテックを搭載しています。

そのため、通気性や透湿性に優れています。

雨の日のアウトドアでも、快適に使用することができます。

そのため、気になる蒸れなどにも対応します。

ソールのクッション性も高く、長時間歩く際も疲れにくいです。

【ティンバーランド プレミアムブーツホワイト】

・メイン素材:レザー
・表面素材:レザー

メンズとレディースの両方が揃った商品です。

サイズ展開も、23.0㎝~29.0㎝までと幅広いのもうれしいですね。

ヌバックレザーの使用により耐久性の高さが魅力です。

通気性にも長けているため、アウトドアでも活躍してくれるでしょう。

デザイン性の高さも人気の一つです。

真っ白なアウトドアスニーカーは、目を引くこと間違いなしですね。

白のアウトドアスニーカーでおしゃれもアウトドアも楽しもう!

アウトドアスニーカーは、様々な種類があります。

用途に合ったものを選ぶのがよいでしょう。

使用後は、汚れを落として清潔に保管することが大切です。

アウトドアスニーカーの機能を損なわないよう、丁寧に洗うこともポイントですね。

またお手入れの際の、防水スプレーの使用にも注意しましょう。

素材に合わない防水スプレーの使用は、変色や白いシミの原因になるためおすすめできません。

白などの明るい色のアウトドアスニーカーは、おしゃれに気を遣う人のなかでも人気が高まっています。

タウンユースとしての使用など、幅広く活躍してくれるでしょう。