ウルトラライトのザックが話題!登山での利用価値とは!?

自然の中での活動である登山は、身軽であることも大事なポイントです。

ウルトラライトという言葉を、最近耳にする人も多いでしょう。

軽量化を図り、登山をより有意義なものにするために重要なキーワードなのです。

重い荷物を背負っての登山は、身体にも負荷がかかりますよね。

今回はそのウルトラライトのなかでも、登山で使うザックについてまとめていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トランギア製メスティンのシーズニング方法とは?

キャンプでおいしいご飯を簡単に炊くことができるトランギアのメスティン。 シンプルな形は様々な調...

立山でバックカントリー!新雪を滑るなら11月がおすすめ

誰も滑っていないポイントを目指して自分の足で山を登っていくバックカントリーには、登山と自然の中を...

登山装備の仕方は季節によって違う!冬季登山の安全策とは

冬の登山は空気が澄みきっていて遠くまで景色が見渡せ、真っ白な山の雪景色に憧れている人は沢山います。 ...

百名山は北海道内にも存在!難易度を知って挑戦してみよう!

「日本百名山」は山を登っている人なら一度は聞いたことがあると思います。 その百名山には、北海道...

トランギアのストームクッカー!ブログのおすすめ点は?

キャンプなどのアウトドアに出掛けるとき、ご自宅で使っている調理器具を持って行っている方も多いので...

ヒルバーグテントの一つ!「アトラス」はミリタリーで楽しむ

キャンプによく行く方であれば、ヒルバーグのテントを一度は使ったことがあるのではないでしょうか。 ...

気になる自分の登山レベル!基準となる要素をご紹介!

登山をしている方の中で、ふと「自分は今、どれくらいの登山レベルを持っているのだろう」と気になった...

優秀なグレゴリーザック!もしもの時の修理方法をご紹介!

登山をするには様々な登山アイテムが必要となります。 ウェアやシューズ、携帯食やもしもの時の医療キ...

アークテリクスリーフをご紹介!アトムもラインナップに!

アウトドアでは、登山用やスキー用、トレッキング用など、それぞれに合った機能を備えたウェアを身に付...

登山のコースタイムに基準は?コースタイムはこう考えよう

登山は、年齢に関係なく楽しめるアウトドアのひとつです。 登山には、コースタイムがありますが、こ...

登山の服装について知りたい!春山に適したスタイルとは

登山は、季節によって服装や装備に気を遣うものですよね。 登山は気温差が激しい中で体を動かし続け...

登山初心者に読んでほしい!準備するべき服装と持ち物

登山の持ち物は特殊なものも多く、初心者がすべてを揃えるのは大変です。 そもそも、まずは何が必要...

高山病の症状とは?なぜなるの?下山後も治らない場合の対策

標高の高い山に登ると高山病になることがあります。 高山病には色々な症状があり、高山病になりやす...

テントを選ぼう!登山で使えるおすすめのアイテムをご紹介!

テント泊登山では、日帰り登山では味わえない楽しみや貴重な経験ができます。 テント泊登山は、夕焼...

【モンベル】登山靴の手入れの方法とスニーカーの違い!

登山をするときに、一番大事と言っても過言ではない道具と言えば「登山靴」ですね。 スニーカーと登...

スポンサーリンク

リュックとザックの違いとは!?登山にはどちらがおすすめ!?

リュックとザックが同じものと認識している人は多いものです。

ここでは、リュックとザックについての基礎知識をお伝えします。

それぞれの特徴からみていきましょう。

【リュック】

・大きさが小さめ

・ウエストベルトや調整ベルトが付いていないものが多い

・細かなサイズ展開が少ない

・機能性に特化しておらず登山向きではない

【ザック】

・歩くときに身体の重心のブレを防止するためデザインが縦長

・身体の負荷軽減のために、各所にベルトやパッドなどが装備されている

・ウルトラライトを意識し、軽量化のために特化した商品が多い

これらの特徴をみても、登山にはリュックよりもザックが適していることがわかりますね。

上記以外のザックの特徴として、サイズ展開が細かいことも特徴の一つです。

男女別で分かれているものもあり、自分の体形に合ったものを選ぶことができます。

ベルトやパッドなどの装備は上記の通りですが、ザックは内側も機能が優れています。

ベルトや収納に便利な小分けのパックが、荷物の崩れなどを防ぎます。

また、最近の機能としてハイドレーションが注目されています。

これは、歩いている最中などにも飲料を飲めるように収納できるものです。

登山のときに便利な機能が多数搭載していることがわかりますね。

ザックの選び方

ザックが登山に適していることは先述した通りです。

ここでは、ザックを選ぶ際のポイントをお伝えします。

まず、表記されているサイズだけで選ぶのはおすすめできません。

いざ背負ってみると、あまりしっくりこないということも多いものです。

身体にザックが合っていないと、登山のときの疲労に繋がりやすくなります。

素材の好みも人それぞれでしょう。

ウルトラライトに特化したものがよいですが、実際に触れてみて感覚を確かめることも大切です。

店員さんに相談しながら選ぶのもよいですね。

また、ザックの中に重りを入れて背負ってみることも大事です。

空のザックは当然軽いですから、実際に登山で使うときとは感覚も異なります。

ザックは、種類によって機能も様々です。

ベルトがどのような位置に装備されているかも重要です。

ウエストベルトが装備されていると、使う頻度の高いアイテムの収納に役立ちます。

地図やデジカメなど、すぐに取り出せて便利です。

また、登山は荷物が多くなりがちなため、雨蓋を装備したものもよいでしょう。

薬やバンドエイドなどを収納すれば、怪我などにも早急に対応することができます。

雨蓋は、収納以外にも活躍します。

ザック本体と雨蓋の間に上着などを挟んでおくと便利です。

急な温度変化にも安心ですね。

ウルトラライトのザックが人気のわけとは!?

先述した通り、ウルトラライトのザックは軽量化に特化しています。

登山は必要な荷物も多く、重量が重くなりがちです。

短時間であれば、重くてもあまり身体の負担になることはないでしょう。

しかし登山は長時間だったり、泊りがけで行くこともあるでしょう。

重さに比例して、歩行距離にも影響が出ます。

重いと、身体だけでなく精神的にも負荷を感じてしまいますよね。

これらの問題の解消のために、ウルトラライトのザックが開発されました。

身軽であれば、走ったり岩を登ったりなどのアクティブな行動にも繋がります。

登山は、自然を楽しむことが醍醐味です。

そのためにはザックの軽量化が不可欠であるとの理念が、開発にも役立っています。

ウルトラライトのザックがなぜ人気なのかを物語っているともいえるでしょう。

カラーやデザインも多種多様で、選ぶ楽しさがあることも人気の一つです。

自分の好みのウルトラライトのザックを選ぶことは、登山への意欲にもつながるものです。

後ほど、ウルトラライトのザックをご紹介しますので、参考にしてください。

登山におすすめ!ウルトラライトのザック

ここでは、おすすめのウルトラライトのザックをご紹介します。

【山と道 MINI】

良質なウルトラライトのザックが豊富で有名な、山と道の商品です。

小型のバックで女性にもおすすめです。

ハイキングや低登山などに適しています。

大きめのサイドポケットには、500mlのペットボトルが2本入ります。

作りもしっかりしており、走ったときに落ちるなどの心配も少ないです。

【オガワンド OWN】

近年人気が高い、オガワンドの商品です。

雑誌に搭載されるなど、注目も高まっています。

容量が25~50lと幅広いのもポイントです。

ザックの拡張性にも優れ、マットの外付けなどにも便利です。

身長によって調節できるよう、ショルダーベルトが3サイズから選ぶことができます。

またベルトが高い位置に装備されているため、肩甲骨の中心に重心を合わせることができます。

ウエストハーネスが無くても安定感や重さの軽減に役立ちます。

【アトリエブルーボトル collerPAC-03】

山と道と同等の人気を誇るアトリエブルーの商品です。

泊りがけの登山にもおすすめです。

ポケットの多さと容量が特徴です。

フロントのオープンポケットとミニポケットや、ボトルポケットなどが役立ちます。

見た目よりも容量と使い勝手のよさが人気です。

デザイン性にも優れ、おしゃれを重視する人にも支持を得ています。

お気に入りのザックを長く愛用するために

ザックを使った後は、お手入れも大切です。

登山のときにかいた汗は、ザックにも染みついています。

またザックの底の部分などは、汚れやすくもあります。

汚れからくる劣化を防ぐためにも、使ったあとのお手入れは重要です。

ここでは、主にザックの洗い方をご紹介します。

【洗い方】

①フレームなどの取り外しができる部分を外しましょう。

②ザックを、折りたたまなくても入るくらいの容器に入れます。

浴槽などもおすすめです。

③次に、化学繊維用の洗剤を容器に入れ押し洗いします。

底の部分など、汚れやすいところは特に念入りに洗います。

④洗い終わったら、よくすすぎましょう。

洗剤が残らないようによくすすいでください。

⑤陰干しでザックを乾かしたら、化学繊維用のスプレーをかけます。

その後、熱を加えるためにドライヤーで乾かします。

これは、洗うことで弱くなったザックの生地表面の撥水作用を回復させるためです。

注意点として、もみ洗いは避けましょう。

ザックの本体内部生地の防水コーティングが剥がれる原因になります。

この洗い方は、ウルトラライトに特化したザック以外にももちろん適用できます。

手順も難しくないため、ぜひ参考にしてください。

登山に必須!?ウルトラライトの便利なアイテム

ウルトラライトのザックをいくつかご紹介してきました。

ここではザック以外におすすめな、ウルトラライトのアイテムについてまとめていきます。

【シートゥサミット ウルトラライトマット Xスモール】

全長128㎝、厚み5㎝の大きめなマットです。

重さも296gと軽量で、大きさに反比例して持ち運びにも便利です。

ドット状の膨らんだ突起は、エアスプリングセルといいます。

空気が入ると、このセルが重さを分散させ、適度なクッション性を保ちます。

長さがあるため、長身の男性が寝ても十分余裕があります。

【モンベル ウルトラライトシェルジャケット 】

アウトドアブランドで有名なモンベルの商品です。

ウルトラライトのジャケットは各社から販売されていますが、こちらの商品は特におすすめです。

一般的に販売されているTシャツよりも軽く、平均重量は128gです。

表の生地には極薄シェルを採用しています。

そのため、軽いのに強度が強いと人気です。

裏の生地のポリエステルメッシュは、保温性と速乾性の両面に役立っています。

袖や背中にはストレッチ性を施し、登山のときのアクティブな動きにも対応します。

ウルトラライトのザックで登山をアクティブに楽しもう!

ウルトラライトのザックが登山にどのように役立つかがわかりましたね。

機能はもちろん、デザインやカラーが豊富なのもうれしいポイントです。

長く愛用するためには、ザックのお手入れも重要です。

また、ウルトラライトはザックだけでなく、様々なアイテムがあります。

登山に役立つアイテムも多数ありますので、ザックと一緒に揃えるのもよいですね。