ウルトラライトのザックが話題!登山での利用価値とは!?

自然の中での活動である登山は、身軽であることも大事なポイントです。

ウルトラライトという言葉を、最近耳にする人も多いでしょう。

軽量化を図り、登山をより有意義なものにするために重要なキーワードなのです。

重い荷物を背負っての登山は、身体にも負荷がかかりますよね。

今回はそのウルトラライトのなかでも、登山で使うザックについてまとめていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

温度調節にはポーラテックアルファを!ベストのご紹介

アウトドアで、ジャケットやフリースだと暑いけど、脱いでしまうと寒いときがありますよね。そのよ...

ペツルのアイゼンが最適?バンド式など選び方もご紹介!

冬山での登山は、他のシーズンに登る山よりも危険度が上がります。気温が低い中での登山になるのは...

プリマロフトのジャケットはなぜ暖かい?米軍との関係性は?

冬のアウトドアには、寒さに強いジャケットが欲しいですよね。プリマロフトのジャケットは、極寒の...

登山に興味のある方必見!服装のメーカーや注意点をご紹介

「登山」と言っても、どこに行けばいいのか、何を用意すればいいのか、どのようなものを持って行ったら...

ドイターキッドコンフォートで子連れ登山!数種類の違いは?

お子さんが生まれる前にアウトドアを楽しんでいた方で、生まれた後も変わらず楽しみたいと思う方は多い...

ポーラテック素材のフリース!米軍仕様の一着を見つけよう

アウトドアに興味がない人も、軽くて暖かく、おしゃれなフリースを探している方も多いですよね。様々...

バックパッカー必見!バックパックカバーを使っての防犯対策

バックパック一つを持って海外などの旅行を楽しむ、バックパッカー。必要最低限の荷物を持って、見知...

石井スポーツオリジナルブランドパイネのザック!評価は?

登山用品やスキー用品など取り扱い、全国に沢山の店舗を持つスポーツ用品店、ICI石井スポーツのオリ...

バックパック グレゴリーz40の使い方と機能をご紹介!

バックパックへの愛情と情熱が、決して冷めることのないグレゴリー。「背負うではなく、着る」とい...

ロードバイクに使うドイターのレース!種類による違いは?

アウトドアの人気で、さまざまなスポーツを楽しむ方が増えています。ロードバイクは、レースやトラ...

登山で人気のウルトラライトザック!おすすめ商品をご紹介!

登山をする時のザック選びは非常に重要です。登山には必要な装備がたくさんあるので、容量が大きいに...

ジオラインはモンベルの優秀インナー!サイズ選びは重要?

夏は登山、冬はスノボなど、それぞれに合ったインナーを身に付けることは大切なことですよね。なか...

トランギアメスティンで挑戦!ご飯の炊き方やレシピをご紹介

キャンプなどのアウトドアをされる方で、メスティンを使ったことがある方はいるでしょうか。なかに...

アークテリクスのジャケットのベータslは真冬にも使えるの?

アークテリクスは、「ジャケットがカッコイイ」と、アウトドアだけでなく街中でも着る人をみかけること...

プロモンテテントを改造して登山キャンプをもっと快適に!

本格的な登山を楽しむ方であれば、山岳テントといえば、軽量かつコンパクトなプロモンテのテントを思い...

スポンサーリンク

リュックとザックの違いとは!?登山にはどちらがおすすめ!?

リュックとザックが同じものと認識している人は多いものです。

ここでは、リュックとザックについての基礎知識をお伝えします。

それぞれの特徴からみていきましょう。

【リュック】

・大きさが小さめ

・ウエストベルトや調整ベルトが付いていないものが多い

・細かなサイズ展開が少ない

・機能性に特化しておらず登山向きではない

【ザック】

・歩くときに身体の重心のブレを防止するためデザインが縦長

・身体の負荷軽減のために、各所にベルトやパッドなどが装備されている

・ウルトラライトを意識し、軽量化のために特化した商品が多い

これらの特徴をみても、登山にはリュックよりもザックが適していることがわかりますね。

上記以外のザックの特徴として、サイズ展開が細かいことも特徴の一つです。

男女別で分かれているものもあり、自分の体形に合ったものを選ぶことができます。

ベルトやパッドなどの装備は上記の通りですが、ザックは内側も機能が優れています。

ベルトや収納に便利な小分けのパックが、荷物の崩れなどを防ぎます。

また、最近の機能としてハイドレーションが注目されています。

これは、歩いている最中などにも飲料を飲めるように収納できるものです。

登山のときに便利な機能が多数搭載していることがわかりますね。

ザックの選び方

ザックが登山に適していることは先述した通りです。

ここでは、ザックを選ぶ際のポイントをお伝えします。

まず、表記されているサイズだけで選ぶのはおすすめできません。

いざ背負ってみると、あまりしっくりこないということも多いものです。

身体にザックが合っていないと、登山のときの疲労に繋がりやすくなります。

素材の好みも人それぞれでしょう。

ウルトラライトに特化したものがよいですが、実際に触れてみて感覚を確かめることも大切です。

店員さんに相談しながら選ぶのもよいですね。

また、ザックの中に重りを入れて背負ってみることも大事です。

空のザックは当然軽いですから、実際に登山で使うときとは感覚も異なります。

ザックは、種類によって機能も様々です。

ベルトがどのような位置に装備されているかも重要です。

ウエストベルトが装備されていると、使う頻度の高いアイテムの収納に役立ちます。

地図やデジカメなど、すぐに取り出せて便利です。

また、登山は荷物が多くなりがちなため、雨蓋を装備したものもよいでしょう。

薬やバンドエイドなどを収納すれば、怪我などにも早急に対応することができます。

雨蓋は、収納以外にも活躍します。

ザック本体と雨蓋の間に上着などを挟んでおくと便利です。

急な温度変化にも安心ですね。

ウルトラライトのザックが人気のわけとは!?

先述した通り、ウルトラライトのザックは軽量化に特化しています。

登山は必要な荷物も多く、重量が重くなりがちです。

短時間であれば、重くてもあまり身体の負担になることはないでしょう。

しかし登山は長時間だったり、泊りがけで行くこともあるでしょう。

重さに比例して、歩行距離にも影響が出ます。

重いと、身体だけでなく精神的にも負荷を感じてしまいますよね。

これらの問題の解消のために、ウルトラライトのザックが開発されました。

身軽であれば、走ったり岩を登ったりなどのアクティブな行動にも繋がります。

登山は、自然を楽しむことが醍醐味です。

そのためにはザックの軽量化が不可欠であるとの理念が、開発にも役立っています。

ウルトラライトのザックがなぜ人気なのかを物語っているともいえるでしょう。

カラーやデザインも多種多様で、選ぶ楽しさがあることも人気の一つです。

自分の好みのウルトラライトのザックを選ぶことは、登山への意欲にもつながるものです。

後ほど、ウルトラライトのザックをご紹介しますので、参考にしてください。

登山におすすめ!ウルトラライトのザック

ここでは、おすすめのウルトラライトのザックをご紹介します。

【山と道 MINI】

良質なウルトラライトのザックが豊富で有名な、山と道の商品です。

小型のバックで女性にもおすすめです。

ハイキングや低登山などに適しています。

大きめのサイドポケットには、500mlのペットボトルが2本入ります。

作りもしっかりしており、走ったときに落ちるなどの心配も少ないです。

【オガワンド OWN】

近年人気が高い、オガワンドの商品です。

雑誌に搭載されるなど、注目も高まっています。

容量が25~50lと幅広いのもポイントです。

ザックの拡張性にも優れ、マットの外付けなどにも便利です。

身長によって調節できるよう、ショルダーベルトが3サイズから選ぶことができます。

またベルトが高い位置に装備されているため、肩甲骨の中心に重心を合わせることができます。

ウエストハーネスが無くても安定感や重さの軽減に役立ちます。

【アトリエブルーボトル collerPAC-03】

山と道と同等の人気を誇るアトリエブルーの商品です。

泊りがけの登山にもおすすめです。

ポケットの多さと容量が特徴です。

フロントのオープンポケットとミニポケットや、ボトルポケットなどが役立ちます。

見た目よりも容量と使い勝手のよさが人気です。

デザイン性にも優れ、おしゃれを重視する人にも支持を得ています。

お気に入りのザックを長く愛用するために

ザックを使った後は、お手入れも大切です。

登山のときにかいた汗は、ザックにも染みついています。

またザックの底の部分などは、汚れやすくもあります。

汚れからくる劣化を防ぐためにも、使ったあとのお手入れは重要です。

ここでは、主にザックの洗い方をご紹介します。

【洗い方】

①フレームなどの取り外しができる部分を外しましょう。

②ザックを、折りたたまなくても入るくらいの容器に入れます。

浴槽などもおすすめです。

③次に、化学繊維用の洗剤を容器に入れ押し洗いします。

底の部分など、汚れやすいところは特に念入りに洗います。

④洗い終わったら、よくすすぎましょう。

洗剤が残らないようによくすすいでください。

⑤陰干しでザックを乾かしたら、化学繊維用のスプレーをかけます。

その後、熱を加えるためにドライヤーで乾かします。

これは、洗うことで弱くなったザックの生地表面の撥水作用を回復させるためです。

注意点として、もみ洗いは避けましょう。

ザックの本体内部生地の防水コーティングが剥がれる原因になります。

この洗い方は、ウルトラライトに特化したザック以外にももちろん適用できます。

手順も難しくないため、ぜひ参考にしてください。

登山に必須!?ウルトラライトの便利なアイテム

ウルトラライトのザックをいくつかご紹介してきました。

ここではザック以外におすすめな、ウルトラライトのアイテムについてまとめていきます。

【シートゥサミット ウルトラライトマット Xスモール】

全長128㎝、厚み5㎝の大きめなマットです。

重さも296gと軽量で、大きさに反比例して持ち運びにも便利です。

ドット状の膨らんだ突起は、エアスプリングセルといいます。

空気が入ると、このセルが重さを分散させ、適度なクッション性を保ちます。

長さがあるため、長身の男性が寝ても十分余裕があります。

【モンベル ウルトラライトシェルジャケット 】

アウトドアブランドで有名なモンベルの商品です。

ウルトラライトのジャケットは各社から販売されていますが、こちらの商品は特におすすめです。

一般的に販売されているTシャツよりも軽く、平均重量は128gです。

表の生地には極薄シェルを採用しています。

そのため、軽いのに強度が強いと人気です。

裏の生地のポリエステルメッシュは、保温性と速乾性の両面に役立っています。

袖や背中にはストレッチ性を施し、登山のときのアクティブな動きにも対応します。

ウルトラライトのザックで登山をアクティブに楽しもう!

ウルトラライトのザックが登山にどのように役立つかがわかりましたね。

機能はもちろん、デザインやカラーが豊富なのもうれしいポイントです。

長く愛用するためには、ザックのお手入れも重要です。

また、ウルトラライトはザックだけでなく、様々なアイテムがあります。

登山に役立つアイテムも多数ありますので、ザックと一緒に揃えるのもよいですね。