玄人は知っている!モンベルの便利な釣り用手袋の選び方

アウトドアの定番となっている「釣り」は、基本的に水場での作業が多くなります。

そんなとき、手が水に濡れて滑るのを防いだり、寒さなどに対応するための手袋は、釣りを楽しむ人にとって便利なアイテムです。

しかし、釣り用手袋をどうやって選んだらいいのか、どんな機能があれば便利なのかは、ビギナーには分かりづらいものです。

今回は、モンベルのメーカーの中から便利な手袋をピックアップし、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

釣りの餌はどこで買う?便利な通販をおすすめする理由とは?

釣りを楽しむためには「餌」が必要になります。行く回数が頻繁であれば、餌もそれなりに買わなけれ...

パタゴニアのアウトレット店舗をご紹介!パタゴニアサーフ大阪

登山などのアウトドアをする方に、高い支持を得ている「パタゴニア」。機能性・デザイン性の高さか...

コアな燃料系ストーブ!オプティマス8rの使い方とは?

OPTIMUS(オプティマス)は、アウトドアの調理器具などを扱うスウェーデンのブランドです。...

アウトドアでコンパスは必須?北を指しているのは赤の針?

最近はスマホなどのGPS機能により、北などの方角を簡単に知ることができますよね。しかし、登山...

釣りで使いたい道具!便利でおすすめのものは何がある?

釣りに出かけるとき、どのような道具を持って出かけますか?釣りのときに必要な道具と言っても、「...

サーモスの魔法びんの仕組みや蓋が開かない時の対処法を伝授

サーモスのマグやスープジャーを使用していると、時々「開かない」などの不具合が出る事があります。...

小学生もできるワカサギ釣りの魅力とおすすめな釣り竿を解説

ワカサギ釣りは、小学生のお子さまや初心者の方でも気軽に楽しめる冬のアクティビティです。「家族...

トレイルランシューズの選び方!幅広の方もフィット感が大事

アウトドアスポーツの中に、自然な状態の山や森の中を走るトレイルランがあります。以前は海外で主...

コールマン人気のインフレーターマット!たたみ方もご紹介

キャンプに行ってテントで眠る際、どんな寝具で眠りますか。キャンプ=寝袋のイメージが強いですが...

コールマンのレトロジャグが人気!気になる水漏れは?

キャンプなどのアウトドアでは、近場に水道があるとは限りません。そのため、ウォータージャグはキ...

【コールマン】インフレーターマットの修理とメンテナンス

キャンプなどで、テントでの寝心地を確保するうえで必須のアイテム、インフレーターマット。コール...

コールマンのストーブは優秀!燃料のホワイトガソリンとは?

キャンプに料理は欠かせません。コールマンのストーブは火力が強く、安定した炎が出せるため、アウ...

モンベルのグローブで手指を防寒して冬場の釣りを楽しもう

冬場の釣りは、竿を握る手先が冷えてツライですよね。指先がかじかむと、リグを作りにくくなり...

スノーピークで人気ランタンのノクターン!風で炎が消える?

キャンプで夜を過ごすとき、自然の中は大変暗いので、灯りをともす道具は必需品です。ライトを使用...

登山の定番ビブラム!ハーフソールってどんな種類のもの?

登山をしている方は、ビブラムソールを愛用している方が多いのではないでしょうか。ビブラムは、さ...

スポンサーリンク

モンベルの手袋の種類

モンベルのメーカーは、日本のアウトドアブランドです。

アウトドアに便利なギアを、日本人の細やかな視点で開発・研究をしていて、手袋1つとっても幅広い種類があることから、その情熱がどれほどなのか分かります。

モンベルの手袋を機能別に大きく分けると4種類ほどあります。

・防水手袋
・防滴手袋
・防風手袋
・フリース手袋・その他

実は、釣りに関していえば、どの手袋の機能も必要不可欠です。

基本的に水場での作業となる釣りでは、防水手袋でないと手が早々に濡れてしまい、常に手が濡れた不快な状態で釣りを続けることになってしまいます。

そして、釣りをする水場はよく風が吹くため、冬場は防風手袋でないと簡単に体温を奪われてしまいます。

では、どんな手袋を選んだらいいのかと迷うかもしれませんが、モンベルはアウトドアに特化したブランドなので、アウトドアの手袋として最低限必要な要素はどの手袋にも組み込まれています。

あとは、自分に必要な要素をピックアップして、その要素を多く取り入れた手袋を選べばいいだけです。

ちなみに、手袋は手の延長なのでよく消耗します。

そして、他のアウトドアギアと違って小さめなので、紛失してしまうことが多いです。

そういったシチュエーションも考えて、手袋は最低2組は持っていた方が無難かもしれませんね。

釣り用の手袋は必要なのか?

実は、釣りを始めたてのビギナーは、基本的には素手で釣りをすることが多いです。

正直なところ、手袋がなくても十分釣りはできますし、細かな作業が多くなりがちな釣りにおいて、慣れない手袋は作業の妨げになってしまう場合があります。

やはり、実際釣りをしていると、魚がかかったときや短時間しかできず投げる数で勝負したいときなどは、手先の素早さが勝負の決め手になります。

そんなときに手袋を装着するとどうしてもモタついてしまって、魚を取り逃がすので素手でやり続ける人もいるくらいです。

しかし、素手で釣りをする人の手を見ると怪我や擦り傷が多くなりがちです。

このような傷は小さなものなので、「何だこんな小さな傷くらい」と思うかもしれませんが、手先の傷というのは案外痛みを鋭く感じる部位なので、意外と釣りをするときの妨げになります。

しかも、季節が冬になってくると手先の傷だけではなく、手がかじかんで痺れてくることも予想されるため、より細かい作業が困難になるでしょう。

それに伴い、アクシデントも増えることが予想されます。

例えば、手がかじかんでルアーが上手く取り付けできなかったり、傷がピリッと痛んで握っていたロッドを離してしまったりすることも考えられます。

手袋をしてモタつきながらも、手の安全性を考えて手袋をするのか、手の皮を犠牲にしつつ素手で釣りをするのかは個人の自由です。

しかし、手の保護や冬場の釣りの寒さを思えば、モンベルの手袋のような高機能な手袋は、釣りに必要不可欠なアイテムだといえるでしょう。

釣りに最適な手袋とは?

手袋といえば、手を全て覆えるタイプを思い浮かべますよね。

世の中にある手袋は、ほとんど5本指が全て覆えるタイプなのですが、釣り用の手袋に関しては少し違った形をしています。

その理由としては、「手先を細かく使う作業が多い」ということがあげられます。

釣りをするときはルアー・エサを交換する、切れた糸をつなぎ直す、針を付けるなど、どうしても手先を使う作業ばかりになってしまいます。

そんなとき、5本指の手袋を装着して、細かな作業をすると上手く物が持てなかったり滑って操作が難しくなってしまい、最終的に水の中に落としてしまった経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

もちろん、慣れてしまえば5本指の手袋をしたまま色んな作業をこなすことが可能になります。

しかし、釣りの経験が長い上級者ならともかく、釣りを始めたてのビギナーにはなかなか大変な作業になってしまいますよね。

そんなときに便利なのが、モンベルのフィッシンググローブです。

このモンベルのフィッシンググローブには、5本指を覆う一般的な手袋のタイプと、親指・人差指・中指が露出しているタイプ、5本指が露出して手のひらだけを覆うタイプがあるので自分の好きなタイプを選ぶことができます。

また、どのフィッシンググローブも生地を薄くしてあるので、手袋のサイズさえキッチリ合わせれば慣れるのにそう時間はかからないでしょう。

モンベルの釣り用手袋のサイズの測り方

手袋を選ぶ際、「自分は大体MサイズだからMでいいかな」といった選び方をしている場合、もしもピッタリと合わなかったら返品などの面倒な作業が増えてしまいます。

それに加えて、自分のサイズがきちんと分かっていなかったら、店頭で買うならまだしも通販で購入するときに困ってしまいますよね。

そのため、手袋を購入する際には自分の手のサイズを把握しておきましょう。

さて、手袋を選ぶための手のサイズの測り方ですが、まず自分の手のひらを見てみましょう。

手相占いをしたことがある方ならすぐに分かると思いますが、手のひらには「線」があり、横に伸びる線だけを見れば、上から「感情線」2番目にあるのが「生命線」と呼ばれる線です。

手のサイズを測るのに必要なのが、2番目の生命線とヒモです。

手順としては、ヒモを生命線に当て、そのまま手のひらをぐるりと一周しましょう。

一周したらその紐の長さを測り、出た数値をモンベルの公表しているサイズ表に照らし合わせていきます。

例えば、男女兼用か男性用を購入したい場合、手のサイズを測ってみて「20cm」だったとしたら手袋のサイズは「M」を選ぶといいでしょう。

この測り方は、釣り用の手袋だけではなく他の手袋にも当てはまりますので、覚えておくと便利ですよ。

モンベルの種類別釣り用手袋

モンベルの釣り用手袋には、種類があります。

素材ごとで分けると「クリマバリア」「シャミース」「ネオプレン」の3種類があり、それぞれの特徴があります。

クリマバリアは、防風性・保温性を兼ね備えており、生地は中厚手ですがフィット感が心地よいです。

そして、クリマバリアの内部の防風・透湿性に優れたフィルムのおかげで、手袋にありがちな蒸れがなく装着感が快適です。

シャミースは、全ての指が露出したタイプしかない薄手の手袋ですが、速乾性と保温性に優れていて、手のひら部分には天然皮が張られ耐久性がアップしています。

ネオプレンは、ウェットスーツにもよく使われる生地で、保温性・操作性に優れています。

優れたストレッチ性を実現しているため、装着感が快適なのはもちろんのこと、操作性も快適です。

クリマバリアとネオプレンは、必要に応じて5本指を覆う手袋タイプから3本指だけめくって出すことができるため、冬場の寒い時期はどちらか好きな生地のタイプで5本指タイプを選んでおけば便利に使うことができますね。

また、モンベルの釣り用手袋には全てに効果的な滑り止めが施されていて、釣りをする際の確かなグリップを確保してくれます。

手袋の種類を把握して、自分にピッタリな手袋を見付けましょう。

釣り用手袋のメンテナンスの仕方

実は、他の防水機能が付いたギアに比べて、モンベルの釣り用手袋はメンテナンスが簡単といえます。

基本的には、洗濯の絵表示を見ながら洗濯するだけです。

しかし、釣りを何度か経験している方はお分かりかと思いますが、「魚臭・エサ臭」が取り除きづらいのです。

実は、この臭いの原因は「アミン臭」と呼ばれていて、手の皺(しわ)や爪の中、手袋の生地に入り込み馴染んでしまう性質があるので、普通に洗っても落ちない厄介さがあります。

このアミン臭を取り除くためにできる1番簡単な方法は、ブラシなどを使って手の皺や爪の隅々まで擦って洗うことです。

しかし、この方法だけでは手袋や他の布製品に付いたアミン臭は取り除けません。

そんなときにおすすめしたいのが、「酸性」の溶剤につけ置きして洗う方法です。

どんなに泡立てて一生懸命に洗っても落ちなかった魚臭さが、酸性の溶剤につけてから洗うことでキレイさっぱりなくなります。

手順としては、バケツにぬるま湯を入れて、酸性の溶剤(酢やクエン酸など)を大さじ3杯(目分量でも可)入れて、1時間ほどつけてから普通に洗濯するだけです。

この方法なら、万が一溶剤が生地に残っても食用だから安心ですし、何より台所にあるものを活用するだけなので、試してみる価値ありですね。

モンベルの手袋を活用して快適な釣りライフを送ろう!

アウトドアをするときに「小さな傷などは大したことないよ」と見逃しがちですが、傷ができると痛いのはもちろんのこと破傷風などの感染症の恐れもあります。

少し前までは、釣りの手袋といえばゴム手袋を活用しましたが、モンベルは企業努力を続け、釣りに役立つ便利な手袋を開発しています。

ぜひ、モンベルの手袋を活用して怪我や寒さを気にせず、よりよい釣果を目指しましょう。