ロゴスのマットでエアウェーブマットを選ぶべき理由はこれ!

キャンプ場のテントで、睡眠に欠かせないのが寝袋だと思います。

しかし、寝袋と同じくらい快適な睡眠に欠かせないのが「テントマット」です。

寝袋があるということで、ペラペラの銀マットを敷いて寝たら「次の朝に肩がバキバキに凝っていた」という経験はありませんか。

ロゴスのエアウェーブマットは、そんな悩みを解決して快適な睡眠を提供してくれます。

今回は、そんなロゴスのエアウェーブマットを選ぶべき理由をまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハイキングを冬でも楽しもう!関東のおすすめコースをご紹介

ハイキングは、冬以外の春から秋にかけてするものだと思っている方も多いのではないでしょうか。...

ユニフレームのロングセラー商品ユニセラ!ロングやミニも!

キャンプというと、大人数のファミリーや仲間とバーベキューをするのが楽しいものですね。しかし、最...

キャンプ料理は下ごしらえをしてスピーディーに調理しよう!

キャンプ料理は、スピーディーに作れるとうれしいですよね。しかし、食材の下ごしらえをせずにキャ...

キャンプの必需品!?ガスボンベの保管について知りたい!

ガスボンベは、手軽に使用できるのが魅力です。キャンプのときにも役立ちますが、安全に使用するため...

バーベキューでアルミホイルが活躍!敷くだけで片付け楽々!

バーベキューで憂鬱なのは、食後の片付けですよね。炭化した食材が付着して脂もギトギトな網を洗っ...

シュラフに迷ったらモンベルのダウンハガー800の1番が良い!

最近では、登山やキャンプなどのアウトドアを題材とした映画や漫画、アニメなどが話題になってきました...

初心者でも安心!コールマンガスランタンの点火方法をご紹介

アウトドアの夜にランタンは欠かせません。ランタンに明かりが灯ると、キャンプの雰囲気がぐっと盛り...

バーベキューを成功させたい!準備すべき人気食材とは?

バーベキューを主催するとき、どんな食材を準備したらいいいのか迷ってしまうこともあるかもしれません...

バーベキューでは豪快に!ブロック肉をおいしく焼く方法!

屋外で楽しむバーベキューでは、普段は食べられないような特別なものを食べたいですよね。そこ...

キャンプに愛犬を連れて出かけよう!不安はブログで解消!

犬を飼っている人たちからすると、愛犬は家族同然ですよね。「キャンプに出かけよう!」と決まった...

人気のコールマンコクーン2!設営方法を動画から学ぶ

キャンプに必需品のテントというと、代表的なものにコールマンのシリーズが挙げられます。中でもコ...

サーモスが臭う!?パッキンや飲み口に付く臭いの原因とは

キャンプや登山といったアウトドアでは水分補給が必須になります。このようなときにサーモスのよう...

コールマンのケロシンランタン!灯油燃料はポンピングが重要

アウトドアで燃料と言えば、OD缶に詰まったLPガスかホワイトガソリンがポピュラーと言えるでしょう...

キャンプのご飯を簡単に作る方法やコツを教えます! 

アウトドアでランチやディナーといえば、キャンプでバーベキューのイメージが強いですよね。しかし...

登山のお供にコールマンスポーツスター!使い方もレクチャー

登山の醍醐味の1つに、頂上でコーヒーを飲むことも挙げられますね。淹れ立てのコーヒーをご来光を...

スポンサーリンク

ロゴスのエアウェーブマットってどんなマット?

ロゴスのエアウェーブマットは、キャンプなどでテントに寝る時に下に敷くテントマットの1つで、テント内で敷布団の役割を果たします。

テントで寝る時に寝袋を利用すると思いますが、それだけでは次の日の朝に肩が凝ったり、体が痛くなったりすることがあります。

そのため、快適に眠るためにはテントマットを敷く必要があります。

ロゴスのエアウェーブマットは、空気を入れるとマットにある複数のウェーブ状の袋が膨らんで、でこぼこした形のマットになります。

エアウェーブマットの大きさは、標準サイズの敷布団と同じくらいの大きさです。

シングルとダブルがあり、ダブルにすると2人分のマットがくっついて1枚になっています。

このエアウェーブマットは、他のテントマットに比べてもロングサイズなので、空気を入れるのが少し大変です。

しかし、フットポンプが付属品として付いてくるので、それを利用すれば問題ないでしょう。

また、収納バッグも付いてくるので持ち運びにも適しています。

ロゴスのエアウェーブマットは少ない空気量で体をしっかりと支えてくれる!

ロゴスのエアウェーブマットは、ウェーブ状に膨らむようになっており、1つ1つのウェーブの山が小さくできています。

そのため、マットを膨らます際に必要になる空気量は少ないです。

さらに、マットに空気を入れるためのフットポンプが付いているので、より短時間でマットを膨らますことができます。

フットポンプを利用すると、約2分で空気注入が完了します。

また、マットに入れる空気量が少ないと、使い終わった後の空気抜きも短時間で済むのでとても楽です。

そして、それだけ少ない空気量で膨らんでしまうマットですが、使用時にぺたんこに潰れてしまう心配はありません。

ウェーブ状に膨らまされたマットは、体とマットの間に空間を作り、1つ1つのウェーブの山にかかる力を分散してくれます。

したがって、マットの上に横になった時に、沈むことなく体をしっかり支えてくれます。

地面のでこぼこが体に伝わることがないので、テントの中でも快適な睡眠をとることが可能です。

エアウェーブのデザインで隣の人に寝返りが伝わらない!

先程ご説明したように、ロゴスのエアウェーブマットはウェーブ状のデザインになっているため、少ない空気量にも関わらず、ふわふわとした感覚を保って体をしっかり支えてくれます。

さらに、このウェーブデザインによって、隣の人が寝返りをうっても伝わりにくいようになっています。

空気を入れるタイプのテントマットは、沈まないようにするためマットに入れる空気量が多くできています。

そのうえ、マット内の多量の空気は同じスペースで移動するので、1ヵ所に大きい圧力がかかると、1つのスペースでマット内の空気が移動するため揺れやすくなっています。

そのため、隣の人が寝返りをうつと揺らぎが直接伝わってしまいます。

もちろん自分が寝返りをうっても相手に揺らぎが伝わってしまうので、気を使いながら眠らないといけません。

しかしながら、ロゴスのエアウェーブマットは空気が入っているスペースが細かく分かれているうえに、体との間にも空間がたくさんあります。

そのため、寝返りをうってもマットにかかる圧力が分散され、他の人に揺らぎが伝わりにくいです。

したがって、ロゴスのエアウェーブマットであれば、隣の人に気を使うことなくぐっすり眠れるでしょう。

マットの生地加工がされているので触り心地がなめらか!

空気を入れるタイプのテントマットと聞くと、ビニール生地を想像する方も多いと思います。

実際に、ビニールやナイロンタイプのテントマットも多いです。

しかしながら、ビニール生地だと表面がつるつるし過ぎていて夏場だと汗でべたついてしまい、あまり快適とはいえません。

ロゴスのエアウェーブマットは、その点も考慮されていてマットの表面生地がベルベット仕上げになっています。

ベルベット生地といえば、起毛の生地で光沢がありとても上品な見た目です。

カーテンやドレスの生地などとしてよく利用されます。

そのため、ロゴスのエアウェーブマットは肌触りがなめらかです。

ビニール生地のように、汗でべたつくことはありません。

しかしながら、洗濯機に入れて丸洗いすることはできないので、使用後は外に干すなど定期的に手入れをするようにしましょう。

使用後に長期間放置してしまうと、カビが生える可能性があるので気を付けてください。

枕も付いているロゴスのエアウェーブマット!高さ調整も可能!

ロゴスのエアウェーブマットは、マットの最上部が大きく膨らんでおり枕になっています。

そのため、キャンプ用に枕を別途購入する必要がありません。

さらに便利なのが、枕の高さ調整をできることです。

枕の高さは人によってそれぞれ好みや適正があるので、「せっかく枕を購入したのに使ってみると合わなかった」というようなケースはよくあることです。

したがって、枕の高さ調節ができることで様々な人が快適に利用することができます。

エアウェーブマットで枕の高さ調節ができる理由は、マットの長さにあります。

ロゴスエアウェーブマットは全長が2m近くあり、ロングサイズです。

そのため、身長が2m近くある方でない限りは、30~50cm程マットが余るようになっています。

その余ったマット部分を丸めることで、高さを調整していきます。

枕部分そのものは低い高さで作られているので、低い枕がお好みであれば丸めずにそのまま利用するといいでしょう。

ロゴスのエアウェーブマットは新デザインになってしまった?

ロゴスのエアウェーブマットは使い心地がいいうえ、他のテントマットと値段もさほど変わらないため、口コミもよくリピーターも多いです。

しかしながら、昨年あたりに新デザインに変わってしまい、人気があった古いデザインのエアウェーブマットはもう販売されていません。

マットの色も、水色からベージュに変更されています。

新デザインのエアウェーブマットは空気が抜けやすく、「なかなか膨らまない」「膨らんでもすぐに空気が抜けてしまう」などの口コミがよく見られます。

そのため、古いデザインのエアウェーブマットをネットのオークションなどから購入する方も多いです。

したがって、ロゴスのエアウェーブマットの新デザインに少し不安がある方は、インターネットなどで古いデザインのエアウェーブマットを探してみるといいでしょう。

ただし、古いデザインはいまだにとても人気があるため、中古品でさえもすぐに売れてしまいます。

そのため、古いデザインを購入希望の場合は、定期的に商品情報を確認するようにしてください。

ロゴスのエアウェーブマットで快適な睡眠を手に入れよう!

ロゴスのエアウェーブマットは、少ない空気量でしっかりと体を支えてくれる優れたテントマットです。

また、隣の人の寝返りも自分の寝返りも伝わりにくいので、気を使うこともなくぐっすり眠ることができます。

さらには肌触りがよく枕まで付いているので、とてもリーズナブルです。

しかしながら、人気のあった古いデザインはもう売られていないので、古いデザインを希望の方は中古品を購入しましょう。

古いデザインはいまだに人気があるので、中古品を見付けたら早めに購入するようにしてください。