ロゴスのマットで快適に過ごしたい!口コミも気になる!

多種類のアウトドア用品を扱っているロゴスですが、泊りがけのアウトドアで使用するスリーピングマットも取り扱っています。

せっかくアウトドアに出掛けたなら、快適な夜を過ごして、次の日に備えたいですよね。

この記事では、ロゴスのマットや他のアウトドアブランドのマット、その気になる口コミも合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

モンベルのジオラインタイツが人気!サイズや厚さが選べる?

モンベルといえば、アンダーウェア素材のジオラインが人気です。なかでもタイツは、アウトドアの際に...

ガスのコンロがつかない!カチカチなっているけど何が原因?

キャンプやバーベキュー、もしくは自宅のガスコンロで火がつかないとき、どうしていますか?「カチ...

ハイキングに使えるリュックは?おすすめのリュックはこれ!

ハイキングに行くときは、「リュック」を使うと両手が自由に使え、多くの荷物を持ち運ぶこともできるた...

トランギアが代表格!アルコールバーナーは五徳・風防が必須

トランギアのアルコールバーナーは登場から半世紀以上たつ現在でも多くのキャンパーを魅了し続ける製品...

寒季はユニフレームのストーブを!カセットガスで一晩暖かい

もはやアウトドアでは定番となっているメーカーのユニフレームからは、寒い時期のアウトドア活動で暖がと...

トレイルランシューズの選び方!幅広の方もフィット感が大事

アウトドアスポーツの中に、自然な状態の山や森の中を走るトレイルランがあります。以前は海外で主...

石油ストーブから臭いが!その原因と対処法を徹底調査!

ご自宅などで石油ストーブを使っていて、嫌な臭いがしてきたことはありませんか?おそらく石油スト...

雲海が見れるかも!?岡山県のオススメキャンプ場をご紹介!

山登りなどで、雲海を見たことがある方もいるのではないでしょうか。あの神秘的な風景に、言葉を失...

定番のコールマン!そのスクリーンタープの張り方は?

アウトドアの大定番ブランドと言えば、コールマン(Coleman)ではないでしょうか。コー...

一度は食べたいキャンプのご飯とソロキャンの醍醐味を伝授!

キャンプといえば、家族や仲間内で行くというイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし、最近で...

キャンプ遊びのあれこれ!道具有りでも無しでも楽しめます!

キャンプに出発してからテントを設置して、BBQでお腹を満たすと、今度は何をしようかとワクワクしま...

アルコールバーナーはチタン一択?特性について知りたい!

アウトドアのアイテムとして、アルコールバーナーが注目されています。そのアルコールバーナーには、...

大洗港は人気の釣りエリア!釣り禁止場所に注意して楽しもう

茨城県東茨城郡の大洗町はアウトレットや水族館、海水浴のできるビーチもあり、観光地としてたくさんの...

スキレットのサビは食べたら体に悪い影響があるのか?

アウトドア用の調理器具として大活躍のスキレット、これを使うと普通のお肉も格別に美味しく感じますよ...

トランギア製メスティンのシーズニング方法とは?

キャンプでおいしいご飯を簡単に炊くことができるトランギアのメスティン。シンプルな形は様々な調...

スポンサーリンク

大人気インフレーターマットとは?3つの特徴をご紹介!

インフレーターマットという名前をご存知でしょうか。

インフレーターマットとは、空気を入れて、布団と同じような寝心地を得ることができるマットのことです。

寝袋だけでは「少し硬くて、よく眠れない」と感じる人におすすめです。

寝袋の下に敷くと、ごつごつとした石の感覚などは全く感じず、野外でもしっかりと眠れます。

インフレーターマットの3つの特徴をご紹介します。

①しっかりとした厚み

厚いスポンジを使用しているので、クッション性が高いです。

地面のデコボコを吸収し、冬場は地面からの冷えをシャットアウトします。

②空気入れの手間が省ける

栓を開けると、半自動的に空気をマット内取り入れ、膨らみます。

空気をもっと入れたい時は、調整も可能です。

③携帯しやすい

基本的に平べったくなるので、丸めてかなりコンパクトに収まります。

また、持ち運びに便利です。

快適で携帯性に優れたインフレーターマットですが、柔らかいスポンジを使っているので穴が開きやすいです。

使用する時は、十分注意してください。

次項では、ロゴスのインフレーターマットと実際に使用した人の口コミをご紹介します。

大人気ロゴスのインフレーターマットと参考にしたい口コミ!

ロゴスのブランドコンセプトは、「水辺5メートルから標高800メートルまでにて楽しむ事が出来て、愛されるブランドとなること」です。

そのコンセプト通り、ウォータースポーツや川遊びから、登山まで様々なアウトドアに対応しているブランドで、世界中で人気です。

テント内で使うマットも充実しているので、セルフインフレートマットをいくつかご紹介していきます。

【ロゴス:マット (超厚)セルフインフレートマット】

・参考価格 8,964円

・重量 1.8キロ

・本体サイズ 幅65センチ×奥行190センチ×高さ5センチ

・収納サイズ 直径16センチ×長さ61センチ

極厚なので、クッション性に優れています。

テントの大きさに合わせて作られている、テントフィッティングシリーズなのでスペースを有効に活用できます。

収納バックを枕やクッションとして活用する人もいます。

口コミでは、「厚みも丁度良く、地面との違和感を感じることはない」「片付けも簡単」などの感想が見られ、好評です。

口コミで評判!ロゴスの快適なダブルサイズのマット!

次にご紹介する「ロゴスのセルフインフレートマット」がこちらです。

【ロゴス:セルフインフレートマット】

・参考価格 11,340円

・重量 3キロ

・本体サイズ 190センチ×130センチ×3センチ

・収納サイズ 22センチ×71センチ

2人で使える、ダブルサイズです。

バルブを開けると自動的に空気が入り、さらに吹き込むと、高い反発力を生みます。

ダブルサイズでも、ある程度自動的に空気が入るので、吹き込む量は少なくてすむのでとても楽です。

ロゴスで発売している2人用のテントフィットシリーズです。

地面からくる冷気を遮断し、快適に眠りにつけます。

大きい割に、たたむとコンパクトになるので、場所を取らず持ち運びにも便利です。

口コミでは、「薄さの割に、とても快適に使用できる」「コンパクトになり最高」などの感想が見られました。

大きいので、カップルや親子連れの人におすすめのマットです。

ロゴスと同様大人気!コールマンマットと気になる口コミ!①

次に、ロゴス以外のアウトドアブランドのセルフインフレートマットをご紹介します。

まずは、コールマンのセルフインフレートマットです。

【コールマン:キャンパーインフレーターマットシングル2 2000026848】

・参考価格 7,538円

・重量 1.6キロ

・本体サイズ 195センチ×63センチ×4センチ

・収納サイズ 12センチ×68センチ

厚さが4センチあり、クッション性が優秀なマットです。

特に寒い冬の登山やキャンプ時に使用すると、暖かく快適に眠りにつくことができます。

こちらは連結も可能なので、つなげて大きく使うことができます。

また、コンパクトに収納することができます。

口コミでは「キャンプ用品の中で一番使う頻度が高い」「キャンプ以外で来客用に使える」「これを使って寝た翌朝、体が軽い」などがありました。

使いやすく快適なので、キャンプはもちろんのこと、普段使いにも便利なマットです。

ロゴスと同様大人気!コールマンマットと気になる口コミ!②

ロゴスと同様、大人気のコールマンのインフレーターマットを続けてご紹介します。

上項でご紹介したコールマンのマットは、ダブルサイズでも販売しています。

使い方は多様で、1人で使う時は重ねて使用することによって、より快適に使用することもできます。

また、ボタンで連結しているので分けて使用することも、もちろん可能です。

【コールマン:キャンパーインフレーターマット/Wセット  000026847】

・参考価格 10,479円から

・重量 3.2キロ

・本体サイズ 195センチ×63センチ×5センチ(1枚あたり)

・収納サイズ 20センチ×70センチ

厚みも5センチあるので、クッション性が抜群です。

「石の上に敷いても、これを使えば快適に眠れる」など、そのクッション性に驚きの口コミが多数見られました。

続いてご紹介するコールマンのインフレーターマットです。

【キャンパーインフレーターマット/W 2000013057】

・参考価格 10,778円

・重量 3.5キロ

・本体サイズ 195センチ×130センチ×厚さ4センチ・枕部分厚さ6センチ

・収納サイズ 20センチ×70センチ

こちらは、クッション性の高い、ダブルサイズのマットです。

先ほどご紹介した「キャンパーインフレーターマット/Wセット 000026847」のように2枚組では無いため、重ねての使用はできません。

ご家族や友人と、シェアして使えるマットです。

口コミでも、「枕部分の高さが他の部分と比べて2センチ高いので、寝心地も本当に最高」と好評です。

軽量で収納もコンパクト!スノーピーク製のインフレーターマット

ロゴスやコールマンとともに大人気のアウトドアブランドが、日本総合アウトドアブランドのスノーピークです。

スノーピークから販売している、人気のインフレータブルマットをご紹介します。

【スノーピーク:インフレータブルマットマウンテンL TM090】

・参考価格:13,824円

・重量 640グラム

・本体サイズ 183センチ×51センチ×厚さ2.5センチ

・収納サイズ 15センチ×27センチ

軽量で、収納サイズもコンパクトなので、携帯性に優れています。

連結も可能なので、使い方の幅も広がります。

冬の寒い時期にも、「暖かく快適に眠れる」と口コミで評判です。

続いてご紹介するのが、こちらです。

【スノーピーク:インフレータブルマット テレコ TM-135】

・参考価格 14,158円

・重量 800グラム

・本体サイズ 198センチ×60センチ×厚さ2.5センチ

・収納サイズ 16センチ×30センチ

2枚を逆さにして、組み合わせると、スノーピークの人気テント「ランドブリーズ2」とぴったりのサイズになるように作られています。

テントとマットをぴったりに組み合わせることによって、寝る時だけではなく、テント内がより暖かく快適になるので嬉しいですよね。

また。スノーピークのインフレータブルマットは、携帯性に優れているので登山やバイクツーリングにおすすめです。

コンパクトに収納出来る点を評価する口コミが目立ちました。

ご自身にぴったりのインフレーターマットをで快適な夜を!

ロゴスを初め、コールマン、スノーピークなどの便利なインフレーターマットをいくつかご紹介しました。

マットがあると無いとでは、就寝時など、その快適さが違います。

テント内をより快適なものにするために、マットを1つ持っていてもいいですよね。

この記事を参考に、ご自身にぴったりのものが見つかるといいですね。