大人気のダナーブーツの魅力とお手入れの方法とは

ダナーは有名なアウトドアブーツのブランドです。

シューズブランドで初めてゴアテックスを採用したことで知られています。

タフなアウトドアに耐えることができ、唯一無二のデザインを兼ね備えています。

今やたくさんのキャンパー達に愛されているブーツブランドです。

そんなダナーのブーツの魅力と、お手入れ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エーグルはメンズもサイズ感が重要?ブーツの選び方は慎重に

山や川はもちろん、タウンユースでも使用できることで人気がある、エーグルのラバーブーツ。購入す...

ラッセルを雪山でやる必要があるのはなぜ?意味を知ろう

雪山の登山をしているとき、ラッセルをする必要がある場合があります。新雪のときなどに行うラッセ...

大活躍!スノーピークのタープ『ポンタ』の張り方とその実力

スノーピークと言えば、タープやテントをはじめ、ランタンやバーナーなどでも有名な日本のアウトドアメ...

キャンプの必需品!クーラーボックスの保温方法を解説!

キャンプ、海水浴、バーベキューなど、近年アウトドアが大人気となっています。そこで必需品となっ...

スノーピーク・トルテュライトのサイズとメリット!商品紹介

スノーピークで人気のオールインワンテントに「トルテュライト」というテントがあります。特にファ...

大自然と走るトレイルラン!大会に必要な持ち物をご紹介

皆さん、今流行しているトレイルランをご存知でしょうか。トレイルランとは、ただ走るだけでなく野山...

ハイキングで定番の持ち物や夏場に必要なものを徹底解説!

ハイキングは老若男女、世代を問わず楽しめるアクティビティです。そして、ウォーキングよりも本格...

ローバーの登山靴を修理に出して長く履こう!注意点と対処法

ローバーはドイツの老舗登山靴メーカーで、今では日本にもファンが多い登山靴メーカーです。最近では日...

釣り用のクーラーボックスの特徴とは?小型でも高機能!

中に入れたものを保冷してくれるクーラーボックスは、アウトドアには欠かせませんね。そして、釣り...

ロッジ、コテージどれを選ぶ?宿泊施設の違いって?

キャンプといっても、最近では、宿泊施設を利用するスタイルが増えています。宿泊施設には、「ロッ...

マムートが開発するドライテックプレミアムの特徴と洗濯方法

最近は普段着でも見かけるようになった機能性素材ですが、アウトドアブランドのマムートが開発する、「D...

クーラーボックススタンドって必要?自作・代用アイディア

夏キャンプで大活躍するのが、クーラーボックスです。冷えた野菜のサラダや新鮮なフルーツを味わった...

スノーピークのペンタシールドとは?魅力をブログから分析!

スノーピークは国産のアウトドアブランドで、その丁寧な商品作りとユーザー目線のサービスに定評があり...

スノーピークのペンタでソロキャンプへ!アレンジ方法とは?

最近では、1人でキャンプ(ソロキャンプ)に出掛ける方も多いようです。ソロキャンプに初めて出掛...

グレゴリーの歴史を語る!最新ロゴはダサいと言われてる?

「オシャレで機能的なバックパック」と言えば、グレゴリーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか...

スポンサーリンク

ダナーブーツの魅力とは?

キャンパーに愛されているダナーのブーツの魅力とは、一体何でしょうか。

ダナーのブーツは、まるで足のシルエットをそのまま靴にしたようです。

研ぎ澄まされたデザインは、他のブランドとはどこか違います。

また、オールシーズン履くことができ、今は街中でもよく見かけます。

しかし、もとはアウトドア用のブーツとして作られたのです。

ダナーのブーツは「ゴアテックス」を採用しています。

ゴアテックスとは完全防水のことで、タフなアウトドアに耐えられるようになっています。

また「ビブラムソール」という素材も使用しています。

ビブラムソールはソール専門のメーカーが開発しており、優れたグリップと耐久性を兼ね備えています。

通常シューズメーカーは、自社のソールを使うのが一般的です。

しかしダナーは最高のブーツを開発するため、信頼の耐久性を融合させたのです。

こうしてアウトドアブーツとして高いポテンシャルを持つようになりました。

きちんとお手入れをすれば、ダナーブーツは長く履くことが可能なのです。

続いてダナーブーツのラインナップをいくつかご紹介しましょう。

ダナーのブーツのラインナップ

人気の高いダナーのブーツですが、ラインナップが大変豊富です。

一部ですが、いくつかご紹介します。

・ダナーライト

世界初のゴアテックスブーツです。

人気商品で現在もハンドメイドでポーランド工場で作られています。

・ダナーマウンテンライト

足なじみが良い防水ブーツです。

外見はクラシックですが快適な履き心地です。

・ダナーエクスプローラー

ダナーライトがベースになっています。

防水性、通気性は変わらず、オールレザーになっています。

・ダナーマウンテンパス

ダナーライトがベースになっています。

素材のアッパーをオイルレザーに変更されています。

・ダナーマナワ

クラシックスタイルでオールレザーになっています。

オールマイティーに履ける防水シューズです。

・ダナースノーブーツ

保温性が良く、寒冷地で活躍します。

・ダナーレインブーツ

厚みのある天然ラバーが使用されています。

足入れがしやすいのが特徴です。

いかがでしたか。

ブーツと言っても様々な種類や特性があるのが分かります。

デザインや用途でお気に入りのブーツを見つけるのがいいでしょう。

次に、ダナーのブーツのお手入れの仕方をご紹介します。

ダナーブーツのお手入れは?必要なものは何?

具体的にブーツのお手入れは何をしたらいいのでしょうか。

「普段は雨に濡れた後にさっと拭くだけ…」という人もいるでしょう。

それでもいいですが、長くブーツを履くなら定期的にお手入れが必要です。

そこで、自宅でできるお手入れ方法をご案内します。

まずは大まかな流れをご説明します。

①念入りにブラッシング

②レザークリーナーで掃除

③オイル入れ

④仕上げのブラッシング

⑤防水スプレー

となります。

順序や流れを覚えれば簡単そうです。

続いて用意していただくものです。

・ダナーのブーツ(ダナーライトなど)
・馬毛ブラシ
・レザークリーナー
・オイル
・ぞうきん
・スポンジ

最初に揃えれば長く持つ道具ばかりなので、揃えておきましょう。

そしてお手入れする前に、靴紐はほどいておきましょう。

続いて詳しいお手入れ方法のご紹介になります。

実際にダナーブーツをお手入れしよう

ダナーブーツのお手入れ方法をご説明します。

①ブラッシングをします

まず、ブーツ全体にブラッシングをします。

この作業で、皮の奥に溜まっている汚れや油分を取り除きます。

大切な作業なので、強くこすらず、毛先でやさしく行って下さい。

②レザークリーナーを塗ります

クリーナーは目に見える汚れや、浮き出た油分を取り除く効果があります。

オイルを入れる前に油汚れをしっかり落としましょう。

クリーナーを薄く塗ってから、乾いたぞうきんで汚れを拭き取ります。

③オイルを入れます

汚れを落としたら、次はオイルを入れていきます。

スポンジにオイルを少量とり、薄くのばします。

オイルの量が多いと、皮が柔らかくなってしまうので注意してください。

ツヤがでて、傷などがが目立たなくなったら次の仕上げです。

④仕上げのブラッシングをします

オイルの後にブラッシングをすることで、より奥まできめ細かくオイルを行き届かせることができます。

最初と同様に、毛先で優しくブラッシングしてください。

⑤防水スプレーをかけます

ダナーライトは必要ありませんが、防水加工でないブーツは最後に防水スプレーをしましょう。

これで完了です。

ブーツクリーニングは、月に1回が理想的だと言われています。

なかなか時間がとれない時は、ブラッシングだけでも構いません。

無理のない程度に行いましょう。

ブーツのお手入れが難しい時はクリーニングを利用しよう

靴やブーツがひどく汚れてしまったことはありませんか。

雨や泥でひどい汚れがついてしまうと、家で洗うのは大変です。

きれいに汚れを落とせないこともあるでしょう。

そんな時は、クリーニングに出すことをおすすめします。

今は靴の宅配クリーニングがあるのです。

もちろんダナーなど、ブランドのブーツも対応しています。

・メッシュ部分の汚れが気になる
・とにかく汚れがひどい

このような場合は自分での手入れに限界がありますので、ぜひクリーニングを利用しましょう。

宅配クリーニングの流れですが、

①インターネットから申し込み

②宅配業者に靴を預ける

③クリーニングを行う

④配達で靴を受け取る

というように、簡単な流れとなっています。

インターネットで申し込みをして、できあがった靴を自宅まで届けてくれる、とても便利なサービスです。

料金は1足3000円前後となっています。

2週間ほどで仕上がるようなので、汚れが気になるブーツなど、試してみてはいかがでしょうか。

ダナーブーツは正規販売店で購入しよう

今はインターネットで、さまざまなショップから簡単に買い物ができるようになっています。

しかしダナーのブーツは必ず正規販売店で購入しましょう。

ワークブーツは日本人の感覚では、少し大きな造りになっています。

普段より2㎝くらい小さなサイズでちょうどいいそうです。

そのため店頭で試して、サイズ感をきちんと把握しましょう。

お手入れの仕方などを店員に相談するのもいいでしょう。

インターネットで注文し、いざ届いたら「サイズが少し合わない…」ということもあるかもしれません。

高価な買い物ですので、慎重に選びましょう。

また、正規店で購入する理由の一つに「本物を購入する」という意味があります。

インターネットなどで、中古品やアウトレット品と称して、定価よりも大幅に安く販売している店があります。

これらはダナーの特徴であるゴアテックスを使用していない「類似品」です。

・アウトレット品
・生産過剰の余剰品
・サンプル品
・型落ち商品

このような記載のあるものは、偽物の可能性がありますので、購入には注意してください。

また偽物サイトを見分ける方法としては、

・価格が極端に安い(50~80%値引きなど)
・サイトの日本語表記がおかしい
・日本で使用しない漢字の誤字がある
・サイトが長い間更新されていない
・問い合わせ先のメールアドレスがフリーメール

などがあります。

このようなサイトでは購入しないようにしましょう。

せっかく購入したものが正規品でなかったら悲しいです。

ダナーのブーツは必ず正規販売店で購入しましょう。

ダナーのブーツはお洒落で機能的である

いかがでしたか。

ダナーのブーツの魅力とお手入れ方法をご紹介させていただきました。

アウトドアだけでなく、普段使いもできるすばらしいブーツだという事が分かりました。

ダナーのブーツは「20年履き続けられる靴」と言われています。

もちろんお手入れをして、大事に履くことが前提です。

履くごとに、自分の足にどんどんしっくりとしてくることでしょう。

経年劣化も楽しんで、人生でお気に入りの1足にしたいものです。