バーベキューができる海が知りたい!持ち物や楽しみ方とは?

大自然に囲まれたバーベキューはとても楽しいですよね。

山や川、公園など、バーベキューできるスポットはたくさんありますが、特におすすめなのが海辺でするバーベキューです。

潮風を感じ、波音を聴きながらするバーベキューは、非日常的な気分を味わえてとても楽しいですよ。

そこで当記事では、バーベキューのできる海岸をご紹介します。

併せて、持ち物や海辺のバーベキューの楽しみ方もお伝えしますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプで焚き火も楽しみたい!ブログでのおすすめ方法は?

キャンプの夜の楽しみといったら、焚き火ではないでしょうか。 真っ暗な中、ゆらめく炎を見ていると...

長野県のキャンプ場と温泉を無料で楽しむ!旅のすすめ

山々に囲まれた美しい景色が広がる長野県で、お金をかけずに、キャンプや温泉で日頃の疲れをリセットし...

バーベキューの野菜の量と美味しく食べるための工夫を解説!

バーベキューでは、肉が主役で野菜はサブ的な存在になりがちですね。 そんな野菜も、できればたくさ...

キャンプファイヤーの出し物!幼稚園児に合ったものをご紹介

幼稚園は季節ごとにイベントが多く、そのイベントを親子で楽しみにしているご家庭も多いのではないでし...

大活躍!スノーピークのタープ『ポンタ』の張り方とその実力

スノーピークと言えば、タープやテントをはじめ、ランタンやバーナーなどでも有名な日本のアウトドアメ...

ダッチオーブンをシーズニング!炭火や薪で行うのが正しい?

キャンプにあると嬉しい、ダッチオーブン! しかし、ダッチオーブンのお手入れの1つでもある、シー...

キャンプには何が必要?持ち物の選び方を女性目線でご紹介!

キャンプ人気は年々高まっています。 アウトドアショップやホームセンターでキャンプ用品を目にする...

キャンプ前に台風の予報が出た時どうする?ブログを参考に!

キャンプに行こうと思っていた時に、天気予報を確認すると、台風が接近していることがありますよね。 ...

レキのポールが曲がり・折れ・錆びた時には?修理&対策方法

登山の相棒として、トレッキングポールが普及してきています。 トレッキングポールは登山時に体...

ユニフレーム3種類の燻製器!使い方と特徴を詳しく紹介

自宅やキャンプで、少し変わった料理が食べたいときに、燻製料理はおすすめです。 燻製料理と聞くと...

コールマンが点かない!ジェネレーター詰まりが原因?

キャンプにコールマンのランタンを持って行って点火したとき、灯りが点きにくかったり、点いても点滅し...

ストーブが灯油臭い時の対処法は?おすすめストーブもご紹介

寒い冬、ストーブを使って暖を取っている方もいるでしょう。 ストーブは昔から使われている暖房...

コールマン製品が壊れた!修理用の部品と調達方法は?

バーナー・ランタン・テント・タープなどの愛用のコールマン製品が壊れてしまった時、あなたはどうして...

ダナーのコンバットハイカーの正しい手入れ方法を覚えよう!

質の良い登山靴をせっかく気に入って購入しても、正しい手入れ方法を覚えていないと、残念ながら長持ち...

簡単設営!スノーピーク謹製『ファルpro.air』の口コミは?

キャンプをするのであれば、たいていの場合テントが必要になります。 しかしテントといっても、形状...

スポンサーリンク

バーベキューは海で!その魅力とは?

海辺のバーベキューの最大の魅力は、そのロケーションでしょう。

波音や海風、目の前に広がる大きな海を眺めながらするバーベキューほど贅沢な時間はありません。

昼間はバーベキューを楽しみながら海で遊び、夕方はオレンジ色に染まるサンセットで癒されるという一日は、日常では味わえない気分を感じられることでしょう。

また、マリンスポーツが人気となっていますが、中でもSUP(スタンドアップパドル)は、マリンスポーツが初めての方でも気軽にできると人気のアクティビティです。

バーベキューをしながら、目の前の海でSUPを楽しんだり、小さい子供連れの方は浅瀬で遊んだりと、海ならではの楽しみ方をしても良いでしょう。

さらに、釣りができる海岸であれば、釣った魚がバーベキューの食材になり、新鮮で美味しいごちそうを味わうことができます。

海辺でのバーベキューは、このような魅力で溢れています。

手ぶらでバーベキューできる!海辺のおすすめスポット

バーベキューと言うと、も荷物の持ち運びに手間がかかると心配する方もいるかもしれません。

また、車に乗らない人にとって、荷物を持ちながら海辺まで行くというのはかなりの労力を必要とするでしょう。

しかし、手ぶらでバーベキューができるプランも用意されています。

●STEP CAMP BASE 油壷

住所:神奈川県三浦市三崎町小網代1095-30

こちらは、品川駅から約90分、電車とバスを利用してビーチに到着です。

一日3組限定の予約制になっており、面倒なテントの設営やテーブルのセッティング、バーベキューの準備は全ておまかせで楽しむことができます。

食材も用意されているので、何も準備していく必要がありません。

海を眺めながら食事を楽しんだり、目の前の海でSUPのレンタルを楽しんだりすることもできます。

●海の家一力

住所:千葉県山武市井之内2869-49

こちらは、車で出かけた際に、駐車場が100台まで無料です。

手ぶらで出かけても、食材を持ち込んでもどちらでもOKなスタイルになっています。

ビーチバレーの大会が行われており、ビーチが美しいこともあって、人気の高いスポットです。

イスやテーブルなどの道具をレンタルする際には別途料金がかかりますが、道具の持ち込みも可能なので、コストを抑えて楽しみたい方にもおすすめです。

バーベキューは海辺ならどこでもできるの?

「海辺ならどこでもバーベキューができる」と思っている方もいるかもしれませんが、基本的に「バーベキュー場」と謳っていない限り、海岸でのバーベキューは禁止であることが多いです。

また、海岸に「バーベキュー禁止」という看板が立てられている箇所も多く見受けられます。

これらは、海岸を管理している地方自治体により、条例で定められています。

そのため、バーベキューが可能な海岸であるかどうかの確認は必ずしましょう。

そして、海辺でのバーベキューは、気を付けなければならないポイントがいくつかありますのでご紹介します。

①お酒

バーベキューではお酒を飲むことがあるかもしれませんが、飲酒した場合は海に入るのはやめましょう。

②離岸流

バーベキューしながら、目の前の海で遊ぶ際に気を付けなければならないことが、離岸流です。

海では子供だけで遊ぶ姿を目にすることがありますが、強い引き潮で流されてしまうことがあります。

子供だけでは遊ばせないように注意しましょう。

③使用済みの炭

バーベキューで使用した炭を、砂浜に埋めることはやめましょう。

人や動物の足に火傷をさせてしまう恐れがあります。

また環境破壊の原因にもなりますので、使用済みの炭は持ち帰りましょう。

海辺でバーベキューができる!海のそばのキャンプサイトがおすすめ

せっかく海に来てバーベキューをするなら、のんびりと宿泊までできると嬉しいですよね。

そこで、海の近くのキャンプサイトをご紹介しましょう。

キャンプサイトなら、気兼ねなくバーベキューを楽しむことができますよ。

●GRAN BLUE

住所:千葉県南房総市白浜町滝口5580-6

ドッグランも完備された海辺のキャンプ場です。

食材を持ち込んで、バーベキューを楽しむこともできます。

AC電源も完備されているので、テントの中ではヒーターを使うこともできます。

●Ocean’s CampTORAMII-Ichinomiya

住所:千葉県長生郡一宮町一宮100-1

サーファーのメッカでもある、千葉県一宮市の話題のスポットと言えます。

キャンプギアをレンタルすることも可能なキャンプサイトです。

サーフィンとバーベキューを同時に楽しむのも良いでしょう。

●ネイチャーランド椎谷

住所:新潟県柏崎市椎谷202番地

手ぶらでバーベキューを楽しむことができるキャンプサイトです。

近くにスーパーもあるので、食材の調達に苦労しません。

日本海に映る夕日が美しいキャンプサイトです。

●新潟県立紫雲寺記念公園オートキャンプ場

住所:新潟県新発田市藤塚浜石山海岸

どこから見てもオーシャンビューのキャンプサイトで、プールや温泉、公園もあります。

IC付近に、大型ショッピングモールがあるので、そこで食材や炭を買うとこができ、バーベキューを楽しむことができます。

このように、キャンプサイトであればバーベキューが可能なため、海沿いのキャンプサイトは狙い目です。

海辺でのバーベキューに必要な道具

では、バーベキューセットを海辺に持ち込む際に必要な、バーベキューの道具をチェックしていきましょう。

・タープ
・テーブル
・イス
・バーベキューコンロ
・炭
・軍手
・ゴミ袋
・食器類
・バーベキュー用の食材

このように、普段バーベキューをする時とさほど変わりません。

バーベキューをする際には必須の道具になりますので準備しておきましょう。

そして、以下は準備できると便利な道具は以下の通りです。

・テント
・レジャーシート
・水を入れたポリタンク

タープだけだと横になれないので、テントも持参するとのんびりと過ごすことができます。

また、砂浜に直接物を置くと汚れるため、レジャーシートがあると便利です。

そして、海辺は水道が近くにあるとは限りません。

海水は塩水なので、いざという時に水道水があると便利です。

10Lサイズ程のポリタンクに水を入れて持参することをおすすめします。

バーベキュー気分になれる浜焼き店もおすすめ

せっかく海に行ったなら、その土地の旬の美味しい食材を味わいたいところですよね。

しかし、バーベキューは天候にも左右されがちです。

そこで、天候に左右されることなくバーベキュー気分が味わえる浜焼きは、とてもおすすめです。

千葉県の房総エリアの海沿いに面した場所にある「漁師料理かなや」では、海を眺めながら海鮮を焼いて楽しむ浜焼きが有名です。

房総エリアには、このような浜焼き施設が多くあります。

水産会社直営店の「浜焼き食べ放題 海女小屋」では、サザエ、ホンビノス貝などが取れたてで食べることができます。

バーベキューと違って、炭をおこしたり後片付けの準備がないのでお手軽です。

海辺ではこのような楽しみ方もできるので参考にしてください。

バーベキューができる海は限られている!調べてから出かけよう

今回は、バーベキューのできる海岸のご紹介をしました。

バーベキューはどこの海岸でも行っていいわけではなく、許可が必要です。

事前にインターネットで調べて、バーベキューOKな海岸を探してから計画しましょう。

また、天候や季節に左右されない浜焼きもおすすめです。

ぜひ、海辺の楽しいバーベキュー計画に役立ててください。