バーベキューには焼きマシュマロ!串に刺して焼くのが楽しい

バーベキューの食材を用意するとき、マシュマロを食材リストに加えるのを忘れないでください。

デザートとして、焼きマシュマロがおすすめなんですよ。

普段、マシュマロを食べる機会があまりないという人も、バーベキューの焼きマシュマロを味わったらきっとクセになります。

串に刺して、炭火や焚き火で炙るという楽しさもあります。

今回の記事では、焼きマシュマロに使う串や焼きマシュマロの作り方などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

廃盤のスノーピークのトルテュライト!ブログでの評判は?

スノーピークはアウトドアメーカーでとても有名ですね。その中でも人気のあった「トルテュライト」...

コールマンのダッチオーブンのお手入れの仕方をご紹介!

アウトドアでの、クッキングで是非とも手に入れたいダッチオーブン。コールマンのダッチオーブンが...

ユニフレームの焚き火テーブルはブログでも高評価の逸品!

ユニフレームといえば、アウトドア製品メーカーとして有名です。焚き火台やフォールディングランタ...

ヒルバーグの定番「スタイカ」の気になるブログでの評判は?

ヒルバーグと言えば、ハイブランドとしてのイメージが強く、「いつかはヒルバーグを」と思わせる魅力が...

バーベキューコンロの折りたたみ式は使い勝手が良いのか

バーベキューは楽しくても、道具が大きくて持ち運びや収納が大変だと思いませんか。イスやテーブル...

コールマンの便利なクッカー!使い方と簡単レシピのご紹介

キャンパーに愛されている「コールマン」は、アウトドア用品のブランドで有名です。コールマンか...

アウトドアに履いていきたい通気性の良い靴選び!メンズ編

近年アウトドア人口が急増しています。アウトドアでは、足元が悪い場所を歩くので、靴選びは重要なポ...

ツーバーナーを使いこなす!コールマン火器はポンピングが鍵

オートキャンプの必需品ともいえる、コールマンのツーバーナー。家庭用の二口コンロのように扱えるた...

テントを選ぼう!登山で使えるおすすめのアイテムをご紹介!

テント泊登山では、日帰り登山では味わえない楽しみや貴重な経験ができます。テント泊登山は、夕焼...

バーベキューの持ち物の準備は万全に!子供連れの必需品

子供が産まれるまでは、インドア派でアウトドアで楽しむバーベキューなどには縁がなかった方も多いと聞...

小川製品でキャンプ!ラナや小川張りでテントを連結設営!

小川ブランドとしてテントを販売しているキャンパルジャパンは、国内発祥のアウトドアメーカーです。...

バーベキューテーブルを選ぼう!おすすめをタイプ別にご紹介

バーベキューは、普段と違った食事のシーンで、解放感に溢れる人気のレジャーです。そんなバーベキ...

ダッチオーブンを使って燻製ベーコンを作ろう

休日は友人や家族や恋人とアウトドアを楽しんでいる方が非常に増えています。外で食事や綺麗な景色を...

バーベキューの火起こしを楽にする!おすすめの着火剤

バーベキューといえば、最初は火起こしに苦戦する方が多いものです。木炭が安定して燃焼するまで、...

キャンプに使う椅子は軽量なものがおすすめ!選び方を伝授!

キャンプに必要となるものは色々ありますが、意外と使用頻度が高く重要なアイテムが椅子です。アウ...

スポンサーリンク

串に刺して炙るのが楽しい!焼きマシュマロ

バーベキューの締めには、少し甘いものが欲しくなります。

子どもがいればデザートとしても喜ばれますね。

そんなバーベキューのデザートにおすすめなのが、マシュマロです。

しかし、マシュマロをそのまま食べるのではありません。

炭火や焚き火でマシュマロを炙る、「焼きマシュマロ」です。

マシュマロは、メレンゲに砂糖などを加えてゼラチンで固めたお菓子です。

白いものが一般的ですがフルーツフレーバーつきのものやカラフルな色がついたものもあります。

加熱すると香ばしく溶けて、そのまま食べるのと違った味わいが楽しめます。

バーベキューで焼きマシュマロをするときは、マシュマロを串に刺して手に持って焼きますので、自分で焼く楽しさもありますね。

今回の記事では、焼きマシュマロに使う串のご紹介から、焼きマシュマロアレンジレシピまで、幅広く焼きマシュマロについてご紹介していきます。

焼きマシュマロにはどんな串を使う?

焼きマシュマロに使う串は、少し長めのものがおすすめです。

バーベキューの際の焼きマシュマロは、串を手に持って炭火などで焼きますので、串が短いと火傷をしてしまう可能性があります。

焼き鳥などで使うような短いものではなく、長さがあるものを選びましょう。

串の素材ですが、一般的に「竹製」のものと「金属製」のものが主流です。

竹製のものは使い捨てですので、仲間でバーベキューをするときなど、たくさん使うときに便利です。

軽量で、そのままゴミとして捨てることができるため荷物も少なくできます。

金属製の串は、多くがステンレス製です。

マシュマロだけでなく、肉や野菜、魚などを刺して焼くのにも使えます。

金属製のため火が通りやすく、すぐに焼きあがるのが利点です。

見た目にも焚き火で炙る様子がカッコいいですね。

ただ、串自体が熱くなるため、食材を外すときや食べるときには注意が必要です。

焼きマシュマロにおすすめの串

焼きマシュマロに使いたい、おすすめの串をいくつかご紹介します。

▼ロゴス スキュアセットDX

サイズ:(約)43cm(ハンドル部分含む)

〈串部分〉(約)34cm

12本セットの商品です。

金属製の串に木製のハンドルが付いたおしゃれなデザインでバーベキューを盛り上げてくれます。

グリルへルパー(食材を取り外すための道具)が付属しているので、熱々の食材も簡単に串から取り外せます。

長さもあるため、焼きマシュマロにも使えます。

▼エコー金属 スライドバーベキュー串

サイズは、45cmのものと35cmのものがあります。

金属製の串の注意点として、串自体が熱くなってしまうという点がありますが、この串は持ち手の部分に食材をスライドする部品がついています。

これをスライドすることによって熱々の食材を触らずに取り外すことができるのです。

串から焼きマシュマロを取り外してあげられるので、子どもに食べさせるときも火傷の心配が少なくなります。

▼バーベキュー用竹串

ホームセンターなどで手に入るバーベキュー用の竹串は、人数が多いときのバーベキューに便利です。

30cmほどの長さがあるとマシュマロが炙りやすいですよ。

使い終わったら燃やして処分できるのも楽で良いですね。

たくさん食べたいときや、マシュマロだけでなくいろいろな食材を串焼きにしたいという時にも重宝します。

バーベキューで焼きマシュマロを作ってみよう

マシュマロと串が揃ったら、さっそく焼きマシュマロを作ってみましょう。

マシュマロを焼くと、そのままで食べるよりもおいしいと感じるのが不思議ですね。

普通のマシュマロだと1個か2個くらいしか食べられないのに、焼きマシュマロにするといくつでも食べられてしまうので、食べ過ぎ注意です。

それでは、バーベキューの基本的な焼きマシュマロの作り方をご紹介します。

①バーベキューの炭火は熾火になった状態、つまり弱火の状態にします。

焚き火でもOKですが、火が強すぎると焦げやすいので気を付けましょう。

②串にマシュマロを刺します。

ひとつずつ炙るのがおすすめです。

③熾火になった炭火の上で、少し離して焼きます。

20cmほど火から離しましょう。

焚き火の場合は、炎に当たらないようにし、遠赤外線でじっくり焼く方が焦げずに焼けます。

④串を回しながら全体を炙ります。

⑤全体に焼き色がついたら、温かくてトロリと香ばしいマシュマロの出来上がりです。

火傷に注意してくださいね。

炭火や焚き火の具合によっては焦げてしまうこともあるかもしれません。

マシュマロは焼け始めると一気に焼き色がつきます。

しかし、ちょっと焦げてしまったマシュマロもまたおいしいものです。

バーベキューで簡単に作れるアレンジレシピ!

基本の焼きマシュマロを作ったら、バーベキューの際にも簡単に作れるアレンジメニューを楽しみましょう。

【焼きマシュマロのせカフェオレ】

①串に刺したマシュマロを炭火や焚き火で炙って、焼きマシュマロを作ります。

その間に並行して、一緒にお湯を沸かしておきます。

②マグカップにインスタントのカフェオレを入れ、お湯を注いでカフェオレを作ります。

③焼きマシュマロをそっとのせます。

お好みでシナモンパウダーなどを振ってもおいしいですよ。

マシュマロが甘いため、無糖のカフェオレを使うのがおすすめです。

子ども用には、ココアを作って焼きマシュマロをのせてあげましょう。

【焼きマシュマロのせ焼きフルーツ】

①バーベキュー用のアルミ皿にお好みのフルーツを入れ、マシュマロをのせます。

②アルミホイルでふたをしてバーベキューコンロの網にのせて焼きます。

③お好みの焼き加減になったら出来上がりです。

焼きフルーツと溶けたマシュマロがマッチして、新感覚の温かいスイーツが楽しめます。

マシュマロが甘いため、一緒に焼くフルーツは酸味が強いものにするとバランスが取れます。

バーベキューで物足りないときはスモア

焼きマシュマロをするなら、ぜひ楽しんでほしいのが「スモア」です。

スモアは、アメリカやカナダの伝統的なデザートで、溶けたマシュマロとチョコレートをクラッカーで挟んだおやつです。

マシュマロは、日本ではそのままおやつとして食べるのが一般的ですが、アメリカではキャンプやバーベキューなどで炙ってクラッカーなどに挟んで食べるのが一般的なのです。

「スモア」は「サムモア(some more)=もう少しほしい」が語源といわれており、食後にちょっと物足りないときのデザートとして定着しました。

食後のゆっくりとした時間、串に刺したマシュマロを炙りながら焚き火を眺めるのは充実の時間ですね。

スモア自体が甘いので、ブラックコーヒーをお共にするのがおすすめですよ。

作り方は焚き火で焼きマシュマロを作り、チョコレートと一緒にクラッカーに挟むだけです。

クラッカーは塩気があるものにすると甘くなりすぎず、大人でも食べられます。

甘すぎるのが苦手であれば、チョコレートを抜いてもおいしいです。

香ばしいマシュマロと塩気のあるクラッカーのハーモニーをお楽しみください。

今すぐ焼きマシュマロが食べたいという人は

焼きマシュマロは、火で炙って食べるだけ、というシンプルなデザートながらそのおいしさと楽しさにハマってしまう人が続出しているようです。

「焼きマシュマロが今すぐ食べたい!」と思った人は、自宅にあるトースターでも作れるようですので試してみてください。

バーベキューをするときは、溶けたマシュマロやチョコレートが手についてベタベタになってしまうため、ウェットティッシュも用意しておくと良いですよ。