丈夫で機能的である人気のビブラムソール!交換方法は?

ビブラムソールは、優れたソールとして有名です。

元々は、登山用に作られており、とても丈夫で機能的に作られています。

丈夫なビブラムソールですが、長年使っていれば交換が必要になります。

ここでは、ビブラムソールの種類や交換方法などについてお話ししていきます。

ビブラムソールとは?

ビブラムソールは、イタリアにあるビブラム(Vibram)社が製造しているソールです。

ビブラムは、黄色いロゴマークが印象的ですよね。

ビブラムソールは、1935年に誕生しました。

従来作られていた革のソールとは全く違う、ゴムでできたビブラムソールを作り出したのです。

そして、1937年には、ソールに世界初の加硫ゴムを使った登山靴が評判を呼び、ビブラムソールは有名になっていきました。

現在では、登山靴としてだけでなく、ワーキングシューズ・スニーカー・さらには革靴のソールとしても使われるようになっています。

ビブラム社は、ソール専門メーカーです。

ソールに特化することによって、さまざまな種類のビブラムソールを作ることができたのです。

さて、丈夫で機能的なビブラムソールですが、機能が落ちてきたら交換の必要があります。

定期的にソールをチェックして、機能を満たしているかを確認してください。

ビブラムソールの特長!

ビブラムソールは、機能が優れていることで有名ですが、具体的な特長をご紹介していきます。

①丈夫で滑りにくい

元々は登山用に作られたビブラムソールですので、丈夫に作られています。

また、山の急な斜面や濡れた地面でも、しっかり踏ん張れるよう滑りにくくなっています。

②機能性を伴ったデザインの豊富さ

機能面では上記のほかに、寒い地域で使うことを考えて、マイナス40度でも固くならずに柔軟性を保つ種類があります。

また、ワーキングシューズとして、燃えにくい素材を使ったり、裂けにくいように作られた種類もあります。

そして、ソール専門のメーカーですので、用途に合わせたデザインが豊富にあります。

ビブラム社のよく目立つ黄色いロゴマークが入っていることで、機能的であるという証拠にもなります。

③確かな品質管理

ソールができあがると、品質テストを行います。

その項目は、10以上もあるのです。

そして、実際に使う状況下でのテストを行い、それに合格したソールのみ販売できることになります。

この厳しい品質管理がなければ、ソールの交換時期が早まったりすることになるでしょう。

確かな管理により、ビブラムソールの品質は守られているのです。

ビブラムソールの種類

ビブラムソールは、素材によって種類があります。

アウトドア用のものがありますので、これからご紹介していきます。

〇高登山用 VibramMONT

この「ビブラムMONT」は、本格的な登山をする方におすすめのビブラムソールです。

硬く作られ、耐久性にも優れています。

歩行に困難な岩や雪道においても、滑らずに歩くことができます。

また、気温の変化にも左右されません。

〇軽登山用 VibramTRONT

この「ビブラムTRONT」は、軽登山やトレッキングなどをする方におすすめのビブラムソールです。

MONTよりも柔らかく作られている以外は、機能面では変わりがありません。

〇ロッククライミング用 VibramXSGRIP

この「ビブラムXSGRIP」は、クライミングシューズとして作られたものです。

ロッククライミングやボルダリングに使うことができます。

他のソールと違い、粘着力が強く、最も滑りにくいタイプになっています。

〇雪や氷の歩行用 VibramICETREK

この「ビブラムICETREK」は、雪や氷の歩行に適したソールです。

雪や氷のあらゆる状況でも、優れたグリップ力で滑らなくさせます。

このアウトドア用ソールは、困難な環境の中でも性能を発揮することから、普通のソールの交換時期よりもはるかに長い期間使えるといえます。

交換するなら!おすすめのビブラムソール

ここでは、交換におすすめしたいビブラムソールをご紹介します。

〇Vibram1014(Teton)

登山上級者用のビブラムソールです。

素材は、VibramMONTを使用しています。

〇Vibram1450(Clusaz)

ソールの底がスパイクになっているビブラムソールです。

高登山に使用できます。

ソールの前と踵に溝があるのが特徴です。

そこにアイゼンを取り付けることができます。

〇Vibram1136(Roccia)

素材は、VibramTrontを使用しており、クラシックなデザインになっています。

長く使用され続けているソールです。

軽いアウトドアだけでなく、街中でも使用できます。

〇Vibram564K(Skeleton)

素材は、外側がラバー、中が発砲のEVAを使用しているので、クッション性が高くなっています。

グリップ力もあるため、アウトドアでも活躍します。

〇Vibram1210

あまり凹凸の少ないソールになっています。

ランニングなど軽運動に適しています。

いくつか種類を挙げましたが、実際にはもっといろいろな種類があります。

用途に合わせて、ご自分に合ったビブラムソールを見つけてください。

ビブラムソールを交換したい!時期と場所は?

ビブラムソールが耐久性に優れているとはいえ、機能が落ちないよういずれ交換が必要になります。

交換の目安となるのは、使ってだいたい5年くらいです。

しかし、ソールの素材が何かによっても変わりますし、どれくらい実際に履いているかによっても違ってきます。

あくまでも「交換目安が5年」ということを頭に入れておいてください。

次に、「ビブラムソールをどこで交換するか」ですが、これは買った靴屋さんにまず相談してみましょう。

そこで交換を取り扱っていない場合は、他の靴屋さんに聞いてみたり、靴の修理屋さんに確認してみてください。

また、ネットで交換を行っていることもあります。

取り扱っているビブラムソールの種類は限りがありますので、交換を検討しているのであれば、一度問い合わせをしてみましょう。

ビブラムソールの交換手順

お気に入りの靴のビブラムソール、どのように交換するのか手順をご紹介します。

①ビブラムソールをはがす

ビブラムソールをグラインダーやカッターなどではがします。

②接着剤を塗る

靴と新しいビブラムソールに接着剤を塗ります。

③靴とソールを張り合わす

靴屋さんでは、圧着機でしっかりと張り合わせます。

もし、自分で張り合わせる場合は、靴を履くなどして圧力をかけて接着させてください。

④靴からはみ出ているソールを削る

ドライバードリルなどではみ出したソールの部分を削ります。

ビブラムソールは、自分でも交換することができます。

ただし、仕上がりの出来と安全面から考えると、専門の方にお願いするほうがいいことは明らかです。

街中で使う分には問題ないかもしれませんが、登山など体や靴に負担が大きい場合は、特に自分での交換は避けたほうがいいでしょう。

沢山あるビブラムソールの中からお気に入りを見つけよう!

ビブラムソールは、アウトドア好きな方にはぜひ使ってもらいたいソールです。

とても丈夫で機能的なので、一度使ったらまた使いたくなってしまうことでしょう。

ビブラムソールは交換ができますので、お気に入りの靴をビブラムソールにしてみてはいかがですか。

きっとその良さが実感できるはずです。