キャンピングカーを買いたい!まずはローンの仮審査へ!

キャンピングカーの購入を検討しているけど、「現金で買わなくちゃいけないのか、あるいはローンを組めるのか」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな疑問や、ローンの審査の内容などについて、徹底的に解説していきます。

現金がないという方でも、諦めるのはまだ早いですよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

登山のコースタイムに基準は?コースタイムはこう考えよう

登山は、年齢に関係なく楽しめるアウトドアのひとつです。登山には、コースタイムがありますが、こ...

コロンビアのオムニヒートは自宅で洗濯しても大丈夫?

コロンビアのオムニヒートなど、最近は機能性素材を使った服が増えてきました。スポーツ用の服では保...

キャンピングカーの冷蔵庫の冷え具合やバッテリー事情は?

キャンピングカーを購入しようと思った時に、意外に知られていないのが「冷蔵庫が常備されているか」と...

快適なキャンピングカーライフのためにテレビを設置しよう!

キャンピングカーでくつろぐためのアイテムとして、後部座席でもテレビが観られる環境を作っておきたい...

キャンピングカーのトイレの種類は?どれを選べばいい?

キャンピングカーのトイレには、いくつか種類があるのをご存知でしょうか。どのトイレを選べばいい...

カラビナの種類を比較!登山用の強度表示・消防用の強度

カラビナは、クライミングをするのに不可欠な用具の一つです。そのため、クライミングを本格的に楽...

キャンプ場選びのポイント!チェックイン時間は早いとお得?

キャンプ場で重視する事はなんでしょうか。人によっては「季節ごとのアクティビティが楽しめたり、ロ...

軽キャンピングカーの注目車種はラクーン!ブログで情報収集

キャンピングカーでの旅に、憧れを抱く人は少なくありませんよね。近年、ブログなどでも話題に挙が...

コールマンピーク1の不具合を自分で修理する方法を解説!

アウトドア志向の方に人気のストーブ、コールマンの「ピーク1」。ピーク1は、シンプルで頑丈な作り...

ゴアテックス(ノースフェイスなど)はどうやって洗濯する?

アウトドアにあまり馴染みがない人でも「ノースフェイス」は聞いたことがあると思います。有名なア...

チェックインとチェックアウト!連泊する場合はどうする?

旅行やレジャーを十分に楽しむために、あるいは、仕事の出張などで、旅館やホテルに連泊することはあり...

バックカントリー用スノーボードとビンディングの選び方

スノーボードといえば、オリンピックで注目されたハーフパイプやキッカーなどのフリースタイルや、クロス...

コールマンランタンのメンテ術!不調ならジェネレーター清掃

アウトドアを楽しまれている方ならば、コールマン等のアウトドアメーカーから販売されているガソリンラ...

サーモスの水筒ケースを自分好みの生地で手作りしてみよう!

ステンレス製魔法瓶で有名なサーモス(THERMOS)は、水筒で有名なブランドです。保温性が高...

非常時の心強い味方!モンベルツェルトの魅力と張り方

日本のアウトドアメーカーとして人気の高いモンベルは、テントやタープなど様々なアウトドア用品を取り...

スポンサーリンク

キャンピングカーの魅力①

旅行が趣味という方は、宿泊先で悩むということが多いのではないでしょうか。

宿泊先は、予算や立地など、さまざまな面を考慮し決めなくてはなりませんよね。

しかし、キャンピングカーを一台持っていれば、そのような心配はありません。

現金で一括購入が難しければ、ローンの審査を通して購入してしまえば、それ以降宿泊費が掛かることはありませんし、好きな場所で寝泊まりすることが出来ます。

その他にも、キャンピングカーにはたくさん魅力があるので、ご紹介していきます。

●マイペースな旅が出来る

旅行の場合、普段足を運ばない場所に行くことが多いですよね。

そうなると、予定をぎっしり詰めてしまいがちです。

観光の最中なのに、「電車の時間が迫っている」とか「宿泊先のチェックインに間に合わない」という理由で、やむをえず先を急がなければならないということもあるでしょう。

しかしキャンピングカーであれば、疲れた時に休憩をして、好きな時間に就寝するようなマイペースな旅が出来ます。

●ペットと楽しめる

最近ではペット同伴可能なホテルなども増えてきましたが、やはり数は限られています。

また、公共の交通機関の場合は、ほとんどがペット同伴不可でしょう。

しかしキャンピングカーであれば、一緒に移動することも出来ますし、宿泊先にも困ることがありません。

キャンピングカーの魅力②

●渋滞中のお手洗い・休憩

連休中の旅行となると、渋滞が付きものです。

そのような時に一番心配なのが、お手洗いではないでしょうか。

特に、小さい子どもはいつお手洗いに行きたいと言うかわからないので、旅行中常にハラハラしてしまいますよね。

そんな時には、お手洗い付きのキャンピングカーであれば、いつでもすぐに済ますことが出来ます。

お手洗いが付いていないキャンピングカーであっても、普通の車と比べてスペースに余裕があるので、簡易トイレなどの使用が可能ですね。

また、運転手の交代をしながら長旅をする場合には、広々とした居室でドライバーがしっかりと体を休めることが出来ます。

●自炊が出来る

旅行で費用が掛かるものとして、食事が挙げられます。

しかしキャンピングカーがあれば、旅行先の特産の野菜などを購入したうえで、家と同じように調理することが出来ますね。

海沿いの場合は、市場などでよく見かける調理済みのものを購入するよりも、鮮魚を購入してキャンピングカーで自分で調理して食べる方が、断然安く済むでしょう。

次の項からは、キャンピングカーの購入方法や、ローン審査などについて詳しく触れていきましょう。

キャンピングカーは現金で一括?どんなローンが組める?

ここでは、キャンピングカーの購入方法についてお話ししていきます。

まず、キャンピングカーは、普通の車と比べて1.5倍から2倍ほど割高な価格です。

というのも、先ほどお話ししたメリットでわかる通り、車内で生活が可能な作りになっているからです。

値段は、ベースの車体の大きさや設備などによって変わってきますが、基本的にはローンを利用して購入するという方が多いでしょう。

現金で一括購入するという方は、稀なようです。

もし、ローンを利用する場合、オートローンになるでしょう。

そして基本的に、オートローンを取り扱っているのは金融機関か信販会社のどちらかになります。

普通の車と違うため、金融機関ではローン審査を受け付けてもらえないと思っている方も多いですが、現在ではキャンピングカーでもオートローンを利用することが可能です。

メリットとしては、金融機関ごとにローンの種類や金利が違い、取引実績のある金融会社では、金利の優遇が適用されることもあるという点があります。

一方、信販会社の場合は、キャンピングカーを販売しているお店が用意してくれることが多いです。

そのため、販売店経由でローン契約します。

メリットとしては、金融機関と比べて、長期でローンを組むことが出来るので、余裕を持った返済が出来るという点があります。

その他、最近では、保険会社などのローンを利用する方も少なくないようです。

キャンピングカーを買おう!ローン審査申込方法は?

先ほどは、金融機関と信販会社のローンをご紹介しました。

それぞれのメリットを簡単に挙げましたが、契約する前には実際に見積もりをしてもらって、しっかりと検討することが大切です。

信販会社の場合は、販売店に指定された会社のみですが、金融機関の場合は一つだけでなく、いくつかの金融機関に見積もりを依頼しましょう。

「見積もりを飛ばして仮審査を依頼してもいいのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、同じ時期に複数の金融機関に仮審査の依頼をしていた場合、審査に影響がないとは言い切れません。

そのため、まずは見積もりから依頼しましょう。

見積もりを見て金融機関を選んだら、仮審査の申し込みをし、借入が可能であるかや、借入額の上限など確かめましょう。

仮審査は基本的に、インターネットでの申し込みが可能です。

もちろん、金融機関に出向いて行っても構いません。

仮審査申込のページでは、申込者の氏名・住所・年齢、住居の種類、年収、借入予定額、借入期間、その他の借入があるか、などの入力が必須となります。

信販会社の場合は、キャンピングカーの販売店を通してのやりとりとなるので、基本的に販売店の指示に従えばいいでしょう。

キャンピングカーをローンで!仮審査はどれくらい時間が掛かる?

では、仮審査の申し込みをしてから結果が出るまで、どれくらいの時間が掛かるのでしょうか?

最近では、最短で当日結果が出るという金融機関も多いようです。

メールや電話、または郵送などで、結果を知ることが出来るでしょう。

郵送の場合は手間などが掛かるので、数日掛かることが多いです。

また、仮審査を申し込んでから金融機関を決定して、本審査も申し込みを行いますよね。

その際の注意ですが、それぞれの金融機関で設けられた仮審査の結果の有効期間内でないと、本審査の申し込みを行うことが出来ません。

もし期限を過ぎてしまった場合には、再度仮審査をしなければなりません。

基本的に、有効期間は2か月から3か月としている金融機関が多いようです。

しかし、仮審査の有効期間内であっても、その間に収入が減少してしまったり、その他の借入が増えてしまったということがあった場合、本審査を通過出来ない可能性もあるということを覚えておきましょう。

キャンピングカーのローン本審査が通るまでは、無駄な借入をしないようにすることが大切です。

キャンピングカーのローン審査に落ちた!原因は?

実際にキャンピングカーのローンを申し込もうとしたけど、仮審査で落ちてしまったという方も少なくありません。

基本的に、金融機関のローンの仮審査に落ちてしまっても、金融機関が原因を伝えてくれることはないです。

そして、その状態で他の金融機関にローンの申し込みをしても、同様に仮審査を通らないということがほとんどでしょう。

そこで、以下で挙げる原因に当てはまるものはないかチェックして、当てはまるものがあったとしたら原因を排除することが必要です。

●延滞履歴

これまでに、借入しているお金を延滞したことはありませんか。

そのような場合、個人信用情報機関という場所に、延滞履歴として記録されています。

ローンの審査を行う時には、この個人信用情報機関のチェックも行われているため、仮審査で落ちてしまった可能性が考えられます。

過去に延滞があったということで、信用度が下がってしまうということですね。

●勤続年数

転職後、すぐに申し込みをしたということはありませんか。

ローン審査では、勤続年数は重要とされています。

最低でも、1年以上勤続している状態が望ましいでしょう。

●借入金額

年間の返済額を考えて、借入金額に無理はないですか。

基本的に、年間返済額は年収の35%以下が理想とされています。

借入金額に無理はないか、もう一度見直してみましょう。

キャンピングカーで楽しい旅行を!

今回は、キャンピングカーの魅力や、キャンピングカーを購入する方法などをご紹介しました。

キャンピングカーには初期投資が必要ですが、手に入れてしまえば旅行費用が節約できるうえに、旅館やホテル泊とはちがった快適で楽しい旅をすることができます。

現金が用意出来ないという方も、ローンを上手に利用し、キャンピングカーオーナーになってみるのもいいのではないでしょうか。