ダナーの魅力!ポストマンシューズは経年変化で楽しむ靴

アメカジが好きな人は一度は憧れるダナー(Danner)のブーツ。

ダナーの靴にはアメカジ好きな人が求める魅力が詰まっており、男らしさや品質など、幅広い層から高評価を受けているブランドです。

ダナーには一体どんな魅力が詰まっているのでしょうか?

特に今回は、ダナーのベストセラーともいえる、ポストマンシリーズについて追求していきます。

長く愛用したい一品でもありますので、経年変化を楽しむ方法や、劣化した場合の修理方法、メンテナンス方法も覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ユニフレームのロースターで憧れのひとり焼肉に挑戦しよう!

焼肉というと家族や仲間とワイワイ囲むものだと思われていましたが、近年ひとり焼肉が静かなブームとな...

ラッセルを覚えて雪山へ!やり方をマスターしよう!

雪山登山は非常に魅力的です。普通の山登りと違い、より神秘的で幻想的な光景を見ることができます。...

石油ストーブの使用は芯の調整などの取り扱いがポイント!?

冬場のアウトドアなどでよく見かけるストーブ。なかでも石油ストーブは、火力の強さなどから人気が高...

タコ釣りに挑戦しよう!よく釣れる時期や時間帯などを解説!

タコはスーパーでもよく売られており、美味しく調理しやすいので、家庭では馴染み深い海の生物です。...

スノーピークはポイントカードを忘れても後付けできるのか?

スノーピークでは、店舗で商品を購入するとポイントを貯めることができるポイントカードを発行していま...

ドッグランでのトラブルが多発!事故を防ぐための心得とは?

ドッグランは、犬を楽しく遊ばせることができる場所として、多くの飼い主に人気です。しかし、事故...

ハリオのサイフォン・モカでおいしいコーヒーを入れよう!

サイフォンは、本格的なコーヒーを淹れる喫茶店や、コーヒー専門店で使われています。「コポコポ...

スカルパのモジトでアウトドアを楽しもう!口コミもご紹介

近年では、登山やトレッキング、岩などを登るクライミングを楽しむ人が増えてきています。世界的ア...

レインズのワームが魅せる!初心者~プロまでのバス釣りテク

これからバス釣りを始めたい人にもお勧めなのが「レインズ」の釣り具です。レインズのワームは初心者...

気が付いたら非常食のパンが賞味期限切れになっていた!?

登山などのアウトドアに欠かせないのが非常食ですよね。多種多様で、中でもパンなど食べやすい食品が...

キャンプ場選びのポイント!チェックイン時間は早いとお得?

キャンプ場で重視する事はなんでしょうか。人によっては「季節ごとのアクティビティが楽しめたり、ロ...

これで万能ナイフの達人に!缶切りの使い方をご紹介!

アウトドアで大活躍する万能ナイフ。様々な機能が付いており、何かと役に立ちますよね。しかし、...

低体温症の原因と対処法を紹介!男性も要注意!

雪山などの寒冷地の登山などで、命に関わる恐ろしい症状の一つに、低体温症というものがあります。...

大人気のブランド!モンベルとパタゴニアのフリースを比較!

近年アウトドアに出掛ける人が増えています。アウトドア用品を揃えていくにつれて、自分の好きなブラ...

ハイキングのリュック特集!おしゃれなアイテムをご紹介!

ハイキングに欠かせないリュックは、さまざまなアウトドアブランドから販売されています。近年では...

スポンサーリンク

アメカジの王道ダナー(Danner)とは?ダナーの歴史

アメリカ生まれのダナー(Danner)は1932年に創業されたブーツメーカーです。

1932年にウィスコンシン州で創業され、1936年にはオレゴン州のポートランドへ拠点を移しました。

第2次世界大戦中と戦後は、作業靴メーカーとして有名になります。

1952年にはアメリカ国内において、イタリアから初めてビブラムソールを輸入し、ブーツに採用しました。

1979年に発売した「ダナーライト」というモデルには、世界で始めてゴアテックスをブーツに採用し、蒸れずに濡れないブーツは実用性にも優れ、今でも完全防水ブーツの代名詞となっています。

また、日本での人気も高く、アウトドアでの実用的な利用はもちろんのこと、個性的なデザインから、ファッション性にも優れ、普段履きにも多く使われるようになりました。

最近では、ダナーブーツのデザインをまねたブーツが多々販売されていますが、機能としてみるとやはりダナーに勝るものはありません。

履き心地や一日履いても蒸れないブーツは、とても画期的で今では世界中から愛されるブランドでもあります。

そして、アメリカで郵便配達員のために生まれたポストマンシューズは、クッション性も高く、革の経年変化を楽しむこともでき、ワークシューズだけではなく、カジュアルにもおすすめなアイテムの一つです。

アメカジだけではないダナーの魅力!ダナーが作る靴の種類

ダナーの靴というと、マウンテンブーツが第一に思い浮かびますが、ビジネスにも使える靴や、サンダルなど、色々な種類の靴が発売されています。

例えば、カジュアルで最近人気の「チャッカブーツ」です。

独特の光沢が特徴で、磨くたびに奥行きのある光沢がでてきます。

これは、ノルウィージャン製法という作りで、ワークブーツやアウトドアシューズなど、頑丈な靴作りに使われる製法です。

一般の靴と比較すると、底が硬くて厚く、靴自体も重量があります。

一般の靴は凸凹な道を歩くと、ソールが柔らかいため、凸凹に合わせてソールも曲がりますが、ノルウィージャン製法で作られた靴は、ソールは曲がらずがっしりとした踏みしめ感があります。

また、この製法は様々な呼び名があり、「ノルベジェーゼ製法」「ノルウェイジャン製法」「ノーウェイジャン製法」と呼ばれることもあります。

経年変化しても、ソール交換が可能なので長く愛用できるアイテムです。

その他、ダナーでは普段でも履きやすいローファーも製造しています。

柔らかめのソールを使用しているため、毎日履きたくなるような気軽な靴で、学生やビジネスマンにも人気の種類です。

また、アウトドアに魅力的な「たためるラバーブーツ」、いわゆる長靴も発売されています。

キャンプやフェス、雨の日で活躍でき、グリップ力もある長靴です。

丸めてかばんに収納することもできるので、普段使いにも便利で、1足は持っていたいアイテムです。

そして、今回注目したいのが、ポストマンシリーズの靴です。

以降から、ポストマンシリーズの靴についてご紹介していきます。

ビジネスにも使えるポストマンシューズとはどんな靴?

ポストマンシューズとは、名前のとおり、通便局員さん向けの靴として誕生しました。

配達員さんは歩く機会が多いため、負担を減らすために柔らかい素材を使用し、歩きやすく履き心地を重視された靴です。

仕事で履くため、見た目にもこだわり、革を使用しながらも疲れにくい作りとされています。

また、雨の日でも配達しなければいけないため、雨にも強い作りになっています。

革靴なので、スーツにも合い、カジュアルにも合うようなデザインになっており、大人におすすめのシリーズです。

ダナーからは、ポストマンシューズとポストマンブーツが発売されています。

ポストマンブーツは、先ほどご紹介したチャッカブーツにもよく似たデザインで、日本でも30年以上の製造実績のあるシリーズです。

ポストマンシューズは、ポストマンのアッパー素材を使用し、クッションの柔らかい素材をソールに使用しています。

どちらも、長時間の歩行に疲れにくいような性能と、フォーマルな場所にも合うレザーを使用し、どんな場所にも対応できるものに仕上がっています。

経年変化によって劣化したソールも交換可能で長く愛用できるアイテムです。

光沢のある革やマットな革、最近はスエードを使用しカジュアルダウンされたシリーズも発売されています。

経年変化したポストマンシューズのメンテナンス方法!

革靴はポストマンシューズに限らず、経年変化していきます。

いい具合に変化してくれればよいのですが、保管方法などによっては、ただ劣化してしまうだけで、長く愛用できない場合もあるかもしれません。

日頃のメンテナンスをすることで、革の魅力を最大限に引き出すこともできますので、革靴のメンテナンス方法をしっかり覚えておきましょう。

1.ブラシを使用し、汚れを取り除いていきます。

市販の靴用ブラシでも使用できますが、できればダナーから発売されている専用ブラシを使いましょう。

革によっては革に傷が付くことがありますので、注意してください。

2.ブラシでは取りにくい汚れや傷が付きそうな箇所は、クロスを使用して汚れを落とします。

清掃用のクロスもダナーから発売されています。

3.クロスにレザークリーナーを付けて革部分を拭いていきましょう。

スエードには使用できませんのでご注意ください。

4.革の表面が乾いている状態で、レザーコンディショナーを塗っていきます。

これは、革のひび割れを防ぐ役割があります。

ただし、スエードには使用できませんのでご注意ください。

5.革の色に合わせて、ブーツドレッシングを革にすり込みます。

よく浸透させたらきれいな布で磨きましょう。

以上がメンテナンス方法になります。

乾燥は、革のひび割れの原因となります。

ブーツドレッシングは革の乾燥を防ぐ保湿オイルです。

以上が日頃のメンテナンス方法ですが、靴へ汚れが付いた場合はそのままにせず、マメに汚れを拭き取ってください。

また、濡れたままにしておくと、カビの原因となりますので、すぐに乾かすようにしましょう。

古くなったポストマンはもう履けない?経年変化を楽しもう!

ポストマンシューズは革を使用していますので、使い込むと艶を増して、経年変化により自分だけの形や色に変化していきます。

履いている足の形になじんでいき、履けば履くほど、履き心地のよいものへ変化していきます。

しかし、革は動物の肌ですので、人の肌と同じく保湿が大変重要です。

人間の肌も乾燥しているとカサカサになり、革も乾燥しているとひび割れしていきます。

先ほどご紹介したメンテナンスをしっかり行い、革の経年変化をぜひ楽しみましょう。

なお、ダナーでは、劣化したソールの交換や、破損した部分の修理を行っています。

ソール交換は1ヶ月~2ヶ月程かかり、13,000円~の金額となっています。

長く愛用していると、ステッチが切れてしまうことも多々あると思いますが、ステッチの補修もしてくれます。

破損してしまった場合には、あきらめずにダナーの直営店へ問い合わせしてみましょう。

さらに、クリーニングも行ってくれますので、長く愛用するにはぜひ利用してみてください。

経年変化を楽しむには、日頃の履き方や保管方法に気を付けて

ダナーのポストマンシューズに限らず、革靴は日頃のメンテナンスをしていても、保管方法によっては劣化してしまいます。

短期間の保管であれば、先ほどご紹介したメンテナンスだけでも十分ですが、長く保管する場合は、適切な環境で保管するようにしましょう。

特に気を付けたいことは、「カビ」です。

高温、多湿、汚れが揃ったときに、カビは発生しやすくなります。

また、カビは他のものへ移ることもありますので、注意が必要です。

長期保管の前には、靴の汚れをしっかり落とし、高温、多湿の場所を避けて保管しましょう。

湿気を避けるためには、乾燥剤を使用します。

乾燥剤がない場合には、紙を巻いておくだけでも湿気が紙に吸収されますので、ある程度湿気を防ぐことができます。

特に、梅雨時期には、たまに保管場所から出して、風通しのよいところへ移動させてください。

年々、革の経年変化を楽しむためにも、日頃のメンテナンスが手間に感じてしまうかもしれませんが、手をかければかけただけ、よい変化をしてくれます。

面倒くさがらずに頑張りましょう。

ダナーの革靴は高品質!できれば美しく変化させよう!

デザイン性と機能性をもったダナーのポストマンシューズは、発売から30年以上も経つ歴史ある靴です。

何年経っても、変わらない魅力を持ち続けるポストマンシューズを、長く愛用できるアイテムに仕上げたいですね。

革の経年変化は魅力的ですが、経年劣化には気を付けましょう。