キャンピングカーでテレビが見たい!その取り付け方法とは?

キャンピングカーでの旅は、とても楽しいものです。

通常の乗用車とは違い、長距離の移動の最中にリラックスできる空間が保てるのも魅力のひとつです。

特に、移動しながらでもお茶の間にいるようにテレビが見られると大変便利ですね。

そこで、今回はキャンピングカーにテレビを取り付けて見る方法や、取り付ける時に必要なアイテムや機器をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気のコールマンコクーン2!設営方法を動画から学ぶ

キャンプに必需品のテントというと、代表的なものにコールマンのシリーズが挙げられます。中でもコ...

登山のコースタイムを知っておこう!遅いのはいけないこと?

登山の計画を立てるときに、コース踏破にかかる時間の目安にするのが、地図に記載されたコースタイムで...

キャンピングカーのサブバッテリーの寿命を長く保つ方法!

キャンピングカーにはエンジンを動かすメインバッテリーとは別に、車内で利用するための電気を供給する...

ランドロックの設営を一人でやってみよう!設営方法を紹介

みなさん、ランドロックをご存知でしょうか。アウトドアではお馴染みの大型のテントのことを、ランド...

キャンプ場のチェックアウト!時間より早く出る時に守ること

キャンプ場でも、ホテルなどで行うチェックアウトがあるのをご存知でしょうか。キャンプ場も立派な宿...

マイボトルとして活躍するサーモス!蓋の外し方を覚えよう

通勤や通学、イベントなどでマイボトルを携帯する機会があるかと思います。特にボトルの種類では、...

超豪華なキャンピングカーのバスコン!内装の魅力をご紹介!

キャンピングカーの一種である、バスコンをご存知ですか?バスコンは、バスコンバージョンの略語で...

ダナーに代表されるハイクブーツの靴紐の結び方・履き方とは

最近のアウトドアブームに影響されて、休日にハイキングを楽しむという方が増えています。ハイキン...

ゴアテックスの性能維持には乾燥機とコインランドリー

アウトドアを楽しまれる方なら、ゴアテックスという名を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。...

国内最大のキャンピングカービルダー!ナッツRVの評判は?

キャンピングカービルダーの1社であるナッツRVは、国内では最大級の規模を誇っています。キャン...

オフロードで林道ツーリング!地図アプリで経路を予習しよう

ツーリングされる方のなかには、林道などの整備されていない道を走る方もいますよね。そのときはい...

スノーピークで大人気の寝袋オフトン!たたみ方は簡単!

アウトドアに出掛けた夜、心地よい眠りを手に入れるためには、寝袋選びが大切になってきます。良い...

スノーピークで人気のヘキサタープの種類や張り方をご紹介!

アウトドアメーカーとして有名なスノーピークは、テントをはじめバーナーやランタンなど様々なアウトド...

キャンプは冬でも楽しめる!ブログの体験談から学べること

キャンプと聞くと、夏の暑い時期に行うもの、というイメージがあるかと思います。しかし、寒い冬時期...

ドッグランで事故が多発している?トラブルを事前に防ぐには

近年増えているドッグランですが、最近では愛犬と一緒にアウトドアを満喫することができる、ドッグラン施...

スポンサーリンク

キャンピングカーにテレビは取り付けられるの?

キャンピングカーの種類によっては、あらかじめテレビがオプションで設置されて納車されるものもあります。

しかし、テレビが設置されていないキャンピングカーでテレビを見たいと思ったら、接続するためのさまざまな機器を購入する必要があります。

また、それだけでなくテレビ台や天井など、見やすいところにテレビを設置したいとなれば、補助アイテムを別個に購入する必要があります。

このように、キャンピングカーにテレビを設置するとなると様々なものが必要になるのです。

キャンピングカーにテレビを取り付ける方法もひとつではなく、テレビの視聴状況やニーズによって変わってきますので、数パターンの取り付け方を説明していきます。

まずは、テレビ画面を見たい場所に取り付ける際に必要なアイテムをご紹介します。

キャンピングカーのテレビを取り付けるときに必要なアイテムは?

キャンピングカーのテレビを取り付けるときは、テレビをしっかりと固定するための製品があると安心です。

自宅のリビングと違いキャンピングカーは走行するので、当たり前の話ですが、揺れが発生します。

もし、テレビを固定しないで設置した場合には、落下の恐れがあり大変危険です。

テレビの破損だけでなく、思わぬ事故にもつながる可能性もあるので、きちんと落下防止対策はしておきましょう。

テレビ台にテレビを取り付ける際には、耐震性のジェルクッションを使用すると便利です。

【YXC:滑り止めジェルクッション 4枚入り】

参考価格:999円

カラー:透明な青

形状:四角

サイズ:40×40mm

厚み:5mm

重量:約0.04kg

このジェルクッションは、震度7の地震にも対応している優れた製品です。

テレビの底面に、しっかり張り付けて固定しましょう。

もしテレビを天井から吊り下げたい場合には、アーム式の固定ブラケットを使用しましょう。

【iimono117:モニターブラケット】

参考価格:1,780円

サイズ(約):台座幅11.2×縦3.9×高さ4.3cm

アーム全長:2cm

内容:本体×1個、ネジセット×4組

アームが縦方向に90度、横方向に360度回転するのがポイントです。

キャンピングカーのテレビを取り付けて見る方法~アンテナ編~

キャンピングカーのテレビを取り付けて見る方法の1つ目は、アンテナを設置することです。

キャンピングカーに設置する屋外アンテナには、アンプやブースターを内蔵しているものが一般的に用いられます。

【DIAMOND:無指向性地デジアンテナ DACP-225】

参考価格:21,600円

周波数:UHF13ch~62ch

利得:17dB(+-3dB)

動作電圧:10~26V(12V、24V車対応)

寸法:223(W)×223(D)×132(H)

重量:560g

安定した受信が見込まれますが、電波が届かない場所に移動すると、アンテナだけではテレビが見られない場合があります。

そこで、チューナーを併設することで受信状態の補強ができます。

【DIAMOND:車載用地上波デジタルテレビ用チューナー DACP-AT2x2】

参考価格:36,720円

仕様:HDMI出力搭載


フルセグ・ワンセグ自動切換

4チューナー4アンテナ仕様


自動チャンネルサーチ機能搭載

エリア自動切替機能搭載

取り付けしやすいマグネット式ロッドアンテナ4本付属

また、付属品は次のものがあります。

・本体リモコンセンサーケーブル
・電源ケーブル
・ロッドアンテナ アンテナケーブル(5m)
・リモコン
・miniB-CASカード
・HDMIケーブル(1.5m)
・リモコン用電池
・アンテナ固定用両面テープ
・本体固定用両面テープ

接続方法は、アンテナとチューナーを取り付け、テレビとチューナーを接続します。

キャンピングカーのテレビを取り付けて見る方法~カーナビ編~

キャンピングカーにテレビを取り付けて見るために、カーナビを利用するという方法もあります。

カーナビを利用する場合の利点として、アンテナの設置方法より手順が簡単です。

用意するものは、カーナビ・映像出力ケーブル・HDMIケーブルです。

カーナビ自体が外部映像出力のできるものであれば、カーナビに付いている出力端子とテレビを接続すれば終了です。

アンテナとチューナーをつなぐ方法と比較して、カーナビのほうが多少電力を消費する傾向にあります。

カーナビやテレビ本体にお金をかけて設置する場合と、性能がよいアンテナとチューナーを併設する場合のコストや手間をよく考えて取り付けしましょう。

また、カーナビでテレビを見るよう設置した場合は、エンジンをかけないとテレビが見られないといったマイナス面もありますので、念頭に置いておきましょう。

キャンピングカーのテレビを取り付けて見る方法~ナスネ編~

キャンピングカーにテレビを取り付けて見る方法をご紹介してきましたが、変わり種として、「ナスネ」という機器を使用する方法をお伝えします。

「ナスネ(nasne)」とはソニーから販売している、家でも外でもテレビの視聴や録画など様々なコンテンツが楽しめるものです。

通常の地デジ対応アンテナやカーナビでは、テレビは地デジしか見られません。

また、電波の届かない場所であっても、見たい番組や録画した番組をどうしても視聴したい場合があります。

地デジを含めて、それ以外のメディアも見たい方は、ナスネを接続する方法がおすすめです。

設置するにあたって必要なものは、ナスネとスマホやタブレットと視聴アプリ「Video&TV Side View」と「ソニー製DLNA対応テレビBRAVIA」です。

【ソニー・インタラクティブエンタテインメント:nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)】

参考価格:23,760円

内蔵HDD:SATA 2.5inch(容量1TB)

外形寸法(約):43(W)×189(D)×136(H)

質量:約460g

RFチューナー:地上デジタルはISDB-T×1、衛星デジタルはISDB-S×1

電源:AC100V、DC12V/1.5A

なお、一緒に同梱されているのものは次のものです。

消費電力:録画中、2ストリーム配信時9.5W、省電力モードスタンバイ時1.5W

・ナスネ本体
・ACアダプター
・電源コード
・LANケーブル
・アンテナケーブル
・B-CASカード
・クイックスタートガイド

ソニーのDLNA対応テレビを使って、ナスネで録画した番組を見ることが可能になります。

キャンピングカーのテレビを取り付ける際に注意することとは?

キャンピングカーにテレビを取り付ける際は、テレビの設置場所をどこにするかによっても取り付け方が変わります。

また、置く場所によっては、テレビの大きさが制限される場合もあるでしょう。

あらかじめ備え付けのテレビ台を活用するか、キャンピングカーの支柱や天井部に取り付けるかによっても、購入するアイテムの値段や種類が変わります。

アームが回転できるものは、簡単に角度が変えられるので、後部でくつろぐときに見やすい向きに調節することが可能です。

後部のみではなく、走行中以外にテレビを運転席からも見えるようにするのであれば、車両前方の天井に設置しましょう。

チューナーとアンテナをセットで使用し、テレビが12V対応でない場合には、対応させるためにインバーターが必要です。

キャンピングカーによっては、12Vに対応したテレビを購入し取り付けるケースもあるので注意しましょう。

自分の好みに合わせた方法でキャンピングカーのテレビを取り付けよう!

キャンピングカーでテレビを取り付ける方法は、一通りではありません。

設置できる環境が整っているキャンピングカーでは、対応する機器やアイテムを取り付ければ、テレビを楽しめます。

また、カーナビやチューナーに頼らず、スマホと専用のアプリやDLNAテレビを使ってナスネを使い、テレビを楽しむ方法もご紹介しました。

ご自分の好みに合わせて、ご紹介してきた方法を選んで取り付けてみてください。