スノーピークアイテムを利用してバーベキューするなら箕面へ

突然ですが、「スノーピーク箕面キャンプフィールド」はご存知ですか。

関西のキャンパーなら、きっと一度は名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

サポートが充実していて、初心者でも安心して利用できるこのキャンプ場のお手軽なバーベキュープランをご紹介します。

もちろん、ベテランキャンパーさんにもオススメですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキュー食材の定番!野菜をおいしくいただくためには?

バーベキューといえば炭火ですね。 炭火独特の香ばしさで、肉もすすむことでしょう。 しかし、肉...

キャンプでおしゃれなご飯に仕上げる3つのポイントをご紹介

開放された自然の中で食べるご飯はキャンプの楽しみの一つですよね。 キャンプで作るご飯の見た目や...

ランタン用マントル!そこから出る放射線の安全性は?

キャンプでは、ランタンが必需品です。 ガソリンやガス、LEDを利用したものなど、様々なタイプの...

バーベキューで盛り上がりたい!メニューをもっとおしゃれに

バーベキューといえば、切ったお肉と野菜などを焼いて食べるスタイルです。 こういった通常のバーベ...

キャンプもカメラも楽しむ!女子ソロキャンプの動画を撮ろう

近頃は、「キャンプ女子」「カメラ女子」のように、今まで「男性の趣味」と思われていたことにも、どん...

スノーピーク製品を修理したい!持ち込み方法や詳細を紹介!

アウトドアを愛するキャンパーなら、知らない人はいないブランドのスノーピーク。 スノーピークの製...

スノーピークのノクターン火がつかない時の対処法をご紹介!

キャンプは、色んな人が色んな目的を持って行うものです。 最小限の荷物とギアで、大自然を味わいな...

飯盒炊爨?飯盒炊飯?その違いを徹底解説!

みんなでキャンプを楽む時は、野菜切り係や火の準備の係やテントを張る係などそれぞれ分担しますね。 ...

ビクトリノックスのソルジャーは銃刀法違反になるのか?

キャンプに持っていく便利な道具で、「ビクトリノックスのソルジャー」をご存知ですか? ソルジャー...

バーベキューがより楽しくなる!役に立つ達人技をご紹介!

達人技と聞くと「なんだか難しそう」「素人が習得するには長い時間を要するのでは?」といったイメージ...

マントルを使ったランタンの空焼きの手順やランタンの違い

キャンプの雰囲気を味わうためのアイテムの1つが、ランタンです。 そんなランタンも今ではLEDラン...

いまソロキャンプがアツい!関西まで足を延ばしてみよう!

グランピングやファミリーキャンプでワイワイとアウトドアを楽しむのも良いのですが、ときどきひとりに...

コールマンの寝袋の上手なたたみ方と使い方

キャンプの時、寝るために必要になるものと言えば「寝袋」ですよね。 そんな寝袋は、使うときはいいけ...

コールマンのジェネレーターの正しい洗浄・メンテナンス方法

キャンプをするときに、あると嬉しいアイテムがランタンです。 各々のテントがランタンに火を灯し、キ...

石油ストーブを使用している方必見!芯の空焚き方法をご紹介

最近では、石油ファンヒーターがメインとなり、石油ストーブはあまり見かけなくなりました。 しかし...

スポンサーリンク

スノーピーク箕面キャンプフィールドはどんなスポットなの?

「スノーピーク箕面キャンプフィールド」はその名の通り、スノーピークが手がけるキャンプ場で、大阪府箕面(みのお)市に位置しています。

関西以外にお住まいの方には馴染みの薄い地名ですが、「箕面市」とは大阪府北部の自然が豊かな土地です。

新名神高速道路および箕面有料道路の「箕面とどろみIC」を降りてすぐの立地で、アクセスが良いのもイチオシポイントですね。

ダム湖畔の広大な敷地に90のキャンプサイトを配し、四季を通して自然を楽しめるキャンプ場となっています。

もともとは棚田があった場所を利用しているため、棚田特有の地形を楽しむこともできます。

そして、このキャンプ場の最大の魅力といえば、充実したレンタルアイテムやサポートの数々でしょう。

テントやタープ、焚き火台など、単体のアイテムレンタルはもちろん、オールインワンセットでレンタルし、手ぶらでキャンプを楽しむことも可能です。

スノーピークのショップも併設しているので、お買い物を楽しむことも、キャンプに必要なアイテムを現地で購入することもできるスポットです。

今回は、手ぶら来場で楽しめるバーベキュープランをご紹介します。

スノーピーク箕面で手ぶらバーベキュー「焚き火&バーベキューセット」

スノーピーク箕面キャンプフィールドでバーベキューを楽しむなら、「デイキャンプ利用」にて入場してください。

「デイキャンプ利用」の利用時間は10:00~16:00で、一人あたり¥1,000でキャンプサイトを利用できます。

なお、道具を持たずに手ぶらでバーベキューを楽しむなら、「焚き火&バーベキューセット」をレンタルするのが基本です。

このセットは、焚火台や炭、焼き網、火ばさみがセットになったレンタルプランで、¥4,000(税込)でレンタルできます。

食材の用意はないので、各自で食材の買い出しを済ませたうえで行きましょう。

しかし、これだけでは食材を焼くことしかできませんね。

テーブル、椅子もレンタルし、腰を据えてバーベキューを満喫しましょう。

テーブルはスノーピーク製「ワンアクションテーブルロング竹」が、一卓あたり¥3,000で貸し出されています。

椅子は同じくスノーピーク製の「チェアワイドRD」が一脚あたり¥1,000で貸し出されています。

これだけでも充分にバーベキューを楽しむことができますが、より充実したバーベキューを楽しむなら、次のステップへ進んでみましょう。

スノーピーク箕面で手ぶらバーベキュー「タープ&シェルター」

さて、前の項でご紹介した内容では、「食材を焼いて食べる」という最低限のバーベキュープランになります。

これは、春や秋の心地よい日差しの下、安価にバーベキューを楽しむのに最適なプランでしょう

では、日差しの強い夏や、悪天候時はどうでしょうか。

日差しや雨粒を遮る屋根となるものが必要になりますよね。

そこでレンタルしたいものといえば、タープやシェルターでしょう。

スノーピーク箕面キャンプフィールドでは、もちろんこれらのアイテムもレンタルが可能です。

タープはスノーピーク「シールド・レクタ(L) Proセット」または「シールド・ヘキサ(L) Proセット」がそれぞれ¥6,000と¥5,000でレンタル可能です。

大人数での利用や、広々と使いたい場合は「レクタ」を、それ以外なら「ヘキサ」をレンタルするのがベストでしょう。

シェルターは「リビングシェル」または「メッシュシェルター」がそれぞれ¥10,000と¥8,000でレンタルができます。

タープがあることで、夏の日差しを遮り、雨天でもバーベキューを楽しむことができます。

また、シェルターがあれば、そこを食べるスペースとして利用するだけでなく、合間に自然を感じながら昼寝や読書など、自由な休日を満喫することもできます。

バーベキューだけでなく、自然の中で過ごすデイキャンプをまるまる味わうなら、必須のアイテム群ではないでしょうか。

スノーピーク箕面で手ぶらバーベキュー「宿泊プラン」

ここまでご紹介してきたプランは「デイキャンプ」での施設利用プランでした。

しかし、デイキャンプでは遊び足りない方もいるのではないでしょうか。

やはり、バーベキューを満喫し尽くすなら、「宿泊」でのプラン、いわゆる普通の「キャンプ」プランですね。

宿泊のプランは曜日や時期、電源の有無によって変動はありますが、一区画で¥5,000~¥8,000で利用することができます。

このスノーピーク箕面キャンプフィールドでは、キャンプに必要なテント、寝袋などももちろんレンタルが可能です。

就寝に必要なテントは、「ファミリーテントセット」(¥4,000)をレンタルしましょう。

「アメニティードーム」「アメニティドーム マットシートセット」および組立に必要な「ハンマー」がひとセットになったものです。

このセットは、大人2人、子供3人程度を想定したセットです。

寝袋は、寝心地や使い勝手の良さが有名な「セパレートシェルフ お布団ワイド」が¥2,000でレンタル可能です。

たったのこれだけで、キャンプの醍醐味であるテントや夜のキャンプファイアーを体験することができるなんて、とってもお得ですね。

オールインワンの「手ぶらキャンププラン」

なんと、スノーピーク箕面キャンプフィールドでは、バーベキューセットや宿泊に必要なキャンプギアがほぼ全てセットになったプランがあります。

それが「手ぶらキャンププラン」です。

持ち込む必要があるのは食材だけ、というお手軽プランです。

【セット内容】

・オールインワンテント
・シュラフ
・テーブル&チェア
・キッチンセット
・ランタンセット
・クッカーセット
・トラメジーノ(ホットサンドクッカー)
・キッチンツール(レードル、ターナー、菜箸)
・食器セット
・スプーン、フォーク、割りばし
・まな板セット
・焚火台&BBQグリル(黒炭・マキ含む)

これだけレンタル品が充実していて、施設利用料、傷害保険料込みの¥48,600(5名まで)です。

キャンプ初心者にはもちろん、かさばるキャンプギアを家で保管できない方や準備がめんどうな時にもオススメのプランです。

さらに、施設スタッフによるサポートが充実していて、テントの設撤営、各種キャンプツールの取り扱いの説明を受けることも可能です。

初めてのキャンプに、いかがでしょうか。

なお、完全予約制とのことですので、ご注意ください。

スノーピーク箕面の周辺施設

スノーピーク箕面キャンプフィールドでは食材を購入することができません。

バーベキューに必要な食材は、来場前に買い出しを済ませる必要があります。

ただし、施設のすぐ近くにコンビニはありますので、ご安心ください。

ちなみに、止々呂美駅前の施設や地元の農協施設では、定期的に朝市を行なっているそうです。

地元で採れた野菜を朝市で購入し、バーベキューで食すのはいかがでしょうか。

また、近隣の「止々呂美ふれあい広場」では、マス釣りや鮎釣りを楽しむことができます。

自分が釣った魚をバーベキューで焼いて味わうのも醍醐味の一つですね。

そのほか、最寄りの「箕面とどろみIC」そばには「止々呂美城跡」があり、観光を楽しむこともできます。

スノーピーク箕面キャンプフィールドの遊び方は無限大

スノーピーク箕面キャンプフィールドは、レンタル品やサポートが充実していて、初心者の方にオススメのスポットです。

また、購入を検討しているアイテムをレンタルでお試しする、などという利用方法も良いのではないでしょうか。

日帰りバーベキューもできますし、夜通し火を囲んで語らうこともできます。

スノーピーク箕面キャンプフィールドで、あなた好みの野遊びを満喫してください。