釣り初心者も楽しめる!海で釣りをする場所や仕掛けの選び方

海は魚の種類が豊富で、釣りを始めたばかりの初心者の方も挑戦したい方も多いのではないでしょうか。

初心者から上級者まで楽しめる海釣りは、基本的な釣りの方法を覚えられるので、練習場所としてもおすすめです。

釣れる魚の種類の確認方法や、初心者でも簡単に取り入れられる釣り方をご紹介いたします。

海での釣りを選択肢に入れて、釣りの楽しみを増やしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャメルバック社のボトルが大人気の理由と使い方を紹介

アウトドアで気持ちの良い汗を流すのは、最高ですね。 水分補給は、のどの渇きを癒すだけでなく、体に...

アークテリクスのロゴマークの意味とは?その信念を探る

リュックやウェアといったアウトドアアイテムを展開するアークテリクスというメーカーをご存知ですか?...

キャメルバックのリザーバーとボトルがスゴイ!サイズも豊富

スポーツにおいて水分補給は、命にもかかわる大切な部分です。 大量の水分を一気に補給するのではな...

thermosのパッキンの付け方は簡単!種類や注意点を解説!

たしかな保冷保温機能と、おしゃれなデザインが人気のthermos(サーモス)の水筒ですが、洗う時に...

人気のグレゴリーのバックパックボーダー35とそのレビュー!

大人気アウトドアブランドのグレゴリーは、沢山の種類のバックパックやバックを販売していますよね。 ...

モンベルのウェーダーを着て渓流釣りへ!その口コミとは?

釣りに出掛ける際、「ウェーダー」を着用していますか? ウェーダーとは渓流釣りなどを行う時に着る...

堤防の王者チヌ!人気の釣り方フカセ釣りの方法を詳しく解説

堤防や磯釣りをされている方にとって憧れの魚の一つに「チヌ」がいます。 ハリに掛かった時の豪快な...

サコッシュとショルダーバッグ!どんな違いがあるの?

必要最低限の荷物を収納できる「サコッシュ」 最近では、そのコンパクトさでたくさんの人気を集めて...

サーモス効果的な洗浄方法~洗剤はどれがいい?クエン酸は?

秋は外出にはよい季節になって、ピクニックやキャンプが楽しいですよね。 そのときのお供に欠かせな...

ヤリイカ釣りに挑戦しよう!堤防でイカ釣りの時期や道具は?

イカと聞くと、「煌々と電飾を光らせた漁船におびきよせて漁をする」というイメージを思い浮かべる方も...

低体温症の原因と対処法を紹介!男性も要注意!

雪山などの寒冷地の登山などで、命に関わる恐ろしい症状の一つに、低体温症というものがあります。 ...

大切なフィルソンバッグが壊れたときの修理は問い合わせ

アウトドア派の方の中には、長年に渡り、大切にしている愛用品を持っている方も多いのではないでしょうか...

優秀なグレゴリーザック!もしもの時の修理方法をご紹介!

登山をするには様々な登山アイテムが必要となります。 ウェアやシューズ、携帯食やもしもの時の医療キ...

ヒルバーグ巨大ドーム型テントアトラスの設営方法をご紹介!

アウトドアでの必需品と言ったらテントです。 日帰りでも泊まりの場合でも、テントがあれば非常に便利...

釣りを始めよう!道具は何から揃える?初心者は何釣りから?

何の道具から揃えたら良いか悩んでしまう趣味の一つに、釣りが挙げられるでしょう。 それくらい釣り...

スポンサーリンク

海釣りで初心者におすすめのスポットは堤防釣りと釣り公園

海で釣りをすると聞いて1番最初にイメージする場所といえば、堤防から釣りをしている姿ではないでしょうか?

実際に、初心者から上級者まで楽しめる場所です。

大きな堤防だと場所によって水温や水深が違うので釣れる魚が違い、何度通っても楽しめる奥深いところが魅力です。

また足元がきちんと整備されており足を踏ん張れるので、安全性が高い面においても初心者向きです。

釣り公園はさらに手すりや備え付けのライフジャケットなど、より安全面を重視した場所になっていますので、近場に釣り公園がある方はぜひチャレンジしてほしいスポットです。

きちんと整備された堤防と釣り公園は安全面だけではなく、近くに無料駐車場やトイレが完備されている場所も多くあります。

通いやすく釣りもしやすい堤防と釣り公園はおすすめです。

堤防には釣りができる場所と立ち入り禁止区域が看板で表示されていますので、きちんと確認しましょう。

海で釣りをするときに用意しておきたいライフジャケット

安全性が高い堤防釣りや釣り公園であっても、ライフジャケットは用意しておくべき釣り用品です。

釣りに慣れてきてから足場の悪い堤防に行くことがあるかもしれませんし、磯釣りでは必ず用意しないといけませんので、初心者の時に用意することがベストです。

海という自然に対して向き合うことになりますから、もし堤防から落ちてしまっても安全に救助を待てることが重要です。

堤防から落下しないように誰しも注意しますが、遠くで雷が鳴っているなどわかりやすい変化だけではなく、突風などの急に変化することも考えましょう。

思いもよらない天候の変化に対応することは難しいので、ライフジャケットの着用をおすすめします。

ライフジャケットは自分を守るだけではありません。

もし同じ場所で釣りをしている人が堤防から落ちてしまった場合に、ライフジャケットを投げ入れて救助を待ったりすることができます。

自分の安全を守ることは、他の釣りを楽しんでいる人を守ることにもつながりますので、ぜひ用意しましょう。

海釣りはサビキ釣りの仕掛けを使って初心者でも安定した釣りに

海釣りに行くとしたら仕掛けは何を選ぶべきか、初心者の方は悩んでしまいますよね。

自分の腕に自信がなくても、サビキ釣りは仕掛けをセットで購入でき、安定して釣れるので釣り初心者でも簡単に挑戦できる仕掛けです。

堤防から餌を入れた仕掛けを垂らし、竿を上下させて魚を誘い、魚がかかったら釣り上げるという3つのステップで釣り上げられます。

餌に魚が集まってくるところを見ることもでき、魚が食いつく時に合わせて釣る練習もできます。

針が根がかりしてしまうこともありますので、初めての時は予備に複数個の仕掛けを持って行くことをおすすめします。

主にアジ・イワシなどの小さな魚を釣ることが目標になりますが、面白いのはここからです!

針にかかった小さな魚を泳がせておくことで、ハマチやスズキなどの大きな魚を釣り上げることもできます。

サビキ釣りに慣れ、大きな魚が釣れる場所にいる時に挑戦してみてはいかがでしょうか。

海釣りに慣れてきたらちょい投げ釣りに挑戦してステップアップ

ちょい投げ釣りは初心者のステップアップに欠かせない釣り方です。

海に向かって仕掛けを投げ入れ、当たりがあるまで待ち、魚を釣り上げる方法です。

10~30cmほど先に投げ入れる釣り方で、当たりがあると竿の先が震えるので、それを合図に魚を釣り上げます。

投げ入れ方に慣れるまで周囲に気を配る必要もありますので、少し時間がかかるかもしれません。

サビキ釣りよりも釣れる魚の種類が増えるので、より充実した釣りが楽しめます。

水深が深ければ針の根がかりがしにくいので、こちらも堤防での練習がおすすめです。

20cm程度のちょい投げ釣りができるようになると、一気に釣り場所の選択肢が増えます。

堤防だけではなく砂浜でも釣りが楽しめますので、ぜひ海での釣りで試してほしい釣り方です。

釣竿が2本持っているのであれば、慣れるまでの間は1本はちょい投げ釣りをし当たりを待ち、もう1本でサビキ釣りをして魚を釣るという楽しみ方もあります。

必ず魚を釣りたい方におすすめの方法です。

海での釣りに適した季節と釣れる魚の種類を確認しよう

どの季節でも魚は釣れますし、季節によって釣れる魚が違うことが海で釣ることの魅力です。

初心者の方には、夏がおすすめです。

餌への食いつきが良いので、魚が釣りやすいということが理由です。

冬は基本的にオフシーズンなので、おすすめはできません。

冬に釣りをする時はテクニックが必要な釣り方が求められるので、夏の間に色々な釣り方に慣れておくことが必要です。

季節によってどのような魚が釣れるかは、釣具屋や餌を売っているお店で確認できます。

いつも利用している釣り具屋さんや釣り餌を買っているお店の方と親交を深め、情報を交換し合うことも楽しみの1つですので、ぜひ聞いてみてください。

地元の釣りの情報を多く持っていますし、長く同じ場所で釣りをしている方を紹介してくれる場合もあり、その釣り場所に合った針の選び方や釣り方を教えてもらえることもあります。

日本全国、釣り場所によって釣れる魚が違いますので、釣り情報をインターネットで確認してから釣りに行く方も多くいます。

海での釣り初心者だからこそ気を付けたい危険魚を覚えよう

海にはたくさんの種類の魚がおり、釣り針を上げるまでどのような魚が釣れているのかわからない部分も楽しみの1つです。

しかし、「危険魚」の存在を知らなければ、初心者だと特に釣り上げた後の安全性を高めることができません。

「危険魚」とは、「食べたり触ったりすることを避けたい魚」のことです。

フグ類はテトロドトキシンを持っているので、食べてはいけません。

またエイ類は尾に毒針を持っていることと大きさによっては暴れて非常に危険なので、体を刺されたらすぐに病院に行く必要があります。

カサゴなども堅い背びれで怪我をすることがあるので、触る時にタオルで押さえたりする必要があります。

針を外した危険魚は、すぐに海へリリースします。

釣り上げた瞬間に「危険魚かどうか」を判断できれば、針を取り外すときにもたつくこともなく安全性を高めることができます。

また「自分で料理ができるかどうか」という基準も重要です。

背びれやうろこが堅く、自分で料理ができない魚を釣った時は、海へリリースしましょう。

魚は海の大切な資源です。

釣りを長く楽しむために自身で見分ける力を付け、資源を守ることに繋げましょう。

海での釣りを気軽に取り入れてより充実させよう

海は押さえておきたいポイントを知っていると、挑戦しやすい釣り場所です。

様々な釣り方を試せる場所であり、釣れる魚は四季折々で変化しますので、初心者でもおすすめです。

四季折々で釣れる魚が変化するので、自分が釣りたい目標の魚を決めて釣り方の練習をすることもできます。

狙った魚が釣れるかどうかを楽しむことも良し、海を眺めながらのんびり当たりを待つことも良し、釣りの楽しみ方は人それぞれです。

海での釣りを取り入れて、より充実した釣りを楽しみましょう。