キャンプ用リュックのおすすめ装備ランキング6選【大容量】

:2022/01/24

小学生の子どもと一緒に楽しむファミリーキャンプ。
ファミリーキャンプに向けて、家族全員分のキャンプ用リュックを探している方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、キャンプに適したリュックの選び方から、メンズ・レディース・キッズ別のおすすめリュックをご紹介します。
リュックの詰め方のポイントもありますので、ぜひ最後までご覧ください。

キャンプ用リュックの選び方

キャンプ用リュックを選ぶ際のポイントは4つ。特にソロキャンプの方は容量・収納力・背負いやすさ・耐久性を考慮して選ぶことが大切です。

容量

容量が10Lの小さいコンパクトなものから、60L以上と大容量の大きなものまでリュックのサイズは様々。
目安としては、

  • ちょっとしたお出掛けなど荷物が少ない方は10L以内
  • 荷物は少ないがリュックに余裕がほしい方は20L
  • 通勤・通学で使いたい方は30L
  • 一泊二日の小旅行やキャンプである程度の荷物を入れたい方は40L
  • 登山やツーリングで寝袋などの荷物を入れたい方は50L
  • 登山やバックパック旅行など長期に渡る泊まりでたくさんの装備が必要な方は60L以上

上記はあくまでも目安ですが、容量は荷物の量や使うシーンに応じて選ぶことが大切です。容量の大きなリュックを選び、荷物の量に応じてベルト調整する方法もおすすめです。

整理できる収納力

リュックを選ぶ際は、内ポケットや仕切りなど中身を整理できる収納力の高さも大切です。
キャンプ道具は小物類も多くごちゃごちゃしやすいもの。収納できるスペースがないとリュックの中で物が散乱して探しづらかったり、壊れてしまう可能性もありますので、整理しやすいかどうかリュックの中身もチェックしましょう。ただポケットにこだわりすぎるとリュック本体が重くなるので注意が必要です。

背負いやすさ

背負いやすさも重要なポイント。キャンプ道具を入れるとリュックが重くなり肩や背中に負荷がかかります。
リュックを選ぶ際は衝撃を吸収してくれるショルダーハーネスの有無、背面のクッション性など、背負いやすさ・背負い心地も大切です。ネット注文だと背負いやすさを確かめることができないので、できれば実店舗へ足を運んで実際にリュックを背負ってみることをおすすめします。

耐久性

価格重視で安いリュックを選んでしまうと耐久性が劣り、重さに耐えられずリュックが壊れてしまうことも。
新たにリュックを購入せざる負えなくなるなど、かえってコスパが悪くなるので、アウトドアに活用できるくらい、防水性や耐久性に優れた頑丈なチュックを選ぶことも大切です。

キャンプ用リュックに人気のミリタリーバックパックとは?

ミリタリーバックパックとは、軍隊などに使われるほどの機能性・収納力に優れたバックパックのことを指します。
雪や雨といった過酷な自然にも耐えられる丈夫さと実用性を兼ね揃え、また、迷彩柄やオリーブカラーなど自然に馴染みやすいデザインもキャンパーに支持されている理由の一つです。
見た目もかっこよく、お気に入りの道具をリュックにぶら下げてあえて見せるキャンパーの方もいます。
バイクツーリングやソロキャンプ、ロードバイクなど、リュック一つでキャンプやアウトドアを楽しむ方におすすめです。

キャンプ用リュックにおすすめのかっこいいメンズバックパック

スノーピーク

まずおすすめするのが、大人気のアウトドアブランド「スノーピーク」のリュック。高品質、計算された無駄のない機能的なデザインが魅力です。
中でもおすすめは「アクティブフィールドバックパック」。耐久性、耐摩擦性、耐加水分解性に優れ、左右にはメッシュポケット、内部にはファスナー開閉の小物ポケット、PCスリーブポケットを配置するなど機能性抜群。チェストハーネスは取り外しが可能なのもポイントです。

キャンプ7・ワークマン

機能性がありながらもコスパが良いのが「キャンプ7」と「ワークマン」のリュック。
どちらもシンプルなデザインながらも、タブレットやノートパソコンが収納出来るポケットがあるなど、キャンプ用としてはもちろん、通勤・通学にもおすすめのリュックが豊富に揃っています。
amazonなど比較検討してみてはいかがでしょうか。

キャンプ用リュックにおすすめのおしゃれなレディースバックパック

次にキャンプ女子におすすめの、おしゃれなレディースバックパックをご紹介します。

パタゴニア

登山やキャンプなどのアウトドアにはもちろん、街中でも使えると人気なのが「パタゴニア」のリュック。その中でもおすすめするのが「パタゴニア パクサット32L」。
シンプルなデザインと荷物を出し入れしやすい設計が、小物が多くなりがちな女子にぴったり。ポリウレタンコーティングで日常防水にも対応しています。

ザ・ノース・フェイス

定番ブランドの「ザ・ノース・フェイス」もおすすめ。テルス42(レディース)は女性用トレッキングパックで、軽量でフィット感に優れた、背負心地のいいリュックです。
女性は軽くて持ち運びやすいものはもちろん、見た目以上に高そうなおしゃれなデザインのリュックがおすすめです。

キャンプにおすすめの子ども用のキッズリュック

子ども用のキッズリュックを選ぶポイントは、

  • 使いやすさ
  • 軽さ背負いやすさ
  • 丈夫さ
  • 背負いやすさ
  • デザイン

の5つ。安全性を第一に、軽くて使い勝手のいいリュックを選ぶことが大切です。また、子どもも小学生になると好みの色や柄がありますので、デザイン性も重視して選ぶようにしましょう。

ヒラキのリュック

大容量でキャンプや林間学校に最適だと評価が高いのが「ヒラキ」のキャンプリュック。
2泊3日分の荷物がしっかり入る容量と使い勝手の良さ、お手頃価格な点もママに人気の理由の一つです。

キャンプで知っておきたいリュックの詰め方テクニック

バックパックで行くソロキャンプなどは持ち運ぶ量が限られているため、いかに上手くリュックに詰めるかがポイントになります。
1泊2日を想定したリュックの詰め方のコツは、

  1. 物を入れる前にリュックについているストラップなど全て緩める
  2. 軽いものは下、重いものは上の方で体寄りに詰める
  3. 寒着や雨具は取り出しやすい位置に

一番下に寝袋、次にマットやテント、次にガス缶や食料など重いものを、一番上に必要な時にサッと取り出せるように寒着や雨具をのせます。リュックの外付けのポケットには小物を入れるといいでしょう。
防水加工のリュックであっても完全防水ではありませんので、寝袋や着替えの服くらいは防水対策をしてからリュックに入れることをおすすめします。

こちらも合わせてご覧ください。