キャンピングカーより気軽に!ミニバンを改造して出かけよう

アウトドア人気の高まりとともに、キャンピングカーの人気も高まっています。

しかし、大きなキャンピングカーは日常使いができないことから、最近ではミニバンなどを改造したバンコンタイプのキャンピングカーが人気です。

もしかしたら、買い替えなくてもあなたの持っているミニバンで充分にキャンプを楽しむことができるかもしれません。

ミニバンを改造してキャンプに出かけましょう。

ミニバンを改造してキャンピングカーに!

近年、キャンプをしない世代からもキャンピングカーへの関心が高まっています。

キャンピングカーショーでは、年々来場者数が増加しており、自動車メーカーもキャンピングカー市場に注目しています。

特に注目されているのが、ミニバンなどを改造したキャンピングカーです。

外観は普通のミニバンやワンボックスでありながら、車内を改造することをバンコンバージョンと呼びます。

略してバンコンと呼ばれるこのタイプのキャンピングカーは、日常使いもできて便利なことから、これからの主流になっていくかもしれません。

大げさな装備はいらないけれど、余裕のある車中泊がしたい、というライトユーザーからも支持を集めています。

ホンダフリードなどのコンパクトなミニバンも人気がありますが、特に人気なのが日産セレナやトヨタノアのような中型のミニバンです。

自動車メーカー各社も、キャンピングカー仕様のミニバンを推しています。

キャンピングカーショーなどで発表されたモデルもこのサイズが多く、外観上、普通乗用車との違いはポップアップルーフの有無くらいで、あとは普通のミニバンです。

いかにも「キャンピングカー」という外観だと、日常のお買い物や通勤には使いにくいですが、これであれば使い勝手が良いですよね。

日常とアウトドアの共用ができて、ライトユーザーだけでなく、日常にアウトドアを取り入れたい人にもおすすめです。

キャンピングカーへの改造第一歩はフルフラット

多くの人は、アウトドアやキャンプのためだけに自動車を買い替える、という決断をするのは難しいことでしょう。

ましては、キャンプ用のミニバンをもう一台買う、となるとさらに難しいです。

現在乗っているミニバンを改造して、キャンピングカー仕様にできたら、それがいちばん嬉しいですよね。

ポップアップルーフを取り付けたり、キッチンを取り付けたりするのは難しいのですが、今お持ちのミニバンを車中泊仕様に改造することは意外と簡単にできます。

まずはライトユーザーのための一歩として、車をベッドにする方法をご紹介します。

ミニバンだけでなく、自動車の後部座席というものは、座席をすべて倒しても完全なフラットにはなりません。

シートには凹凸があり、平らにはならないのです。

仮眠を取る程度でしたらそれでも眠れるかもしれませんが、熟睡しようと思うとこの凹凸が邪魔をします。

車中泊やキャンプでの睡眠は、しっかり眠れることが大切です。

睡眠は次の日の行動に大きく影響を与えるからです。

そのため、寝る場所はフラットにする、という改造を行いましょう。

車中泊用の「車中泊マット」や「スペースクッション」などの凹凸解消クッションが販売されていますので、そういったアイテムを使うと簡単にベッドスペースに改造することができます。

また、お持ちのミニバンに合わせて板やパイプ、角材などを組み合わせて簡易ベッドを作るという人もいるようです。

自作できれば安く改造できますね。

簡易ベッドに布団を敷けばまるで自宅の寝室のように眠ることができますので、快適な睡眠を手に入れられますよ。

フラットになれば、キャンプでテント代わりにすることもできますので、あなたのミニバンが簡単にアウトドア仕様になります。

ミニバンをプライベート空間にする

続いて、普通乗用車であるミニバンをキャンピングカー仕様にするために必要な改造は、プライバシーの確保です。

普通の自動車は車内が外からも見える状態になっています。

車内に取り外し可能なカーテンを取り付けましょう。

車中泊では、外からの視線を遮ることは、プライバシーの確保だけでなく防犯という意味でも大切です。

特に女性がいる場合は外からの視線は気になりますよね。

また、外の明かりや光なども安眠を妨げますので、睡眠の環境を整えるためにも必需品です。

車中泊用のカーテンはミニバンだけでなく車種に合わせていろいろ販売されています。

アシストグリップに巻き付けるだけやピラーに差し込むだけの簡単なカーテンや、吸盤で窓に貼り付けるタイプなどありますので、ご自分のミニバンに合うカーテンを探してみてください。

もちろん、手作りもできますので、自分で作ってみても良いですね。

便利なアイテムを使ってキャンピングカーに近付ける

ミニバンにベッドとカーテンを設置すれば、キャンピングカーとまでは言えなくても車中泊はできるようになります。

そこまで改造したならば、さらに発展させてもう少しキャンピングカーに近付けてみましょう。

夜になると必要になるのが照明です。

自動車に付いているルームランプは、バッテリーが上がってしまうため、夜の間つけっぱなしにはできません。

おすすめなのは、充電式のLEDランタンです。

車内に2つ程度吊るしておけば、照明としては充分です。

少し値段が上がるかもしれませんが、多機能のLEDランタンを選ぶと良いです。

照明モードがハイモードやローモードなど選べるものであれば、常夜灯として付けておくことができますし、夜間のトイレの時には懐中電灯になります。

防滴仕様であれば、雨の中でも使うことができます。

もうひとつ、車内にあると便利な設備はテーブルです。

おすすめアイテムは、車載用ノートパソコンテーブルです。

これは、ハンドルや運転席や助手席のヘッドレストに取り付けて使える簡易テーブルです。

使わないときは折りたたんで置けるので、場所も取りません。

ノートパソコンテーブルという名前ではありますが、食事を取ったりちょっとしたものを置いておくことができます。

ちょっと飲みものを置いておく、スマートフォンを置いておくなどするのに便利です。

夏の必須アイテム網戸をミニバンに取り付けよう

ここまで改造したら、キャンプ道具を積んでキャンプに出掛けられますね。

キャンピングカー代わりに、キャンプ場で活躍してくれるでしょう。

もし、ミニバンで夏のキャンプを考えているのであれば、もうひとつ用意しておきたいアイテムがあります。

ミニバンの窓に取り付ける網戸です。

高原のキャンプ場であったとしても、近年の夏は猛暑が厳しくて締め切りの車内で眠るのは危険です。

しかし、窓を開けっ放しにしておいては虫が入ってきてしまい到底安眠できません。

ミニバンに取り付けられる網戸はいろいろ販売されています。

取り付けるだけなので、改造といえないくらい簡単に設置できます。

防虫加工が施されている網戸もありますので、虫が気になる人はそういった商品を選ぶと良いですよ。

通常の窓以外にもスライドドア用のものなどもありますので、ミニバンに合ったものを選びましょう。

さらに、嬉しいことにバックドア用の網戸も存在しています。

バックドア用の網戸はファスナーが付いていて、出入りできるようになっているため、本当にテントのように車を使うことができます。

ここまで改造すれば、タープ+車中泊仕様のミニバンで気軽にキャンプができますね。

改造いらず!キャンピングカー仕様のミニバン

これからキャンピングカーの代わりにミニバンの購入を考えている人は、どのミニバンが良いのか悩みますよね。

ここで車中泊仕様のモデルも出しているミニバンをいくつかご紹介します。

これであれば改造しなくても、そのままキャンプに出掛けられますよ。

■日産 セレナP‐SV

セレナをキャンピングカー仕様にしたモデルです。

ポップアップルーフが付いており、ベッドスペースを広くすることが可能です。

家族4人も余裕で寝られます。

後部座席をフルフラットにできるオプションもあり、車中泊に特化しています。

■三菱デリカ D:POP

走破性の高いデリカD:5をベースに、車中泊ができるような機能をプラスしたのがD:POPです。

ポップアップルーフとフルフラットシートで、快適な車中泊ができます。

■ホンダ ステップワゴンFREE DECK

もともと車内が広いステップワゴンですが、ポップアップルーフがついてさらに車内を広々と使えます。

また、ほかにない特徴として、運転席と助手席が回転します。

そのため、電車のボックス席のように向き合って食事をしたり団らんができ、車内で過ごす時間はキャンピングカーと引けを取りません。

グレードによって冷蔵庫や電子レンジ、シンクも取り付けることができるため、本格的なキャンピングカーにすることもできます。

ミニバンを改造すれば気軽にキャンプが楽しめる

ミニバンを改造してキャンピングカー仕様にすることは、それほど難しいことではありません。

ミニバンであれば、車内空間も広くて快適に過ごせます。

家族が多いのであれば、ミニバン+テントでキャンプをしても良いですね。

最近では便利なアイテムがたくさん登場していますので、アイテムを活用して気軽にキャンプを楽しんでください。