バーベキューの火起こしの時間に前菜を簡単に作ろう!

バーベキューをする時に、火が安定するまで火起こしに時間がかかるというのはありがちな話です。

その時に、時間を持て余してしまうといった経験はありませんか?

場がしらけてしまわないためにも、気の利いた前菜が用意されていたら、その場の空気も和むことでしょう。

そこで、バーベキューで簡単に作れる、火を使わない簡単でおしゃれな前菜をテーマ別にご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

誰でも喜ぶ!バーベキュー前の小腹を満たす美味しい簡単前菜

バーベキュー前は、肉や野菜をたっぷり食べるためにも、ちょこっと小腹を満たす程度に楽しめる前菜で十分です。

そこで、誰でも喜ぶ簡単で美味しい前菜をご紹介します。

ぜひ取り入れてみてください。

●ワカモレ(アボカドディップ)

・アボカド 2個
・ガーリックパウダー 適量
・オニオンパウダー 適量
・塩 適量
・レモン汁 適量
・トルティーヤ 適量

①アボカドを潰します。

②材料を合わせて味を調えます。

アボカドは人気の食材です。

トルティーヤにつけながらいただくこちらのディップは、小腹を満たすのに適した前菜です。

また、アボカドの皮をそのまま器にしてディップにすることで、おしゃれな雰囲気も演出できておすすめです。

子供が喜ぶ!一口で食べやすい簡単前菜

バーベキューの参加者に子供連れの方がいれば、火起こしの時間に子供が飽きてしまわないよう、美味しい前菜を用意してあげたいものですよね。

そこで、子供が一口で食べやすい美味しい簡単前菜をご紹介します。

●スタッフドエッグ

・ゆで卵 2個
・ツナ缶 1缶
・マヨネーズ 大さじ1
・塩コショウ 適量

①ゆで卵を茹でて持参していきます。

②ゆで卵を半分に割り、黄身を取りだして、ツナ缶とマヨネーズ、塩コショウを和えて混ぜます。

③②を白身に盛り付けます。

子供が大好きなツナ缶と卵の組み合わせは、人気の前菜となるでしょう。

もちろん、子供だけでなく大人も楽しめます。

●クラッカーとディップ

・クラッカー 適量
・クリームチーズ 適量
・お好みのジャム

クラッカーにクリームチーズとお好みのジャムをのせるだけで完成です。

おやつ代わりにもなり、他にトマトやキュウリなど生野菜があれば、クリームチーズに合わせても美味しくいただけます。

子供向けの前菜は、一口で食べられるという点がポイントです。

串や楊枝をつかった前菜は避けましょう。

食べながら転倒したり、子供の行動はいつ何が起きるかわかりませんので怪我のもとです。

女子ウケ良し!おしゃれで可愛い前菜を作ろう

女性に人気の前菜の食材というと、生ハムやトマト、チーズなど、これらは外せない食材ですよね。

これらを使ったおしゃれな前菜を用意してみましょう。

●生ハムとトマトの簡単前菜

・トマト 1個
・生ハム 8枚
・たまねぎ みじん切りで大さじ1
・パセリ 適量
・オリーブオイル 小さじ1
・塩 ひとつまみ
・レモン汁 1/2個
・黒コショウ ひとふり

①玉ねぎをみじん切りにして冷水にさらします。

②トマトと生ハムを盛り付けます。

③①の水気をしぼった玉ねぎをのせて、調味料をすべてかけて出来上がりです。

一緒に、バケットを用意しておき、バケットにのせて食べてもおしゃれで良いでしょう。

●トマトとチーズのピンチョス

・ミニトマト 適量
・クリームチーズ 適量
・ピクルス 適量

食材を刺すピンを用意し、ミニトマトとクリームチーズとピクルスを刺します。

たったこれだけの作業ですので、手間がかかることなくおしゃれな前菜を用意することができます。

バーベキューのメインである肉を食べる前でも、このようなヘルシーな前菜であれば女性も喜ぶでしょう。

バーベキューの準備ありがとう!男性の胃袋を満たすがっつり系前菜はコレ!

バーベキューの準備は、男性陣が活躍することが多いですよね。

テントの設営から、火起こしと力仕事をやってくれる男性陣に、少しボリュームのある前菜を食べてもらいたいものです。

それには、ランチョンミートを使った前菜がおすすめです。

ランチョンミートとは、ソーセージの材料の中身が腸ではなく缶に詰められている食材です。

焼かなくても、そのままでも食べられるので前菜として使うにはとても便利です。

塩気もしっかりとあるので、テント設営や火起こしで汗をかいた男性陣にこれを使っておにぎりを用意してみましょう。

作り方は、とても簡単です。

自宅で握ってきたおにぎりにランチョンミートを切って載せるだけです。

上からのりを巻いて固定してあげると良いでしょう。

前菜の他にもサイドメニューがあると嬉しいバーベキュー

ここまで、場面別に前菜をご紹介してきましたが、バーベキューは前菜だけでなく、サイドメニューもあると嬉しいものです。

肉を焼いている最中に、口をさっぱりとさせるようなメニューがあったら喜ばれるでしょう。

そこで、以下のメニューがおすすめです。

●はちみつピクルス

・きゅうり 1本
・セロリ 1本
・人参 1本
・ミニトマト 5~6個
・水 150ml
・酢 50ml
・はちみつ 30g
・塩 小さじ1
・黒コショウ 10粒

①野菜をお好みの大きさに切ります

②鍋に野菜以外の全ての材料を入れて、ひと煮立ちさせて熱いうちに①に注ぎます。

③冷やして粗熱がとれたら冷蔵庫で保存します。

即席で作っても美味しく食べられますが、余裕があったら前日に自宅で準備して持参すると、ちょうど食べ頃となって美味しくいただけるでしょう。

●サバ缶ディップ&バケット

・サバ缶 1缶
・玉ねぎ 1/4個
・マヨネーズ 大さじ1
・塩コショウ 少々
・オリーブオイル 少々
・乾燥パセリ 少々
・バケット 4~5枚

①スライスした玉ねぎを、サバ缶、マヨネーズと混ぜます。

②塩コショウで味を調えて馴染ませておきます。

③スライスしたバケットをコンロで焼きます。

④バケットに②をのせて、オリーブオイルと乾燥パセリを振って完成です。

これらは、見た目もおしゃれで簡単にできるサイドメニューです。

ぜひ、バーベキューのサイドメニューに加えてみてはいかがでしょうか。

前菜だけじゃない!食後のデザートも簡単おしゃれに

バーベキューの締めといったら、食後のデザートですよね。

ぜひ、バーベキューで食べたいおすすめのデザートをご紹介します。

●丸ごと焼きリンゴ

・リンゴ 1個
・バター 5g~10g
・シナモン 適量
・砂糖またはハチミツ 適量

①リンゴの芯をくりぬいて、バターを置きます。

②シナモンと砂糖をふりかけてアルミホイルで包んで焼きます。

③リンゴが柔らかくなってきたら完成です。

●バナナのキャラメリゼ

・バナナ 2本
・バター 10g
・砂糖 10g
・シナモン 適量

①スキレットでバターを溶かし、砂糖を加えて茶色になるまで火にかけます。

②バナナを投入し、味をからめながら焼きます。

③焦げる前に火からおろし、お好みでシナモンをふります。

●チョコレートフォンデュ

・使い捨てアルミ皿
・板チョコ 2枚
・牛乳 大さじ2
・バナナ 2~4本
・フランスパン 適量

①アルミ皿で板チョコと牛乳を入れて溶かします。

②割り箸にさしたバナナやフランスパンをつけて食べます。

以上、ご紹介したレシピはバーベキューで食べたい人気のデザートになります。

前菜と同様に、とても簡単でさっと作れてしまうものばかりなので、ぜひ試してみて下さい。

バーベキューには前菜を用意して待ち時間も楽しもう

前菜を準備するのは、一見、面倒なようにも思えますが、ご紹介したように火を使わなくても簡単に作れるものが多いです。

火起こしに時間がかかると、特に小さい子供がいると飽きてしまいがちです。

そのような合間も楽しい時間を過ごしたいものですよね。

前菜のレパートリーを増やしておくと、バーベキュー以外でも、時短料理として、急なお客様へのもてなし料理にも役立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。