キャンプで活躍するカセットコンロの危険性とは?

キャンプの時の料理や、ちょっとした湯沸かしなどで大活躍するカセットコンロは、なくてはならない必需品ですね!

しかし、そんなカセットコンロは使い方を一歩間違えると、ヤケドや火災など思わぬ大事故につながる危険性があります。

一体、どんな危険性があって、どうやってその危険を回避することが出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロゴスのティピーテントからキャンプとブログを始めよう!

近頃は女性の間でもキャンプが流行していて、これから始めたいと思っている方もいらっしゃると思います...

材料があれば簡単!オリジナルアルコールランプを自作しよう

アルコールランプを覚えていますか?小中学校の理科の授業では誰が火を着けるのか、消すのか取り合...

アースカラーで人気のタトンカ!タープの色味でかわる印象

近年のアウトドア人気で、キャンプに出掛けるひとが増えています。「キャンプサイトの印象はタープ...

キャンプには何が必要?持ち物の選び方を女性目線でご紹介!

キャンプ人気は年々高まっています。アウトドアショップやホームセンターでキャンプ用品を目にする...

オフロードで林道ツーリング!地図アプリで経路を予習しよう

ツーリングされる方のなかには、林道などの整備されていない道を走る方もいますよね。そのときはい...

アウトドアにトランギア!便利な道具やケトル収納術もご紹介

トランギアのアイテムを使ったことがあるでしょうか。トランギアの製品は、アウトドアをされる方に...

クーラーボックスを利用する時に便利な氷の作り方って?

キャンプやバーベキュー、釣りなどアウトドアでクーラーボックスを使う時に、氷は欠かせないものですよ...

スノーピーク製ペグハンマーの魅力!交換時期を見極めよう

テントやタープを張る際、ペグと呼ばれる杭を地面に打ち込む道具を「ペグハンマー」といいます。ペ...

キャンプファイヤーのゲーム!小学校低学年児のおすすめは?

キャンプファイヤーで、和気あいあいと楽しんで、歌を歌ったりした記憶は多くの人がお持ちなのではないで...

キャメルバックボトルで水分補給!ボトルケージとの相性は?

アウトドアスポーツの1つに、スポーツバイクがありますよね。マウンテンバイクやロードバイクなど...

バーベキューに使用した炭の後始末方法と活用方法をご紹介!

バーベキューコンロを使用して行う焼肉などは、アウトドアの花形ですよね。タレの焦げる匂いの...

キャンプで大活躍のモンベルコット!ブログでのおすすめは?

キャンプに出掛けるとき、「コット」があるとより快適に過ごせます。ベットととして使用するのはも...

バーベキュー食材の定番!野菜をおいしくいただくためには?

バーベキューといえば炭火ですね。炭火独特の香ばしさで、肉もすすむことでしょう。しかし、肉...

便利なユニフレームのダッチオーブンを紹介!もし錆びたら?

ユニフレームのダッチオーブンはプレス加工で作られており、鍋肌が黒皮鉄板であるため、鋳物の鍋と比べ...

キャンプもおしゃれに楽しむ!男女別服のコーデ例をご紹介!

いざ、親しい仲間でキャンプに行くことが決まった際に、どんな服を着ていけばいいのか悩みませんか。...

スポンサーリンク

キャンプでのカセットコンロの役割

キャンプといえば、バーベキューやカレーや飯盒でご飯を炊いたりと、いろんな楽しみがありますね。

どの料理をするのにも、やはり火は必要です。

炭で火をおこすのもキャンプならではですが、手間も時間もかかります。

また、それだけでなく、炭を扱うのは初心者には少し難しかったり、危険だったりします。

そんな時に役立ってくれる強い味方が、カセットコンロです。

カセットコンロさえあれば、初心者でも簡単に火を使った料理をキャンプで楽しむことができます。

ちょっとした湯沸かしの時でも、すぐに火を使うことが出来るのでとても便利で、燃料のガスボンベも最近では100円均一でも売ってるほどなので、とても経済的です。

「使いたい時にすぐ火を着けることが出来て、使わない時はすぐに消火することが出来る」

そんな便利アイテムが、カセットコンロです。

カセットコンロの危険性と事故事例

とても便利で役立つカセットコンロですが、火を使いますし燃料にはガスを使っているので、使い方によってはヤケドや火事などの危険性もあります。

そんな、キャンプ中にカセットコンロを使って事故になった例をいくつか調べてみました。

○カセットコンロ使用中に火が消えたので、ガスボンベを取り外した途端、ガスボンベが破裂し手をケガした

○カセットコンロを向かい合わせて使っていて、ガスボンベが熱せられて爆発した

○カセットコンロより大きな鍋を使っていて、熱がこもりガスボンベが爆発した

○ガスボンベがきちんと取り付けられておらず、漏れたガスに引火した

○カセットコンロをテントの中で使用しており、テントに引火した

○カセットコンロをテントの中で使用しており、一酸化炭素中毒になった

○風よけの衝立に段ボールを使用しており、カセットコンロの火が引火した

キャンプ中のカセットコンロによる危険な事故の原因は?

先程の例を見ていただいてもわかるとおり、様々なカセットコンロが原因のキャンプ中の事故が発生しています。

それでは、もう少しくわしく迫っていきましょう。

◆ガスボンベの破裂・爆発

カセットコンロの事故で特に多いのが、燃料であるガスボンベの破裂や爆発による事故です。

ガスボンベには、中身にLPガスが入れられていて、そのガスにカセットコンロで火をつける仕組みになっています。

ガスボンベは大きく分けて、ノーマルタイプとハイパワータイプ(寒冷地用)があります。

それぞれ、中身のLPガスの種類が違い、ノーマルタイプはブタン、ハイパワータイプはイソブタンが主成分となっています。

そして、どちらもガスボンベの容器の中に圧力を掛けられて、液体になった状態で入っています。

容器はとても頑丈に作られていますが、外から熱が加えられると中のガスの温度が上がり、暖められたガスの圧力で破裂したり、温度が高いと爆発したりしてしまいます。

◆引火・ヤケド

カセットコンロは火を使うので、カセットコンロの回りに燃えやすい紙や布などを置いていると、すぐに引火してしまいます。

また、カセットコンロはほとんどが金属で出来ているため、火によってかなり熱くなります。

その熱くなった部分を素手で触ったりすると、当然のことながらヤケドしてしまいます。

火を消してからも、しばらくは熱くなっている状態のままなので、注意が必要です。

◆一酸化炭素中毒

ガスコンロが不完全燃焼状態になると一酸化炭素が発生します。

一酸化炭素は人体にとても有害で、吸った量が多いと最悪の場合、死亡してしまうこともある危険なものです。

カセットコンロをテントなどの狭くて密閉された空間で使っていると、その一酸化炭素がすぐに充満してしまい、事故へとつながります。

カセットコンロの危険な事故を回避するために

とても危険なカセットコンロの事故を回避するには、どのような対策があるのでしょうか?

◆決められた規格のガスボンベを使う

カセットコンロの種類によって、装着出来るガスボンベの大きさや種類が決められています。

取扱い説明書などに、どのガスボンベを装着したら良いのかが書かれていますので、必ず決められたものを装着するようにしましょう。

◆使い方をよく確認してから使用する

ガスボンベの装着の仕方・火の着け方・火力調整・消火の仕方などを、事前に取扱い説明書などでよく確認してから使用するようにして、書かれていること以外の使い方はしないようにしましょう。

◆カセットコンロの大きさに合った調理器具を選択する

カセットコンロに対して大きすぎたり、小さすぎたりする調理器具を使うと、思わぬ事故が起きてしまう可能性が高くなります。

使っているカセットコンロの大きさに適切な大きさの調理器具を使って、調理するようにしましょう。

◆適切な場所で使う

回りに燃えやすいものが無い場所で使うようにしましょう。

また、カセットコンロ同士を並べて使ったり、他の高温になる器具の近くで使うのは避けましょう。

◆換気を十分にする

キャンプなど、屋外でつかっている時はあまり心配はありませんが、室内でカセットコンロを使う時は一酸化炭素中毒にならないように、こまめに換気をするようにしましょう。

カセットコンロのメンテナンス方法

カセットコンロは丁寧に使っていると、何年でも使うことが出来ます。

しかし、何のメンテナンスもせずに使っていると危険な事故を起こす原因ともなるので、定期的なメンテナンスが必要となります。

最も簡単なメンテナンスの方法は、やはりキャンプなどで使ったあとに、掃除をすることです。

掃除せず汚れたまま使っていると、火が着きにくくなるなどの不具合が発生したり、付着した油汚れなどにコンロの火が引火してしまったりする危険もあります。

そんなことを防止するためにも、五徳などの取り外せる部分や手の届く範囲は、使ったあとに掃除するようにしましょう。

また、火の着きが悪くなったり、使っている途中で頻繁に火が消えたり、変な燃え方をするようになったら、メーカーに見てもらうようにしたほうが安全です。

日頃から火の様子や、変な臭いはしないかなどよくチェックしておけば、事故を防ぐことも出来ます。

出来る範囲で良いので自分でメンテナンスをするようにして、難しかったり危ない、と思った場合はメーカーなどに相談するようにすることが重要です。

キャンプにオススメのカセットコンロ

キャンプに持っていくカセットコンロで重要になるのが、コンパクトで持ち運びが楽、火力があり、風やいろんな環境に強い、などの機能になります。

そこで、このような機能のあるオススメのカセットコンロをご紹介します。

○イワタニ/「カセットフー マーベラスII」

カセットコンロの有名メーカーであるイワタニの製品です。

トップカバーと風防リング、というダブルの防風機能で風を防いでくれるので、屋外で風がある時でも十分活躍してくれます。

持ち運ぶ時も本体に取手が付いているので、ヤケドの危険性も少なく、とても便利です。

○イワタニ/「カセットフー ボーEX」

イワタニで人気のカセットフーシリーズの中でも最も強い火力があります。

風にも負けない強火と効率良い熱伝導構造で、キャンプの時も大活躍です。

さらに専用キャリングケースが付いているので、持ち運びも便利です。

○イワタニ/「ウィンドブレイクこんろ カセットフー 風まる」

火力が強いので強い風の中でも活躍してくれます。

ダブル風防ユニットが付いているので、必要な空気だけを通して風は通さないようになっています。

火力は維持しつつ、最後までガスを使い切るヒート・パネル方式も搭載しているので経済的です。

カセットコンロを安全に使って快適なキャンプを!

キャンプ中にカセットコンロを使った時の危険性について書いてきました。

どの事故もきちんとした使い方で、きちんとカセットコンロのメンテナンスをしていたら回避出来るものばかりです。

せっかくの楽しいキャンプで、ケガや事故を起こしたら全て台無しになってしまいます。

カセットコンロがあれば、キャンプでも湯沸かしや料理を誰でも簡単にすることが出来ます。

上手に使って、今までよりさらに快適で思い出に残るキャンプを楽しんで下さい。