キャンプにケーキ!誕生日だってアウトドアで祝っちゃおう!

キャンプに行くメンバーの中に、当日がお誕生日だという人がいたら、本人はもちろん、他のメンバーもとてもラッキー!

アウトドアでお祝いする誕生日パーティーの楽しさは、一度味わってみる価値があります。

キャンプ中に、まさかの誕生日ケーキが出てきたら、とびきりのサプライズプレゼントになる事、間違いなしです!

キャンプでケーキを登場させる誕生日パーティの提案や気をつけたい事などをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプに布団を持参するなら?オススメの寝袋もご紹介

『寝床をどれだけ快適なものにするか?』で、キャンプでもしっかり心地よい眠りにつけるかどうかが変わっ...

ロゴスの飯盒を使ったご飯の炊き方!美味しく炊けるコツは?

アウトドアの醍醐味と言ったら食事ではないでしょうか。いつもと違った青空の下で食べる食事は、新...

バーベキューでお手軽燻製!ダンボール燻製器を作ってみよう

バーベキューで食べるお肉や野菜は、屋外で食べることもあってかおいしく感じますよね。年中バーベ...

ダッチオーブンを使った美味しいご飯の炊き方

皆さん、ダッチオーブンをご存知でしょうか。ダッチオーブンとは、厚手の鍋のことを言います。素...

キャンピングカーでテレビが見たい!その取り付け方法とは?

キャンピングカーでの旅は、とても楽しいものです。通常の乗用車とは違い、長距離の移動の最中にリ...

キャンプの必需品!ガス缶の知識と正しい廃棄法

キャンプやアウトドアライフに欠かせないガス缶は、手軽で便利で入手のしやすい燃料として、今や日常生活...

ダッチオーブンといえばユニフレーム製!錆びには強いの?

アウトドアでお馴染みの鍋「ダッチオーブン」ですが、その中でも初心者にもおすすめなのが「ユニフレーム...

バブアーの洗濯はできないって本当?自宅での管理の仕方とは

バブアーのジャケットは洗濯ができないと言われています。それは、本当なのでしょうか?もし、自...

スノーピークの寝袋の特徴とたたみ方などをご紹介!

スノーピークは、日本を代表するアウトドアブランドの1つです。テントやタープなど、アウトドアで...

イスカのマットが壊れた!これって修理?それとも不具合?

日本で「寝袋」のブランドとして有名なイスカですが、同じ寝具としてマットレスにも力を入れています。...

バーベキューで旨い肉を食べよう!こだわりの焼き方をご紹介

バーベキューの醍醐味と言ったら、お肉ではないでしょうか。屋外で食べる、バーベキューならではの...

ニーモのタープ!シャドウキャスターの張り方が簡単で痺れる

ニーモ(NEMO)のタープが欲しいというキャンパーは多いです。ニーモのテントを購入して、その使...

石油ストーブから臭いが!その原因と対処法を徹底調査!

ご自宅などで石油ストーブを使っていて、嫌な臭いがしてきたことはありませんか?おそらく石油スト...

テンティピのおしゃれテントオニキス!ブログでの評判は?

見た目がおしゃれなテントがあると、キャンプでのモチベーションがよりアップしますよね。たくさん...

アウトドアで大活躍!タトンカのタープの人気の秘密と張り方

焚き火が出来るタープとして、アウトドアファンから人気のあるタトンカのタープ。そんなタトンカの...

スポンサーリンク

キャンプで誕生日を祝うならケーキはマストアイテム?

キャンプで誕生日パーティというシチュエーションは、ある程度の経験者でないと思いつかない事なのかもしれません。

初心者の頃は、キャンプ自体を円滑に安全に、そして楽しむための計画を立てる事で精一杯ではありませんでしたか?

確かに、テントやタープを設営するだけでも、かなりの時間や労力を費やしてしまい、楽しむための時間や体力も少なくなってしまいがちです。

ですが、少し慣れると、空き時間を楽しむ余裕が生まれてくるはずです。

だったら、キャンプをあえて誕生日を祝うためのイベントにしてしまうと良いかもしれません。

何か他にアクティビティを考えなくても良いですし、何よりも素敵なサプライズプレゼントになる事は間違いありません。

「アウトドアなら、何でも美味しい。」

料理の味が良くなくても、そんなフォローが成立してしまうような環境で、誕生日ケーキが登場したら、祝ってもらえる人は最高に幸せを感じるはずです。

つまり、不便で野生的とも言える環境の中に、突然、ケーキという文明的な物が現れるギャップは、喜びを倍増させます。

特にキャンプが好き、アウトドアが好きという人であれば、普段ケーキやお菓子は余り食べないという状況であっても、意外と喜んで、美味しく食べてくれる事もあります。

キャンプにケーキを持って行くのが不安だったら?

ただ、誕生日ケーキというと、場所も取りますし、持ち運びが便利な印象は一切ないという代物でもあります。

ですから、あえてキャンプにケーキを持って行こうという思考は働きづらいですし、どちらかと言えば「持って行く事はやめておいた方が無難、もしくは、持って行きたくても諦める」。

そんな選択をすることが多いです。

確かに、ケーキ屋さんで注文して、当日取りに行く豪華な誕生日ケーキや、コンビニで売っているようなケーキをキャンプに行く途中で買うというのは無謀です。

大きな箱に入っていると、ただでさえ荷物が多いのに場所を取られてしまいます。

また、保冷剤だけでは誕生日パーティまでの時間を乗り切るには不安があります。

何よりも、形が崩れてグチャグチャになってしまうリスクが高すぎます。

そんな時に便利なのが、既に冷凍されてあるケーキです。

インターネット通販などを利用される方はご存知だと思いますが、通販サイトで売られているケーキは冷凍された状態で届きます。

凍っているため、型崩れのリスクは比較的少なく、過剰な包装はされていない事が多いため、場所を取られる事もありません。

食べる時間に合わせて数時間の解凍時間が必要になる状態ですから、キャンプ開始までに丁度良く解凍されるようクーラボックスなどを利用するとベストです。

キャンプで誕生日パーティを盛り上げるケーキ以外のアイテム

せっかく誕生日ケーキを準備したなら、それだけではなく他の物も充実させて本格的な誕生日パーティを開きたいと思いませんか?

いつものキャンプは、機能性を重視したアウトドアブランドの食器だけしか使わない方々にもオススメなのが、100円ショップなどで売っているカラフルな食器たちです。

紙皿やペーパーナプキン、カップ類はもちろん、木製のおしゃれなフォークやスプーンなどもあります。

そのような物を取り入れると普段のキャンプがパーティ仕様に一気に変化してしまいますので、一度お試しください。

そして、ケーキを彩る食器だけでなく、テーブル周辺にもこだわると楽しい誕生日パーティが演出出来ます。

例えば、テーブル周辺に多めのキャンドルをレイアウトすると、ランタンの灯りではない雰囲気が作れます。

いつもは使わないけれど、テーブルクロスやランチョンマットを使用してみると、あまり豪華なケーキでなくとも、オシャレな感じが演出出来ます。

また、パーティ感を出すには、ケーキ以外の食べ物も欠かせませんよね?

ですが、キャンプでそんなに多くの品数は作れないのが現実です。

そんな時に役に立つのが、冷凍食品です。

もちろん、自宅であらかじめ作っておくというのも良いのですが、その時間や技術がないという方には、自然解凍で食べられる物を利用する事をオススメします。

誕生日ケーキをキャンプ中に作る時のコツ

「いやいや、誕生日ケーキは、やっぱり手作りでしょう。」

確かに、せっかくキャンプで誕生日を祝うという特別なシチュエーションですから、ケーキだって手作りにこだわりたいという気持ちは非常によく分かります。

ただ、キャンプ中に出来る事には限界があります。

オーブンレンジもありませんし、ケーキ作りのための調理器具一式をキャンプに持って行くのは、現実的ではありません。

出来るだけ簡単にケーキ作りが出来る事が、失敗しない唯一のコツだとも言えます。

もしも、どうしてもスポンジから手作りした誕生日ケーキを準備したいのであれば、自宅で焼いて持って行く必要があります。

もうキャンプの中で行う事はデコレーション作業のみ、という状態にしておいた方が無難です。

ですから、デコレーションに使うフルーツなども、カットした状態で持って行きましょう。

デコレーション用のホイップクリームも、すぐに使えるチューブに入っている物などを持って行くと失敗せずに、見栄え良く仕上がるはずです。

ですが、スポンジケーキで本格的なデコレーションケーキをキャンプ中に作り上げるという事は、環境的にも非常に困難であるという事は間違いありません。

そこまで凝り過ぎないようにしないと、ケーキ作りに振り回されてキャンプ自体が楽しめなくなってしまうかもしれません。

誕生日ケーキをキャンプ中に簡単に作れてしまう方法

キャンプ中のケーキ作りは困難です。

クオリティの高い誕生日ケーキを作る事は非常に困難ですが、そこまで理想を高く持たなければ、簡単にそこそこ可愛くオシャレなケーキが出来てしまったりします。

そんな時の強い味方が、ホットケーキミックスです。

もちろん、自宅で焼いて持って行って、キャンプではデコレーションのみにする事も可能ですし、キャンプに小さめのフライパンを持って行き現地で焼いても、それほど手間ではありません。

大きめのホットケーキであれば、数枚を重ねて、クリームやフルーツを挟んだり、トッピングすれば、それだけで意外な程に豪華な誕生日ケーキに見えてしまいます。

また、小さめのホットケーキをたくさん焼いて積み上げると、ホットケーキタワーが出来上がります。

そこにクリームやチョコレートシロップなどをトッピングするのも良いですね。

クリームやジャム、フルーツなどを自分が好きなようにトッピングしたりデコレーションするのも、誕生日パーティの雰囲気が演出出来て、楽しいでしょう。

そして、意外な裏技として提案したいのがお好み焼きです。

甘い物がどうしても苦手な方向けには、お好み焼きを作って重ねてマヨネーズや野菜でトッピングした甘くないケーキです。

これなら、キャンプ中の食事も兼ねているので、皆で楽しく作る事も出来てケーキ作りに追われる事にもならないでしょう。

誕生日のお祝いだけじゃないキャンプでケーキの楽しみ方

一度、キャンプで誕生日パーティを体験すると、その楽しさにハマってしまうかもしれません。

もちろん、キャンプ自体が特別なイベントですから、それだけでも十分楽しいはずです。

しかし、パーティやケーキが登場すると、さらに特別感が増すので、満足感や充実感が倍増してしまうのは、当然の事だと言えます。

もしも、毎回のキャンプを誕生日パーティのような特別で満足感の高いイベントにするのなら、ケーキの力を借りるのは有効な手段だと言えます。

さらに、キャンプ中のコーヒーブレイクのお供にお取り寄せした有名店のケーキが出てきたら、「なんて贅沢な時間!」と非常に高い満足感を得られたりします。

また、ホットケーキミックスを持参して、色んな形のホットケーキをみんなで大騒ぎしながら焼いて食べたら、わざわざアクティビティを考えなくても十分に楽しい時間が過ごせます。

もちろん、クリスマスやハロウィンなどのイベントに合わせたケーキを準備して、誕生日以外のイベントキャンプを計画するのも楽しいでしょう。

キャンプにケーキを持って行くのは、ハードルが高いと思っている方々には、ぜひ一度、まずは誕生日パーティからでもお試ししてみていただきたいと思います。

きっと、今までに感じた事がなかった感動を覚えるはずです。

誕生日も、そうでない日もキャンプでケーキを食べて大満足!

誕生日のお祝いと言えば、やっぱりケーキは外せないアイテムです。

ただ、キャンプに持って行くとなるとハードルが高いと感じてしまうアイテムでもあります。

今回、意外と簡単に持って行く方法や現地で作れてしまう方法があるという事を、お伝え出来ていれば幸いです。

キャンプでケーキは難しくないので、楽しさや満足感、充実感を上げられる素敵なアイテムの一つとして、ぜひ取り入れてみてください。