キャンプファイヤーでゲームを盛りあげたい!中学生向き6選

たき火の周りをみんなで囲んで遊ぶ、キャンプファイヤー。

小学校高学年や中学生くらいで体験する定番のイベントです。

日常から離れた場所、そして夜なのに友達と遊べるって、本当にテンションがあがりますよね。

キャンプファイヤーでは、複雑なゲームより単純なゲームの方がおすすめです。

なぜなら辺りが暗くて視界も悪くなりますし、声も通りにくいからです。

そこで中学生におすすめのゲームを6つ、ご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コールマンのランタン解剖!ジェネレーター等の仕組みの基本

アウトドアでコールマンのガソリンランタンを使っているという方も多い事でしょう。しかしあなたは...

人気ブランドスノーピークのコット!ブログでのおすすめは?

キャンプをより快適にするためのアイテム「コット」をご存知でしょうか。コットは簡易ベッドやベン...

スノーピークigtで自分のスタイルを!ブログでの評判は?

スノーピークのigtシリーズは多彩な組み合わせができ、キャンプやバーベキューなどで大活躍してくれ...

ストウブ鍋用の可愛い鍋つかみの作り方!その他便利アイテム

ストウブ鍋は、とても美味しい料理が作れますし、存在感も抜群です。ですが、お料理したばかりのと...

キャンプ初心者必見!準備しておくべきものとキャンプの心得

近年、アウトドアブームもすっかり定着してきました。キャンプを楽しむ方も増え、キャンプ場も各地...

ランタンを長く使おう!ガソリンの正しい入れ方と点検方法

キャンプ中、暗い夜を明るく照らすのに、ランタンを活用している方も多いのではないでしょうか。ラン...

プリムスのクッカーで美味しく炊飯してみよう!

アウトドアの楽しみと言ったら、やはり食事ではないでしょうか。簡単にバーベキューを楽しむのもいい...

バーベキュー道具はこれで決まり!おすすめアイテムをご紹介

週末は家族や友人とバーベキュー楽しんでいる方は、多くいると思います。青空の下で、みんなで食べ...

スノーピークのオフトンは寝心地抜群だけど収納性が弱点

キャンプなどのアウトドアでは、いかに熟睡できるかが体力的にも精神的にも大切になってきます。そ...

便利なバーベキューコンロ!カセットガス使用のイワタニ製品

バーベキューといえば「炭に火を起こして食材を焼いて食べる」というイメージがあるでしょう。しか...

キャンプで料理をするために必要な調理道具を揃えよう!

キャンプの中でもいちばん楽しい時間は、「食事の時間」という方も多いでしょう。食べるだけでなく...

ダナーのコンバットハイカーの正しい手入れ方法を覚えよう!

質の良い登山靴をせっかく気に入って購入しても、正しい手入れ方法を覚えていないと、残念ながら長持ち...

バーベキューに使用した焼き網の洗い方と効果的な保管方法

バーベキューはとても楽しいイベントですが、後片付けが大変ですよね。特に、焼き網を洗うのが大変...

キャンプファイヤーの出し物!幼稚園児に合ったものをご紹介

幼稚園は季節ごとにイベントが多く、そのイベントを親子で楽しみにしているご家庭も多いのではないでし...

コールマンテントでキャンプ!初心者もできる建て方をご紹介

アウトドアといえば、キャンプ。そんなキャンプは、テントを建てることからはじまりますね。そ...

スポンサーリンク

キャンプファイヤーで中学生におすすめ「命令ゲーム」

命令ゲームはキャンプファイヤーではオーソドックスなゲームなので、ご存知の方もおられるかもしれません。

リーダーとなる人が命令した時に、他の人がその動作を行うというゲームです。

リーダーが「命令!右手をあげて」と言ったら、他のみんなは右手をあげます。

そして、命令ゲームのポイントは、リーダーが「命令!」と言ったことに対してだけその動作を行うということにあります。

例えば最初に…

「これから『命令!』と言った時だけその動作をするゲームをします。例えば、『命令!手をあげて』と『命令!』と言った時だけ手をあげてください。」と説明します。

続けて「分かった人は手をあげて」と言います。

そこで手をあげた人がいたら、その人は負けです。

他のパターン

・「命令!立って。座って」と言い、座った人がいたらその人の負け

・「命令!担任の先生の名前を言って」など言葉を言わせる

中学生なら司会者は負けた人に「今のお気持ちをどうぞ」などインタビューするのも面白いかもしれませんね。

キャンプファイヤーで中学生におすすめ「猛獣ゲーム」

猛獣ゲームも大人数のキャンプファイヤー向きのゲームです。

まずリーダとなる人を決めます。

次にリーダーが先になって、以下の歌を身振り手振りをつけながら歌います。

その時、周りのみんなは歌を復唱しながら、リーダーのポーズを真似します。

♪猛獣狩りに行こうよ!(猛獣狩りに行こうよ!)

♪猛獣狩りに行こうよ!(猛獣狩りに行こうよ!)

♪猛獣なんて怖くない!(猛獣なんて怖くない!)

♪猛獣なんて怖くない!(猛獣なんて怖くない!)

♪やりだって持ってるもん!(やりだって持ってるもん!)

やり投げのようなポーズをします。

♪鉄砲だって持ってるもん!(鉄砲だって持ってるもん!)

鉄砲を撃つようなポーズをします。

♪あっ!(あっ!)

何かを発見して指さすポーズをします。

♪あっ!○○

○○のところには動物の名前が入ります。

最後は○○の動物と同じ字数のグループを作ってください。

例えば『ライオン』だったら4文字ですので、4人のグループです。

うまく作れたグループはあがりなので、その場から抜けていきます。

残った人たちは罰ゲームとして、その動物のモノマネをしてください。

そのあとは、歌の最初から繰り返してグループを作っていきます。

あがったグループは、歌の間は盛りあげ役に徹します。

以上が猛獣ゲームの基本的な遊び方ですが、中学生以上の方は応用しましょう。

最初に○○に入る動物に番号を振り分け、その番号と同じ人数のグループを作ります。

1…クマ
2…チーター
3…ゾウ
4…カンガルー

などです。

例えば最後が「あっ!!チーター!」なら、チーターは2番ですので、2人のグループを作ります。

瞬間的に判断しないといけないので、考えている時間はありません。

こちらの遊び方も、残ってしまった人たちはその動物のモノマネをしてください。

キャンプファイヤーで中学生におすすめ「ハレルヤ」

アメリカ民謡「こげよマイケル」という曲をもとにしたゲームで、キャンプファイヤーではこちらも定番です。

♪みんなで一緒に歌おう ハレルヤ

♪声をそろえて ハレルヤ

♪元気な声で ハレルヤ

♪もっともっと元気な声で ハレルヤ

♪男の子だけで ハレルヤ

♪女の子だけで ハレルヤ

…続く

様々な訳詩がありますが、基本的にはこの歌詞の「ハレルヤ」の部分をみんなで歌います。

次に「男の子だけで~」以降は、該当する人だけが歌います。

例えば「男の子だけで ハレルヤ」だと、男子だけが歌います。

「ハレルヤ」の直前はアドリブでいろいろ変えると盛りあがります。

例えば

・髪の毛結んでいる子 ハレルヤ

・先生だけで ハレルヤ

・中学校のクラブに入っている子 ハレルヤ

他には、その時のキャンプファイヤーのエピソードから連想されるような言葉を入れると盛りあがりますよ。

そして最後は「小さな声で」「もっと小さな声で」と演出すると、落ち着いた雰囲気で終わることができます。

キャンプファイヤーで中学生におすすめ「愛してるゲーム」

近年SNSなどで中学生や高校生に流行ったこのゲームを、キャンプファイヤーでも使わない手はありません。

ルールは相手に「愛してるよ」と言い続けるだけ。

相手は「愛してるよ」と言われるたびに「えっ」と真顔で聞き返し続けます。

自分か相手が照れたり笑ったりしたら、その人が負けとなります。

2人一組が最小のグループですが、キャンプファイヤーでは大人数で輪になってもOKです。

大人数でやる場合は、右隣の人に「愛してるよ」と言います。

右隣の人はさらに右隣の人に「愛してるよ」と言うか、左隣の人に「えっ」と聞き返してもう一度「愛してるよ」と言ってもらうかどちらかを選びます。

それを繰り返してみんなが「愛してるよ」と言えるようにしましょう。

この「愛してるよ」のセリフもただ棒読みするのでなく、ジェスチャーを交えて大きな声で叫んだり、「○○だから愛してるよ」など相手の特徴をセリフにしたり、逆に真顔で心を込めて言うなど、相手が思わず笑ってしまうような工夫をしてくださいね。

キャンプファイヤーで中学生におすすめ「キャッチ」

キャンプファイヤーを大人数で輪になって囲んで全員で遊ぶゲームです。

右手で人差し指をたて、左手で人差し指と親指で輪っかを作ります。

右手の人差し指を右隣の人の輪っかに入れます。

この時、自分の左手の輪っかの中には左隣の人の人差し指が入っています。

リーダーとなる人が「キャッチ!」と掛け声をかけると、左手の輪っかを閉じ、隣の人の指を捕まえます。

それと同時に自分の右手の人差し指は右隣の輪っかから抜き、逃げ切ります。

ルールはとても単純ですが、両手で違う動きをするので意外に難しいです。

中学生にもなると恥ずかしがって男女一緒のゲームをできなかったりするものですが、自然にみんなで楽しめますよ。

掛け声は、「キャ」だけ言うとか、「キャベツ」など違う言葉をフェイントでかけるとさらに盛りあがります。

キャンプファイヤーで中学生におすすめ「大きいちょうちんゲーム」

大きいちょうちんゲームは単純なゲームですが、中学生でも楽しめます。

セリフは「大きいちょうちん、ハイ!」か「小さいちょうちん、ハイ!」の2パターンしかありません。

「ハイ!」の時に当てられた人は、このどちらかのセリフを言いながら手でちょうちんを作ります。

そのちょうちんを次の人に「ハイ!」で渡すジェスチャーをします。

この時、大きいちょうちんの時は手で小さいちょうちんを作り、小さいちょうちんの時は大きいちょうちんを作ります。

つまり、セリフと手の動きが逆になるところがこのゲームのポイントです。

考えれば考えるほど手がつられてしまうので、簡単なルールですが引っかかってしまう人続出です。

ちなみにキャンプファイヤーでは周囲が暗く誰が当たったのか分かりにくいので、「ハイ!」の部分は「○○さん!」など名前に変えたほうが分かりやすいですよ。

6つのゲームで盛りあがる組み合わせ方を考えよう

以上、6つのゲームをご紹介しました。

ゲームや出し物の順番は、キャンプファイヤーで盛りあがるのに重要なポイントになります。

大きく盛りあがるゲーム、しっとりと盛りあがるゲームなど、司会進行の人は内容を理解して順番を組まなくてはなりません。

そして一番大切なのは、参加者全員がゲームに大真面目に取り組むこと。

はすに構えるのは白けてしまいますので、キャンプファイヤーを大いに楽しみましょう!