コールマンのオーブンが大人気!?使い方も知りたい!

コールマンは、様々なアウトドア商品を生み出しています。

近年、その中でもオーブンが注目を集めています。

ですが、アウトドア用のオーブンと聞くと、使い方に不安を覚える人も多いようです。

ここでは、コールマンのオーブンについてまとめていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダッチオーブンの手入れを楽したい!おすすめはユニフレーム

アウトドアシーンで、今や必要不可欠な調理器具といえば「ダッチオーブン」ではないでしょうか。各...

thermosの水筒は食洗機で洗ってOK?正しい洗い方をご紹介!

確かな保冷保温力が人気のthermosの水筒ですが、使用後、皆さんはどのように洗っていますか?...

ダッチオーブンで燻製を!臭いが残った場合の解消法もご紹介

「焼く」「煮る」など、様々な調理法が可能なダッチオーブン。その他にも、ダッチオーブンでは燻製...

シュラフが欲しい!ナンガやイスカ、どのメーカーが良い?

アウトドアでは、快適な睡眠をとることが重要です。質の良い睡眠が、次の日のパフォーマンスにも影...

ロゴスの寝袋の連結方法!連結可能なおすすめ寝袋も紹介

アウトドアスタイルを発信するキャンプの総合ブランド「ロゴス」。ロゴスでは、様々なシーンに合わ...

ストウブ鍋の熱い取手に!オススメ鍋つかみと型紙不要のDIY

皆さんは、ストウブのお鍋をお使いですか?ストウブの鍋は、料理を美味しく作れるだけでなく、ダッ...

バーベキューの持ち寄り食材とは?おすすめのレシピをご紹介

複数人でバーベキューをする際には、参加する方がそれぞれ食材を持ち寄るということが多いのではないで...

楽しいキャンプファイヤー!簡単レクで成功【中学生向け】

キャンプファイヤーは、小学生のうちから楽しめるキャンプの主役級イベントです。子供が中学生くら...

ケトルにカビが発生してしまった!その取り方とは?

アウトドアにあったら便利なキャンプ用のケトル。「ちょっと休憩にコーヒーでも一杯」とお湯を沸か...

バーベキューをもっと楽しもう!おすすめバーベキューグッズ

皆さんはキャンプに行くとしたらやりたいことはあるでしょうか?夜は花火にキャンプファイヤー、昼...

一度は食べたいキャンプのご飯とソロキャンの醍醐味を伝授!

キャンプといえば、家族や仲間内で行くというイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし、最近で...

キャンプでの焼き鳥の上手な焼き方とバーベキューのコツ!

キャンプでのバーベキュー料理はメニューが単調になりがちです。そんな中、今回ご紹介するのは焼き...

バーベキューで使用した炭の処理方法や捨て方などをご紹介!

バーベキューを楽しんだ後は後片付けをしなければなりませんよね。鉄板や食器などは洗って片付ける...

キャンプは川に要注意!事故を未然に防ぐポイント

キャンプ中の事故で、毎年ニュースになるのが、川で起こってしまう事故ですね。ここでは川で遊ぶ際の...

今、チャムスのテントやタープが熱い!ブログから情報収集

キャンプをするにも、人とは違ったオシャレさを楽しみたいと思っている人は多いですよね。そこで個...

スポンサーリンク

オーブンが人気のコールマンとは!?

まずは、コールマンについて学んでいきましょう。

創業者は、アメリカ合衆国のウィリアム・コールマンです。

前身の販売会社「ハイドロカーボン・ライトカンパニー」を1900年に設立しました。

ガソリン式ランプの優位性を感じたのがきっかけです。

ですが、当時は粗悪品のランプが多く、消費者に受け入れられませんでした。

この事態の打開に、「1週間で1ドル」のリース式への切り替えを打ち出しました。

ですが、リースの代金に修理費も含まれていたことが仇となり、負担が膨らみます。

これを機に、コールマンはメンテナンス性や耐久性に着目し始めます。

そして、ガソリンランプを1905年に販売しました。

後に電球の屋外での使用に目を向け、「アークランタン」を1914年に販売しました。

また、1923年「キャンプストーブ」の販売を開始しました。

このストーブは完成度の高さも評価され、「ツーバーナー」という名で現在も販売されています。

1942年には、米軍用として調理用のガソリンストーブの製造を開始しました。

しかし、このストーブを生産する工場の決定権は米軍にあり、製造が別の工場へ移ったため、コールマンでは現在製造されていません。

日本法人のコールマンジャパンをご存知でしょうか。

現在は、日本人向けに使い方などを工夫した設計に力を注いでいます。

オーブンなどの調理向け商品はもちろん、ウェアーなども取り扱っています。

使い方も簡単!?コールマンのオーブンとは!?

ここでは、人気のコールマンのオーブンについて詳しくみていきましょう。

【コールマン キャンピングオープンスモーカー2000013343スモーク対応】

サイズ:約30.5㎝×30.5㎝×8.5㎝(収納時)

重さ :約3.5㎏

材質 :スチール

付属品:収納ケース、中敷き網2枚

数あるアウトドア用オーブンの中でも注目の商品です。

カラーもレッドでかわいらしく目を引きます。

見やすい温度計が付いていて、温度調節が重要なオーブン料理に適しています。

ドアはハンドル式で、右回しで開けます。

ロック機能も付いており、気密性も十分です。

内側は穴が空いており、そこに網を引っかけるだけで固定されます。

楽にセットでき、使い方も分かりやすいのがうれしいですね。

3段階の高さ調節が可能です。

外側の蓋の部分には、ハンドルが付いて持ち運びに便利です。

外側の側面には、ロックが付いています。

ここを外すと、オーブン全体の形が崩れ、折りたたむことができます。

使い方の簡単さに加え、コンパクトになる点もポイントですね。

後ほど、このキャンピングスモーカーを使ったレシピもご紹介します。

コールマンのオーブンでおいしい料理を作ろう!

先ほどは、コールマンのオーブンのなかでもキャンピングスモーカーについてご説明しました。

ここでは、コールマンのオーブンを使った料理をご紹介します。

【材料 2人分】

・市販のピザ生地(約直径22㎝のもの) 1枚
・ベーコン 2枚
・玉ねぎ  中サイズ4分の1個 
・クリームチーズ 大さじ2
・オリーブオイル 小さじ1
・ピザ用チーズ  大さじ2
・ナツメグパウダー 少々

【作り方】

①ベーコンを幅1㎝ほどに切り、玉ねぎを薄くスライスします。

②ピザ生地にオリーブオイルを塗り、切ったベーコンと玉ねぎを散らすようにのせましょう。

③ナツメグを少々振りかてください。

④その上に、ピザ用チーズとちぎったクリームチーズをのせます。

⑤ツーバーナーに「キャンピングオーブンスモーカー」をセットして加熱をします。

⑥おおよそ220℃くらいに温めましょう。

⑦温まったら、中段にアルミホイルを敷きましょう。

⑧その上にピザをのせ、5~7分ほど焼きます。

⑨チーズがとろけてほんのり焦げ目が付けば完成です。

⑩まだ焼きが足りないと感じたら、あと数分加熱してください。

キャンピングスモーカーは、先述したとおり3段階の網の高さ調節が可能です。

そのため、ピザ以外の料理にも対応できます。

様々な使い方で、料理の幅も広がりそうですね。

使い方も簡単でおしゃれ!コールマン以外のおすすめオーブン

コールマンのオーブンが、使い方も簡単で高機能であることは先述した通りです。

ここでは、コールマン以外のオーブンをみていきましょう。

オーブンを選ぶ際の、選択肢のひとつとして参考にしてみてください。

【モルソー アウトドアオーブン】

材質:鋳鉄

サイズ:750㎜×620㎜

重量:960㎏

アウトドアメーカーの中でも人気の、モルソーのオーブンです。

このオーブンは、デザイン性の高さが目を引きます。

柔らかな丸いフォルムで、オーブンとは思えないようなスタイリッシュさが魅力です。

鋳鉄製でとても頑丈に作られています。

半艶塗装を施し、見た目にも美しさが際立っています。

イタリアのピザ窯のような内部構造です。

燃料室の天井は、低く高さがあります。

よって多くの牧を投入することが可能です。

また、構造により輻射熱を最大限生かせる広い空間となっています。

パンやピザなどを直火で美味しく調理することができます。

このオーブンの役割は、調理器具としてだけではありません。

人々の身体を暖めるものとしても広く知れ渡っています。

性能はコールマン並み!?自作オーブンの使い方

コールマンのオーブンがアウトドアに大きく役立つのは、先述した通りです。

ですが、いざ購入するとなると、値が張るのも事実です。

ここでは、手軽にできる自作のオーブンをおすすめします。

作り方や使い方を学んでいきましょう。

【材料・道具】

・段ボール箱 1箱
・アルミテープ
・クラフト用の接着剤・
・アルミホイル
・アルミ二ウム缶 4缶
・カッター
・スポンジ
・小石や砂
・金網
・オーブン用のトレイ(アルミ皿など)
・チャコールブリック

【作り方】

①組み立てた段ボールをアルミテープでとめます。

②カッターで側面を切り、窓を作ります。

③接着剤を内側と外側両方にスポンジで塗ります。

④その部分をアルミホイルで覆ってください。

⑤隙間を防ぐため、アルミホイルが角で重なるようにしてください。

⑥エッジや角にも貼り、下地の段ボールが見えないよう完全に覆います。

⑦小石や砂を空き缶に入れ、段ボールの内側の四隅に置き、網をのせます。

⑧アルミホイルを敷き詰めたオーブン用のトレイに、チャコールブリックを並べます。

⑨それをオーブンにセットしたらできあがりです。

使い方はいたって簡単です。

まず、チャコールブリックに着火し、食材を網にのせます。

扉を閉めたら重りをのせて開かないようにして下さい。

食材に火が通れば完成です。

オーブンと一緒に揃えたい!コールマンのキッチングッズ

ここまで、レシピなどを参考に、コールマンのオーブンの使い方をお伝えしました。

また、アウトドア料理には、便利なキッチングッズを使うことをおすすめします。

いくつかの商品をご紹介します。

【コールマン クッキングツールセット2000026808】

サイズ(ケース) 約12×32×12㎝

ツール内容   ターナー、レードル、トング、菜箸

 
数種類のツールがセットになっています。

収納スペースが大きく、手持ちのツールを足して入れることもできます。

箸やスプーンなどのカトラリーを入れてもよいのではないでしょうか。

色もカラフルで、おしゃれなのもうれしいですよね。

【コールマン スパイスボックス2 2000026810】

サイズ 約18×14×21㎝

重量  約250g

細々したスパイス類の持ち運びに便利な、持ち手付きケースです。

パッド入りのため、ケースの中での破損を防ぎます。

また、ケース内は仕切りが付いています。

取り外しが可能なところがポイントです。

調味料の大きさによって組み合わせられるため、実用的ですね。

様々な種類の調味料が入れることで、料理の幅も広がりそうです。

コールマンのオーブンで様々なアウトドア料理を楽しもう!

コールマンには、長い歴史があります。

創意工夫を重ね、現在のコールマンの発展に繋がったのですね。

コールマン以外にも、様々なオーブンが出回っています。

自分の用途に合った商品を選びたいですね。

便利なキッチングッズも、オーブンと同じく活用したいものです。

高機能のアイテムは、アウトドアの楽しさをより一層高めてくれます。

自作のオーブンなども、ユニークでよいですね。

色々な工夫をして、アウトドアライフを楽しんでください。