初心者でも安心!コールマンガスランタンの点火方法をご紹介

アウトドアの夜にランタンは欠かせません。

ランタンに明かりが灯ると、キャンプの雰囲気がぐっと盛り上がります。

しかし、ランタンの使い方が難しくて、手が出しにくいという方もいると思います。

そこでおすすめなのが、コールマンのガスランタンです。

手順も非常にシンプルで、初心者でも難なく点火することができます。

今回はそんなコールマンのガスランタンについてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノーピークのほおずきとたねほおずき、使い方は自由自在!

キャンプの夜はとても暗く、普段私たちがどれほど電気に頼っているのかを実感させてくれます。星空...

ヒルバーグテントの一つ!「アトラス」はミリタリーで楽しむ

キャンプによく行く方であれば、ヒルバーグのテントを一度は使ったことがあるのではないでしょうか。...

バーベキューの食材のおいしさを左右する!炭の火起こし方法

バーベキューはキャンプの醍醐味と言っても過言ではありません。最近は、日帰りでバーベキューを楽...

キャンプでおしゃれに差がつく小物アイデアをご紹介!

アウトドアで定番のキャンプは、毎年流行を変えて進化し続けています。その中でも、おしゃれな小物...

コールマンクラシックテントはブログから伝わる可愛さが魅力

コールマンのクラシックテントをご存知でしょうか。女子キャンパーであれば、一目見るとその虜にな...

キャンプの夜を快適に!ロゴスの寝袋は連結して使おう!

キャンプの夜、快適に眠るために必要なのは「寝袋」です。寝袋は、寝心地が快適でないと翌日の体調に...

初めてのダッチオーブン!サビに強いユニフレームがおすすめ

「初めてダッチオーブンを買うけど、どれならサビないのだろう…。」と悩んでいる方はいらっしゃいません...

コールマンのテント&タープは連結方法が簡単でおすすめ!

休日にキャンプ場に行くと、たくさんのテントやタープが張られているのを見ることができます。その...

保冷保温力アップ!thermosのタンブラーに蓋をしよう!

保冷保温機能の実力が支持され、爆発的人気のthermosのタンブラーですが、別売の蓋があることをご...

コールマンのヘキサタープとは?設営方法の基本と応用

キャンプでの必需品とは何でしょう。テントやシュラフ、クッカーなど様々ありますが、中でもタープ...

アルコールバーナーはチタン一択?特性について知りたい!

アウトドアのアイテムとして、アルコールバーナーが注目されています。そのアルコールバーナーには、...

キャンプは料理が大事!夏の暑さを乗り切るキャンプ料理

夏のキャンプといえば、シーズン真っ最中、どこのキャンプサイトも賑わう時期です。下界の暑さから...

キャンプもおしゃれに楽しむ!男女別服のコーデ例をご紹介!

いざ、親しい仲間でキャンプに行くことが決まった際に、どんな服を着ていけばいいのか悩みませんか。...

バーベキューの持ち物に入れると便利なギアを徹底解説!

気候が暖かくなると、いよいよバーベキューのシーズンになります。キャンプで定番のバーベキューは...

バーベキューといえば肉!少しアレンジした肉料理をご紹介!

バーベキューの主役といったら、「肉」をあげる方が多いことでしょう。シンプルに焼いてタレをつけ...

スポンサーリンク

ランタンの種類

今回ご紹介するのがコールマンのガスランタンですが、ランタンにはガスランタンだけでなくいくつか種類があります。

まずは、そのランタンの種類をご紹介しつつ、メリット・デメリットについてもご説明していきます。

ランタンには大きく分けて3種類のランタンがあります。

それは、ガスランタンとガソリンランタンとLEDランタンの3種類です。

最初にガスランタンについて、ご説明していきます。

ガスランタンとはガスを燃料としたランタンで、ガスを利用してマントルという発光体に点火して明かりを灯します。

ガスランタンの特徴は、その燃料のガスを他のアイテムと兼用することができる点です。

アウトドアでは、様々な燃料を様々な用途に使用します。

つまり、その分荷物が多くなってしまいます。

そんな時、ガスランタンの燃料をほかのストーブやバーナーなどと兼用すれば、その分荷物を減らすことができ、さらに燃料を無駄にすることなく使うこともできます。

使用上の注意点としては、本体が熱くなるので火傷に注意が必要です。

次にご紹介するランタンは、ガソリンランタンです。

ガソリンランタンは燃料にホワイトガソリンを使うランタンのことを指します。

ガソリンランタンの特徴は、その圧倒的な光量です。

他の2種類よりも光量が強く、サイト全体を照らすことが可能です。

デメリットとしては、点火手順が複雑で、かつメンテナンスを定期的に行う必要があります。

初心者には若干ハードルの高いランタンですが、アウトドアとして活用するには非常におすすめのランタンです。

最後にLEDランタンです。

このランタンは、電池を燃料としLEDが発光して明かりを灯してくれます。

メリットは、その手軽さです。

スイッチ1つで簡単に点火するのは、非常に楽です。

デメリットとして、光量が他の2つよりも弱いところがあげられます。

3種類のランタンをご紹介しましたが、それぞれのメリットデメリットがあるので、用途や状況に合わせて、うまく使い分けることをおすすめします。

コールマンガスランタンの特徴

ここからはコールマンのガスランタンの特徴についてご説明していきます。

そもそも、コールマンとはいったいどのような会社なのでしょうか。

コールマンは、1900年頃にアメリカのオクラホマ州で創業した、ガソリン式ランプの販売を行っていた会社です。

今でも、第一線としてキャンプ業界をけん引する、キャンパーに非常に人気な会社です。

そんなコールマンのガスランタンの特徴の1つとして、その光量があげられます。

ガソリンランタンにも引けを取らない明るさをしており、車のヘッドライト程の明かりを発します。

また、ガスランタンのメリットとして、その手軽さがあげられます。

燃料がガスなので、ガソリンランタンでお馴染みの、ポンピングを行う必要がありません。

さらに、自動点火装置が備わっている種類なら、点火を行うのも非常に簡単です

初心者でも、比較的簡単に取り扱うことのできるランタンと言えるでしょう。

デメリットとして、燃料のガスカートリッジが専用のものなので、燃料代が少し高くつきます。

以前のガスランタンは、気温が低い場所では使えないこともありましたが、昨今のガスランタンは性能が良いので、気にする必要はないでしょう。

コールマンガスランタンの点火方法①(カートリッジ取り付け~マントル取り付け)

それではコールマンガスランタンの点火方法をご説明します。

まずは、燃料であるガスカートリッジをセットしてください。

カートリッジは必ず専用のものを使用するようにしてください。。

商品によっては、ガスコンロで使用するような一般的なガス缶を使える商品もあるので、事前に確認しておきましょう。

また、取り付ける時は、燃料バルブがオフになっていることを確認してから行ってください。

燃料バルブが開いた状態で取り付けると、いきなり燃料のガスが噴き出し危険なので、注意してください。

そして、ガスカートリッジを水平にしっかりと取り付けてください。

ガスカートリッジを取り付けたら、上のガラス部品のグローブを外しましょう。

ガラスでできているので、丁寧に取り扱ってください。

グローブを外したら、マントルを取り付けてください。

マントルとは、発光する合成繊維のことを指します。

マントルなしで着火すると、ただ炎が出るだけで非常に危険です。

とても重要なアイテムなので、丁寧に取り扱ってください。

マントルの取り付けが終わったら、次は空焼きについてご説明します。

コールマンガスランタンの点火方法②(空焼き)

コールマンのガスランタンの点火方法、次はマントルの空焼きです。

マントルの空焼きとは、マントルに燃料を送らないで燃やし、灰化させることを指します。

何のために空焼きをするかと言いますと、マントルには発光する繊維とそうでない繊維とが編み込まれています。

マントルに含まれる余分な繊維を焼き切り、純粋な発光する物質だけにするために、空焼きを行います。

それでは、具体的に空焼きの方法をご説明します。

まず、本体にランタンを取り付けてください。

袋から取り出したマントルは、シワがたくさん付いているので、それを均等になるように伸ばしてください。

そして、簡単にマントルが落ちないようにしっかりと強く結び付けます。

そして、余分に余った紐を切っておきましょう。

余分な紐が残っていると、空焼きした時にそれがマントルに触れて、マントルが破れてしまう可能性があります。

そこまで準備ができたら、ライターやチャッカマンなどでマントルを焼きましょう。

マントルに火をつける時は、マントルの下のほうから火をつけてください。

マントル全体が白く灰化すれば、空焼きの完了です。

空焼き後のマントルは非常にもろいので、慎重に取り扱ってください。

コールマンガスランタンの点火方法(点火方法と注意点)

コールマンガスランタンの点火方法、最後に実際の点火方法と注意点についてご説明します。

空焼きが終わったら、取り外したグローブを戻してください。

何度もご説明していますが、空焼き後のマントルは非常にもろくなっているので、慎重にグローブを戻してください。

グローブを戻したら、いよいよ点火です。

燃料調整バルブを開き、ガスの音が「シュー」っとしたら自動点火装置を押してください。

自動点火装置の備わっていない商品の場合は、フレームの底部からライターを入れ、点火してください。

上手く点火できると、灰状のマントルがオレンジ色の優しい光を発して光ります。

明るさは燃料調整バルブで調整することができます。

最後に注意点をいくつかご説明します。

ガスランタンは、燃料にガスを使用しています。

当たり前ですが、危険な使い方をすると火事になる可能性が非常に高いので、使用する際は十分注意が必要です。

ランタンの周りに可燃物を置かないようにしてください。

また、一酸化炭素中毒になる可能性もあるので、テントの中など狭い空間で使用しないようにしてください。

さらに、小さいお子さんの手の届かない位置に設置するようにしましょう。

コールマンガスランタンのメンテナンス方法

最後にコールマンのガソリンランタンのメンテナンス方法をご説明します。

ガスランタンはガソリンランタンに比べ、ほとんどメンテナンスは必要ありません。

しかし、日々のお掃除程度のメンテナンスをする方が、故障のリスクを減らし、長く愛用することができます。

キャンプで点火して使用したランタンは、虫やほこりなどの汚れが付着しています。

アルコールを含んだウエットティッシュなどを利用して、綺麗にふき取りましょう。

この時も同様に乱雑に扱うと、せっかく空焼きしたマントルが破れてしまう可能性があるので、丁寧に取り扱うよう心がけましょう。

基本的にマントルは破れない限り、ずっと使うことができるので交換はしなくて大丈夫です。

また、グローブの内部にススが付着することがあります。

それも、グローブを取り外して綺麗にふき取るといいでしょう。

また、長く使用していると、光量が弱くなったり、安定しなくなってきたりすることがあります。

そういった場合は、コールマンに修理の依頼をしましょう。

どうしても長く使用すると、ススやタール汚れがこびり付いてしまいます。

メーカーに修理を依頼すると、新品同様の輝きを取り戻すでしょう。

ガスランタンでキャンプを楽しもう

ランタンを購入したいけど、使い方やメンテナンスがよくわからない方はたくさんいると思います。

コールマンのガスランタンは初心者向けのランタンです。

点火するのにも比較的手順も簡単ですし、メンテナンスもそれほどいりません。

ランタンを購入しようかどうか迷っている方は、ぜひこちらのランタンを購入してみるのをおすすめします。