大人気コールマンのシュラフ!気になる連結方法もご紹介!

泊りがけでアウトドアに出掛けるときに、持っていくものの一つがシュラフ(寝袋)です。

快適な眠りのために、シュラフ選びは重要ですよね。

大人気アウトドアブランドのコールマンでは、様々な種類のシュラフを取り揃えています。

この記事では、コールマンのシュラフとその連結方法や洗濯方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキューコンロは小型を複数台使用するのがおすすめ!

バーベキューは、大人数でワイワイと楽しめるのが魅力です。参加人数が多くなるほど、バーベキュー...

ストーブの芯は交換したほうがいい?交換時期の目安は?

ここ近年は石油ファンヒーターが一般的に使われてきていますが、中には昔ながらの石油ストーブを使用し...

仲間とバーベキューを楽しみたい!おすすめメニューは?

週末などを利用して、気軽にバーベキューを楽しむ方が増えています。普段とは場所を変え、屋外で食...

今、チャムスのテントやタープが熱い!ブログから情報収集

キャンプをするにも、人とは違ったオシャレさを楽しみたいと思っている人は多いですよね。そこで個...

バーベキューの持ち物の準備は万全に!子供連れの必需品

子供が産まれるまでは、インドア派でアウトドアで楽しむバーベキューなどには縁がなかった方も多いと聞...

コールマンの寝袋の上手なたたみ方と使い方

キャンプの時、寝るために必要になるものと言えば「寝袋」ですよね。そんな寝袋は、使うときはいいけ...

キャンプの焚き火台は代用でOK!人気の手作り焚き火台

キャンプの醍醐味の1つとも言えるのが、焚き火ですよね。その焚き火をする上で重要となるのが、焚...

サーモスの燻製器でキャンプ料理!気になるレシピをご紹介!

キャンプの楽しみの1つに料理があります。近年キャンプ料理のバリエーションの1つとして、燻製器...

楽しいバーベキューの食材を上手に準備するためのコツとは?

家族や仲間たちとコンロを囲んで盛り上がれるバーベキューは、食材の準備が重要です。しかし、準備...

スノーピーク大人気のローチェア!気になる洗濯方法とは?

アウトドアに持って行きたいものの1つに、座り心地の良い椅子があります。ただ座ってゆっくりした...

寝心地に差がでるイスカ製マットレス!剥離する原因と対策

どんな環境でのキャンプであっても、快適な睡眠を確保することは、その後の活動に影響が出ますので重要...

ロゴスのティピーテントからキャンプとブログを始めよう!

近頃は女性の間でもキャンプが流行していて、これから始めたいと思っている方もいらっしゃると思います...

バーベキューをより美味しく楽しもう!ソースの手作りレシピ

大自然の中で肉や野菜を焼いて食べるバーベキューは、アウトドアアクティビティの代表格です。いつ...

飯盒炊飯の炊き方!コンロを使って家でもアウトドア気分!

飯盒炊飯は炊飯器で炊くよりも美味しいですよね。ですが、屋外で美味しいお米を炊くのは難しく、炊...

キャンプやバーベキューの道具を使いやすく収納しよう!

キャンプやバーベキューをするためには、いろいろな道具が必要になります。その中にはテントやター...

スポンサーリンク

3種のシュラフ!マミー型・連結方法が簡単な封筒型・ストレッチケイマン

コールマンのシュラフには、種類が3つあります。

人を型取ったような形のマミー型、封筒のような形をした封筒型、マミー型と封筒型の中間のストレッチケイマンの3つです。

保温性をより考えるならマミー型がおすすめで、ゆったりとゆとりのある寝心地を考えるなら封筒型がおすすめです。

また、マミー型と封筒型の良いところを合わせもったものがストレッチケイマンで、詳細は後述します。

この3種類のシュラフの中から、行く場所や季節などに合わせて選びましょう。

コールマンのシュラフは夏向けから冬向けまで、沢山の種類のシュラフが取り揃えてあります。

封筒型はシュラフとしてだけでなく、ジッパーを開けてブランケット代わりにもなるので、とても便利です。

封筒型シュラフを2つつなげて、大きなシュラフにできる連結方法もあります。

また、汚れてしまったら、丸洗いできるシュラフもたくさんあるので、後で細かくご紹介していきます。

暖かいコールマンのマミー型シュラフ!連結方法はある?

では、コールマンのシュラフをご紹介します。

まずはマミー型のシュラフです。

【コールマン:タスマンキャンピングマミー】

・参考価格 12,938円

・重量 3.4キロ

・使用可能温度 マイナス15度

フードを閉めることで冷気が入ってくるのを防ぎ、内側の暖かさを保持します。

使った人の感想は「0度であっても、裸で寝ることもできるほどあたたかい」など、シュラフの中はとても暖かいという感想が多くみられました。

一方で、重量が3.4キロあり、たたんでもあまりコンパクトにならないことから、「携帯性はあまり高くない」という意見も目立ちました。

次にご紹介するのが、こちらのシュラフです。

【コールマン:トレックマミー】

・参考価格 11,453〜16,793円

・重量 1.7キロ

・使用可能温度 マイナス10度

水濡れや湿気に強く、天候気にせず使える、軽量で暖かいシュラフです。

コンパクトになるので、ツーリングなどにも携帯できます。

使った人の感想は「コストパフォーマンスがよい」など、暖かいのに低価格で軽い点に魅力を感じている人も多いです。

ただ、マミータイプのシュラフは連結できません。

封筒型のシュラフは連結できるので、その連結方法は後述していきます。

コールマンのマミー型シュラフと人気のストレッチケイマン!

次にご紹介するのが、こちらです。

【コールマン:コストコ通販 スリーピングバッグ】

・参考価格 6,199円

・重量 2.5キロ

・使用可能温度 マイナス17.8度以上

マイナス17.8度まで対応している、人気の「コストコ通販」で販売しているマミー型のシュラフです。

足元にマチが付いているため、広々としていて快適に眠ることができます。

【コールマン:エッグマミー C6】

・参考価格 4,390円

・重量 1.3キロ

・使用可能温度 2度以上

形が、卵型で見た目がかわいいシュラフです。

一度温まった空気をしっかりと保温します。

実際に使った人からは「広々としていて、寝心地が良い」と好評です。

リーズナブルで気軽に丸洗いできるので、おすすめです。

次にご紹介するものは、マミー型と封筒型の中間のシュラフです。

【コールマン:ストレッチケイマン2 C5】

・参考価格 9,980円

・重量 1.25キロ

・使用可能温度 5度以上

ストレッチがかなり効いていて、マミー型シュラフ同様暖かさを逃さず、快適に眠れると好評のシュラフです。

薄手ですが、保温性にも優れています。

収納サイズもマミー型シュラフに比べて、かなりコンパクトになるので、持ち運びに便利です。

ストレッチケイマンは、マミー型シュラフの保温性と、封筒型シュラフの携帯性を持ち合わせた機能的なシュラフです。

次の項では、封筒型のシュラフとその連結方法も合わせてご紹介します。

コールマンの封筒型シュラフ!気になる連結方法とは?

次にご紹介するのが、コールマンの封筒型シュラフです。

【コールマン:コージー C5】

・参考価格 4,114円

・重量 1.75キロ

・使用可能温度 0度以上

起毛仕上げで、肌触りがとても良いです。

幅が84センチと大きく、夜を快適に過ごせます。

こちらのシリーズは、C5の他に、C10・C15と取り揃えてあり、それぞれ対応温度が違っています。

季節によって使用するシュラフを選べるのが嬉しいですよね。

続いてご紹介するの封筒型シュラフが、こちらです。

【コールマン:パフォーマーⅡ C5】

・参考価格 4,120円

・重量 1.4キロ

・使用可能温度 0度

春から秋まで幅広い季節に使用することができます。

リーズナブルで連結もでき、アウトドア以外の普段使いに使う人もいます。

広げたり、チャックを外して掛布団にしたりと色々な使い方ができるのでおすすめです。

では、このような封筒型シュラフの連結方法をご説明します。

①まず、同じモデルのシュラフを2つ用意します。

②2つとも、袋状からひろげます。

③下にシュラフを1つ、内側を上に向けて敷きます。

④その上に、もう1つのシュラフの内側を下に向けて重ねましょう。

⑤両方のファスナーを閉めます。

上記の方法で、大きな寝袋が完成します。

とても簡単なので、シュラフをより大きく使いたい人におすすめです。

大人気アウトドアブランド!コールマンのシュラフの洗濯方法①

これまで、コールマンの色々な種類のシュラフについてご紹介してきました。

封筒型のシュラフの連結方法も簡単なので、気軽に試してみてください。

さて、お気に入りのシュラフが見つかったら、そのシュラフを長持ちさせるために大切なことの1つが洗濯です。

ただ、あまり頻繁に洗濯すると劣化してしまうこともあるので、注意しましょう。

洗濯の目安は30泊から50泊と言われていますが、目立った汚れがある場合には、頻度を高めてください。

食べ物や飲み物などをこぼして放置してしまうと、カビの発生の原因になるのですぐ洗濯しましょう。

シュラフを洗う際に注意しなければならないのは、中綿の種類です。

シュラフの中綿は、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維とダウンに分けられ、化学繊維のほうが洗濯に強い素材です。

化学繊維のシュラフでも、洗濯機で洗えるものと手洗いが必要なものとがあるので注意しましょう。

まず、コールマンの化学繊維のシュラフの洗濯方法をご説明します。

①ジッパーをすべて閉じて洗濯機に入れます。

ジッパーでシュラフを傷つけないようにするため、必ず閉じてください。

②洗濯洗剤を入れてシュラフ全体を洗います。

通常の洗濯と同じ家庭用洗濯洗剤を使って、洗っていきます。

③普通の洗濯同様、洗濯・すすぎ・脱水を行います。

脱水するとき、洗濯機の洗濯槽に沿う形にシュラフを巻いて、入れてください。

③外で陰干しします。

化学繊維のシュラフは乾燥機に入れると傷んでしまうので、必ず自然乾燥させましょう。

中綿までしっかりと乾かすのに、数日から1週間かかります。

大人気アウトドアブランド!コールマンのシュラフの洗濯方法②

次に、コールマンのダウンシュラフの洗濯方法をご説明します。

ダウンシュラフは手洗い洗濯です。

①浴槽か大きなたらいにぬるま湯を張っていきます。

②ダウン用または薄めた中性洗剤をぬるま湯の中に入れて、ジッパーを閉めたシュラフを浸します。

③足で踏み洗い、押し洗いをします。

もみ洗いや絞り洗いは、シュラフを傷める原因になることがあるのでやめましょう。

足で優しく踏んでいくと、徐々にぬるま湯が汚れてきます。

④念入りにすすぎます。

ぬるま湯が濁らなくなるまで、繰り返しすすぎます。

⑤脱水します。

化学繊維のシュラフと同様、洗濯機の洗濯槽に沿う形にシュラフを巻いて、入れてください。

あまり脱水できない場合は、シュラフに含んだ水を押し出したり、バスタオルに挟んで水分を取るなどしてみてください。

⑥ダウンシュラフは乾燥機にかけられます。

コインランドリーなどの大型乾燥機だとスムーズにいくのでおすすめです。

その時ジッパーは開けてから、乾燥機に入れましょう。

コールマンのシュラフは比較的、中綿が化学繊維のものが多いので、手軽に洗濯機にで洗えるのが嬉しいですよね。

封筒型であれば連結方法も簡単で、コストパフォーマンスも高いコールマンのシュラフです。

ご自身にぴったりのシュラフを見つけて快適なアウトドアの夜を!

大人気アウトドアブランドのコールマンの色々な種類のシュラフについてご紹介しました。

一口にシュラフといっても、形や機能に違いがあります。

使う季節や目的に合わせて、好きなシュラフが選べるのが嬉しいですよね。

この記事を参考にして、ご自身にぴったりのシュラフが見つかるといいですね。