ダッチオーブンを購入したらシーズニング!ihの場合は?

憧れのダッチオーブン、購入したら使用する前にすることがあるのをご存知でしょうか。

それは「シーズニング」です。

中には、シーズニング不要のダッチオーブンもありますが、必要なものがほとんどです。

ここでは、その方法についてと、ihクッキングヒーターを使用する場合の注意点をご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキュー初心者必見!おすすめのアイテムなどをご紹介!

「バーベキューに挑戦したい!」と思っても、どんなアイテムから揃えたらいいか迷ってしまう方も多いよ...

飯盒は何であんな形なの?不思議な形の意味と歴史を徹底調査

アウトドアの醍醐味と言ったら、料理ですよね。そして、上級者の一歩と言えるのが、飯盒で炊く美味...

ストウブ鍋をアウトレットで!手に入れたら長島キャンプへ!

手軽でお手入れが簡単、さらに、ダッチオーブンに匹敵する性能から、キャンパー達にも大人気のストウブ...

ダッチオーブンをニトリで安く購入しシーズニングをしよう!

ダッチオーブンと言えば、アウトドア料理に美味しさと楽しさをもたらす定番キャンプアイテムですよね。...

バーベキュー用テーブルを使って4つのスタイルを楽しむ!

キャンプの楽しいひととき、特にバーベキューはハイライトですよね。バーベキューのスタイルはいく...

楽しいバーベキューの食材を上手に準備するためのコツとは?

家族や仲間たちとコンロを囲んで盛り上がれるバーベキューは、食材の準備が重要です。しかし、準備...

人気ブランド!モンベルが主催するイベントと口コミをご紹介

近年、アウトドアに出掛ける人が増加しています。都会での生活から離れ、週末は積極的に自然と触れ...

バーベキュー用の鉄板を快適に使用するためのお手入れ方法!

バーベキューでの鉄板料理は、とても魅力的ですよね。ステーキやホルモン焼き、定番の焼きそばなど...

スノーピークのシェルターを組み立ててお披露目しよう!

スノーピークのシェルターは人気がありますが、その理由の1つに初心者向けのラインがあり、扱いやすいと...

夏キャンプを快適に!しっかりと虫対策してから出かけよう!

夏の楽しみといえば、キャンプですよね。しかし、中には「キャンプはしたいけど、虫が苦手…」とい...

ストウブで炊いたご飯がくっつく問題!対策を知り再度挑戦!

ストウブ鍋でご飯を炊いた経験はありますか?「ストウブで炊いたご飯は本当に美味しい!」と言われ...

コールマンのガソリンランタンを長持ちさせる使い方

コールマンのガソリンランタンはその歴史も古く、キャンプ用品の中でも長く愛されています。そんなガ...

ツーバーナーを使いこなす!コールマン火器はポンピングが鍵

オートキャンプの必需品ともいえる、コールマンのツーバーナー。家庭用の二口コンロのように扱えるた...

スノーピークのペンタシールドとは?魅力をブログから分析!

スノーピークは国産のアウトドアブランドで、その丁寧な商品作りとユーザー目線のサービスに定評があり...

大人気コールマンのガソリンランタン!つけ方をご紹介!

キャンプやアウトドアで夜を過ごすには、明かりが必要不可欠です。アウトドア用の懐中電灯が多く販売...

スポンサーリンク

ダッチオーブンのシーズニングに必要なもの

ダッチオーブンを購入して最初にすることは「シーズニング」と呼ばれる作業です。

これは新品のダッチオーブンのワックスを剥がし、油をなじませる作業になります。

ここでは、そのシーズニングに必要なものをご紹介します。

・キッチン用中性洗剤

錆止め用に塗られているワックスを剥がすために使用します。

食器などを洗う一般的なキッチン用洗剤で問題ないでしょう。

・亀の子たわし

こちらもダッチオーブンに塗られているワックスを落とすのに使用します。

ダッチオーブンを傷つけてしまう可能性のある金たわしはNGです。

お湯を沸かしながら使用するので、持ち手があるものを用意しましょう。

・油

ダッチオーブンに馴染ませる油です。

酸化しにくいオリーブオイルがオススメです。

・キッチンペーパー

ダッチオーブンに油をなじませる際に使用します。

・香味野菜

ダッチオーブンの鉄臭さをとるために炒めます。

あえて購入しても構いませんが、皮やヘタなど生ごみとして処理するくず野菜でも問題ありません。

生姜、ニンニク、みょうが、長ネギ、玉ねぎ、にんじん、セロリなどを用意しましょう。

・熱源(ガスコンロ・ihクッキングヒーター・焚火)

ダッチオーブンでお湯を沸かしたり、空焚きするときに使用します。

ihクッキングヒーターやガスコンロ、焚火で対応するようにしましょう。

また、カセットコンロはガスボンベに熱が伝わる可能性があり危険ですので、使用は避けましょう。

ダッチオーブンのシーズニング手順

必要なものを準備したところで、早速、ダッチオーブンのシーズニングをしていきましょう。

方法はihも同様の方法になります。

①洗剤で洗う

中性洗剤とたわしを使用して、ダッチオーブン全体を洗っていきます。

②水を沸騰させる

ダッチオーブンに水をいっぱいまで入れて、蓋をして沸騰させます。

ダッチオーブンに脚がついていないものであれば、ihクッキングヒーターでも対応可能です。

③空焚きをして乾かす

ダッチオーブン内のお湯を捨てて、空焚きをし、乾かしていきます。

蓋も同様に火にかけて乾かしていきますが、平らではないため、ihクッキングヒーターでは対応不可となります。

④油を塗り空焚きする

蓋や本体の外側も含め、ダッチオーブン全体に油を塗っていきます。

キッチンペーパーなどを使用して、全体に薄くのばし、空焚きしていきます。

焼くことにより、だんだんダッチオーブンの色が変わってきます。

この作業を3回ほど繰り返し行います。

⑤香味野菜を炒める

ダッチオーブンの鉄臭さをとるために、香味野菜を炒めます。

蓋の上でも同様に炒めていきます。

⑥お湯で洗う

熱いダッチオーブンに水を使用すると、急激に冷やされて割れてしまう可能性があるので、『お湯』を使用するのがポイントです。

洗剤は使用せずに、お湯のみでたわしでこすり洗いをしていきます。

⑦火にかけて乾燥させる

再び火にかけて空焚きをし、乾燥させます。

水分が残っていると錆の原因となりますので、しっかりと乾燥させましょう。

⑧油でコーティングする

再度、油を全体に薄く塗り、火にかけます。

その後、そのまま自然に冷めるのを待ちます。

これでシーズニングは完了です。

シーズニングにはいろいろな方法がありますので、これは一例となります。

ダッチオーブンのシーズニング!ihの場合の注意点

一般的なダッチオーブンのシーズニングについて説明したところで、ihクッキングヒーターの場合の注意点について、ご説明します。

まず、脚付きのダッチオーブンはihクッキングヒーターでは使用不可となります。

ダッチオーブンを購入する際は、脚の付いていない底が平らなもので、ihクッキングヒーター対応可能なものを選ぶようにしましょう。

ただし、自宅で使用しない場合や、シーズニングもアウトドアで行う場合は例外です。

アウトドアでシーズニングを行う場合の熱源は、バーナーやBBQコンロ、焚火台を利用して行うため、脚付きでも大丈夫です。

しかし、自宅にihクッキングヒーターしかない場合は、脚付きは使用できないため、購入する際はお気をつけ下さい。

また、ihでシーズニングをする際は、かなりの時間がかかります。

そのため、できることならカセットコンロの方が良いでしょう。

しかし、カセットコンロでも時間がかかるため、ダッチオーブン対応可能なツーバーナーなどを利用するのが望ましいです。

しかし、バーナーでシーズニングを行う場合、通常の使用よりも長時間の利用となるため、多くの燃料が必要となります。

この点を考慮して、シーズニングに使用する場合際のコンロを考えると良いでしょう。

ダッチオーブンの選び方

ダッチオーブンの材質には主に2種類あります。

・鋳鉄製

鋳鉄は、スキレットや鉄鍋に使われているお馴染みの素材です。

きっと、ダッチオーブンといえば、鋳鉄製をイメージする方が多いと思います。

シーズニングが必要となりますが、使い込めば使い込むほど黒錆びが起きて、強火や空焚きをしてもテフロンのようにくっつきにくくなります。

価格もどちらかと言えば安価です。

しかし、基本的にはihクッキングヒーターは使用不可となります。

中には、シーズニング不要でihクッキングヒーター対応可能なものもあります。

・ステンレス製

最近では手入れの簡単なステンレス製のダッチオーブンも販売されています。

シーズニングも不要でメンテナンスが鋳鉄製に比べて圧倒的に簡単です。

高価格ではありますが、ihクッキングヒーターも使用可能です。

・他の素材

メインの鋳鉄製とステンレス製に比べると種類は少なくなりますが、他の素材のものもあります。

シーズニングは不要でも、洗剤使用とihクッキングヒーターに対応可能な「黒皮鉄板製」、遠赤外線効果でムラなく仕上がる「カーボン製」、鋳鉄よりも強度が増した「ダクタイル鋳鉄製」があります。

上記のように、様々な素材のものがありますので、使用頻度や使用環境によって選ぶようにしましょう。

自宅のコンロがihの場合にオススメのダッチオーブン3選

ダッチオーブンの素材についてご説明したところで、自宅のコンロがihクッキングヒーターの場合にオススメなダッチオーブンをご紹介します。

【LOGOS(ロゴス):SLダッチオーブン10inch・ディープ(バッグ付き)】

参考価格:7,900円(税別)
総重量:(約)5.5kg
サイズ:(約)26×13.5cm
内寸:(約)23.7(21)×10.5cm
収納サイズ:(約)30.5×17.5cm
主素材:鋳鉄、ポリエステル

鋳鉄製だがihクッキングヒーター対応で、シーズニング不要!

すぐに使用可能です。

【SOTO(ソト):ステンレスダッチオーブン10インチ ST-910】

参考価格:20,000円(税別)
総重量:約4.9kg
サイズ:幅36.5×奥行28×高さ16cm
内寸:直径25.9×深さ11.5cm
主素材:ステンレス(底網:ステンレス)

シーズニング不要、洗剤使用OK、ihクッキングヒーター対応可能です。

衝撃や錆にも強く、ステンレス製のメリットを詰め込んだ一品です。

【UNIFLAME(ユニフレーム):ダッチオーブンスーパーディープ10インチ】

参考価格:14,600円(税込)
総重量:約5.8kg
サイズ:約26×11cm
主素材:黒皮鉄板

シーズニングは必要ですが、ihクッキングヒーター対応可能です。

お手入れ簡単で、錆びにくく、衝撃にも強い黒皮鉄板製です。

ihクッキングヒーターでも可能!ダッチオーブンで無水カレー!

シーズニングが終わったらダッチオーブンを使用して早速調理をしてみましょう。

ここでは自宅のihクッキングヒーターでも調理可能な無水カレーをご紹介します。

【材料】

・トマト:4個
・たまねぎ:2個
・鶏もも肉:400g
・生姜:1/3個
・にんにく:3かけ
・カレールー:適量
・クミンシード:適量
・ご飯:3合

【作り方】

①食材をカットします。

トマトは水分が出てしまわないように大きめの角切りにします。

玉ねぎは薄くスライスします。

②にんにく、生姜をすりおろします。

にんにくと生姜をすりおろします。

あらかじめすりおろしたチューブタイプのものを使用しても問題ありません。

③ダッチオーブンでクミンシードを炒めます。

ダッチオーブンを温めて油を入れ、クミンシードを弱火で炒めます。

油にクミンシードの香りを移していきます。

④にんにく、生姜、たまねぎを炒めます。

ある程度クミンシードを炒めたら、にんにくと生姜を入れて炒めます。

焦がさないように弱火で混ぜながら炒めていきましょう。

その後、あまり時間をおかずにたまねぎを入れて炒めます。

⑤鶏肉とトマトを入れて炒めます。

たまねぎがしんなりとしてきたら、鶏肉を入れて炒めます。

鶏肉の色が変わったら、トマトを入れ、ヘラでトマトをつぶしながら炒めます。

トマトをつぶすと、水分がどんどん出てきます。

⑤蓋をして煮込みます。

蓋をしてグツグツと20~30分ほど煮込みます。

ときどき蓋を開けて水分量を確認しましょう。

⑥カレールーを入れてさらに煮込みます。

味見をしながらカレールーを入れてさらに10~15分ほど、蓋をして煮込んだら完成です。

煮込み料理は上火が不要なため、自宅でも簡単にチャレンジすることが出来ます。

ぜひぜひお試しください。

ダッチオーブンを手に入れるとお料理の幅が広がります

いかがでしたか?

ダッチオーブンについてご理解いただけたでしょうか。

今はシーズニング不要でお手入れの楽なものがたくさん販売されていますし、今までなかなか手を出せなかった方も、自宅の環境であきらめていた方も、ハードルが低く感じられたのではないでしょうか。

ダッチオーブンを手に入れると圧倒的にお料理の幅が広がり、アウトドアクッキングも楽しくなります。

アウトドアではぜひ、上火を使った料理にチャレンジしてみてください。

簡単でインスタ映えするお料理を作ることが出来ますよ。