人気ブランドモンベルのミニタープと気になる評価をご紹介!

アウトドアでタープを使用する人が増えてきています。

しかし、ソロキャンプや少人数のキャンプには、通常の大きさのタープは大きいので、なかなかもっていけないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今日ご紹介するのが、手軽に持ち運びのできるミニタープです。

この記事では、モンベルのミニタープを中心に、その評価もご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

涼しく快適なコールマンのオアシススクリーン!設営方法は?

テントは今やアウトドアだけでなく、ピクニックやビーチ、運動会などさまざまなシチュエーションで使用...

初心者でも大丈夫!上手なタープとテントの張り方

アウトドアのベテランさんなら、タープやテントを張るのは朝飯前かもしれません。ですが、これからア...

ゴアテックスの洗い方とは?ノースフェイス製品は洗えるか?

「ゴアテックスは洗うと撥水性が落ちる」そんな話を聞いたことがありませんか?様々なアウトドア...

パタゴニアのアウトレットが目白にも!?全国の店舗もご紹介

アウトドアブランドの中でも、高い人気のある「パタゴニア」。パタゴニアの製品は高品質なため、価...

バーベキューで使える着火剤!おすすめの商品などをご紹介

バーベキューはどんな食材もおいしく調理することができ、にぎやかで楽しいですよね。しかし、バー...

キャンプ好き必見!九州の釣りが出来るキャンプ場をご紹介!

みなさんは、キャンプの時に釣りはしますか?自分たちで釣った魚を、キャンプ場で食べられるなんて...

廃盤のスノーピーク「トルテュpro」ブログでの評判は?

多くのアウトドアファンから親しまれていたスノーピークの「トルテュpro」が、残念ながら2018年...

ストウブ鍋敷きを手作り!ハンドメイドアプリの商品にも注目

ストウブ、使ってますか?購入するときに専用の鍋敷きをご覧になった方もいるかもしれませんが、手作...

コールマン・アテナをおすすめするブログから魅力を探ろう!

ファミリーや大人数でキャンプを楽しむなら「2ルームテント」がおすすめです。そのなかでも、...

ダナーのコンバットハイカーの正しい手入れ方法を覚えよう!

質の良い登山靴をせっかく気に入って購入しても、正しい手入れ方法を覚えていないと、残念ながら長持ち...

便利なコールマンのレジャーシート!その特徴とたたみ方は?

レジャーシートは、ピクニックや運動会などで欠かせないアイテムです。1枚さっと敷けば、すぐに寝...

キャンプの持ち物リストとは?子連れの必需品をチェック!

ご家族で自然を感じながら、ゆったりとした時間を過ごすのにキャンプはピッタリです。しかし、子連...

バーベキューを楽しめる!盛り上がり必至のおもしろグッズ!

仲間で集まって行うバーベキューはとても楽しいものですよね。わいわいと火を囲みながら美味しいご...

ユニフレームのライスクッカーで作ろう!野外での米の炊き方

キャンプで食べる食事の醍醐味といえば、飯盒炊爨(はんごうすいさん)ですね。しかし、飯盒炊爨では...

ガスのコンロがつかない!カチカチなっているけど何が原因?

キャンプやバーベキュー、もしくは自宅のガスコンロで火がつかないとき、どうしていますか?「カチ...

スポンサーリンク

大人気!モンベルの2種類のミニタープ!

国内最大のアウトドアブランドモンベルでは、様々なアウトドア商品を取り扱っています。

日本で誕生したモンベルでは、日本の風土に合わせた商品を開発、販売し、機能美と軽量を追及していることでも知られています。

そんなモンベルでは、色々な種類のタープを取り揃えています。

タープというと、「大人数で使うもの」という印象があるますが、ソロキャンプや親子キャンプにぴったりのミニタープがあるのをご存知でしょうか。

小型テントと組み合わせて設営ができ、快適なキャンプを楽しむことができます。

また、山や木が多い狭い場所でも設営できるので、とても手軽に使用することができます。

モンベルのミニタープには、2種類あります。

まずご紹介するのが、こちらです。

【モンベル:ミニタープHX】

・参考価格 7,700円(税抜き)

・重量 640グラム

こちらは、2人から3人に丁度良いサイズで人気のミニタープです。

居住空間に余裕があり、ゆったりと過ごせます。

実際に使ってみた人は、「3人で使うのにちょうど良い」「張っても場所を取らずコンパクトに使える」など、高評価が見られました。

次にご紹介するのが、こちらです。

【モンベル:ミニタープ】

・参考価格 6,600円(税抜き)

・重量 390グラム

ソロキャンプにぴったりのミニタープです。

モンベルの人気テント、【ムーンライト1型・2型・3型】と組み合わせて設営するのにぴったりの大きさです。

1人で使うには、十分なスペースがあります。

大人気!モンベルのミニタープ!その魅力とは?①

続いて、ご紹介したモンベルの2種類のミニタープの魅力をみていきましょう。

●収納がコンパクト

登山やトレッキングなどに出掛けるとき、バックパックに収納するのはもちろんのこと、、ツーリングや自転車に出掛ける時にも最適のサイズです。

少し大きめの「ミニタープHX」でも、収納時は24センチになり、ポール(別売り)も折りたたむと40センチです。

バスや車での移動の場合でも、簡単に持ち運ぶことができるので便利です。

また、テント、タープ、バーベキューセットなどのアウトドア用品は、「使わない時期の収納場所に困る」という声も多く聞きます。

しかし、ミニタープはかなりコンパクトになるので、そんな心配もいりません。

使っている人にも「本当に場所を取らずに収納ができる」、「収納時350ミリリットル缶程度」など、大変評価されています。

大人気!モンベルのミニタープ!その魅力とは?②

●軽量で設営が簡単

持ち運ぶときも、保管する時も場所を取らないモンベルの「ミニタープ」と「ミニタープHX」ですが、軽量でもあります。

アウトドアでは、バックパックなどに入れて持ち運ぶので、軽量性も本当に大切になってきますよね。

ソロキャンプや女性にも、簡単に持ち運べ、荷物を軽量化したい人にもぴったりです。

また、設営方法がとても簡単です。

張り方は、ポールを使用してタープを立てて、ロープを張るだけなので、女性でも簡単に設営できます。

「サイズが小さいので、片付けも一人で簡単に出来る」との評価が多いです。

設営の不安が無いのは、アウトドアをする人にとって、とても重要ですよね。

●耐久性に優れた品質

ミニタープに限らず、モンベルのタープは素材にこだわっています。

耐水性に優れた素材を使っているので、多少の雨であれば十分に対応できます。

耐水性に加えて、燃えにくい加工がしてあります。

生地に直接火が付いてしまっても、燃え広がらず、自己消化するシステムになっているので安心です。

また、タープとポールを結合させるのにステンレス金具を使っているので、生地に負担が少ないです。

最高品質の商品を提供し続ける、モンベルの工夫をこらした素材です。

ミニタープとミニタープHXの違い!ミニタープHXが評価される理由とは

モンベルの「ミニタープ」と「ミニタープHX」の違いは、大きさ、重量だけでなく形です。

「ミニタープ」が四角形なのに対して、「ミニタープHX」は六角形です。

形を六角形にすることによって、四角形より大きな空間を作ることができます。

また、その形を利用して片側だけ低く張ると、風を防ぐこともできます。

アウトドアで木の多い場所だと、木を利用して日よけの面積を大きくとることもできるので、やり方次第でより快適な場所をご自身で確保できます。

「息子と2人でキャンプに行くために購入し、2人用のテントで小川張りをしたが大満足のサイズ感」との好評価もありました。

小川張りとは、テントとタープの境目をなくした便利な設営方法のことで、このような使い方をする人も増えています。

アレンジを色々と楽しめるのも、「ミニタープHX」の評価が高い理由の一つです。

洗濯方法も簡単!評価の高い大人気モンベルのミニタープ!

テントやタープなど、お気に入りの商品と出会ったら、長く使いたいですよね。

長く使用するためには、洗濯してしまうと、逆に良くないと感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、使用後そのままにしてしまうと、本来の効果を維持することが困難になってしまうのです。

ミニタープを長持ちさせるための、方法の1つは洗濯です。

これらは普通のタープと違って、小さいので洗濯が楽です。

洗濯手順をご紹介していきます。

1.お風呂場などで、内側を上にしてミニタープを広げます。

2.内側の洗いとすすぎを行っていきます。

汚れがひどい箇所には、洗剤を付けてこすり洗いをした後、十分にすすぎましょう。

3.表裏を逆にします。

外側を上にして、ミニタープを広げます。

同様に洗って、十分にすすぎましょう。

4.風通しの良い日陰に広げて、乾燥させます。

しっかり乾いたら、タープのコーティング部分が内側にくるようにたたんで収納しましょう。

長く使うためにも、メンテナンスは重要になってきます。

簡単なので、ぜひやってみてください。

軽量で、コンパクト、さらにメンテナンスも簡単なモンベルのミニタープですが、ポールが別売りです。

「コンパクトで持ち運びしやすい」と評価が高い、ポールについて後述していきます。

軽くてコンパクトと高評価!モンベルのミニタープ用ポール

では、ミニタープに必要なポールをご紹介していきます。

【モンベル:アルミミニタープポール165】

・参考価格 2,096円(税抜き)

・重量 270グラム

上記した通り、収納時の全長が約40センチなので持ち運びにも大変便利です。

軽量でコンパクトな分、ツーリングや登山などに適しているようです。

「ハードな使い方や、ポールの強度が大事になってくる場合には注意が必要」との評価もありました。

風が強いときなどは、注意が必要です。

他には、「設営が簡単で片付けも非常に楽」と、気軽に使える点を評価している感想が多く見られました。

次に、ポールを活用した広い空間づくりの仕方をご紹介します。

ポールを両端に立てて、ロープを張ってテントを設置すると、少人数用のミニタープでも十分な広さの空間を作ることができます。

サイド周囲の視線をほどよく遮れるので、キャンプでのんびり過ごすときなどに、最適です。

また、日差しが強い場所では、サイドを低く設置することによって、日焼け防止や風よけにもなるので、ぜひお試しください。

気軽に試せるミニタープ!用途に合わせてぴったりのものを見つけよう!

モンベルのミニタープについて、色々とご紹介しました。

機能的でありながら、低価格なので、気軽に試せるのがいいですよね。

後はソロで使用するか、数人でしようするかによって、どちらを選ぶかが決まってきます。

この記事を参考にして、皆さんのアウトドアがより快適なものになるといいですね。