ユニフレームのダッチオーブンはお手入れ簡単&頑丈!

ダッチオーブンが欲しいと思っていても、鉄製の調理器具はお手入れが面倒というイメージがあってなかなか手が出ません。

しかし、ユニフレームのダッチオーブンでしたら、その悩みを解決してくれるかもしれません。

「お手入れ簡単で頑丈」と、欲しい機能がぎゅっと詰まったダッチオーブンなんですよ。

ユニフレームのダッチオーブンがどのように素晴らしいのか見てみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コールマンガソリンランタンを愛用!修理・お手入れ法!

コールマンのガソリンランタンは非常に魅力的です。アウトドアでこのアイテムを1つ持っていくだけ...

大活躍!スノーピークのタープ『ポンタ』の張り方とその実力

スノーピークと言えば、タープやテントをはじめ、ランタンやバーナーなどでも有名な日本のアウトドアメ...

キャンプ初心者は道具選びが重要!選び方のポイントをご紹介

テントにテーブル、バーナーなど必要最低限のものを揃えるだけでも、かなりのお金がかかるキャンプ。...

ジェットボイルシリーズ最小のzip!点火方式にはご注意を!

モンベルから販売されているジェットボイルシリーズは、最小限の燃料で高速にお湯を沸かせるため、アウ...

サーモスが臭う!?パッキンや飲み口に付く臭いの原因とは

キャンプや登山といったアウトドアでは水分補給が必須になります。このようなときにサーモスのよう...

ヒルバーグのテント「ウナ」の魅力とブログでの評価をご紹介

テント泊登山用ソロテントを購入する際、「ヒルバーグ」が候補に挙がる方も多いのではないでしょうか。...

プリムス等のOD缶に他のCB缶・OD缶からガスを詰め替える方法

プリムスやスノーピーク等から販売されているOD缶は、アウトドアで非常に便利なガス缶です。アウ...

コールマンのアテナシリーズはなぜ人気?設営方法は?

コールマンは有名なアウトドア用品専門のブランドです。キャンパーでなくとも、1度は聞いたこ...

スノーピークのチタンマグカップ!機能や利点、蓋について

アウトドアを始めるのに特別な道具は必要ありませんが、道具から始めるというのもおすすめです。ま...

初キャンプ!どんなギアが必要?ブログでのおすすめとは?

初めて泊りがけでキャンプに出掛けるとき、どのようなキャンプギアを揃えたらいいか困ることがあるかも...

カビを防いで清潔に!キャメルバックのボトル分解清掃の仕方

サイクリストに愛用されているキャメルバック。非常に耐久性に優れており、簡単に素早く水分補給が...

バーベキューの火起こしをお手軽にするおすすめガスバーナー

バーベキューの火はどのように起こしていますか。新聞紙などを燃やして種火を作り、薪をくべている...

アウトドア料理!ルクルーゼとストウブでブログ向きなのは?

ルクルーゼやストウブは、普通の鍋よりも重いですが、料理を美味しくしてくれて、アウトドアでも大活躍し...

こだわり派におすすめのアルコールストーブ!その燃費は?

昨今のアウトドアシーンではガスやガソリンを使うストーブが主流ですが、あえてアルコールストーブを使...

ソロキャンプやソロバーベキューに持っていきたい軽量な道具

近年はソロキャンプやソロバーベキューが流行しています。車やバイクはもちろん、電車でも出かけら...

スポンサーリンク

お手入れ簡単なユニフレームのダッチオーブン

初めてダッチオーブンを買うとなると、どこのメーカーのものを選べば良いのか迷いますよね。

キャンプだけでなく自宅でも使えるものが良いし、お手入れも簡単なものが良いし、と欲張りなことも考えてしまいます。

しかし、そんな欲張りさんが満足するダッチオーブンがあります。

ユニフレームのダッチオーブンです。

ユニフレームのダッチオーブンはほかのブランドとはひと味違います。

一般的に、黒い鋳鉄製のダッチオーブンは、溶かした鋳物素材を型に流し込んで成型します。

しかしユニフレームのダッチオーブンは、黒皮鉄板という一枚の鉄板を鍋状にプレスして成型して作られています。

鉄を1200℃ほどの高温で成型すると、温度が下がるときに表面が酸化変質を起こして皮膜が作られます。

この酸化皮膜が黒皮です。

この黒皮によって、普通の鉄製ダッチオーブンのように赤さびが発生してしまったり焦げ付いたりが少なくなり、お手入れがとても楽なのです。

そのため、初心者でも扱いやすく、初めてのダッチオーブンにおすすめなのです。

黒皮鉄板ダッチオーブンはお手入れが楽!

お手入れが簡単と言われているダッチオーブンですが、具体的にユニフレームのダッチオーブンの特徴をお話ししていきます。

前項で黒皮鉄板で作られていることはお話ししましたね。

この黒皮鉄板がスーパー素材なのです。

通常、アウトドアで使用する鉄製ダッチオーブンは焚き火などの強い火力で調理をするため、焦げができやすいものです。

その焦げを落とすためにたわしなどでこすったりすると、表面の塗装が剥げてさらに焦げやすくなってしまうという悪循環が生まれます。

また、普通の鉄製ダッチオーブンは油を染み込ませることで焦げにくく使いやすくなるため、洗剤を使って洗うことができません。

しかし、黒皮鉄板の酸化皮膜は、塗装されているわけではなく、表面素材そのものなので、金たわしでこすっても洗剤で洗っても剥がれることはありません。

この黒皮鉄板のダッチオーブンは家庭用洗剤で洗うこともできるのです。

使ったあとのお手入れは、洗剤で洗って乾かして、薄く油を塗るだけです。

黒皮鉄板の酸化皮膜が表面を保護してくれるため、赤さびも発生しにくくなっています。

ただ、錆びないということではありませんので、お手入れは必要になります。

頑丈さや精密さもユニフレームダッチオーブンの魅力

「頑丈で精密である」こともユニフレームのダッチオーブンの特徴です。

まず、頑丈という部分です。

ユニフレームのダッチオーブンは、一枚の黒皮鉄板をプレスして作られています。

そのため、強い衝撃や急激な温度変化にも強いです。

一般的な鋳鉄製のダッチオーブンはヒートショック(急加熱・急冷却)に弱く、割れてしまうことがあります。

しかし、ユニフレームのダッチオーブンは一枚の鉄板から作られているため、割れにくい強靭なボディを持っているのです。

そして、精密であるという部分も大きな特徴です。

一枚の鉄板を機械でプレスして作りますので、本体とフタの加工精度がとても高くなっています。

フタがピッタリとはまっていることで、しっかりと密閉されて中の食材に均一に圧力をかけることができます。

また、効率的な熱伝導により、食材にムラなく熱を通すことができます。

もうひとつ、ユニフレームのダッチオーブンの素晴らしいポイントがあります。

それは、家庭でも使えるということです。

ユニフレームのダッチオーブンは脚がありません。

つまり、底がフラットです。

そのため、焚き火や炭火だけでなくツインバーナーやガスコンロでも使えるのです。

さらに、IH対応のためオール電化のシステムキッチンで使うこともできます。

さまざまな熱源に対応しているため、キャンプだけでなく家で使えるのもうれしいポイントですよね。

「お手入れが簡単で、頑丈、精密、家でも使える」という性能が揃ったユニフレームのダッチオーブンは「買い」であることに間違いありません。

初めて使うときはシーズニングというお手入れが必要

ユニフレームのダッチオーブンは使ったあとの面倒なお手入れはありませんが、初めて使うときはシーズニングが必要になります。

シーズニングといっても難しい作業はありません。

新品に処理されているクリアラッカーを取り除いて、油を馴染ませるという工程になります。

①本体とフタをコンロで熱し、煙が出るまで加熱します。

フタは内側を焼けばOKです。

これでクリアラッカーを焼き切ります。

②煙が出なくなったら、食用油でくず野菜を炒めます。

これで鉄臭さを取り除いて油を馴染ませます。

このとき炒めた野菜を食べることはできませんので、必ずくず野菜を用意してください。

③冷めたら洗剤で洗って乾燥させ、食用油を薄く塗ってシーズニング完了です。

クリアラッカーは特殊なワックスで、これを取り除かないまま調理してしまうと料理に独特のにおいが付いてしまいます。

これは毎回行う必要はなく、新品を初めて使うときのみやれば良いので、そんなに面倒な作業ではありませんよね。

購入したら、必ず行ってくださいね。

ユニフレームのダッチオーブンは3サイズ+限定1サイズ

ユニフレームのダッチオーブンは、3種類のサイズ展開があります。

ただ、2018年限定で「6インチ(約15㎝)」という小さめダッチオーブンが販売されていますので、欲しい人は早めに手に入れてください。

▲ダッチオーブンスーパーディープ 6インチ(2018年限定商品)

【サイズ】

鍋径:約15.0×7.7(深さ)cm

【重量】

約1.8kg

小ぶりなので、お手入れもしやすく家でも使いやすいサイズです。

ソロキャンプや自宅でのパーティに、活躍してくれることでしょう。

▲ダッチオーブンスーパーディープ 8インチ

【サイズ】

鍋径:約20.5×9.5(深さ)cm

【重量】

約4.2kg

2~3人分の料理にちょうど良いサイズです。

揚げ物や炒め物にも使えます。

もうひとつ買い足したいというときにも選ばれています。

▲ダッチオーブンスーパーディープ 10インチ

【サイズ】

鍋径:約26.0×11(深さ)cm

【重量】

約5.8kg

家族や仲間で使うときにちょうど良いサイズです。

一般的にダッチオーブンというと、このサイズが思い浮かべられると思います。

深さもあるため、さまざまな調理をこれ一台でこなすことができます。

このサイズを持っておけば、ほとんど困ることはないでしょう。

▲ダッチオーブンスーパーディープ 12インチ

【サイズ】

鍋径:約30.5×13(深さ)cm

【重量】

約8.8kg

いちばん大きなサイズで、大人数や豪快な料理に向いています。

丸ごとローストチキンやローストビーフなど、SNS映えする料理が作れますよ。

ユニフレームのダッチオーブンで気になる色の変化

ユニフレームのダッチオーブンは、通常の鉄製ダッチオーブンとは違い、使い込むうちに一部が灰色になることがあります。

まるで塗装が剥げてしまったかのように見えますが、違います。

実は、黒皮鉄板は「灰色もしくは青黒色」をしているため、黒皮鉄板本来の色が出てきただけなのです。

そして、黒くなる部分が出てくることもあります。

これは、クリアラッカー皮膜が残っている部分です。

使っていくうちに、自然に剥離・摩耗していきます。

また、クリアラッカー塗装は食品衛生法に適合する塗装ですので、衛生上問題はありません。

使っていくと一部が黒くなったり、灰色になったりするので、まるで塗装が剥げてしまったかのように見えますが、黒皮の皮膜が剥がれたわけではないため安心してください。

この状態で使っても大丈夫です。

気になるようでしたら、お手入れにシーズニングを取り入れてみてください。

ダッチオーブンひとつで広がるレシピ

ユニフレームのダッチオーブンは自宅でも使えるというのはうれしいポイントですが、何よりもキャンプ料理がおいしく作れることが第一ですよね。

ダッチオーブンの魅力は、焚き火や炭火を使って、上火と下火の強い火力で作る料理です。

ダッチオーブンがひとつあれば、キャンプめしのレパートリーが無限に広がります。

キャンプならではの力強い料理を作ってみてください。