安くて高品質ヨーレイカのテント!サンドームテントの魅力

アウトドアには、欠かせないキャンプテントですが、日本にも色々な種類のテントがあります。

ここでは、その中でも、歴史の長いブランドEureka!(ヨーレイカ)の商品と、90年代大流行したサンドームテントをご紹介します。

また、初心者向けのテントも併せてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トランギアのフューエルボトルが便利!ガソリンは携行可能?

キャンプでは、ランタンやバーナーなどの火器を持参することで快適に過ごすことができます。野外で...

オリジナル!サーモスの水筒カバーを手作りしちゃおう!

水筒を毎日持ち歩くことは、今では珍しくありませんよね。中でもサーモスの水筒は、軽くて保温保冷性...

ロゴスのシュラフは入門におすすめ!使い方やたたみ方解説!

アウトドアを始める時にまず購入するであろう物と言えば、シュラフだと思います。キャンプで一夜を...

こんなバーベキューコンロにも注目!アメリカンな丸型コンロ

普段バーベキューをするときには、ホームセンターなどで購入できる長方形のコンロを使うことが多いと思...

バーベキューの持ち寄り食材とは?おすすめのレシピをご紹介

複数人でバーベキューをする際には、参加する方がそれぞれ食材を持ち寄るということが多いのではないで...

知らないと危険!コールマンのガス缶の処理と捨て方とは?

キャンプでランタンを灯しながら、バーベキューやキャンプならではの料理を堪能して、楽しい時間を過ご...

ダッチオーブンといえばユニフレーム!お手入れもラクチン!

ユニフレームはアウトドア用品のメーカーで、特に調理器具には定評があります。そのユニフレームが...

故障したコールマンのバーナーを修理して復活させる方法!

長年愛用しているコールマンのバーナーが故障して、諦めている方はいませんか?実は、コールマンの...

ストウブとルクルーゼの特徴は?ご飯を炊く方法が知りたい!

「ストウブ」と「ルクルーゼ」、キャンプ好きなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。...

ロゴスのカマドで料理をしよう!おすすめレシピ5撰!

その多機能さで有名なロゴスのカマドを、既に購入した方も多いかもしれません。BBQからオーブン...

トランギアのケトルは機能性もスタッキング性も優秀!

トランギアのアイテムは、無駄な装飾がありませんがその武骨さがかえってカッコよくおしゃれです。...

コンロの火がつかない時のチェック箇所!症状は両方?片方?

料理をしようと思ったら「コンロの火がつかない」なんて体験をしたことはありますか?故障かなと慌て...

バーベキューの持ち物の準備は万全に!子供連れの必需品

子供が産まれるまでは、インドア派でアウトドアで楽しむバーベキューなどには縁がなかった方も多いと聞...

バーベキューを楽しもう!必要なものって?定番食材は?

春・夏といえば、バーベキューの季節ですよね。しかし、お呼ばれされたことはあっても、自分でした...

ガスのコンロがつかない!カチカチなっているけど何が原因?

キャンプやバーベキュー、もしくは自宅のガスコンロで火がつかないとき、どうしていますか?「カチ...

スポンサーリンク

アウトドアブランドヨーレイカの歴史

Eureka!(ヨーレイカ)は、1895年にカナダのテントメーカーとして、創業しました。

「ヨーレイカ」は、ギリシャ語で「発見した!」という意味を持ちます。

創業当時は、キャンプ用テントだけでなく、ワゴンカバーやアメリカの旗などを生産・販売していました。

その後は、オーダーメイドのカンバス製品の受注を拡大させていきました。

そして、第二次世界大戦の到来で、病棟のテントの需要の増加に伴い、テントを多数出荷し、世界中でその業績を伸ばしていきました。

その後の1960年には、ヒマラヤの探検隊や、6年後のエレベスト初登山にもヨーレイカのテントが採用されました。

それを機に、山岳愛好者の間で、ヨーレイカのテントが、瞬く間に広がっていき愛用されるようになりました。

日本でも20年前の第一次オートキャンプブームでは、ヨーレイカのサンドームテントが、とても人気でした。

現代では、山岳用テントから、キャンプ用テントまで、幅広く高品質のテントが販売されています。

ヨーレイカテントの魅力

こちらでは、長い歴史を持つヨーレイカの魅力をご紹介します。

例えば

・サンドームなどのドーム型テント

・リビングと寝室の一体型のツールームテント

・とんがり屋根が、おしゃれなワンポールテント

・タープタイプのテントなど、たくさんの種類のテント

などがあります。

簡単な設営仕法のため、初心者でも簡単に設営することができると好評です。

セットアップが数分でできることが、ファミリー層にも人気があります。

持ち運びの便利さが高評価です。

品質は良いのに、通常の価格よりも、ヨーレイカは、その半額に近い金額で購入できるものもあります。

珍しいカラーリングで目立つロゴも人気で、男女問わずデザイン面も好まれます。

このように、ヨーレイカの商品は、とても好評です。

では、次に、そんなヨーレイカのおすすめテントをご紹介します。

ヨーレイカテントおすすめ商品

ヨーレイカのテントの中でも、評判も良く、価格もリーズナブルな商品をご紹介します。

【1人用】

●ヨーレイカEureka ソリティア(1P)

商品重量:1.32 Kg

梱包サイズ:17.5 x 4 x 4 cm

メインポール:6.3mm ガラス繊維

ソロテントの中でも、個性的なフォルムです。

テントへの出入りは、上部からになるので、仰向けに寝て、ジッパーをしめるような感じです。

軽量でコンパクトなテントです。

【2~3人用】

●ヨーレイカ K-2 XT テント

サイズ:幅229×奥行274×高さ121cm

収納サイズ:19×63.5cm

カラー:イエロー

重量:6.1kg

2~3人用のドーム型テントです。

重い雪と強風に強く、4シーズン対応です。

前室が2つあり、荷物の収納に十分なスペースが用意されています。

【4人用】

●デザートキャニオン4人用テント

サイズ:約2.4m x 約2.4m

内部ピーク高さ:約2.2m

最小重量:約8.7kg

パックサイズ:9.5インチx 28.5インチ

床面積:64フィート2

ドア:1

ストレージポケット:4

ポールアタッチメント:SRB、クリップ、ハブ、ポスト&グロメット

メインポール:16 mmファイバーグラス

高さ約220cmのキャンプのテントの中は、大人4人でも空間にゆとりがあります。

広々としたフロアーで、カラーやデザインも、女性に好まれ評判も良いです。

他にも、ヨーレイカの商品は、6人用のファミリータイプのものや、タープタイプのもの、窓付きのおしゃれなテントなど、たくさんあります。

また、品質と使い勝手の良さから、古いものですが、「ヨーレイカサンドーム4」を中古で購入している方も多く見られます。

このように、ヨーレイカのテントは、品質の良さが好評で、長年ユーザーたちに愛されているのでしょう。

ぜひ、参考にしていただき、ヨーレイカのテントを探してみてください。

次項では、キャンプは初めてという方のために、初心者に向いているテントも紹介していきます。

テント選びのコツと初心者向けのサンドーム

キャンプが初めての方にとって、テント選びは、とても気になるところとだと思います。

自分に合ったテントを選べるように、テント選びの際に、重要なことをご紹介します。

●テントの大きさ

キャンプは、思った以上の荷物が多くなることを予想し、荷物スペースも考えた大きさを選ぶことが大切です。

たとえ一人でも、2人~3人用のテントを選ぶことをおすすめします。

●耐水圧を確認

耐水圧とは、テントに浸み込もうとする水の力を抑えようとする性能値のことです。

しかし、数値が高い方が良いというわけでもありません。

数値が高くなると、通気性が悪くなり結露する可能性が出てきます。

そのため、初心者の方は、1,500~2,000㎜前後の物を選ばれることをおすすめします。

●品質

耐久性や使い勝手の良さなどを考えましょう。

●テントの構造

キャンプ用テントは、3種類に分類されます。

「大きくドーム型」「2ルーム型」「モノポール型」の3つに分かれています。

この3種類の中で、ドーム型とモノポール型のテントは、比較的設営が簡単にできます。

そのため、初心者の方は、この2つから選び、購入を検討することをおすすめします。

先ほども少しご紹介しましたが、ヨーレイカのドーム型テントの中でも、「Sun Dome 4」という商品は、今でも好評です。

発売してから、長い年月が過ぎていますが、品質の良さが好評で、今でも購入している人もいます。

初めてのテント選びに迷われている方は、まずは低価格で購入できる中古や古いものを新品で試してみるのも良いかもしれません。

中でも、サンドームテントは、軽量で設営も簡単でシンプルなものが多く初心者にも優しいアイテムです。

次は、そのサンドームテントの構造と特徴についてご説明します。

4サンドームテントの構造と特徴

サンドームテントは、フレームの本数が少ないことが特徴で、シンプルな構造により、1人でも簡単に組み立てることができます。

フライシートがテント全体を覆わないタイプのものが多く、風通しも良いため、熱がこもりにくいとされています。

また、台形や四角という形状から、居住性の良さもあります。

ヨーレイカは、第一次キャンプブームで、サンドームテントのブームを起こしました。

2018年現在は、ヨーレイカの商品に「サンドーム」という名前は使われていません。

しかし、多くのサンドームという商品同様の、ドーム型テントは販売されています。

ドーム型テントは、様々な用途で使える人気のあるテントです。

ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

長年愛されるヨーレイカのサンドームテント

90年代、大流行したので、知っている方もいるでしょうが、最後に20年以上前から、愛され続けるヨーレイカの「Sun Dome 4」をご紹介します。

Sun Dome 4は、4本のフレームから構成されるジオデシック構造を採用しています。

そのため、クロスフレーム式よりも強度は高く、ウォールの立ち上がりが垂直に近いので、室内をほぼ四角く使えます。

サイズも手ごろな270×220×168(H)で、セットアップも簡単なテントだと好評です。

通気性も良く、結露も非常に少ないとされています。

サンドーム4の詳細

フライ:75DポリエステルタフタPUコート

インナー:70Dプレッサブルナイロン

ボトム: 210DナイロンPUコート

サイズ:220(W)×270(D)×168(H)cm

重量:6.6kg

ポール:φ11mmジュラルミン

この商品を高評価している方々の声の中で多いのが、「使い勝手の良さ」です。

このように、過去の商品も好評です。

安さだけじゃない!高品質で愛され続けるヨーレイカ

長年、愛され続ける歴史の長いヨーレイカ。

お求め安い価格なのに、高品質な商品だと、とても好評です。

また、最近では、デザイン面も凝っていて、色々なパターンのデザインがあり、女性に好まれる優しい色合いのものもあります。

ぜひ、自分に合ったテントを探してみてくださいね。