ストウブ鍋をアウトレットで!手に入れたら長島キャンプへ!

手軽でお手入れが簡単、さらに、ダッチオーブンに匹敵する性能から、キャンパー達にも大人気のストウブ鍋。

そんな憧れのストウブ鍋を、三重県にある長島のアウトレットで、お得に手に入れることができるのです。

ぜひゲットして、長島周辺や三重県内のキャンプ場へ、出かけてみませんか?

ここでは、ストウブ鍋をアウトレットで選ぶ際の注意点と、三重県内にあるオススメのキャンプ場について、お話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンロの火がつかない!片方・両方・カセットコンロの対処法

ガスコンロを使っているご家庭で、コンロの火がつかない経験をされた方は、多くいるのではないでしょう...

ロゴスの飯盒を使ったご飯の炊き方!美味しく炊けるコツは?

アウトドアの醍醐味と言ったら食事ではないでしょうか。いつもと違った青空の下で食べる食事は、新...

グレゴリーバッグを安く入手!欲しい物を効率よく探すには?

グレゴリーは、バックパックの製造で有名なメーカーです。品質や機能性に優れ、アウトドアにもタウ...

スノーピークのオフトンは寝心地抜群だけど収納性が弱点

キャンプなどのアウトドアでは、いかに熟睡できるかが体力的にも精神的にも大切になってきます。そ...

タープ泊にはスノーピークのペンタとポンタどっちが良い?

ソロキャンプにタープが必要か悩んでいませんか。それであればいっそのこと、テントをなくしてター...

ノースフェイスの魅力!おしゃれなリュックをご紹介!

ノースフェイスは、国内に限らず、世界中で愛されている人気の高いブランドです。ダウンや山岳ジャ...

コールマン人気のインフレーターマット!たたみ方もご紹介

キャンプに行ってテントで眠る際、どんな寝具で眠りますか。キャンプ=寝袋のイメージが強いですが...

大人気のスノーピークのローチェア30!どんな色がある?

キャンプなどのアウトドアに出掛けるとき、座り心地の良い椅子があればゆったりとすることができ、快適...

トランギアの五徳は自作できる!その作り方とは

ソロキャンプや登山で調理などをする際に使うことも多い「アルコールバーナー」。特に定番なのがトラ...

ユニフレームの人気タープの特徴と張り方を徹底解説!

ユニフレームは新潟県に本社を置く、株式会社新越ワークスが運営する日本の人気アウトドアメーカーです...

ランドロックってどんなテント?設営は1人でもできる?

スノーピークから発売されているランドロックは、ファミリーにも人気があるテントです。さて、ランド...

コールマンのガソリンランタンを長持ちさせる使い方

コールマンのガソリンランタンはその歴史も古く、キャンプ用品の中でも長く愛されています。そんなガ...

ユニフレームのクッカーセットはIHで使える?性能を大解剖!

キャンプで炊くご飯は、失敗やおこげも含めておいしいものですが、できれば失敗したくないですよね。...

残ったホワイトガソリンを保管したい!場所は物置で大丈夫?

キャンプや登山などで火を使いますが、その燃料の1つにホワイトガソリンがありますね。帰る支度を...

ダッチオーブンでビーフシチュー!キャンプでも無水は可能?

家族でキャンプへ行くとき、その醍醐味の1つには子どもたちと料理することも挙げられますよね。そ...

スポンサーリンク

なぜ?ストウブ鍋がキャンパー達から人気な理由

ストウブ鍋を、長島のアウトレットで選ぶ際の注意点をお話する前に、まずはなぜストウブ鍋が、キャンパー達から人気なのかをご説明します。

おしゃれなデザインであることも、理由の1つに挙がるでしょうが、人気の理由は、何といってもダッチオーブンに匹敵する性能の良さでしょう。

ストウブ鍋は、鋳物ホーロー鍋といい、鉄と炭素の合金である鋳物に、ガラス質のホーローで表面を処理した鍋なのです。

その特徴としては、熱伝導性・保温性・蓄熱性が高く、ダッチオーブンのように、短時間で調理することが可能です。

他にも、以下のような魅力的なポイントがあります。

◆とにかく食材が美味しく仕上がる

厚みのある鋳物ホーロー製の鍋ですので、肉や魚、野菜をそのまま塩で火にかけるだけで、驚くほど素材の美味しさを引き出してくれます。

◆ふたもずっしり重く、密閉性が高い

ふたの裏にある突起が、うま味の詰まった蒸気を食材に戻すので、より美味しくなります。

これにより、ダッチオーブンのような無水調理も可能です。

これは、ご飯を炊くことにも最適の機能といえるでしょう。

◆低温で十分に熱が伝わる

ストウブ鍋は、大きな火にかける必要がありません。

低温でゆっくりでも、火が通るのが特徴です。

◆頑丈で内側も焦げ付きにくく、ふたの取っ手も250度まで耐える

内側には、ストウブ独自のエマイユ加工という、ザラザラした仕様になっているので、焦げ付きにくいです。

また、ふたを含む全体の耐久性も高いので、長く愛用できます。

◆何よりお手入れがとっても簡単

ストウブ鍋は、もちろん洗剤で洗えます。

さらに、ダッチオーブンのように、使用後に毎回油を塗ったりという手間がありません。

ダッチオーブンと同じような性能なのに、お手入れが楽なのはかなり魅力的ですよね。

アウトドアで使う鍋としては、美味しく調理してくれて、しかも強火にかける必要がないことは、かなり嬉しいポイントでしょう。

しかも、内側も焦げ付きにくく、お手入れも簡単なので、キャンパー達からストウブ鍋が支持されるのは、当然なのかもしれませんね。

要注意!アウトドアでストウブ鍋を使うとき

先ほどご説明したように、とても魅力の詰まったストウブ鍋。

長島などアウトレットのお店が増えたことにより、さらにキャンパー達も手に入れやすくなりましたよね。

しかし、キャンプなどのアウトドアでストウブ鍋を使う際は、他の鍋よりも注意して使わなくてはなりません。

なぜなら、ストウブ鍋は、元々アウトドア用に作られていないからです。

注意して使わないと、せっかく手に入れたストウブ鍋の寿命を、縮めてしまう恐れがありますので、以下の3点は特に注意しましょうね。

①加熱時に強火は避ける

焚き火やバーベキューの際、あまりにも強い火をストウブ鍋に当ててしまうと、表面の加工がはがれてしまう恐れがあります。

②割れやすいことを頭に入れて使用する

ストウブ鍋の表面には、ガラス加工が施されているので、いってしまえば割れ物です。

ですから、取り扱いには十分注意しましょう。

③ダッチオーブンと同様の取扱いをしない

先ほどご説明したように、ストウブ鍋の性能は、ダッチオーブンに匹敵します。

ですが、これらの表面の加工は異なりますから、ダッチオーブンのような使い方をストウブ鍋ですると、表面が変色したりヒビ割れてしまうことがあります。

ダッチオーブンで慣れている方は、要注意事項です。

この3点を守って使用すれば、キャンプなどのアウトドアでも、問題なく手軽に使えますよ。

しっかりチェック!アウトレットでストウブ鍋を選ぶとき

ストウブ鍋は、キャンプなどのアウトドアの際、先ほどご説明した注意点を守って使用すれば、大活躍間違いなしです。

そこで、いざ長島のアウトレットで、ストウブ鍋を選びに行くとしましょう。

アウトレットでは、だいたい定価の30%割引されていて、商品によっては、50%近くも割引されていることがあります。

安くなった価格だけを見て購入してしまうと、失敗する場合がありますので、ここでお話しますね。

ストウブ鍋はストウブ鍋でも、アウトレットで販売されているということは、何かしらの問題があることを、頭に入れておかねばなりません。

前シーズンの売れ残りであれば、特に問題はありません。

しかし、なかには、小さなキズや塗装のムラなどがあり、安く販売されていることもあります。

それを気づかずに購入し、そのままアウトドアで使用していくと、小さなキズや塗装のムラが悪化して、穴ができたり塗装がはがれてしまう恐れがあるのです。

その結果、ストウブ鍋の寿命を縮めてしまい、長く使うことができなくなります。

アウトレット商品には、正規品と違い、生涯保証がついていませんから、一度壊れたら再度購入するしかありません。

ですから、アウトレットでストウブ鍋を選ぶ際は、商品の状態をしっかりチェックし、納得してから購入するようにしましょう。

長島のアウトレットから行ける!三重県北部のキャンプ場!

長島のアウトレットなどで、ストウブ鍋を手に入れることができたら、ぜひキャンプに足を運んでみましょう。

ストウブ鍋1つあれば、キャンプの自炊は、問題なくできます。

そこで、ここからは、ストウブ鍋が活躍すること間違いなしの、三重県内にあるオススメのキャンプ情報を、ご紹介していきます。

はじめは、長島も位置する、三重県北部のキャンプ場です。

■宇賀渓キャンプ場(いなべ市)

鈴鹿国定公園内の竜ヶ岳の登山口にある、宇賀川の清流と豊かな森林に囲まれた、自然がいっぱいのキャンプ場です。

滝めぐりや砂山登山などのハイキング、川遊びやバーベキューが楽しめます。

■青川峡キャンピングパーク(いなべ市)

いなべ市の藤原岳のふもとにある、設備の充実さが自慢のキャンプ場です。

パーク内にある、かもしかキャンプ場では「直火」で焚き火を楽しむことができ、ペットと一緒に過ごすこともできます。

■鈴鹿サーキット・ファミリーキャンプ(鈴鹿市)

テント・テーブル・イスなどの、キャンプの基本セットが到着した時点で、ウッドデッキサイトにすべてセッティングされています。

他にも、キャンプ初心者の方でも、安心して楽しめる設備が整った、133サイトもの広さがあるオートキャンプ場です。

長島からでも行ける!海を楽しめるキャンプ場!

引き続き、三重県内にあるキャンプ場をご紹介していきます。

長島から少し離れた場所にあり、海に面している三重県だからこそ、海も満喫できるキャンプ場を、ここではご紹介します。

■志摩オートキャンプ場(志摩市)

プライベートビーチのような、透明度の高い海に広大な芝生の中で、海も楽しめ、自然も満喫できるキャンプ場です。

ペットも一緒に宿泊可能で、昼間は海水浴・釣り・サーフィン・アミューズメントパークを楽しめます。

夜は焚火タイムにお月見会、星座観察会などのイベントも開催されます。

■大淀ふれあいキャンプ場(多気郡明和町))

海に程近く、堤防をはさんですぐの、砂浜になっているキャンプ場です。

シャワーや炊事場、駐車場などの施設も充実しているので、小さい子どもから大人まで安心して楽しめる環境が整っています。

バーベキューでは、山の幸と海の幸を両方味わえるのも、魅力の1つです。

■孫太郎オートキャンプ場(北牟婁郡紀北町)

「目の前に海がある」という、絶好のロケーションにあるキャンプ場です。

海水浴やシーカヤック、釣りやテニスまで、様々な遊び場も併設されています。

オートサイトは、垣根でしっかり区切られているので、周りの目を気にすることが、ほとんどありません。

海と山の自然があふれているので、ぜひ一度足を運び、感じてみてはいかがでしょう。

長島のアウトレットの後に行くとなると、少し距離はありますが、三重県内で特にオススメできるキャンプ場です。

どのキャンプ場も、バーベキューができますので、ストウブ鍋もフル活用できます。

ぜひ、海と山の幸を、ストウブ鍋を使って、調理してみてください。

長島のアウトレットに行った日はココへ!グランピング!

最近ブームになっている、「グラマラス」と「キャンピング」を融合した、「グランピング」。

三重県内のキャンプ場でも、グランピングが可能な施設があるのです。

長島のアウトレットに行った日でも、優雅なキャンプを過ごすことができますよ。

そんなオススメのキャンプ場は、こちらの2か所です。

■伊勢志摩エバーグレイス(志摩市)

伊勢志摩国立公園の中心地で、伊勢神宮からの清流を源にしている湿原地にあるキャンプ場です。

またここでは、メダカやトンボ、カモやサギなど、様々な動物も生息しています。

そして、県内有数の渡り鳥の飛来地でもあることから、豊かな自然も満喫することができます。

リゾート仕様のテントサイトもありますので、少しグラマラスで、極上のリラックスタイムが味わえるキャンプになることでしょう。

■奥伊勢フォレストピア・リバーサイドヴィレッジ(多気郡大台町)

三重県大台町にあるキャンプ場、「奥伊勢フォレストピア」のグランピング施設です。

ここは、手つかずの自然が残る高原の施設なので、とにかくゆっくり自然を満喫したい方にオススメのキャンプ場です。

夕暮れ時には、沈み行く太陽の真っ赤に染まる夕焼け空をながめられ、夜には、空を見上げると満天の星空を見ることができます。

また、川のせせらぎを聞きながら焚き火の炎をながめ、過ぎてゆく時間を忘れるくらい、極上のひと時を過ごすことができるでしょう。

もちろん、どちらも手ぶらでOKで、豪華な食事とふかふかのベットが用意されています。

バーベキューも可能なので、アウトレットで手に入れた、ストウブ鍋を使うこともできます。

見た目のデザインもおしゃれなので、グランピングで使うと、より見ばえよく感じるのではないでしょうか。

ぜひ、こちらのキャンプ場も参考にしてみてくださいね。

キャンプの華に!ストウブ鍋!

ストウブ鍋は、キャンプのようなアウトドアに、欠かせないアイテムになりつつありますよね。

それを、お得に手に入れられるアウトレット。

しかし、アウトドアでもアウトレットでも、注意しなければいけないことがいくつかありますよね。

それを必ず守って、キャンプの華に、ぜひストウブ鍋を添えてみてはいかがでしょうか。