ダッチオーブンはihでも使える?シーズニング方法をご紹介

ダッチオーブンは万能鍋とも言われていて、アウトドアシーンのみならず家庭でも使用する人が増えている、人気のアイテムです。

ihで使えるタイプも売っています。

しかし、使用前のシーズニングや、使用後のメンテナンスなどで、ひと手間かかってしまうことから、購入するのを躊躇してしまう人もいるかもしれません。

そこで今回は、ダッチオーブンのシーズニング方法やオススメのダッチオーブンなどをご紹介していきます。

シーズニングさえ終えてしまえば、ダッチオーブンは様々な料理を楽しむことができます。

購入しようか迷っている人や、持っているけれど使っていないという人は、ぜひダッチオーブンでいつもと違う料理を堪能してみて下さい!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大人気!スノーピークのテント『トルテュPRO』の設営方法

スノーピークは、キャンプをはじめ様々なアウトドア用品を扱っている日本のメーカーです。スノーピ...

ダッチオーブン【ロッジ製】はシーズニング不要!レシピ紹介

ダッチオーブンは、ワイルドに素材のうまみを活かした料理ができて、キャンプでも大活躍します。重く...

バーベキューに使用した焼き網の洗い方と効果的な保管方法

バーベキューはとても楽しいイベントですが、後片付けが大変ですよね。特に、焼き網を洗うのが大変...

大人気!スノーピークのヘキサタープを小川張りする方法

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで、大活躍してくれるタープは、様々なアウトドアメーカーから...

一人バーベキューをする上で必要なことは?まとめてご紹介!

複数人で集まり、にぎやかに行うバーベキューは非常に楽しいものです、しかし、一人で行うバーベキ...

クーラーボックススタンドは必要?木製・アルミ製のオススメ

クーラーボックススタンドはキャンパーさんによって、持参すべきかどうか迷うキャンプ道具の1つでもあり...

トランギアメスティンで挑戦!ご飯の炊き方やレシピをご紹介

キャンプなどのアウトドアをされる方で、メスティンを使ったことがある方はいるでしょうか。なかに...

スノーピークの魅力は?ブログを参考にキャンプを楽しもう!

「スノーピーク」はアウトドアでは有名なブランドです。そのスノーピークから展開されているのはア...

バーベキューで串焼きを作ろう!食材や下ごしらえは?

バーベキューで人気のあるメニューに、数種類の野菜や肉を、串にさして焼く串焼きがあります。串焼...

キャンプ初心者の夫婦でも安心!二人でキャンプを楽しもう!

「夫婦でキャンプを楽しみたい!」「二人で思い出になる時間を過ごしたい!」とお考えの方もいらっしゃ...

人気のバーベキューソース!市販されている味を手作りしよう

バーベキューというと、「焼肉のたれ」をつけながら食べることが多いかもしれません。しかし、その...

話題のスキレットハンバーグを魚焼きグリルで作ろう!

アウトドアな場面でも大活躍のスキレットですが、実は家庭でも非常に便利な調理道具として人気があるの...

冬キャンプなら電源サイトがおすすめ!延長コードも忘れずに

ただでさえ寒い冬。そんな寒空の下でキャンプをするなんて、余程もの好きな人だろう、なんて思う前に...

トランギアのアルコールバーナーでおいしい料理を作ろう!

キャンプでの楽しみの一つと言ったら料理ですよね。本格的なストーブでの料理もいいですが、トラン...

ユニフレームのダッチオーブンのシーズニングにチャレンジ!

野外調理で活躍するダッチオーブンですが、さまざまなアウトドアメーカーから一押しのダッチオーブンが...

スポンサーリンク

ihやガスコンロでも使える『ダッチオーブン』とは?

ダッチオーブンは、「焼く・煮る・蒸す・炒める・揚げる」といった5通りの料理ができて、ihで使えるタイプもある、まさに万能の鍋です。

そして、蓋つきで炭火を上に乗せることができるので、上下から加熱することで食材にじっくり火を通すことができます。

さらに、一般的な鍋と比べても水蒸気を逃しにくく、食材がもつ水分で調理ができるので、素材の旨味をそのまま活かせるのも特徴です。

キャンプをはじめとしたアウトドアで本格的な料理を楽しめる、人気のアウトドアアイテムの1つです。

種類によっては使用前に「シーズニング」という作業が必要な物もありますが、アウトドアのみならず、ihやガスコンロなど家庭でも本格的な料理を堪能することができます。

シーズニングが必要なダッチオーブンはihでも使える?

キャンプなどのアウトドアで大活躍のダッチオーブンですが、もちろん家庭の調理器具でも使うことができます。

しかし、ihで使用する際は、購入前にihにも対応しているか、しっかりと確認してから購入するようにして下さい。

そして、「脚が無いダッチオーブン」を選ぶこともポイントです。

さらに、ダッチオーブンの種類にもよりますが、シーズニングなどで空焼きをする際に「クリアラッカーが流れてレンジが汚れてしまう場合」があります。

ihでシーズニングするには、時間もかなりかかってしまいますし、シーズニングや使用後のメンテナンスなどは家庭用のカセットコンロなどを使用した方がいいかもしれません。

また、ih自体もほとんどが空焚き禁止ですので、その点も踏まえて、ダッチオーブンを使用していきましょう。

ダッチオーブンのシーズニング方法

多くのアウトドアブランドからも、たくさんのダッチオーブンが販売されていますが、種類によっては使用前にシーズニングをしなければならない物もあります。

シーズニングとは、出荷前に塗られている「さび止めのワックス」を落として、鋳物の表面に油を染み込ませてコーティングする作業のことを言います。

ワックスを落として代わりのオイルを染み込ませることで、においや焦げが付きにくくなります。

そして、この作業が繰り返されていくことで、『ブラックポット』と呼ばれる黒く味のあるダッチオーブンになっていきます。

そこで、次に「ダッチオーブンのシーズニング方法」をご紹介していきます。

【ダッチオーブンのシーズニング方法】

[用意する物]

・油(オリーブオイルがおすすめです。)
・食器洗剤
・たわし(金属たわしは×)またはスポンジ
・キッチンペーパー
・野菜くず
・菜箸
・トング(あれば)

[シーズニングの手順]

屋内で作業する場合は、ダッチオーブンがかなり熱くなり煙も出るため、必ず換気をして作業しましょう。

また、家庭用のガスコンロやihを使用する際は事前に対応しているかどうか、確かめてからシーズニングを始めてください。

1.ワックスを落とす

まずはダッチオーブンのワックスを落とす作業です。

洗剤を使ってたわしで丁寧にこすりましょう。

この時、内側だけでなく、外側や取っ手・蓋も忘れずに洗って下さい。

そして、洗剤をお湯で洗い流し、ダッチオーブンに水を張って火にかけます。

ここで洗剤では落としきれなっかたワックスなどが、浮いて剥がれ落ちてきます。

※この時、とても熱くなりますので火傷には十分注意して下さい。

2.乾燥させる

お湯を捨てて、自然乾燥させます。

3.オイルを塗る

乾いたらダッチオーブンにオイルを塗っていきます。

キッチンペーパーなどで、内側・外側・取っ手・蓋にまんべんなく塗っていきましょう。

4.素焼きする

オイルを塗り終わったら、ダッチオーブンを火にかけて素焼きしていきます。

煙が出てくるまでは中火、その後弱火にして煙が出てこなくなるまで焼き続けます。

※黒く光る綺麗な仕上がりを目指して3~4の行程を4~5回程、繰り返しましょう。

5.野菜くずを炒める

煙がおさまったら、野菜くずを入れて炒めます。

野菜を炒めることで、ダッチオーブンの鉄臭さがとれます。

鍋と蓋の両方で炒めるようにして下さい。

6.オイルを塗る

ダッチオーブンが完全に冷めたら野菜くずを捨て、仕上げにもう一度オイルを塗ります。

ここでも外側や取っ手など、忘れずに塗っていきましょう。

後は自然に熱を冷ませば、シーズニングの作業は終了です。

シーズニング後のダッチオーブンの取り扱いの注意点

ダッチオーブンのシーズニングが無事終われば、後はダッチオーブンを思う存分使い込むのみです。

そこで、ダッチオーブンの取り扱いの注意点をご紹介していきます。

【ダッチオーブンの取り扱いの注意点】

▼熱いうちに水をかけるのはNG

ダッチオーブンが高温の状態で水をかけてしまうのは、厳禁です。

温度差で割れてしまうことがありますので、十分注意しましょう。

▼洗剤を使って洗うのはNG

せっかくシーズニングで出来たオイルの被膜が取れてしまいまい、錆の原因になってしまいます。

▼作り置きはNG

水を張ったまま放置したり、作り置きするのは避けましょう。

こちらも、すぐに錆びてしまう原因となります。

▼湿気の多いところでの保管はNG

湿気の多いところでの保管も、錆びの原因になります。

錆び予防のためにも、定期的に使うのがオススメです。

普段、家庭で使っている鍋などとは、少し取り扱いが違ってくるかもしれませんね。

それでも、そこまで取り扱いが難しいわけでもないですので、キャンプだけではなくご家庭のコンロやihでも、ぜひダッチオーブンで美味しい料理を作ってみて下さい。

ダッチオーブンのお手入れ方法

シーズニングが無事終わると、キャンプ以外でもご家庭のコンロやihなどの普段使いに、ダッチオーブンを使う機会が増えてくるかと思います。

そこで、ダッチオーブン使用後のお手入れ方法をご紹介していきます。

【ダッチオーブンのお手入れ方法】

①お湯を入れて沸騰させる

料理の残りや汚れをキッチンペーパーなどで拭き取り、熱湯を注ぎます。

(※冷水は鍋のダッチオーブン破損の原因になってくるので、必ず熱湯を注いで下さい。)

②汚れを落とす

鍋底の汚れを、へらでなでるようにそぎ落とします。

(※木製のヘラや専用のヘラなどを使って下さい。金属ヘラはNGです)

③水気をとばす

再びお湯を注いで、汚れを流しましょう。

お湯を流したら水気を軽く拭いて、鍋と蓋を火にかけて全体の水気をとばします。

④オイルを塗る

シーズニングの時のように、オイルを薄く全体に塗りましょう。

⑤オイルを拭き取る

余分なオイルを拭き取ったら、煙が出るまで火にかけます。

煙が落ち着いたら、火からおろして自然乾燥させます。

これで、ダッチオーブンの使用後のお手入れは完了です。

この作業をしっかりやることで、錆びも防げて「ブラックポット」と言われる、深く綺麗な黒色のダッチオーブンになっていきます。

ihでも使える!オススメのダッチオーブン

せっかくのダッチオーブンですから、アウトドアだけでなく家庭でも使えると便利ですよね。

そこで、ihにも対応しているダッチオーブンをご紹介していきます。

【ih対応のダッチオーブン】

[ソト(SOTO)ステンレスダッチオーブン ST-910]

本体サイズ:幅35×奥行28×高さ16cm
重量:5.2㎏
材質:ステンレス(底網:ステンレス)
満水容量:5.2L
サイズ:内径25.9×深さ11.5cm

こちらのダッチオーブンは、鋳鉄製の物と違いシーズニングが不要なため、手軽に使えるというのが魅力の1つです。

また、鍋自体も4mmと肉厚で、耐衝撃性と蓄熱性が高くアウトドアのみならず普段使いにもオススメです。

さらに、最大容量が5.2Lあるので、大人数の料理でも安心です。

[ユニフレーム ダッチオーブンスーパーディープ 8インチ]

サイズ:鍋径20.5×9.5(深さ)cm
重量:約4.2㎏
満水容量:約2.9L
適正炊飯量:1~4合

ユニフレームのこちらのダッチオーブンは「黒皮鉄板」と呼ばれ、1枚の鉄板を鍋状にプレス成型して作られています。

その黒皮鉄板に大きな特徴があり、『洗剤で洗える・錆びにくい・衝撃や温度変化に強い』というメリットがあります。

使用前のシーズニングは必要ですが、もちろん家庭用のガスコンロやihでも使用できて、ダッチオーブン初心者の人でも、手軽に使うことができます。

ダッチオーブンはアウトドアだけでなく、家庭でも使う人が増えています。

シーズニング不要なものや使用後のお手入れが楽なものなど、初心者でも手軽に使える商品が増えていますので、ぜひダッチオーブンで色々な料理にチャレンジしてみて下さい。

ダッチオーブンはアウトドアでも家庭でも大活躍!

キャンプシーンでよく見られていて大活躍ですが、今では家庭でもダッチオーブンを使って料理する人が増えています。

1つで5役も担ってくれる魅力的な鍋ですが、シーズニングなどの手間から敬遠していた人も多いのではないでしょうか?

しかし、今ではシーズニング不要なものやお手入れが楽な商品も各メーカーからたくさん出てきています。

ちょっとしたひと手間で本格的な料理も楽しめますので、ぜひダッチオーブンを使って色んなレシピに挑戦してみて下さい。