バックパックの防犯対策にワイヤーが役に立つ?

バックパックに貴重品を入れて、旅行をしようと考えている方はいらっしゃいませんか?

日本にいると、防犯のことはあまり気にはなりません。

ですが、海外に行くと荷物を盗まれてしまうことが多くあるのです。

バックパックの防犯対策にはワイヤーが役立つことがあります。

一体どのように使うのでしょうか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

石油ストーブの特徴的な臭いの原因と対策!臭いが好きな人も

寒い時期のキャンプにストーブは欠かせません。ストーブの中でも、石油ストーブには独特の臭いがあ...

ビクトリノックス・トラベラーは銃刀法に触れる?

キャンプや登山などの野外活動での必需品となるナイフ。中でもマルチツールでは体表格ともいえる、...

低体温症の原因と対処法を紹介!男性も要注意!

雪山などの寒冷地の登山などで、命に関わる恐ろしい症状の一つに、低体温症というものがあります。...

ワカサギを釣りたい!初心者もできるワカサギ釣りの方法

有名な釣りの種類で、ワカサギ釣りがあります。テレビなどで、氷上に穴を空けて釣り糸を垂らしたり...

コールマンのストーブは優秀!燃料のホワイトガソリンとは?

キャンプに料理は欠かせません。コールマンのストーブは火力が強く、安定した炎が出せるため、アウ...

釣りを始めよう!道具は何から揃える?初心者は何釣りから?

何の道具から揃えたら良いか悩んでしまう趣味の一つに、釣りが挙げられるでしょう。それくらい釣り...

モンベルについてご紹介!&ロゴマークにある菱形はなに?

皆さんは日本のアウトドアブランドである「モンベル」のロゴマークをご存知でしょうか。モンベルの...

マムートが開発するドライテックプレミアムの特徴と洗濯方法

最近は普段着でも見かけるようになった機能性素材ですが、アウトドアブランドのマムートが開発する、「D...

大人気ブランドモンベルのツオロミーブーツ!その評判とは?

近年、アウトドアに出掛ける人が増加しています。アウトドアにでかける時に、重要な物の一つが靴で...

登山の服装について知りたい!春山に適したスタイルとは

登山は、季節によって服装や装備に気を遣うものですよね。登山は気温差が激しい中で体を動かし続け...

登山の服装がおしゃれ!注目のレディースアウトドアブランド

近年、登山を楽しむ方たちの服装がおしゃれになり、登山向けアウトドアブランドが注目されています。...

バックパックのカバーは飛行機で荷物を預けるときに必要?

よく見かけるようになった旅のスタイルといえば、バックパックを背負い、気軽に移動していくバックパッ...

スカルパのモジトでアウトドアを楽しもう!口コミもご紹介

近年では、登山やトレッキング、岩などを登るクライミングを楽しむ人が増えてきています。世界的ア...

人気のブランド!モンベルとパタゴニアのフリースをご紹介!

少し肌寒くなってきたときに、気軽に羽織れるのがフリースですよね。現在、様々なアウトドアブランド...

バックパック グレゴリーz40の使い方と機能をご紹介!

バックパックへの愛情と情熱が、決して冷めることのないグレゴリー。「背負うではなく、着る」とい...

スポンサーリンク

バックパックの防犯対策にワイヤー?

旅行に行くときに、貴重品などの荷物を入れるために、必要になるのがバッグです。

長期の旅行で、多い荷物を入れるのに、登山やハイキングでも使われる「バックパック」を使う方もいるのではないでしょうか。

「両手が自由になる」、「背負うから、身軽」といった理由から、旅行カバンに選ぶ方がいるそうです。

ですが、「ポテチ開け」と呼ばれる方法で、貴重品を盗まれる事例が起きています。

ポテチ開けとは、バックパックのファスナー同士を南京錠で留めていても、わずかな隙間から棒をさし、垂直方向に布を引っ張ることで開けられてしまう手口のことです。

このような手口などで盗まれないように役に立つのが「ワイヤー」です。

防犯用の金属製のワイヤーネットが販売されています。

このワイヤーネットでバックパックを包んでしまうのです。

このようにすることで、ポテチ開けをされにくく、バックパックをナイフで切られたりしても、バッグが破られてしまうことが防げます。

防犯用のワイヤーでバックパックの置き引きを防ぐ

バックパックをワイヤーネットで包んでしまうことでも、防犯効果はあります。

ですが、さらに防犯の意識を高めることで、盗難の抑止力になります。

そこで使えるのが、カギのついたワイヤーロックです。

バックパック専用のワイヤーロックというのではなく、自転車のカギとしても使われているワイヤーも使えます。

どのような場面で使うのかというと、トイレなどでどうしても荷物から離れなくてはならなくなったときに、使います。

使い方は簡単で、バックパックを柱にワイヤーロックで括り付けるだけです。

机などの動かせばすぐに荷物が取れるような場所に、括り付けないようにしてくださいね。

そのようなところに括り付けてしまうと、簡単に盗まれてしまうので注意しましょう。

また、カギのついたワイヤーロックには「TSAロック」というものがついたものが販売されています。

これは、セキュリティチェックの厳しいアメリカの運輸保安局の認可を受けたロックです。

アメリカでは、空港などで荷物を預けたときに、持ち主がいない場所での検査が行われています。

この時、荷物にカギがかかっていると、カギを破壊して検査がされます。

TSAロックであれば、ロックをかけていても、TSAの職員によって開錠され検査を行うことができるのです。

手元に戻ってくるときにはきちんとロックをかけて戻ってきます。

アメリカ本土やハワイ・グアム・アラスカなどのアメリカ領に行かれる方はTSAロックがあるものをおすすめします。

バックパックのワイヤーの防犯グッズ?どのようなものがあるの?

では、バックパックの防犯用のワイヤーはどのようなものが販売されているのでしょうか。

【CROPS(クロップス)】

参考価格:1944円

ダイヤル式のワイヤーロックです。

3桁式のダイヤルで、暗証番号は自分で設定することが可能です。

【pacsafe(パックセーフ)250-4ダイヤル リトラクタブル ケーブルロック】

参考価格:2570円

4桁のダイヤル式のワイヤーロックです。

暗証番号は自分で自由に変えることができます。

ワイヤーは伸縮自在なスチールケーブルです。

【pacsafe(パックセーフ) ラップセーフ】

参考価格:4320円

南京錠がついたワイヤーロックです。

ワイヤーの長さが2.5mと長めのため、バックパックはもちろんのことスーツケース・ゴルフバッグ・自転車にも使うことができます。

ケースもついているので、使わないときは収納できます。

【pacsafe(パックセーフ)140】

参考価格:12000円

バックパックごと包んで使うワイヤーネットです。

南京錠とワイヤーネットを収納しておく専用の袋もセットになっています。

ワイヤー以外でのバックパックを守る防犯対策は?

バックパックを守るための防犯対策は、ワイヤーだけではありません。

ワイヤーと似たようにも使えるのが「チェーン」です。

ワイヤーと同じように、柱に括り付けることもできますが、もう一つの使い方があります。

バックパックには、種類にもよりますが、開口部が巾着状になったものがあります。

これは、バックパックを柱に括り付けたとしても、開口部が簡単に開いてしまうので、荷物を盗られてしまうことがあります。

そこで、使いたいのがチェーンです。

どのように使うのかというと、南京錠とチェーンでバックパックの開口部を閉じてしまうのです。

バックパックの巾着部分の紐を金属製のチェーンに替えます。

口を絞った状態で、南京錠をすると簡単には開かないので、荷物を盗まれる心配が軽減します。

この時に注意したい点が2つあります。

1つは、チェーンの長さです。

チェーンの長さは、バックパックの巾着状の開口部を完全に開いた状態での長さにしましょう。

閉じた状態で長さをとってしまうと、開口部を開けたときにチェーンが入り込んでしまうためです。

2つ目はチェーンの太さです。

チェーンを通す場所はもともと紐が通っていたため、あまりにチェーンが太いと通すことができません。

ですが、チェーンが細すぎると南京錠がチェーンを通らなくなってしまいます。

・通すチェーンの長さ
・バックパックに通せて、南京錠も通る太さのチェーン

この2つに気を付けてチェーンは選んでください。

バックパックの選び方

「旅行用にバックパックを新たに買おう。」という方はいらっしゃいませんか?

旅行用のキャリーケースをコロコロと転がしながらの旅行よりも、バックパックは背負ってしまうので両手が自由になります。

ポケットもあるので使いたいものがすぐに取り出せることができ、便利です。

そんなバックパックを買うときには注意したい点があります。

それは「安価すぎるものは買わない」ことです。

専門店では安くても1万円ほどからのものが販売されていますが、ネット通販のものだと時々、3000円から4000円で販売されているものがあります。

このようなものは、すぐに破損してしまいやすいので、避けましょう。

バックパックを選ぶポイントは以下の通りです。

・バックパック自体は軽いか
・十分な量の荷物が入れられるか
・ポケットはたくさんあるか
・荷物を入れられる場所が2ヶ所あるか
・投げられても大丈夫か(空港やバスのトランクでは乱雑に扱われることがあるため)

また、バックパックと一緒に購入をおすすめしたいのが「ザックカバー」です。

バックパックを雨から守るのはもちろん、ワイヤーネットのようにバックパックを包んで使うのでポケットやファスナーの目隠しになり防犯対策に役立ちます。

バックパックに入れておく貴重品も1つにまとめないようにしましょう。

特にお金は分散させて保管しておきましょう。

防犯対策の備わったバックパック

実は、防犯対策がすでに備わったバックパックが販売されています。

「防犯のために何をそろえるべきかわからない」という方におすすめです。

【ClickPack Pro】

参考価格:26784円

このバックパックはTSAロック・ワイヤーロック・不正開閉防止ファスナー・防刃素材が備わっています。

旅行中のスリや置き引き、置忘れの危険を軽減させるための機能が満載です。

TSAロックが搭載されているので、開けられてしまう心配は減りますし、ステンレス製のワイヤーロックも備わっているので括り付けているときに容易には切断できません。

防犯対策ができているのはもちろん、使い勝手のよさも特徴です。

ショルダーベルトの下にはUSB充電ポートが内臓されているので、いつでも充電することができます。

防犯対策が備わっているバックパックがあるのはうれしいですね。

防犯意識は高く持つことが大切

バックパックでの旅行の防犯対策についてご紹介してきました。

旅行先での盗難は、「盗めやすそうな人」をターゲットにして行われます。

荷物にカギをしていたり、ワイヤーネットをしておくことで「盗みにくそう」と思わせることが、防犯になることもあります。

防犯対策をしっかりと行い、楽しい旅行にしましょう。