屋外料理の強い味方!sotoダッチオーブンのブログの評判

キャンプやバーベキューなど、アウトドアシーンで料理をする時の強い味方になってくれるアイテムにダッチオーブンがあります。

様々なメーカーからダッチオーブンは販売されていますが、今回は有名なアウトドアメーカー「soto」のダッチオーブンの特徴やブログの評判などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コールマンのカートは便利!折りたたみ方や特長とは?

キャンプは楽しいものですが、テントや食材などで毎回大荷物になります。駐車場とテントを張る場所...

キャンプ初心者にも簡単!美味しいご飯でキャンプを楽しもう

キャンプの楽しみといえば、ご飯の時間ではないでしょうか。大自然に囲まれた中で作るご飯の美味し...

スノーピークのイベントに参加したい!ブログから情報収集!

国内のアウトドアブランドである「スノーピーク」が開催しているイベントがあるのをご存知ですか。...

オプティマス製ストーブのnovaがすごい!燃料は灯油以外も!

長年愛されているアウトドアメーカーの一つに、オプティマスがあります。代表作にはnovaなどの...

モンベルで人気の寝袋バロウバッグ!気になる洗濯方法とは?

キャンプや登山で快適な眠りにつくことができたら、次の日のアウトドアのアクティビティも思う存分楽し...

ファミリーキャンプにタトンカ1TCタープ!ハトメで強度UP!

キャンプにおいてタープは、直射日光を遮ったりちょっとした雨除けにしたりと、非常に有用なグッズです...

バーベキューを盛り上げたい!おすすめの具材や食べ方は?

バーベキューで定番の具材といったら、「肉」が一般的といえるのではないでしょうか。肉の種類でい...

コールマンのランタン!丸グローブを286に付けてアレンジを

夜のベースを彩るランタンは、キャンプには欠かせない存在です。灯り自体は懐中電灯で事足りるかも...

バーベキューの食材は下ごしらえがおすすめ!その理由とは

バーベキューの食材は、参加人数などによっては準備する食材の量が異なり、人数が多くなればなるほど大...

キャンプで子供が喜ぶ遊びとは?!大人も一緒に楽しもう

キャンプといえば、子供から大人まで楽しめるイベントですよね。しかし、大自然の中にはテレビやお...

バーベキューの火起こしを着火剤なしでチャレンジする!

バーベキューでの火起こしは、大変な作業ですよね。薪のコンロであれば苦労は少ないのですが、炭の...

七輪でバーベキューを楽しむコツをブログから学ぼう!

バーベキューをするとなると、バーベキューコンロが主流になっていますが、昔ながらの七輪を使うという...

コールマンドームシェルターの設営は難しい?組立説明書

コールマンのパーティーシェードが進化した「ドームシェルター」はご存知でしょうか?進化したドー...

飯盒の水の量は手で測れる?これであなたも玄人アウトドア!

アウトドアの楽しみと言ったら、食事ですよね。家での自炊とは違い、火を起こして、アウトドア用の...

キャンプの質は持ち物から!子供連れに役立つ持ち物とは?

キャンプに出掛けて、忘れ物をした経験はないでしょうか?キャンプ場は人里離れた山の中が多いため...

スポンサーリンク

アウトドアメーカー「soto」の特徴やブログの評判

ガス器具のプロフェッショナル「新富士バーナー」のアウトドアメーカーとして有名なのが「soto」です。

ガス器具メーカーが主体となっているので、バーナーをはじめトーチやランタンなど、様々な製品があります。

そんな中でsotoは、今回ご紹介するダッチオーブンなどの調理器具も様々なものを販売しています。

〇sotoのブログの評判

・ガス器具メーカーとしてのプロが製造販売しているので、安心感がある。

・シンプルな構造のものが多く、アウトドアに慣れていない人でも扱いやすい。

・調理器具も使いやすいものが多く、バーナーなどと相性が良い。

アウトドアメーカー「soto」には、以上のような特徴があります。

次は、ダッチオーブンのご紹介をします。

ダッチオーブンとは?

ダッチオーブンという名前は、みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

では、実際にダッチオーブンとはどのような料理に使えて、どのような使い方をするのでしょうか?

〇ダッチオーブンとは?

ダッチオーブンは、とても厚さのある金属製のフタ付き鍋で、フタの上に炭火を乗せることができるようになっています。

上と下から炭火などを当てることで、オーブンのような調理ができます。

〇ダッチオーブンで調理できるもの

ダッチオーブンは、その構造から食材にじっくりと熱を加えることができます。

炭火などを使ってパンやピザ、ローストチキンなどオーブンを使って作るものを調理することができます。

また、普通の鍋としてスープやカレーなども調理可能な万能鍋です。

〇ダッチオーブンの使い方

・シーズニング

ダッチオーブンの中には、使用前にシーズニングという作業が必要になるものがあります。

シーズニングというのは、新品のダッチオーブンに塗られている錆止めワックスを落として、表面に油を染み込ませてコーティングさせる作業です。

これを行うことで、焦げ付きやにおいを減らすことができます。

・調理の仕方

ダッチオーブンでは様々な調理をすることが可能です。

煮込み料理をする場合は、家庭で普段使っている鍋と同様の使い方で調理が出来ます。

オーブンとして使う場合は、火にかけたダッチオーブンのふたの上にも炭を置いて上火の状態にします。

当然フタを閉めて調理することになるので、最初のうちは時々フタを開けて中を確認しながら調理することをオススメします。

このように、ダッチオーブンは煮込み料理からオーブン料理まで様々な調理に使える万能鍋です。

次からは、sotoのダッチオーブンの特徴やブログの評判などをご紹介していきます。

sotoのダッチオーブンの特徴

ここからは、sotoのダッチオーブンの特徴をご紹介します。

〇sotoステンレスダッチオーブン

sotoが開発したステンレス製のダッチオーブンです。

通常のダッチオーブンと違い、錆にとても強く耐久性もあります。

サイズも豊富に用意されているので、自分にぴったりなものを選べます。

・材質

フェライト系ステンレスSUS430というステンレス素材です。

厚さが4ミリもあるので、衝撃にも強く高い耐久性があります。

・性能

ステンレスは通常の鉄製に比べて熱伝導率が下がってしまいます。

鍋全体に熱が伝わるのは少し時間が掛かりますが、一度熱が伝わると具材に均等に熱を加えることが可能です。

・シーズニング

sotoのステンレスダッチオーブンには、シーズニング作業は不要です。

家庭のステンレス鍋と同じく、購入したらすぐに使い始めることができます。

・温度変化にも強い

通常のダッチオーブンは温度変化に弱く、最悪の場合急激な温度変化で割れてしまうこともあります。

sotoのステンレスダッチオーブンにはその心配がなく、安心して使えます。

sotoのダッチオーブンにはこのような特徴があります。

次は、このステンレスダッチオーブンのブログの評判をご紹介します。

sotoのダッチオーブンのブログの評判

sotoの優秀なステンレスダッチオーブンは、ブログからどのような評判があるのでしょうか?

〇良い評判

・めんどくさいシーズニングがいらないので、簡単に使い始めることができる。

・ステンレス製なので、錆の心配がほとんどなく、お手入れが楽。

・残った料理をそのまま入れておいても錆が発生することがないので、カレーや汁物もそのまま保管することができ便利。

・家庭のIHコンロでも使えるので、アウトドア以外でも活用できる。

〇良くない評判

・通常の鉄製のダッチオーブンよりも高価なので、手を出しにくい。

・シーズニングをしないので、鉄製のダッチオーブンより愛着が湧きにくい。

sotoのステンレスダッチオーブンにはこのような評判がありました。

sotoの様々な調理器具

次は、sotoのブログでも良い評判の多かった、ステンレスダッチオーブン以外の調理器具をご紹介します。

・デュアルグリル

ステンレスとアルミを使用していて、錆と衝撃に強い卓上バーベキューグリルです。

網焼きと鉄板焼きのどちらでもバーベキューを楽しむことができます。

・サーモライト

簡易的なクッカーとして活躍してくれる、マグ、リッド、コジー、リフターの4アイテムがセットになった製品です。

マグのまま火に掛けることができ、そのままコジーで保温しながら使えるので、とても便利です。

・トーストサンドパン

中にパンをはさんだまま焼くことができるので、両面をしっかり加熱できます。

フックを外すと、1枚のフライパンとしても使えます。

・スモークポットIH

自宅やアウトドアで簡単に燻製料理を作れるポットです。

ガスコンロはもちろん、IHコンロでも使える優れものです。

sotoにはこのように種類豊富な調理器具が用意されています。

どれもとても使い勝手が良さそうです。

soto以外にブログでも評判の良いダッチオーブン

最後に、soto以外のメーカーでブログでも評判の良いダッチオーブンをご紹介します。

・ロッジ ロジックキャンプオーブン

脚付きのダッチオーブンなので、テーブルなどに置いても安定感があります。

Deepサイズになると、若鶏を丸ごと入れられるので、とても便利に使えます。

シーズニングは不要です。

・ユニフレーム ダッチオーブン

材質が黒皮鉄板製なので、洗剤と金たわしでも洗えて、錆にも強いのが特徴です。

シーズニングは必要ですが、長年に渡って愛用できます。

・ロゴス プレミアムカーボンダッチオーブン

カーボン素材を使用しており、遠赤外線によってご飯がとてもおいしく炊けます。

もちろんお肉料理なども簡単においしく仕上げることができます。

・スノーピーク 和鉄ダッチオーブン

スノーピークの本社がある、新潟県燕三条の鋳物成型技術を採用した鋳鉄製のダッチオーブンです。

とても薄くて丈夫なので、軽量で取り扱いも簡単です。

soto以外のダッチオーブンにはこのようなものがありました。

自分の好みに合ったものを探してみて下さい。

sotoのダッチオーブンはブログでも高評価!

sotoのダッチオーブンの特徴や、ブログの評判などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ダッチオーブンがあれば、様々なアウトドアシーンで気軽に調理を楽しむことができます。

sotoのダッチオーブンで、より楽しいアウトドア生活をお過ごし下さい。