コールマンのタフドーム!使いこなすにはブログを参考に!

アウトドアブランドで人気のコールマンですが、テントの種類も豊富なラインナップから選ぶことができます。

なかでも「タフドーム」シリーズは、人気が高いです。

その人気の理由は、使い勝手や使い心地に定評があるということがアウトドアブログからわかります。

これから、タフドームについて詳しくご紹介していきますので、購入の際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキューのオススメレシピ「魚介」を使ったおいしい料理

バーベキューの定番食材といえば肉ですが、その肉に勝るとも劣らない存在が魚介です。魚、貝、エビ...

バーベキューの違う楽しみ方!燻製を簡単に作る方法を伝授!

バーベキューを行うときに、多くの場合は焼肉を楽しむでしょう。大勢で、焼肉を食べるのはとても楽...

コールマン製品でホワイトガソリンの注ぎ方のコツ

ホワイトガソリンを使用したランタンやバーナーは、主にコールマンが製造しており、その製品も高いシェアを...

お洒落キャンパー必見!ケルティのノアズタープ16をご紹介

自然の中でキャンプをする際、テントと一緒にタープを使う方もいるのではないでしょうか。日よけや...

家族でオートキャンプ場へ!ブログおすすめの関西サイトは?

近年ファミリーキャンプを楽しむ方が増えてきています。しかし、初めてファミリーキャンプに挑戦す...

キャンプに使う椅子は軽量なものがおすすめ!選び方を伝授!

キャンプに必要となるものは色々ありますが、意外と使用頻度が高く重要なアイテムが椅子です。アウ...

コールマンのケロシンランタン!メンテナンスは簡単なの?

キャンプの必須アイテムと言えば、ランタンですよね。今回は、少数派キャンパーに根強い人気を誇る...

キャンプの相棒!ランタン選びとホヤ掃除・手入れ法を知る

大自然での夜を楽しむためには、明かりが必要です。キャンプ地は夜ともなれば真っ暗闇になり、明か...

コールマン製品が壊れた!修理用の部品と調達方法は?

バーナー・ランタン・テント・タープなどの愛用のコールマン製品が壊れてしまった時、あなたはどうして...

石油ストーブの臭いで目が痛いのはなぜ?一酸化炭素の影響?

石油ストーブは昔から多くのご家庭で使われていて、冬が近づくと石油ストーブの独特の臭いを思い出す、...

初めてでも美味しく!SOTOの燻製器の使い方と簡単レシピ

キャンプの華、アウトドア料理。多彩なメニューの中に『燻製料理』があります。「やってみたい...

テンティピのおしゃれテントオニキス!ブログでの評判は?

見た目がおしゃれなテントがあると、キャンプでのモチベーションがよりアップしますよね。たくさん...

コールマンのケロシンランタン!灯油燃料はポンピングが重要

アウトドアで燃料と言えば、OD缶に詰まったLPガスかホワイトガソリンがポピュラーと言えるでしょう...

スノーピーク製品を修理したい!持ち込み方法や詳細を紹介!

アウトドアを愛するキャンパーなら、知らない人はいないブランドのスノーピーク。スノーピークの製...

スノーピークで人気のヘキサタープの種類や張り方をご紹介!

アウトドアメーカーとして有名なスノーピークは、テントをはじめバーナーやランタンなど様々なアウトド...

スポンサーリンク

コールマンのタフドームはなぜ人気が高い?

コールマンの「タフドーム」というと、定番過ぎて敬遠するといったキャンパーも少なくありません。

その理由は、昔から変わらないデザインに魅力がないと感じているからのようです。

しかし、タフドームはそういった意見があるものの、人気は衰えません。

昔ながらというイメージとは裏腹に、機能性は格段にアップし、カラーバリエーションも数色の中から選ぶことができます。

そうしたことから、タフドームは定番の人気を誇り、いまだその人気が衰えることがないのでしょう。

アウトドアブログを見ると、タフドームの魅力を細かく伝えているものが多く存在するのも必然的ということなのでしょう。

次項から「タフドーム」の魅力をさらに深堀りしていきましょう。

アウトドアブログからコールマンタフドームの魅力を探ろう!

タフドームが人気ということはお伝えしました通りですが、その魅力をアウトドアブログから探ってみましょう。

①高さと広さ

テントというとどうしても狭いといったイメージがあるでしょう。

しかし、このタフドームは圧倒的な高さと広さにより、大人が立っても天井に頭がつかない居住空間を誇ります。

②風通し

テント内は空気が停滞してしまうと蒸し暑く感じてしまうこともあります。

タフドームには、天井部分に小窓が設置されているため、風通しを確保できます。

③悪天候に強い

アウトドアでは突然の天候不良に見舞われることも少なくありません。

しかし、このタフドームは、耐水性に優れたフライシートに加え、20mもの風速にも耐えうる構造となっているので、安心して過ごすことができます。

④一人で設営可能

設営時のポール抜けを防ぐ「スプリングピン」の採用により、一人でも簡単に設営することができるようになっています。

⑤豊富なサイズ

テントを使用する人数に合わせて2人~5人までのサイズを選ぶことができます。

⑥選べるカラー

コールマンというと「グリーン×サンド」のカラーがおなじみですが、タフドームでは、他のカラーもあります。

アウトドアブログからタフドームの使い心地を探ろう!①

前項までにコールマンのタフドームの魅力をお伝えしましたので、こちらではシリーズ別にタフドームをご紹介していきます。

また、アウトドアブログからの意見も参考にしてくださいね。

まずは、2人から4人までの人数に対応したタフドームからご紹介します。

【タフドーム/240】

・使用サイズ:約240cm×240cm×160cm(高さ)
・収納時サイズ:直径約20cm×72cm
・重量:約7.5kg
・耐水圧:2000mm
・定員:2人から3人用
・付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

アウトドアブログからの感想をご紹介します。

◯ソロキャンプや二人での使用なら十分の広さである

◯160cmの高さがあるので出入りがしやすい

【タフドーム/2725】

・使用サイズ:約270cm×250cm×170cm(高さ)
・収納時サイズ:直径約22cm×75cm
・重量:約8.5kg
・耐水圧:2000mm
・定員:3人から4人
・付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

アウトドアブログからの感想をご紹介します。

◯天井が高く、圧迫感がない

◯女性一人でも設営可能

◯雨に何回か降られても雨漏りしない

アウトドアブログからタフドームの使い心地を探ろう!②

引き続き、コールマンタフドームのご紹介をします。

前項では2人~4人までのタフドームをご紹介しましたが、ここではもう少し大きめの4人~6人までのタフドームをご紹介します。

【タフドーム/3025】

・使用サイズ:約300cm×250cm×175cm(高さ)
・収納時サイズ:直径約26cm×72cm
・重量:約10kg
・定員:4人から5人用
・耐水圧:約2000mm
・付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

アウトドアブログからの感想をご紹介します。

◯4、5人で使うなら荷物を置いても余裕の広さがある

◯結露はつくものの、雨漏りなどで困ったことない

◯15分という短時間で設営できる

◯換気窓のおかげで快適

【タフワイドドームⅣ/300】

・使用時サイズ:約300cm×300cm×185cm(高さ)
・収納時サイズ:直径約25cm×75cm
・重量:約10.6kg
・定員:4人から6人用
・耐水圧:約2000mm
・付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

アウトドアブログからの感想をご紹介します。

◯設営がしやすい

◯カラーが選べる

◯天井のフックにランタンが掛けられる

◯ゆとりのある室内空間

以上、タフドームシリーズをご紹介しました。

なお、アウトドアブログで多くの方から「付属のハンマーが使いにくい」という意見が見受けられました。

もし、そのような意見から必要であると思われるのであれば、あらかじめ使いやすいハンマーを用意しておくとスムーズに設営できるでしょう。

このようにメリットだけでなく、デメリット部分もブログから知ることができます。

コールマンのタフドームはセットがおすすめ!

コールマンのタフドームについて、アウトドアブログでは使い心地について多くの方が伝えていることがあります。

それは、フロア部分についてです。

居住空間が広くても、ゴツゴツした感じがするフロアのコンディションでは、居心地がいいとはいえなくなってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、「スタートパッケージ」です。

スタートパッケージとは、

・地面の湿気を遮断する「グランドシート」
・地面の凹凸をやわらげる「インナーシート」

が、タフドームとセットとなった便利なパッケージなのです。

アウトドアブログからは、「セットで楽」という意見が見られました。

スタートパッケージなら改めてグランドシートやインナーシートを買う手間がありませんし、サイズも間違えてしまうこともありませんね。

コールマンのタフドームを購入する際は、ぜひスタートパッケージも検討してみてください。

やはりコールマンのタフドームは人気がある!

ご紹介してきましたコールマンのタフドームですが、気になるものはありましたか。

主に、キャンプなどに行く人数で大きさを選ぶことになると思いますが、他にもカラーで迷ってしまうこともあるでしょう。

アウトドアブログでよく目にするのが、定番色は他とかぶってしまうという意見です。

つまり、他とかぶってしまうと、個性的ではなかったり、トイレなどで場所を離れて戻るときに見つけにくいといったことがあります。

しかし、現在は定番色以外にも、定番色でないカラーや限定色が登場していますから、そういったカラーにも目を向けることでよりタフドームの魅力を感じることができるでしょう。

コールマンのタフドームが定番といわれ、衰えない人気があるのは、やはり使い勝手がいいことやコールマンというブランドの安心感があることは間違いありません。

コールマンのタフドームの人気が衰えないのは理由がある

コールマンのタフドームは、大きさやカラーを選べることが魅力です。

また、アウトドアブログで多くの方が「設営のしやすさ」を伝えています。

初心者から上級者まで人気があるのは、使いやすさやデザイン、ブランド力といった理由があるからということでしょう。

購入の際には、スタートパッケージがお得ですから、ぜひ検討してみてくださいね。