モンベルのミニタープは魅力満載!ブログから使い道を探ろう

モンベルのミニタープは「ミニ」でありながら、人気が高いということをご存知でしょうか。

ミニタープは通常のタープに比べて軽量であることから、その活躍はキャンプだけにとどまりません。

この記事では、アウトドアブログなどを参考に、モンベルのミニタープの魅力や使い道、手入れ方法などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大人気!ロゴスのテントのラインナップと設営方法を徹底解説

人気のアウトドアメーカーの一つに「ロゴス」というメーカーがあります。 ロゴスのアイテムは、斬新で...

ロゴスのマットでエアウェーブマットを選ぶべき理由はこれ!

キャンプ場のテントで、睡眠に欠かせないのが寝袋だと思います。 しかし、寝袋と同じくらい快適な睡...

簡単・おすすめ!バーベキューでピザ窯デビューをしよう

バーベキューといえば、肉や野菜を焼いて楽しむものですが、少し変わったバーベキューをしたいと思った...

初心者でも大丈夫!上手なタープとテントの張り方

アウトドアのベテランさんなら、タープやテントを張るのは朝飯前かもしれません。 ですが、これからア...

ナンガのオーロラライトはブログの意見を参考に選ぼう!

ナンガは、安全で品質が良いダウン製品を国内で生産しているメーカーです。 登山家を中心に、近年で...

スノーピークのペグハンマー!特徴と使い方を詳しくご紹介

「品質に、情熱を。」というスローガンを掲げるスノーピーク。 品質のクオリティの高さは、圧倒的な...

ユニフレームのライスクッカーで作ろう!野外での米の炊き方

キャンプで食べる食事の醍醐味といえば、飯盒炊爨(はんごうすいさん)ですね。 しかし、飯盒炊爨では...

広々した空間!スノーピークのレクタタープの特徴と張り方

アウトドア用品の人気メーカーの1つに、スノーピークがあります。 スノーピークは、テントやランタ...

子供がいても安心!コールマンなどの寝袋の使い方や連結方法

子供との大事な思い出にファミリーキャンプがしたいと考える方はたくさんいらっしゃると思います。 ...

SOTOのガストーチが便利!故障しても安心な2年保証付き!

キャンプやBBQなどのアウトドアでは、火を使う機会が多いと思います。 火おこしにはガスバーナー...

キャンプ飯にユニフレームのスキレット!シーズニングって?

近頃は、ユニフレームなどのメーカーから販売されている『スキレット』というフライパンが流行しています...

スノーピークのカヤードとアメニティドームは名コンビ?

日本生まれのアウトドアメーカー「スノーピーク」の代表的なテントに「アメニティドーム」があります。...

キャンプ場での事故に注意!神奈川の恐ろしい事故とは?

みなさんは、キャンプ中に事故に巻き込まれたことはありますか? 「一度はヒヤッとした経験がある」...

キャンプファイヤーで使えるレクリエーション!小学校編

キャンプファイヤーといったら、夏の定番行事ですね。 火の周りを取り囲み、レクリエーションや歌を歌...

キャンプに使う椅子は軽量なものがおすすめ!選び方を伝授!

キャンプに必要となるものは色々ありますが、意外と使用頻度が高く重要なアイテムが椅子です。 アウ...

スポンサーリンク

モンベルは、なぜ人気があるの?

まずはじめに、モンベルのことから詳しくご紹介していきます。

モンベルは、アウトドアのアイテムやトレッキング、登山といったアイテムを中心にしたアウトドアブランドです。

モンベルはフランス語で「美しい山」という意味を表しますが、日本のアウトドア総合メーカーです。

キャンプ場に行くと必ず目にするモンベルのテントやミニタープですが、なぜ人気があるのでしょうか。

モンベルの人気の理由はいくつかあります。

①日本独自の、高温多湿といった気候に合わせて開発

②品質が高く、長持ち

③他メーカーに比べ、リーズナブル

④商品開発は登山経験スタッフならではのこだわり

⑤豊富な種類から選べる

このようなことから、人気があるのでしょう。

次項では、モンベル・ミニタープの魅力をブログから探ってみましょう。

モンベル・ミニタープの魅力をブログから見つけよう①

モンベルが人気であるということは前項でお伝えした通りです。

それでは、そのモンベルのなかでも特に人気がある「ミニタープ」についてご紹介していきます。

ミニタープの魅力について、ブログには以下のような意見があります。

●サイズ

モンベルのミニタープは、対角の両端は最長約335cmなので小さめのテントに組み合わせて使うとちょうどいいです。

ファミリー用など大人数対応のタープは大きすぎて使いずらいこともありますが、このミニタープらな2~3人でちょうどいいサイズ感でしょう。

ミニとはいえ、チェアやテーブルも置くことができます。

●コンパクト

モンベルのミニタープのシリーズでも大き目とされる「ミニタープHX」であっても収納時は約24cm、別売りであるポールも折りたたむことで約40cmになります。

タープでありながらこれだけコンパクトに収まるので持ち運びがかなり楽といえるでしょう。

●日除け

自然の中で好きな場所に、しっかりと遮光した日陰をつくることができます。

ミニタープは、通常のタープに比べ場所をとりませんから、設営場所選びも困らないでしょう。

モンベル・ミニタープの魅力をブログから見つけよう②

引き続き、モンベル・ミニタープの魅力をブログから見つけていきましょう。

●軽量

モンベルのミニタープのシリーズでも大き目とされる「ミニタープHX」であっても、その重量は約670gという驚きの軽さです。

この軽量さであるならば、女性やソロキャンパーは助かるでしょう。

●設営が簡単

ミニタープの設営は、とても簡単です。

別売りのポール、ペグ、ロープが必要です。

●品質の高さ

タープの生地には「難燃加工」が施されています。

キャンプは焚き火などの火の気がありますから、燃え広がりにくいこの加工は嬉しい限りですね。

また、耐水圧は1500mmなので、多少の雨であれば十分しのぐことができます。

さらに、タープの生地に負担がかからないような構造や耐久性を高めるための縫製など、長持ちするようにつくられています。

リーズナブルな価格でありながら、これらの品質の高さはさすがモンベルですね。

このように、アウトドアブログを拝見すると、モンベル・ミニタープの魅力をたくさん発見することができます。

商品選びの際には、このように実際使用している方のアウトドアブログから魅力を探ることも大切です。

ブログから、モンベル・ミニタープの設営・撤収方法を学ぼう

ミニタープの設営方法は、所有している方々がブログで詳しくご紹介してくれています。

ブログによりますと、まず、タープを設営するためにはポールを用意する必要があります。

モンベルの推奨は「165cm×2本」ですが、それに加え「180cm×2本」を用意しておくことをおすすめします。

そうすることにより、高さを出したり、アレンジがきくといったメリットがあります。

詳しい設営方法は、ブログを吟味して参考にしてみるといいでしょう。

手順に合わせた写真を載せてわかりやすく説明しているものもあるので、イメージしやすいですよ。

また、日差しに合わせて角度を変えたり、囲うように設営すれば昼寝もできます。

そういった基本的な設営方法に加えて、バリエーション豊かな設営ができるのもミニタープの魅力ですね。

設営したら、撤収方法も設営と同様に、写真をつけて説明しているブログがありますので目を通しておくといいでしょう。

少々難しく思えるミニタープの設営は、慣れてしまえば簡単に設営できるようになり、またアレンジもききますから、ぜひ回数を重ねて手順を覚えてくださいね。

ブログからモンベル・ミニタープの使い道を探してみよう

モンベルのミニタープの使い道について、アウトドアブログでは主に以下の使い道があげられています。

・風よけ
・テントの雨よけ
・プライベート確保
・荷物置き場

メインとしてはやはり、キャンプでの使用です。

テントに加え、タープがあることで、風よけをしてくれたり、テントが直接雨にさらされるのを防ぐといった役目をしてくれます。

また、自然の中ですから、プライベート空間を確保することも必要でしょう。

その場合、簡単に角度や高さを変えられるミニタープが便利ということです。

そして、ミニタープの使い道はキャンプだけでなく、ツーリングや登山、トレッキングをする方にも人気が高いようです。

その際、持ち運べる荷物はかぎられますから、収納性や軽量であることが条件となり、ミニタープが最適ということです。

さらに、お花見や運動会、海や釣りなどにもおすすめですし、日差しを遮るという役目から、特別なときだけではなく自宅の庭ででバーベキューやプールなどを楽しむ際にも活躍してくれます。

このように、活躍する場はたくさんあるミニタープですから、キャンプだけでなく日頃から気軽に使うようにすると設営にも慣れることができ、無駄がありませんね。

モンベルのミニタープは手入れをしっかりと!

モンベルのミニタープを長く愛用するためにも、使用後は手入れをしっかりしていきましょう。

基本的な手入れは、汚れた部分は洗剤をつけて洗い、十分にすすいでしっかり乾かすといういうことです。

①タープの内側を洗い、すすぐ(汚れの部分は洗剤をつける)

②タープの外側を洗い、すすぐ(汚れの部分は洗剤をつける)

③日陰に広げて乾燥させてる(吊るす場合は、本体端のテープを利用する)

④コーティング面を内側にして折りたたみ、スタッフバッグに入れる

このような手入れを行うことで、長く快適に使うことができます。

また、保管時の注意点もあわせてご紹介します。

①直射日光が当たる場所に置かない

②高温多湿の場所に置かない

③長期使用しない場合も、半年に一度は広げて状態を確認する

長く安心して使うためにも、使用後の手入れや保管方法にも気をつけるようにしましょう。

また、こうした手入れ方法についてもアウトドアブログでは、より細かく説明している方もいますから、参考にしてみるといいでしょう。

モンベル・ミニタープの魅力はブログが情報源

モンベル・ミニタープの魅力や使い道などを、アウトドアブログを参考にしてお伝えしてきました。

モンベル・ミニタープが人気である理由には、その収納性・軽量という特徴や、簡単に設営・撤収できることから、キャンプだけでなくその用途はツーリングなど多岐にわたるということからなのでしょう。

大切に使い続けていくためにも、汚れは放置せず手入れし、適切に保管することが重要です。