釣りに持って行くべきクーラーボックスのおすすめはこれ!

クーラーボックスというと、釣具店でも販売されていますが、そのほかにも、スポーツ店のアウトドアコーナーやホームセンターでも販売されています。

種類も大きさも様々なものがあり、どのクーラーボックスを選べばよいのか悩んでしまいますよね。

そこで、釣りに便利なクーラーボックスの選び方から、おすすめの商品をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

素早い水分補給にサロモンのハイドレーションを!使い方は?

登山などアウトドアスポーツをしていて喉が渇いたとき、手軽に水分補給できるといいですよね。 その...

アークテリクスの定番アトム!svはもう販売していない?

アークテリクスの定番の一つには、アトムジャケットがあります。 この製品のタグをよく見てみると、...

アークテリクスのジャケットのベータslは真冬にも使えるの?

アークテリクスは、「ジャケットがカッコイイ」と、アウトドアだけでなく街中でも着る人をみかけること...

人気のランタン【ぺトロマックスhl1】の正しい使い方

ぺトロマックスhl1は、その他にはない独特なデザインで、多くのアウトドアファンから愛されています...

クライミングするならスカルパのドラゴ!レビューが気になる

近年、趣味などでクライミングを始める人が増えています。 山でロッククライミングをする前に、5メー...

ストーブの不完全燃焼って?臭いの原因と危険性を解明!

暖をとるためのストーブは、キャンプでも大活躍しますね。 しかし、注意しなければならないのは、スト...

キャンプで石油ストーブの使用は大丈夫?正しい灯油の入れ方

寒い冬を乗り越える為に必要な暖房器具として、もっとも使われているのが石油ストーブです。 そして...

高性能で人気のエーライトチェア!折れることはあるの?

キャンプでのんびりとした時間を過ごしたいときなどに、チェアでくつろぐ方も多いでしょう。 キャン...

スノーピークのローチェア30をご紹介!OEM商品の評価は?

洗練されたデザインと機能性で日本国内だけでなく海外でも注目を集めているスノーピーク。 スノーピ...

ストーブが灯油臭い時の対処法は?おすすめストーブもご紹介

寒い冬、ストーブを使って暖を取っている方もいるでしょう。 ストーブは昔から使われている暖房...

ネオプレンソックスがすごい!防水だけでなく防寒機能も?

ネオプレンソックスというものをご存知でしょうか? ネオプレンには優れた防水機能が備わっているた...

釣りの初心者に大人気!サビキ釣りの基本やポイントをご紹介

これから釣りを始めようと考えている、初心者の人に人気のある釣りの方法に、サビキ釣りが挙げられます...

ゴアテックス(ノースフェイスなど)はどうやって洗濯する?

アウトドアにあまり馴染みがない人でも「ノースフェイス」は聞いたことがあると思います。 有名なア...

大洗港は人気の釣りエリア!釣り禁止場所に注意して楽しもう

茨城県東茨城郡の大洗町はアウトレットや水族館、海水浴のできるビーチもあり、観光地としてたくさんの...

意外と知らないモンベルのカッパの基本的な洗い方をご紹介!

登山やアウトドアアクティビティの必須アイテムであるカッパは、使う機会が多いだけに汗や泥で汚れがち...

スポンサーリンク

釣りに使うクーラーボックスに必要な機能は?

クーラーボックスというと、釣り用をはじめ、キャンプ用やイベント用、レジャー用など、様々な種類が販売されています。

では、実際に釣りで使うクーラーボックスには、どのような機能がついていると便利なのでしょうか。

クーラーボックスの主な目的は保冷力です。

しかし、この保冷力にも範囲があり、食品を冷えた状態にキープするためや、痛まない程度に保冷しておけばよい場合と、鮮度を保つために強力な保冷力が必要な場合があります。

釣りの場合では、釣った魚を新鮮な状態で持ち帰るためにクーラーボックスを使うわけですから、やはり低温状態を長時間キープできるような強力な保冷力を持っているものがおすすめです。

また、重量に関しても重要な点です。

キャンプなどの場合では、一度設営してしまえば、動かすようなことはほとんどありませんが、釣りの場合ではそうもいきません。

船で釣りをする場合は問題ありませんが、時間帯や、そのときの状態によっては、場所を転々としなくてはいけない場合もあります。

そのため、あまりにも重い物は避けるべきです。

持ち運びが不便なものを、持って行こうとは思いませんよね。

そこで、釣りに使いやすいクーラーボックスというと、保冷力と重量がとても重要になります。

釣り専用のクーラーボックスの中には、釣りをするための機能を備えたものもたくさんあります。

キャンプやレジャー用のクーラーボックスよりも、釣りを行う場合は釣り専用のクーラーボックスがおすすめです。

釣りに持って行くクーラーボックスの選び方

それでは、釣りに持って行くクーラーボックスは、どのように選べばよいのでしょう。

保冷性と重量に関しては先ほど少し触れましたが、保冷性はなるべく低温状態をキープし、魚の鮮度を保てるようなものを選ぶようにします。

重量に関しては、持ち運びに便利なように、軽いもので、持ち手やベルトがついていると便利です。

しかし、それら以外にもクーラーボックスを選ぶ上で、悩む要素があります。

それは、大きさです。

クーラーボックスのサイズは大きいものから小さいものまで様々です。

大きいものにしておけば、釣った魚が入りきらないような心配はありませんが、持ち運びが大変になります。

逆に、小さいものであれば、軽量で持ち運びには便利ですが、大物が釣れた場合にクーラーボックスに入らないと困ってしまいますよね。

クーラーボックスの大きさは、釣る対象の魚種によって決めることをおすすめします。

具体的な数値では、小型魚を中心に狙う場合では、持ち運びにも便利な12L程度のクーラーボックスで十分目的を果たせます。

中型魚を狙う場合には、少し大きくなり、20L~25L程度のクーラーボックスがおすすめです。

大型魚を狙うのであれば、魚のサイズに合わせて、クーラーボックスのサイズも大きくなり、40L~70L程度のサイズが必要になる場合もあります。

また、釣りに行く季節にも影響を受けます。

暑い夏場に行くときには、クーラーボックスの中に、飲み物や食べ物を入れて持って行くこともあります。

そのようなときには、少し大きめのクーラーボックスがあると便利です。

小型魚中心の釣りに便利なクーラーボックスのおすすめは?

それでは、小型魚を中心に狙う場合の釣りで、おすすめなクーラーボックスをご紹介します。

【ダイワ クールラインαⅡ S1000X】

総重量:2.1kg

容量:10L

断熱材:スチロール

メーカー希望小売価格:9,450円(本体価格)

小型魚を中心に狙う場合、このクーラーボックスがおすすめです。

断熱材がスチロールなので、長時間の保冷力は少し劣りますが、重量が2.1kgに抑えられていて、持ち運びにはとても便利です。

また、このクーラーボックスは、釣り具メーカーから販売されているだけあって、釣りに便利な機能が満載です。

例えば、上フタの開閉ですが、左右どちら側からも開閉することができ、しかも取り外してお手入れが簡単にできます。

また、フタには、小さな投入口が設置されているため、釣った魚をクーラーボックスに入れるときにも、冷気を極力逃さず、素早く入れることができます。

持ち運びに便利なハンドルもついていますが、荷物の多い釣りでも、両手が自由に使えるように、取り付けや取り外しが簡単な肩ベルトが付属します。

別売りになりますが、クーラーボックス内に収納できるプルーフケースを取り付けることができ、濡らしたくない小物類をクーラーボックスの中に収納することができます。

カラー展開は、マゼンタとブラックが販売されています。

中型魚中心の釣りに便利なクーラーボックスのおすすめは?

中型魚を主に狙う釣りの場合、20L~25Lのクーラーボックスのおすすめは、シマノのフリーガ ライトです。

【シマノ フリーガ ライト 200 LZ-020M】

総重量:2.9kg

容量:20L

断熱材:発泡ポリスチレン

メーカー希望小売価格:10,500円(本体価格)

中型魚を中心に狙う場合には、この20Lのクーラーボックスがおすすめです。

ラックトップレバーという機構を採用していて、ワンアクションで自在に開け閉めをすることができます。

また、左右どちらからでも開けることができ、左右のレバーを同時に上げることで、フタを外すことができます。

フタを外すことで、荷物に挟まれている状態でも、クーラーボックスへの出し入れが可能で、なおかつ掃除も簡単にすることができます。

さらに、このクーラボックスには水栓がついているため、中に入っている水を水栓から流し出すことができます。

サイズが少し物足りないと感じる場合には、同じシリーズに26Lのものがあります。

【シマノ フリーガ ライト 260 LZ-026M】

総重量:3.3kg

容量:26L

断熱材:発泡ポリスチレン

メーカー希望小売価格:11,300円(本体価格)

サイズが大きくなる分、重量も重くなってしまいますが、容量で6L分大きくなるため、収納力が格段に向上します。

大型魚中心の釣りに便利なクーラーボックスのおすすめは?

大型魚を中心に釣りを行う場合、ほとんどの場合が移動しながら釣るというよりは、船や長時間同じ場所で行うことが多いです。

そこで、クーラーボックスも、機動力より収納力と保冷力に重点を置きます。

そこで、おすすめなクーラーボックスが、シマノのスベーザリミテッドです。

【シマノ スペーザ リミテッド SPE-ZA LIMITED 350】

総重量:7.7kg

容量:35L

断熱材:3面真空パネル+発泡ポリスチレン

メーカー希望小売価格:45,500円(本体価格)

このクーラーボックスは、内寸法が60cmもあるため、対角線まで用いれば、75cm前後の魚も、曲げることなく収納することができます。

この収納力を35Lサイズで可能にしています。

また、断熱性能ですが、3面に真空パネルを採用し、保冷生にも優れています。

長時間の釣りでも、十分な保冷効果を期待できます。

このクーラーボックスには、キャスターがついているため、移動も便利になっています。

小型魚や中型魚でおすすめしたクーラーボックス同様、フタは左右どちらからでも開閉が可能で、取り外すこともできます。

クーラーボックスに使えるおすすめのアイテムは?

これまで、釣りで使うクーラーボックス本体について、おすすめのものをご紹介してきました。

ここからは、クーラーボックスを便利に使えるアイテムについてご紹介していきます。

まず、クーラーボックスに必要不可欠なアイテムに保冷剤があります。

ペットボトルに水を入れて、凍らせることで、保冷剤代わりにする人も多いかもしれませんが、やはり保冷剤を使うことをおすすめします。

保冷剤は、専用の薬液を凍らせているものがほとんどで、保冷時間に飲料水とは明らかな違いがでてきます。

キャンプなどで、保冷剤として使った氷を、そのまま飲料水などに活用したい場合には、水を凍らせていくことも考えられますが、釣りの場合は、釣った魚の鮮度を保ったまま、持ち帰ることが目的です。

そのため、保冷時間は長いものの方が効果的です。

また、専用の保冷剤は、クーラーボックスの容量を効果的に活用できる形状のものが多いため、より多くの魚をクーラーボックスに収めることができます。

他には、先に少しご紹介しましたが、クーラーボックス内に収納できるトレーがあります。

商品によっては、専用の物がある場合もありますが、ない場合には、タッパーなどでも代用ができます。

濡らしたくはないけど、保冷しておきたいお弁当などを、このタッパーに入れて、クーラーボックス内に収納しておくことができます。

クーラーボックスの滑り防止アイテムとしては、ゴム足があります。

クーラーボックスの底面に取り付けることで、移動時の滑りを防止したり、クーラーボックスにつく傷を防止したりすることもできます。

最後に、クーラーボックスの洗浄剤もクーラーボックスとともに使用していただくことをおすすめします。

クーラーボックスの清掃は、シンプルな見た目以上に大変です。

釣り用というと、臭いも気になりますよね。

そこで、洗浄剤を使えば、クーラーボックスをきれいにできるだけでなく、消臭効果まで期待できおすすめです。

釣りには専用のクーラーボックスがあると便利!

釣りに欠かせない道具であるクーラーボックスについて、対象魚の大きさ別におすすめのものをご紹介しました。

釣専用のクーラーボックスとなると、アウトドアやイベントで使うものと少し機能が異なる部分もありますが、釣りを趣味とするのであれば、専用のクーラーボックスを持っていると便利ではないでしょうか。

クーラーボックスを選ぶときには、大きさと保冷性、重量に注目して選ぶことをおすすめします。