釣りの餌はどこで買う?便利な通販をおすすめする理由とは?

釣りを楽しむためには「餌」が必要になります。

行く回数が頻繁であれば、餌もそれなりに買わなければなりません。

忙しい日々に追われると、餌を買いに行く時間すらないこともあるでしょう。

そこで、おすすめなのは「通販」です。

この記事では、釣り餌の種類や通販での購入についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レキのトレッキングポールは頑丈で修理の必要も無し!?

アウトドアのなかでも今、登山がブームです。登山と聞くと、難度が高いイメージがありましたよね。...

海釣りの竿とリールが決まったら道具を入れる収納箱を選ぼう

アウトドアのアクティビティの1つとして海で釣りを楽しむ方が増えています。初めて海釣りに出掛け...

ヒルバーグのソウロで快適なアウトドアを!そのレビューは?

どんな天候にでも対応できる快適なテントがあれば、アウトドアをより楽しめますよね。数あるアウト...

大人気!スノーピークのテント『タシーク』の特徴と設営方法

キャンプなどのアウトドアで、なくてはならないものの一つにテントがあります。テントは、リビング...

ダナーに代表されるハイクブーツの靴紐の結び方・履き方とは

最近のアウトドアブームに影響されて、休日にハイキングを楽しむという方が増えています。ハイキン...

シュラフに迷ったらモンベルのダウンハガー800の1番が良い!

最近では、登山やキャンプなどのアウトドアを題材とした映画や漫画、アニメなどが話題になってきました...

ラッセルを覚えて雪山へ!やり方をマスターしよう!

雪山登山は非常に魅力的です。普通の山登りと違い、より神秘的で幻想的な光景を見ることができます。...

大人気のダナーブーツの魅力とお手入れの方法とは

ダナーは有名なアウトドアブーツのブランドです。シューズブランドで初めてゴアテックスを採用...

オプティマス8rの調子が悪い!?自分で分解して解決しよう!

アウトドアで使うオプティマス8rは、レトロな形とオシャレな雰囲気が人気のストーブです。古くか...

キャメルバックボトルで水分補給!ボトルケージとの相性は?

アウトドアスポーツの1つに、スポーツバイクがありますよね。マウンテンバイクやロードバイクなど...

クーラーボックスを利用する時に便利な氷の作り方って?

キャンプやバーベキュー、釣りなどアウトドアでクーラーボックスを使う時に、氷は欠かせないものですよ...

大自然と走るトレイルラン!大会に必要な持ち物をご紹介

皆さん、今流行しているトレイルランをご存知でしょうか。トレイルランとは、ただ走るだけでなく野山...

バックカントリーのウェアの選び方!オススメのメーカーは?

バックカントリーをはじめる際、まずウェアを選ぶことからはじまりますね。しかし、その選び方を間...

人気のイスカの寝袋で快適なキャンプを!そのたたみ方とは?

アウトドアで1日体を動かした後は、快適な寝袋でゆっくりとその日の疲れを癒したいですよね。寝袋...

カヤックフィッシングを楽しみたい!ブログでのおすすめは?

キャンプなどのアウトドアに出掛けたとき、一緒に釣りを楽しむ方が増えています。釣りの人気ととも...

スポンサーリンク

釣りの餌って?

釣りをするにあたり、必ず「餌」が必要になります。

餌は、釣り具専門店の他、通販でも購入することができます。

特に通販であれば、自分の都合がつく時間に注文することができます。

それではまず、釣りの餌にはどのような種類があるのか、ご紹介します。

●生き餌

生き餌は、文字通り生きた虫・甲殻類・小魚・貝類などの生きている状態の餌です。

また、海苔などの植物も生き餌になります。

使い方は、生きたまま針に刺して使います。

生きているため、自然と同じ状態ですから、食いつきの良さが特徴です。

●冷凍餌

冷凍餌は、「死に餌」とも呼ばれ、生き餌ではないものの、食いつきの良さはあります。

食いつきを良くさせること、鮮度保持のため添加物を加えていることに加え、冷凍といった人工的な処理がされています。

使い方は、生き餌と同じく刺して使います。

●配合餌

魚が好む材料を人工的に配合した餌を配合餌といいます。

粉餌や練り餌は用途に合わせて、混ぜて使います。

撒き餌やダンゴで魚を集める役目はもちろん、練り餌を刺して使うこともできます。

ご紹介したこれらの餌の種類は、海釣りでも川釣りでも同じです。

用途に合わせて選ぶようにしましょう。

通販でも買える海釣りの「生き餌」

では、生き餌について詳しくみていきましょう。

釣り具専門店での購入はもちろんですが、通販での購入もできます。

通販でも欲しい分量を選んで購入できますし、種類も多数あります。

気候によって、クール便や通常便が使われるので、生きたまま届きます。

購入できる一部の生き餌をご紹介します。

●青いそめ

万能餌でもある青いそめは、安価で丈夫でありながら食いつきがいいです。

対象魚:チヌ・スズキ・メバル・カレイ・ガシラ・キスなど

●赤いそめ

青いそめの改良版とされる赤色は、きれいな赤色で魚の食いつきがいいでしょう。

対象魚:アイナメ・メバル・キス・カレイ・ハゼ・カサゴなど

●石ごかい

動きのよさから魚を誘う餌です。

対象魚:キス・ハゼなど

●マムシ

かためなので投げ釣りに使えます。

対象魚:クロダイ・アイナメ・カレイなど

これらの生き餌は、年中安定して通販でも購入できます。

時期を限定してとなりますが、カラス貝やかめじゃこといった生き餌も通販で購入することができます。

海釣りの冷凍餌も通販ならクール便で安心

生き餌だけでなく、冷凍餌も通販で購入できます。

冷凍でも、クール便で届きますから安心ですね。

●オキアミ

オキアミは刺し餌だけでなく、撒き餌としても使えるので万能餌でしょう。

青物用・撒き餌用・付け餌用など、釣りたい魚の用途に合わせて加工されたものもあります。

●アミエビ

オキアミと同じく、万能餌として有名なアミエビは集魚としてサビキ釣りには欠かせない餌です。

●きびなご

小さなサイズで使い勝手がいいとされるきびなごは、オキアミに引けを取らないため、人気のある餌です。

対象魚:‎スズキ・マダイ・シロギス・サバなど

●イワシ

新鮮な方口イワシは自然解凍して使いますが、完全に解凍せず芯がある状態からでも使えます。

対象魚:ヒラメ・タチウオなど

●豆アジ

使い勝手のいい豆アジは大物が釣れるでしょう。

対象魚:アオリイカなど

海釣りの配合餌も通販で購入してみよう!

非常に多くの種類がある配合餌ですが、その種類の多さから、より通販での購入をおすすめします。

釣りたい魚に合わせて購入する配合餌は、数種類を混ぜ合わせて使うことも多いでしょう。

グレやチヌ、マダイを釣るときにはぜひ配合餌を吟味して購入しましょう。

用途に合わせて、練ったり、粉のままだったり、オキアミに混ぜたりと、その活躍は多岐に渡ります。

通販であればどの配合餌を混ぜて使うか時間にとらわれることなくじっくり検討できます。

また、数㎏単位で扱われているので、まとまった数となると結構な重量となりますから、玄関まで届けてくれる通販であれば、重くて大変な思いをしなくてもすみます。

生き餌や、冷凍餌に比べ、保管も比較的楽ですから、まとめ買いしてもいい餌でしょう。

まとめ買いをすることにより、一定金額以上となれば、送料無料になるので出向くことなく、店と同じような金額で購入できるというお得な場合もあります。

川釣りにおすすめの餌とは?

ここまでは海釣りの餌を中心にお伝えしてきましたが、川釣りの餌にも注目してみましょう。

こちらで紹介する餌も通販で購入することができます。

●赤虫

ユスリカの幼虫である赤虫は、小物釣りに向きます。

対象魚:メダカ・ワカサギなど

●ミミズ

自分で捕まえられるミミズですが、数が必要となるとやはり、釣り具専門店や通販で購入しましょう。

対象魚:ニジマス・フナ・コイ・イワナなど

●赤サシ

ハエの幼虫に色付けした赤サシは、白サシより値がはりますが喰いつきがいいとされています。

気温が高いと幼虫からさなぎになってしまうので、低温保管し早めに使い切りましょう。

対象魚:ニジマス・ヤマメなど

●イクラ

イクラは、油や砂糖に漬けているので扱いやすく、餌持ちや日持ちがよいとされています。

ただ、釣り餌にしては少々高いといえるでしょう。

対象魚:ヤマメ・イワナ・ニジマスなど

●配合餌

さまざまな種類があり、さなぎの粉や、練り状となっている餌があります。

用途に合わせて選びましょう。

通販の注意点は?

通販ですが、注意すべき点もいくつかあります。

●実物がわからない

通販は多くの場合、写真や文字での判断となります。

型番や品番は間違えやすいので、必要な商品を間違えないように購入しなければなりません。

特に餌であれば、においや大きさといった部分は届くまでわからないため、不安がある場合は、釣り具専門店に出向いて購入した方がいいでしょう。

また、問い合わせも電話やメールでの対応となる場合が多く、店で店員に聞く手軽さと比べると少々手間がかかります。

●返品

通販の場合、購入者の自己都合(間違えて購入など)で返品の場合、購入者が送料を負担する場合が多いでしょう。

一方、不良品である場合は、店側負担となる場合もあります。

また、生き餌や冷凍餌といったものは、返品交換が難しい場合がほとんどです。

●送料

多くの通販では、送料がかかります。

通常便であっても、システム的にクール便の料金がかかってしまうということもあります。

なお、一定金額以上の注文で送料無料といった対応をしてくれている場合もありますので、配送についての疑問点は、注文確定前にしっかりと確認しましょう。

餌はもちろんのこと、釣りに必要な消耗品などもついでに購入検討してみてはいかがでしょうか。

餌や消耗品などを合わせて購入することで、送料無料となる場合もあります。

消耗品を注文するときは品番や型番に注意して間違えのないように購入しましょう。

また、大手の通販サイトでは、定期的にセールやポイントアップといったイベントが実施されるので、それに合わせて購入することで、よりお得に購入することができます。

通販を上手に使って釣り餌を購入しよう

釣りに頻繁に行くのであれば、それなりに餌は用意しなければなりません。

何かと忙しい毎日でも、通販なら自分の空いた時間にいつでも注文できます。

また、通販でのセールやポイントアップなどに合わせて購入すればよりお得に購入できます。

生き餌、冷凍餌、配合餌どれも通販で注文することはできますが、返品や送料については事前にしっかりと確認しておく必要があります。

釣りを楽しむためにも、注意点も理解したうえで通販を上手に活用しましょう。