魚釣りに使用するリュックの種類とお勧めしたい活用方法!

魚釣りに行くときは、最低限の荷物として「タックル」「食料」「飲料」「釣り餌(疑似餌を含める)」が必要です。

また、釣果の持ち帰り用アイスボックスや、固定釣り場のイス等も必要です。

それぞれの荷物は、リュックや手提げバックに収納することになりますが、収納方法や釣り場により安全性、運搬性、快適性が全く異なります。

今回は、リュックの使用をお勧めする理由と、リュックの種類などについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バックパックに鍵をつけよう!巾着タイプの場合は?

海外旅行や、アウトドアでも大活躍するのがバックパックですね。バックパックは巾着タイプから、ファ...

大切なフィルソンバッグが壊れたときの修理は問い合わせ

アウトドア派の方の中には、長年に渡り、大切にしている愛用品を持っている方も多いのではないでしょうか...

スノーピークのペンタシールドとは?魅力をブログから分析!

スノーピークは国産のアウトドアブランドで、その丁寧な商品作りとユーザー目線のサービスに定評があり...

長く使い続ける!コールマンのストーブのメンテナンス方法

コールマンと言えば、アウトドアの超定番ブランドですね。そんなコールマンのストーブは、どんなメ...

人気タープ!スノーピーク『ヘキサエヴォ』ブログの反応は?

数あるタープの中でも特に人気の高いタープの中にスノーピークの「ヘキサエヴォ」があります。大型...

入手しやすく使いやすい釣り餌『イカ』!どんな魚が釣れる?

食卓にもお馴染みで、スーパーでも手軽に買える『イカ』は、釣り餌としても優秀だということをご存知で...

サイクリングにおすすめ!ドイターレースexpとは?

サイクリング用のリュックやザックをお探しの方はいらっしゃいますか。長時間背負っていることの多い...

プリマロフトのジャケットが評判を集めている!

ウィンターシーズンのアウトドアには、冷たい冷気から体を守るジャケットが欠かせません。ダウンジ...

クーラーボックスの正しい使い方をご紹介~釣り編~

釣りをして釣った魚を、おいしく食べるために鮮度を保ってくれる重要なアイテムが、クーラーボックスで...

大人気のスノーピーク製ノクターン!点火方法や魅力をご紹介

アウトドアの人気ブランド、スノーピークを知らないキャンパーはいないでしょう。その製品は高品質...

大人気のパタゴニア!アウトレット札幌南をご紹介!

アウトドアメーカーとして有名なパタゴニア。アウトドア用品はもちろん、最近では日常着としても、...

温度調節にはポーラテックアルファを!ベストのご紹介

アウトドアで、ジャケットやフリースだと暑いけど、脱いでしまうと寒いときがありますよね。そのよ...

スノーピークで人気のチタンマグ!スタッキングもできる?

キャンプの必需品の一つに、マグカップがあります。キャンプ場でゆったりとくつろぐために、冷たい...

魚釣り初心者はリールを買う前に用途と種類を覚えよう!

魚釣りの初心者にとって、リール選びは大変重要なことです。正しい知識を持たずにリールを買うと、...

山の靴といえばスカルパ!キメラが高評価な理由とは?

スカルパといえば、登山・トレッキング・クライミングなど、山のアクティビティで定番のシューズブラン...

スポンサーリンク

魚釣りにリュックをお勧めする理由とは?

海・池・川と魚釣りのシーンは異なりますが、釣り場まで移動するときは、手ぶらで行けることが理想です。

たくさんの荷物を両手に抱えている方も多いですが、転倒することもありますので、できるだけ片手は空けておくようにしたいものです。

そんなとき、リュックが役立ちます。

リュックは背負えることができるため、両手が空きます。

また、転倒時の緩衝材や転落時の浮き輪代わりとして、安全対策としても役に立ちます。

リュックの類似品として、ウエストバックも両手を空けることができるのでお勧めです。

さらに、ウエストバックはリュックと併用可能なため、両手は空けたまま収納力が高めることができます。

これまで手提げなどを使用していた方はリュックの使用を検討してみましょう。

なお、釣り竿も必ず竿袋に入れて持ち運びましょう。

竿にリールを付けたまま、袋に入れない竿を数本手に持ち、バケツにその他の荷物を入れて歩く人を見かけます。

袋に入れずに竿やリールを持ち運ぶと傷みますし、ゴミが出たときに両手が塞がったままでどうやって持ち帰るのか気になるところです。

しかし、リュックを使用すれば余裕をもって竿などの大きな荷物を持ち運ぶことができます。

これまでリュックを使用したことのない方はリュックの使用を検討してみましょう。

魚釣りに使用するリュックにはどのような種類がある?

リュックの種類は非常に多く、どれを選んでよいか迷ってしまいますよね。

専門的で特殊な道具を使用する釣りでない場合は、基本的には以下の5種類のリュックがあれば荷物もかさばることなく、十分に対応できます。

・15~20リットル程度の小型リュック

釣り場が駐車場から比較的近く、タックルも多くない場合にお勧めです。

・30リットル程度のサイドポケット付きリュック

釣り場が駐車場から離れ、食料や飲料も持ち運ぶ場合にお勧めです。

・リュックにイスが付いている製品

堤防や池のように、釣り場から移動しない場合にとても便利です。

・リュックにクーラーボックスが付いている製品

釣果を持ち帰る予定がある場合にお勧めです。

また、クーラーボックス付きリュックは移動しながら釣り歩きをする、ルアー釣りや渓流釣りに最適です。

・ウエストバック

これらのリュックと併用がお勧めで、主に予備タックルや飲料を入れておくのに便利です。

専用道具を大量に使用する魚釣りでもリュックがお勧め!

ヘラブナ釣りや磯釣りは専用の道具を使用します。

基本的な釣りと違う点は、大量のタックルや撒き餌を使用することです。

大量のタックルや撒き餌などを入れる専用の道具入れがありますが、入れ物自体がとても大きいです。

このような釣りをする場合、一般的にリュックは使用されていません。

しかし、以下の理由でリュックも併用することをお勧めします。

専用道具入れは、道具を入れるものであるため基本的に手持ちで運搬します。

しかし、食料などの携行品も一緒に専用道具入れに入れてしまうと、いろいろな問題点が出てきます。

食料などの携行品はリュックに入れて背負うことで手持ちの荷物が減り、安全性と運搬の快適性が向上します。

また、磯釣りや船釣りでは、ほとんどの方がライフジャケットを着用していますが、その他のフィールドでは着用率が低いです。

釣り用ベストにライフジャケットの機能も備えた製品もありますが、高価なため使用している方は少数です。

リュックは、使い方次第で浮き輪の代用品になりますので、安全性が格段に高まります。

魚釣り用リュックの中身には「チャック付きビニール袋」の使用がおすすめ!

釣り用リュックに携行品を詰めるときは、無造作に入れると使い勝手が悪くなります。

目的別に携行品を分類し、それぞれを、チャック付きビニール袋に入れることをお勧めします。

例えば、食料は衛生面からタックルなどと接触させないほうが安全です。

袋に入れておけば衛生面を気にすることなく食事をとることができます。

また、もしリュック本体を水に落としたり、雨に濡れたりしてもチャック付きビニール袋を使用していることで沈みにくくなりますし、リュックの中身は濡れずに済みます。

食料だけでなく、雨具や薬品、傷テープ等の常備品も、袋に入れましょう。

リュックの容量に余裕があれば、ペットボトル飲料を携行することもお勧めです。

飲み終わったペットボトルは立派な浮力材となるので、空のペットボトルも捨てずに利用しましょう。

近年は、子供連れで釣り場に来る方も増えましたが、子供こそ転落に気を付けなければなりません。

子供にはライフジャケットを着せるべきですが、前述のとおりリュックでも代用できます。

ただし、子供の場合はリュックをお腹に背負わせるようにしましょう。

お腹側にリュックを背負うと、水面で仰向けになるため溺れにくくなります。

魚釣り用リュックに入れる荷物にチャック付きビニール袋を使用することで、使い勝手がよくなるほか、衛生面、安全面にも考慮できます。

防波堤釣りにおすすめの道具と「イス付きリュック」をご紹介!

まず、防波堤釣りにおすすめの道具をご紹介します。

・イス付きリュック
・ウエストバック
・竿袋
・ネット(折り畳み式)
・フラシ
・水汲み用のひも付きバケツ(釣り餌も入れとしても使用)

ネット(折り畳み式)とフラシは、竿袋に入れます。

「イス付きリュック」とは、リュックの背負う面に簡易的なパイプ椅子が付いているリュックのことです。

リュックとパイプ椅子は一体型になっている場合が多いですが、椅子として使用する場合は、パイプ椅子部分を広げるだけで使用することができます。

また、これらの携行品であれば、片手はフリーにできるため、物につかまることが可能になり、転倒時の安全性も高まります。

駐車場から釣り座まで歩くときにも手が疲れにくいです。

釣り座到着後は、リュックに付いたパイプ椅子に座れるため、とても快適です。

また、釣り座を移動する場合もスピーディに行えます。

クーラーボックスとパイプ椅子を持参するために、キャリーカートを使用している方を多く見かけます。

しかし、他の釣り人の置き竿で通行できなかったり、迷惑をかけたりすることもあるため、必要以上の荷物を持参することは慎むべきでしょう。

背負える程度の荷物とバケツであれば、スペースを最小限に抑えることができ、他の釣り人の迷惑にもなりにくくなります。

「クーラーボックス付きリュック」をおすすめする理由と活用方法をご紹介!

渓流釣りやルアー釣りには、筆者を含め、渓流釣りの経験者とともに試行錯誤した結果、「クーラーボックス付きリュック」の使用をお勧めします。

その理由をご説明していきます。

渓流釣りは、長時間を要するので食料と飲料を大量に携行します。

そのため、クーラーボックス付きリュックでしたら、傷みやすい食材も持参できますし、釣果を持ち帰る際にも魚の傷みを防止できます。

クーラーボックス付きリュックをお勧めする理由はそれだけではありません。

渓流釣りでは足場は舗装されていませんので、移動時には両手を空けておくことが基本です。

釣果を渓流籠(魚を入れる竹籠)を使用している方も多いですが、多くの荷物を肩にかけていると、岩場などの危険箇所で邪魔になることがあります。

クーラーボックス付きリュックでしたら邪魔になる心配がありません。

それでは、最後にクーラーボックス付きリュックの活用方法をご紹介していきます。

まず、事前に凍らせたペットボトルと、瞬間冷却材(ワンパンチで氷点下になるパック)を入れておきましょう。

ペットボトルの中身が凍っているうちは保冷剤として、とけた後は飲料として利用できますので、氷を持ち運ぶよりも効率的です。

瞬間冷却材は、魚の内臓とエラを取った後などに使用するとよいでしょう。

釣り餌も、川虫やイクラはクーラーボックスに入れておきましょう。

必要分は小箱に入れ、ベストのポケットに収納すると便利です。

籠を持ち歩かず、クーラーボックス付きリュックを背負うことで、肩の負担も少なく済み快適に渓流釣りが楽しめます。

また、渓流釣りに限らず、移動しながら釣果を持ち歩くことが前提の釣りであれば、同様にクーラーボックス付きリュックが活躍するでしょう。

ここでおすすめのクーラーボックス付きリュックをご紹介します。

商品名:X’SELL(エクセル) 渓流バッグ

参考価格:5,378円(税込み)

リュック本体のサイドに竿を入れるポケットが付いています。

渓流釣りで使用する竿は基本的に短竿ですが、手持ちしなくて済むのは嬉しいですね。

魚釣りは用途に合ったリュックで快適・安心・安全に楽しもう!

リュックを使用することで、両手が空き安全性、運搬性、快適性が上がります。

万が一、水中に転落した場合でも浮き輪や緩衝材の役割も果たします。

また、釣り用リュックには様々な種類があります。

釣り場や用途に合わせたリュックを選びましょう。

これまで、「本格的な釣りはしないから」などの理由でリュックを使用していなかった方も、ぜひこの機会にリュックを使用して快適に釣りを楽しみましょう。