ダッチオーブンの手入れを楽したい!おすすめはユニフレーム

アウトドアシーンで、今や必要不可欠な調理器具といえば「ダッチオーブン」ではないでしょうか。

各メーカーから色々なタイプが販売されています。

しかし、ダッチオーブンの使用後のお手入れは、なるべく楽なほうがいいと思いますよね。

そんなあなたにおすすめするのは、初心者でも扱いやすいと人気の、ユニフレームのダッチオーブンです。

今回は、ユニフレームのダッチオーブンの魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダッチオーブン【ロッジ製】はシーズニング不要!レシピ紹介

ダッチオーブンは、ワイルドに素材のうまみを活かした料理ができて、キャンプでも大活躍します。重く...

大活躍!スノーピークのタープ『ポンタ』の張り方とその実力

スノーピークと言えば、タープやテントをはじめ、ランタンやバーナーなどでも有名な日本のアウトドアメ...

キャンプファイヤーの出し物!幼稚園児に合ったものをご紹介

幼稚園は季節ごとにイベントが多く、そのイベントを親子で楽しみにしているご家庭も多いのではないでし...

ヒルバーグのテント・ケロンを調査!ブログでの評判は?

ヒルバーグのテントと聞いて「一度は手にしてみたい」と考えるキャンパーは多いのではないでしょうか。...

頼りになって大人気!ユニフレーム「ツーバーナー」の使い方

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで料理をする時に、大活躍してくれるのがバーナーです。そ...

仲間とバーベキューを楽しみたい!おすすめメニューは?

週末などを利用して、気軽にバーベキューを楽しむ方が増えています。普段とは場所を変え、屋外で食...

トランギアの五徳は自作できる!その作り方とは

ソロキャンプや登山で調理などをする際に使うことも多い「アルコールバーナー」。特に定番なのがトラ...

バーベキューでチーズフォンデュを楽しもう!そのやり方とは

バーベキューで、お肉と野菜、魚介類などを焼くのは定番ですよね。その定番に加えて、サイドメニュ...

キャンプをより楽しく!犬連れキャンプブログで事前準備!

近年、キャンプブームが到来しています。そこで今回、スポットを当てるのが「犬連れキャンプ」...

バーベキューといえば肉!少しアレンジした肉料理をご紹介!

バーベキューの主役といったら、「肉」をあげる方が多いことでしょう。シンプルに焼いてタレをつけ...

魅力いっぱい!優秀なスノーピークのトーチの使い方

キャンプなどのアウトドアで、火起こしの時などに大活躍してくれるアイテムがトーチです。トーチは...

アウトドアの調理で大活躍コールマンツーバーナーの修理方法

アウトドアの醍醐味と言ったら、外で食べる美味しい料理ですよね。外で食べることによって、いつも...

スノーピークのペグハンマー!特徴と使い方を詳しくご紹介

「品質に、情熱を。」というスローガンを掲げるスノーピーク。品質のクオリティの高さは、圧倒的な...

コールマンのガスコンロを修理依頼!費用や時間の目安は?

バーベキューやキャンプをするときに、あると便利なガスコンロ。コールマンのガスコンロで料理の幅...

キャンプは料理が大事!夏の暑さを乗り切るキャンプ料理

夏のキャンプといえば、シーズン真っ最中、どこのキャンプサイトも賑わう時期です。下界の暑さから...

スポンサーリンク

ユニフレームとは

キャンパーにとって、キャンプシーズンがやってくるのは待ち遠しいことですよね。

また、「今年こそキャンプデビューをしよう!」と思っている人もいるでしょう。

キャンプの楽しみの一つに、アウトドア料理があります。

大自然の中で食べる料理の美味しさは、一味も二味も違うものです。

ダッチオーブンは、そんなアウトドア料理でよく使われています。

おすすめは、ユニフレーム製のものです。

キャンプ用品に興味がある人ならば、誰もが知っている「ユニフレーム(UNIFLAME)」。

ユニフレームは新潟県燕市にある、アウトドア・キャンプ用品総合メーカーの(株)新越ワークスのブランド名です。

1985年に設立されてから、「ユニークなフレーム(炎)を創造する」という理念を持って製品作りに励んでいます。

大抵の製品を日本の職人が作っているため、品質が非常に高いです。

ユニフレーム製品の特徴としては、サビに強く、丈夫なステンレス鋼が素材に使用されていることです。

ユーザーとしては、長持ちしてお手入れも簡単なものが嬉しいですよね。

ユニフレームのダッチオーブンの特徴

すでにユニフレームのダッチオーブンを使用している人も多いかもしれませんね。

ここで改めて、他ブランドとは異なるユニフレームのダッチオーブンの魅力を再確認してみましょう。

キャンプ初心者の人は、これから購入を検討する際の参考にしてくださいね。

よく目にする他メーカーの、黒い鋳鉄製のダッチオーブンはどうやって作られているかというと、溶かした鋳物素材を型に流し込んで成型しています。

では、ユニフレームのダッチオーブンは、どうやって作られていると思いますか。

それは、「黒皮鉄板」と呼ばれる一枚の鉄板を鍋状にプレス加工して成型しています。

この「黒皮鉄板」が使用されているということが、ユニフレームのダッチオーブンの最大の特徴とも言えるでしょう。

通常、キャンプで焼き物をする際は、火力も強めで、使用時間も長めになりますよね。

そうすると、どうしても焦げついてしまいます。

優しく洗って焦げを落とすのは、時間がかかって大変ですよね。

硬い金属製のタワシで、ゴシゴシ洗いたいものです。

しかし、鋳物素材の鍋はゴシゴシと洗ってしまうと表面の油膜が剥がれてしまってさらに焦げつきやすくなり、同様の理由で洗剤も使用できません。

その点、ユニフレームのダッチオーブンは酸化皮膜で守られているため、家庭用洗剤や硬い金属製のタワシなどで思いっきり洗えます。

ですから、使用後のお手入れはとても簡単です。

気軽に洗って乾燥させたら、最後に食用油を塗るだけです。

これなら面倒臭がりな男性でも、率先して手伝ってくれそうですね。

長期的な使用に嬉しい!ユニフレームのダッチオーブンは頑丈で錆びにくい!

ユニフレームのダッチオーブンは、洗剤も使用できるし、金属製のタワシも使用できるので、お手入れが非常に楽で良いですよね。

しかし、まだまだ魅力的な特徴があるのです。

●プレス加工されているため頑丈

鋳物ではなくプレス加工された鉄板なので、衝撃や急激な温度変化に強いのです。

具体的には、誤って落下させてしまったり、ダッチオーブンが温まっているところに温度の低い水を入れても、破損しにくくなっています。

一度購入すると長く使用できるので経済的とも言えますね。

●錆びにくい

黒皮が表面を保護しているため、赤サビが発生しにくいです。

ただし、100%錆びないわけではないので、使用後はしっかりとお手入れをしておきましょう。

●精密加工によって調理時間の短縮と効率的な加熱が可能

ダッチオーブン本体と蓋の加工精度が高いことも忘れてはいけない特徴です。

本体と蓋の加工精度が高いことで蒸気が漏れにくく、食材に熱がしっかりと伝わります。

厚い鉄で成型されているため、そもそも高い保温性を持っていますが、さらに内部の熱を効率的にキープできるのです。

●IH調理器具にも対応できる

ユニフレームのダッチオーブンの底には脚がありません。

そのため、ご家庭のIHヒーターでも調理が可能です。

お手入れも簡単!ユニフレームのダッチオーブンの種類

ユニフレームのダッチオーブンは、キャンプ初心者に是非おすすめしたい一品です。

それは、これまでご紹介してきたように、他メーカーのダッチオーブンと比較しても耐久性に優れており、お手入れも簡単だからです。

それでは、ユニフレームのダッチオーブンの種類についてご紹介していきますね。

ご自分のキャンプスタイルに合ったものを選び、シーンごとに使い分けてみましょう。

【ダッチオーブン スーパーディープ 6インチ】

小さくて見た目にも可愛らしいです。

小さいため、お手入れもしやすいです。

ソロキャンプにピッタリですね。

・重さ 1.8kg
・サイズ 15.0×7.7cm

【ダッチオーブン スーパーディープ 8インチ】

2~3人分の料理を作る際に適しているサイズです。

また、ダッチオーブンを2個使いして、違う料理を作りたい場合にもおすすめです。

・重量 4.2kg
・サイズ 20.5×9.5cm

【ダッチオーブン スーパーディープ 10インチ】

最もスタンダードなサイズと言えるでしょう。

友人達やファミリーでのキャンプに適しています。

深さもあるので、スープ系などの色々な料理に対応できます。

・重量 5.8kg
・サイズ 26.0×11cm

【ダッチオーブン スーパーディープ 12インチ】

大人数でのキャンプにおすすめです。

量がたくさん作れるだけでなく、自然の中ならではのワイルドな料理を作るのにも適しています。

・重量 8.8kg
・サイズ 30.5×13cm

使用後のお手入れが少なくても使用開始時には必ずシーズニングを!

ユニフレームのダッチオーブンは、キャンプで調理に使った後の面倒臭いお手入れが少ないことが特徴です。

しかし、注意点があります。

購入後に初めて使用する際には、「シーズニング」と呼ばれている焼きならしを必ず行ってください。

新品時に付着している塗料を除去して、油をなじませることが大切なのです。

焼きならしをしないまま調理をしてしまうと、腕を奮って作った料理に塗料独特の臭いが付着してしまいます。

いくら料理の味が良くても、そんな臭いがしては食欲が失せてしまいますよね。

以下にやり方をご紹介します。

①本体と蓋をコンロにのせて、煙が出てくるまで加熱を続け、塗料を焼き切りましょう。

②煙が出なくなったら、油と野菜のいらない切れ端などを炒めて、鉄臭さを除去します。

③よく洗って、しっかり乾燥させます。

④キッチンペーパーに、オリーブオイルなどの植物性オイルをしみこませて塗ったら完成です。

ちゃんとシーズニングを行うことで、赤サビや調理時の焦げをつきも予防できますよ。

ユニフレームのダッチオーブンでローストビーフを作ってみよう!

お手入れも楽で、蓄熱性の高いユニフレームのダッチオーブンを使用すれば、とても簡単にジューシーなローストビーフが作れます。

牛ロースブロック肉は見た目にも豪快感があるため、キャンプシーンにもとても映えます。

お肉好きなキャンプ仲間のテンションもあがること間違いなしです。

それでは、ダッチオーブンを使用してローストビーフを作る基本的な方法をご紹介します。

①最初に、牛ロースブロック肉を常温に戻しておくことが美味しく作るコツの一つです。

②肉に塩コショウをすり込み、少し置いて味をなじませます。

③煙が出るくらい熱したダッチオーブンにオリーブオイルをひいたら、肉の表面に焼き色がつくぐらい焼きます。

④一旦肉を取り出します。

⑤今度は、ダッチオーブンの底に底網を敷き、その上に肉をのせます。

⑥蓋をして下火は中火~弱火で、蓋の上に炭をのせたら、約30~40分ローストします。

⑥火が通ってきたら、肉の中心に串を刺してみましょう。

金串の先が生暖かくなっていたらOKなので、消火してください。

⑦肉を取り出してアルミホイルに包みます。

温かい所で約15~20分休ませたら出来上がりです。

最後に、キャンプでも簡単に作れる美味しいグレービーソースの作り方をご紹介しますね。

【材料】

・赤ワイン
・しょうゆ
・はちみつ
・酢

【作り方】

①肉汁が残ったダッチオーブンの中に、全部の材料を入れます。

②中火で約5分煮立て、半量くらいに煮詰めたら出来上がりです。

ユニフレームのダッチオーブンで楽しくクッキング

キャンパーであれば、ユニフレームの製品を一つは持っていると言っても過言ではないでしょう。

ユニフレームのダッチオーブンは、お手入れも簡単でコスパも高いです。

サイズ展開も4種類あるので、キャンプシーンによって上手に使い分けましょう。

普段、家では作れない豪快な料理に挑戦してみるのも盛り上がりますし、楽しいですよ。