一人だって楽しめる!一人バーベキューを盛り上げる道具たち

バーベキューは、家族や友達と大人数で楽しむイメージがありますが、その反対に「一人バーベキュー」も人気を集めています。

仲間と賑やかにバーベキューをするのも良いですが、一人のバーベキューも良いものです。

のんびりと景色を眺めたり、昼寝したり、そしてメインのバーベキューなど、スローライフ的な楽しみ方ができます。

「一人バーベキュー」は、基本的に一人で行うため、持っていく道具や食材は自分好みで決められます。

この記事では、そんな自由気ままな一人バーベキューの魅力と、便利なアイテムなどをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキューやパーティにおすすめ!簡単バケットレシピ

バーベキューやホームパーティーで、メインの他に何か存在感のあるサイドメニューを取り入れたいと思っ...

ユニフレームの人気タープの特徴と張り方を徹底解説!

ユニフレームは新潟県に本社を置く、株式会社新越ワークスが運営する日本の人気アウトドアメーカーです...

モンベルグローブ!万能な防水タイプでアウトドアを楽しもう

アウトドアで、1つは持っておきたいのがグローブです。登山やトレッキング、バイクや自転車でのツ...

キャンプ場ブログアクセス数UPのコツ!関西でのオススメは?

あなたは、「ブログ」を書いたことがありますか?何かを調べたいときのツールの一つとして、「ブロ...

コールマンのランタン!ガソリンは入れっぱなしでも大丈夫?

焚火やキャンプファイヤーなどの自然の炎や、ランタンの明かりに照らされる、キャンプの夜のひと時。...

アウトドア好き必見!オススメのバーベキューコンロをご紹介

キャンプなどのアウトドアの定番となっているのがバーベキューです。お好みの食材を持ち寄って、家...

飯盒を使ったご飯の上手な炊き方!カセットコンロを活用!

アウトドアの上級者といったら飯盒(はんごう)炊飯ですよね。意外と難しく、初心者はべちゃべちゃの...

コールマンの寝袋の上手なたたみ方と使い方

キャンプの時、寝るために必要になるものと言えば「寝袋」ですよね。そんな寝袋は、使うときはいいけ...

日本一の湖「琵琶湖」のキャンプ場!無料スポットもご紹介

日本で1番有名な湖の琵琶湖は、とても人気のあるキャンプ場であることでも有名です。琵琶湖の周囲...

キャンプで料理をするために必要な調理道具を揃えよう!

キャンプの中でもいちばん楽しい時間は、「食事の時間」という方も多いでしょう。食べるだけでなく...

バーベキューでチーズフォンデュを楽しもう!そのやり方とは

バーベキューで、お肉と野菜、魚介類などを焼くのは定番ですよね。その定番に加えて、サイドメニュ...

高級テント・ヒルバーグ『アクト』に使用者ブログから迫る!

ヒルバーグのアクトといえば、高級なテントとしてご存知の方もいらっしゃるかと思います。些細な箇...

廃盤のスノーピーク「トルテュpro」ブログでの評判は?

多くのアウトドアファンから親しまれていたスノーピークの「トルテュpro」が、残念ながら2018年...

寒い冬でもバーベキューを楽しもう!温かい鍋がおすすめ!

寒さが厳しい冬は、バーベキューのイメージが湧きにくいですよね。しかし、近年、冬にバーベキュー...

キャンプで炊飯担当になったら!水の量や注意点を知ろう

キャンプでご飯を炊くには、どんなコツが必要になるのでしょうか。おかずがあまりいい出来でなくても...

スポンサーリンク

一人だからこそ楽しめる!一人バーベキューの魅力

バーベキューは、家族や友達など、大人数で行うととても楽しいですよね。

しかし、大人数の場合、火起こしを任されたり、鍋奉行ならぬバーベキュー奉行のような方がいたり、何かと自分のタイミングで物事を進められないこともあります。

「バーベキューは大人数だからこそ楽しい!」と言う方もいらっしゃいますが、人見知りの方などは、気の休まる空間ではないかもしれません。

そんな方におすすめなのが、「一人バーベキュー」です。

一人バーベキューでしたら、自分専用のこだわりの道具を揃えて、好きな食材を好きなタイミングで焼いて食べるなど、思うままにバーベキューの時間を過ごせます。

自分の思うまま、自由気ままにのんびりできる最高のシチュエーションを味わってみましょう。

一人バーベキューに必要な道具をご紹介

複数人でバーベキューに行く場合は、持参する持ち物を分担することができますが、一人バーベキューでは、道具は全て自分で用意しなければなりません。

コンロやグリルといった必需品から、火を起こす着火剤や炭、食材はもちろん、取り皿なども必要です。

バーベキューが終わったあとに片づけるための道具などもあり、持っていくものはたくさんあります。

忘れ物のないよう、持っていくものリストを作成し、事前にチェックしておきましょう。

【一人バーベキュー持ち物リスト】

・バーベキューコンロ、グリル
・網
・鉄板
・トング
・箸
・食材
・シート、椅子、テーブル
・炭
・着火剤
・チャッカマン
・うちわ
・軍手
・ゴミ袋
・防虫スプレー
・お皿、コップ

バーベキューを行う場所や目的によっても、必要な持ち物は変わりますが、最低限これらの道具は揃えておきましょう。

ホームセンターやショップを覗いてみると、バーベキューを快適にする便利グッズがたくさんあります。

「これがあったらもっとバーベキューが楽しくなる」と思うアイテムがあったら、持っていくものリストにぜひ加えてみてください。

一人バーベキューにぴったりのバーベキューグリルは?

バーベキューを一人で行う場合、持参する荷物や道具を「可能な限り少なくする」ということは、重要なポイントです。

数ある道具の中でもかさばってしまいがちなのは、「グリル」ではないでしょうか。

そこで、一人バーベキューにおすすめの、軽くてコンパクトなグリルをご紹介します。

●【ユニフレーム:ユニセラ TG-Ⅲ】

・組み立てサイズ:315×250×190(高さ)mm
・収納サイズ:315×165×85mm

一人バーベキューにもってこいのコンパクトバーベキューグリルです。

主さ約3.1kgという軽量グリルですので、持っていく荷物が重くなりにくいです。

●【CAMPINGMOON:ミニBBQコンロ】

・組み立てサイズ:約幅19.5×奥行19.5×高さ15.5(+4.0cm)
・収納サイズ:約幅20×奥行20×高さ6cm

約1.6kgという軽さを実現した、極小サイズのコンロ兼焚き火台です。

一度、組み立て方を覚えてしまえば、15秒程度で組み立てられます。

3段階の高さ調節で焼き加減の調節もできる優れものです。

一人だと火起こしは大変?そんな時に役立つアイテム

バーベキューは、最初にグリルを設置し、火を起こすところから始まります。

種火は、着火剤を使用したり、新聞紙などに火を付けたりして作ります。

そこに炭を投入し、うちわで仰いでさらに火力を強くします。

火力を強くする作業は難しく、火の近くで作業するため汗もかきます。

そこで、一人でも簡単に火起こしができる便利な道具をご紹介します。

最初にご紹介するのは、身近なアイテムである「牛乳パック」で火起こしをする方法です。

牛乳パックは、ワックスでコーティングされており、雑誌や新聞紙などよりよく燃えるうえに、燃えカスも少ないという特徴があります。

手に入れやすいものですので、準備に手間がかかりません。

次は、便利に火起こしができるアイテムをご紹介します。

【キャプテンスタッグ:バーベキュー用 折りたたみ 火起こし器 炭焼き名人】

・組み立てサイズ:約18.5×19×20.5cm
・収納サイズ:約15×20.5×5.5cm
・重量:約1kg

煙突効果を利用した画期的な火起こしアイテムです。

木炭を縦方向に入れることにより、通常よりも短時間で火を起こすことができる優れものです。

火起こし器は多くのアウトドアブランドから発売されています。

一人バーベキューをスムーズに行うためにも、火起こしがしやすい道具を揃えておきましょう。

一人でも簡単!道具の持ち運びが楽になるおすすめ便利アイテム

一人バーベキューでは、重い荷物も自分で運ばなければなりません。

また、できるだけ荷物がかさばらないようにしたいですよね。

そんな時に役立つ、軽くて便利な道具をご紹介します。

●【コールマン:アウトドアワゴン】

・組み立てサイズ:約106×53×100(h)cm
・収納サイズ:約18×40×77(h)cm
・荷台サイズ:約88×42×31(h)cm
・重量:約11kg

どうしても重量のある道具を持っていかなければいけない場面で役に立つのが、こちらの「コールマン:アウトドアワゴン」です。

とても頑丈な造りをしており、100kgまでの荷物を乗せることができます。

車輪が4つ付いているので、足場の悪い所でも、重い荷物を乗せてスイスイ進んでくれますよ。

バーベキューの荷物の中で、大きさと重量があり、持ち運びに苦労するのがテーブルではないでしょうか。

持ち運びしやすく一人バーベキューにおすすめのテーブルをご紹介します。

●【キャプテンスタッグ:アルミロールテーブルコンパクト(ブラック)】

・組み立てサイズ:幅400×奥行290×高さ120mm
・収納時:70×60×長さ400mm

重量は700グラムと軽量ながら、30kgまでの重さに耐えることのできるオシャレなコンパクトテーブルです。

軽量かつ折りたたむこともできるので、「持ち運びしやすい」として人気があります。

大切なのは道具だけではない?防虫対策も忘れずに!

バーベキューには、「虫」がつきものです。

蚊やアブなどから身を守る道具は必ず準備しておきましょう。

そこでここでは、バーベキューに役に立つおすすめ防虫グッズをご紹介します。

●【オンヨネ:メンズ 虫よけ 長袖 Tシャツ 】

虫を寄せ付けない成分で作られた長袖Tシャツです。

汗をかいても優れた速乾性で、サラサラした肌触りを保ちます。

レディース展開もあるので、女性にも人気です。

●【シェラデザインズ:ボウブン ツリー L/S Tシャツ】

こちらも長袖シャツですが、「バイタルプロテクション」という虫の嫌う主成分が含まれているため、強い防虫効果を発揮します。

その効果は、蚊媒介感染症の多い南アフリカでも使用されるほどです。

●【フルックス:強力虫よけはっかスプレー】

はっかは虫の苦手とする成分です。

肌に吹きかけることで、蚊やアブなどを遠ざけてくれます。

楽しい一人バーベキューを邪魔されないよう、防虫グッズは必ず持っていきましょう。

便利な道具を使って一人バーベキューを楽しもう!

一人バーベキューは、ゆっくりと一人の時間を楽しむことができます。

しかし、一人であるため、全ての準備や設営を自分で行わなければなりません。

バーベキューの作業の中でも、特に大変な作業は「重い荷物を運ぶ」ことと「火起こし」です。

今回ご紹介した、火起こし器やワゴンなどを使用すれば、一人でもスムーズにバーベキューを行えるでしょう。

一人バーベキューをとおして、最高に自由でステキな時間を過ごしましょう。