ソロキャンパーの強い味方!モンベル ミニタープHXの魅力

モンベルは、様々なアウトドア用品を取り扱っている人気のアウトドアメーカーです。

特にタープは有名で、多くのアウトドアファンから愛されています。

この記事では、そんなタープの中でも注目のミニタープHXの魅力についてご紹介していきます。

モンベルの魅力

まずは、モンベルの魅力について探っていきます。

〇モンベルとは?

モンベルは1975年に社長の辰野勇が登山仲間の2人と設立した、日本のアウトドアメーカーです。

登山用品を中心に様々なアウトドアグッズが販売されています。

マスコットキャラクターのクマの「モンタくん」が、店頭に立っているのを見たことがある方もおられるのではないでしょうか?

〇モンベルの魅力

モンベルの魅力は、なんと言ってもその品質にあります。

使う素材などはもちろんのこと、アフターサービスも充実していて、破損した時の修理などでも高い評価を受けています。

〇モンベルの取り組み

モンベルが行っている取り組みも魅力の一つです。

モンベルは「アウトドア義援隊」という活動を行っています。

「アウトドア義援隊」というのは、災害が起きた時に募金を集めたり、被災地の避難所などにテントや寝袋などを提供するなどの活動を行うモンベルの取り組みです。

これはアウトドアメーカーだからこそ出来ることで、そういった取り組みを活発に行っているのもモンベルの魅力でしょう。

次は、このように魅力いっぱいのモンベルのミニタープHXの魅力についてご紹介していきます。

モンベルのミニタープHXの魅力

ここからは、モンベルのミニタープHXの魅力についてご紹介していきます。

〇ミニタープHXとは?

ミニタープHXとは、ソロでのキャンプやツーリングなどに最適なタープのことです。

とても軽量でコンパクトなので、荷物もかさばらず、持ち運びにもとても便利で人気があります。

〇ミニタープHXのスペック

・サイズ 338cm×280cm

・収納時サイズ 23cm×12.5cm

・幕体の重さ 640g

・カラー ダークフォレスト、グリーン

・耐水圧 1500mm

〇ミニタープHXの魅力

・サイズ

コンパクトとは言うものの、張った時のサイズは3mを超えるので、しっかりとタープの役割を果たしてくれます。

それでいて収納したらとてもコンパクトで軽いので、大変便利です。

・耐久性

ポールとタープの接合部は、耐久性のあるステンレスを使用しています。

また、縫製部分のテンションが分散されるようにずらしてあったりと、耐久性にも優れています。

・難燃性の素材

万が一、火に当たってしまっても、自己消火してくれる難燃素材を使っているので、燃え広がる心配がありません。

このように、ミニタープHXには魅力がいっぱいです。

ミニタープHXの張り方

次は、魅力いっぱいのモンベルのミニタープHXの張り方についてご紹介します。

①場所選び

まずは、張る場所と向きを選びます。

テントなどと一緒に張る時は、その大きさも考慮して選ぶようにして下さい。

また、太陽の動きも考慮して向きを決めると、暑い夏場でも一日中快適に過ごせます。

②タープを広げる

場所が決まったら、そこに実際に張った時の向きに合わせてタープを広げます。

きれいに広げ終わったら、各ロープを取り付ける位置に、それぞれロープを取り付けて下さい。

③ロープのペグダウン

先ほど取り付けた各ロープをそれぞれペグダウンしていきます。

④ポールを立てる

ポールを立てて、各ロープの張りを調整して完成です。

このように、ミニタープHXは張り方も簡単で、一人であっという間に完成させることが出来るのも魅力の一つになっています。

ミニタープHXの張り方アレンジ

モンベルのミニタープHXの基本的な張り方についてご紹介しましたが、ここからは、その張り方のアレンジ方法についてもご紹介していきます。

〇テントの上に張る

テントの上にタープが被さるように張ることで、夏場などの強烈な日差しを防ぐことが出来ます。

また、雨の侵入を防いでくれたり、テントが濡れるのを防いでくれたりもします。

〇テントの入口部分に張る

テントの入口部分に張ることで、風の侵入を防いでくれたり、冬場などは冷気の侵入も和らげることも可能です。

また、目隠しにもなるので、プライバシーをしっかりと確保してくれます。

〇タープの片側を直接ペグダウン

タープの片側をロープを使わずに直接ペグダウンすることで、風の侵入を和らげてくれます。

また、目隠し効果もあるので、プライベート空間が作れます。

他にもまだまだ張り方のアレンジはあります。

自分のシーンに合わせた張り方を探してみて下さい。

ミニタープHXと相性の良いモンベルのアイテム

モンベルのミニタープHXの張り方はわかりましたか?

ここからは、ミニタープHXと相性の良いモンベルのアイテムをご紹介していきます。

〇アルミミニタープポール165

ミニタープHXには、ポールが付属されていないので、別途用意する必要があります。

アルミ製で出来ているので、とても軽量で簡単に取り扱いが出来ます。

5本継のため、収納時もコンパクトになるので、持ち運びにも便利です。

〇ムーンライトテント

モンベルのテントの中でも特に歴史のあるテントです。

名前の由来は、月明かりだけでも簡単にすばやく設営が出来ることから、このような名前になりました。

ミニタープHXとの相性も良く、この二つがあればとても快適なソロキャンプが楽しめます。

ここでご紹介したもの以外にも、ミニタープHXと相性の良いアイテムはたくさんあります。

自分に合ったものをぜひ探してみて下さい。

モンベルの豊富なタープラインナップ

ここまで、モンベルのミニタープHXについてご紹介してきましたが、モンベルには他にも優秀なタープがまだまだあります。

ここからは、その優秀なタープをご紹介します。

〇ミニタープ

ミニタープHXと同様に、とてもコンパクトになので、持ち運びにも便利なタープです。

ミニタープHXよりもお手頃なので、初心者の方にオススメします。

〇ビッグルーフ

圧迫感のない造りになっているので、多人数でもゆったりと快適に過ごせます。

張り方も簡単で、張り綱を使用すれば、風にも負けません。

また、張り綱をタープの真ん中で張ることで、雨水の流れを良くすることが出来るので、タープの上に水が溜まらないようになっています。

もちろん防水性も抜群なので、急な雨が降った時もみんなで避難出来ます。

〇ビッグタープHX

大型で風にも強いタープながら、張り方も簡単なタープです。

単体でも快適に使えますが、別売の「ビッグタープHX オプショナルルーム」を取り付けると、とても広い前室が付いた4人用テントとしても活躍してくれます。

タフさもあるので、様々な環境下で使える優れものです。

このように、モンベルでは大型のタープも充実しています。

使う人数などに合わせて使い分けることで、様々なアウトドアシーンで活躍してくれます。

モンベルのミニタープHXでさらに快適なアウトドアライフを

モンベルのミニタープHXについてご紹介してきましたが、ミニタープHXの魅力は伝わりましたか?

ソロでのキャンプやツーリングなどをする機会が多い方は、これがあればきっと今までよりもさらに快適なアウトドアライフを過ごせるはずです。

もちろん家族でアウトドアを楽しむ方にもオススメなので、ぜひ一度ミニタープHXの良さを実感してみて下さい。