ランタンをキャンプに持っていこう!おすすめランタン情報

ランタンをキャンプに持っていく場合に、どのタイプのランタンがいいのでしょうか?

ランタンといえば、コールマンのようなガソリンランタンが思い浮かびますが、今はもっと手軽で使いやすいタイプが出てきています。

ここでは、おすすめしたいランタンの情報をご紹介していきます。

キャンプで使うランタンの種類についての情報!

ここでは、「ランタンの種類について」の情報をお伝えしていきます。

キャンプで使うランタンですが、3つの種類に分けられます。

ガソリンランタン・ガスランタン・LEDランタンです。

それぞれの特徴をご説明していきます。

〇ガソリンランタン

ガソリンランタンの大きな特徴のひとつに、「光量が大きい」ことが挙げられます。

ガスやLEDランタンと比べても、より明るい灯りで夜のキャンプを照らすことができます。

また、燃料がガソリンのため、寒い地域でも安定した火力が得られます。

ガソリンランタンの灯りは、自然の中を照らすのに雰囲気があり、一度使ってみるとその良さが分かります。

ただし、使用するのに、マントルの空焼きやランタンのメンテナンスが必要になります。

〇ガスランタン

ガスランタンの特徴は、ガソリンランタンと比べて点火がスイッチひとつでできることです。

ただし、燃費が良くなく、燃焼時間も短いため、長時間での使用はあまりおすすめできません。

また、ガソリンランタンと違い、寒い地域での燃焼に不安があります。

〇LEDランタン

LEDは、ガスランタン同様、スイッチひとつで灯りがつき、使いやすさが一番です。

他の2つのランタンと違い、テント内での使用ができます。

家族連れで小さいお子さんがいる場合には、特に安心です。

点灯時間が長いので、長時間の使用が可能です。

LEDランタンは、他2つのランタンと比べて「光量が小さい」と言われ続けてきましたが、近年大光量タイプのLEDランタンが出てきていますので、光量の問題はなくなりつつあります。

キャンプのときランタンはどこで使うかの情報!

ここでは、「キャンプのときランタンはどこで使うか?」の情報をお伝えします。

〇メインランタン

メインランタンとは、「テントサイト全体を十分に明るくさせるランタン」のことです。

今までは、光量の強さから考えて、ガソリンやガスランタンが使われてきました。

しかし、前項でもお話しした通り、LEDランタンでも大光量のものが出てきましたので、どのタイプのランタンでもメインランタンとして使用することができます。

〇テーブルランタン

テーブルランタンとは、「テーブルの上に置いて使うランタン」のことです。

料理や食事の際に使うため、光量はあまり強くなくて大丈夫です。

あまり強すぎる灯りだと、目が疲れてしまうため、ガスランタンやLEDランタンがいいでしょう。

場所を取らないコンパクトなタイプがおすすめです。

〇テントランタン

テントランタンは、「テント内を明るく照らすランタン」のことです。

テント内では、燃料を使うガソリンやガスランタンは火災の恐れがあるため、使用できません。

LEDランタンを使いましょう。

あまり明るい光量は必要ありません。

ガソリンランタンはどれがおすすめ?

ここでは、「おすすめのガソリンランタン」の情報をお伝えします。

キャンプサイトを大光量で照らし、趣のある灯りの雰囲気を味わいたいのであれば、ガソリンランタンがおすすめです。

その中でも特におすすめのガソリンランタンのご紹介です。

〇コールマン ガソリンランタンガソリンランタン286A

昔ながらの暖かい灯り、伝統的な形や作業を楽しめる方には、ぜひこの286Aランタンをおすすめします。

メンテナンスをしっかりすれば、ずっと使い続けることができます。

なお、明るさを示す「CP」ですが、ろうそく1本分の灯りを1CPとしています。

・明るさ 約200CP

・タンク容量 約590cc

・燃料 ホワイトガソリン

・燃焼時間 約7.5~15時間

・重量 約1.4kg

・価格 16,000円前後(参考価格)

〇コールマン ノーススターチューブマントルランタン

286Aよりも光量が大きく、自動着火装置が付いているので、ランタン初心者に優しいランタンになっています。

・明るさ 約360CP

・タンク容量 約940cc

・燃料 ホワイトガソリン

・燃焼時間 約7~14時間

・重量 約1.8kg

・価格 20,000円弱(参考価格)

キャンプで使うガスランタンのおすすめは?

ここでは、「おすすめのガスランタン」情報をお伝えします。

キャンプのメインとしてもサブとしても使えるガスランタン、おすすめのご紹介です。

〇コールマン 2500ノーススターLPガスランタン

OD缶タイプのコールマンのガスランタンで、メインランタンとして十分な明るさを持ちます。

伝統的な形と機能性の高さから、ベテランキャンパーから初心者まであらゆるニーズに応えることができるランタンです。

・明るさ 約320CP

・缶 470g缶

・燃料 LPガス

・燃焼時間 約4~8時間

・重量 約1.3kg

・価格 8,000円弱(参考価格)

〇コールマン ルミエールランタン

メインではなくサブ用ランタンとして活用できます。

マントルが必要ないため、キャンプ初心者に優しいランタンになります。

・缶 230g缶

・燃料 LPガス

・燃焼時間 約28~38時間

・重量 約210g

・価格 4,000円弱(参考価格)

LEDランタンはこのように進化してきている!

ここまで、ガソリンランタンとガスランタンの情報についてお伝えしてきました。

ここからは、LEDランタンに注目し、どのような種類があるのかをお話ししていきます。

LEDランタンは、アウトドアだけでなくインテリアとしても使えるキャンプ用ランタンが出てきています。

使い方は、それだけにとどまらず、地震などの災害のためにLEDランタンを揃えようと考えている人もいるのです。

形もさまざまで、従来のランタンの形にこだわらないユニークなデザインが増えています。

LEDというと、青白い光を思い浮かべますが、最近では暖色系の光も出てきていますので、キャンプの灯りとして使っても、ガソリンランタンに近い自然な灯りに近い光を演出できるようになってきています。

そして、何より大光量を実現させたところが、キャンプ用のLEDランタンとして大きく進化したところといっていいでしょう。

いままでは、光量が少ないことから、ガソリンやガスランタンと分けられて考えられていたLEDランタンですが、大光量を実現させた今、メインランタンとしても立派に使うことができるようになっています。

大光量を実現させたLEDランタンの情報!

ここでは、「大光量を実現させたLEDランタン」の情報をお伝えします。

〇GENTOSエクスプローラー EX-1000C

調節つまみによって、明るさを強くしたり弱くしたりができます。

・明るさ 1000ルーメン

・重量 1255g(電池含む)

・使用電池 単一アルカリ乾電池4本

・使用時間 最大光量で5.5時間

・価格 約5,000円弱・電池付き(参考価格)

〇コールマン クアッドマルチパネルランタン

取り外し可能な4個の発光パネルがついています。

・明るさ 800ルーメン

・重量 1.7kg

・使用電池 単一アルカリ乾電池8本

・使用時間 75時間

・価格 約8,000円前後(参考価格)

〇ルーメナー LEDランタン

コンパクトな上に軽量であるルーメナー、キャンプサイトを十分すぎるくらい照らすことができるランタンです。

・明るさ 1300ルーメン

・重量 220g

・使用電池 バッテリーLi-ion10000mAh

・使用時間 最大光量で8時間

・価格 約12,000円弱(参考価格)

キャンプに使うランタンは種類が豊富!

キャンプに使うおすすめランタンの情報をお伝えしてきました。

ランタンには3種類あり、ガソリンランタンとガスランタン・LEDランタンがありますが、特にLEDランタンは進化が著しく、大光量を実現させたり、従来のランタンにこだわらないデザインも楽しめます。

沢山あるランタンの種類のなかから、お気に入りをぜひ見つけてくださいね。