スノーピークの人気シェルター「カヤード」のブログの評判

人気アウトドアメーカーの1つスノーピークには、「カヤード」という人気シェルターがありました。

残念ながら2018年で廃盤となってしまいましたが、今回はカヤードにはどんな特徴があって、ブログからはどんな評判があったのかをご紹介していきます。

スノーピークの特徴とブログの評判は?

まずは、人気アウトドアメーカー「スノーピーク」の特徴やブログの評判をご紹介します。

〇スノーピークとは?

スノーピークは、新潟県燕三条に本社を置く日本生まれ、日本育ちのアウトドアメーカーです。

スノーピークには、これからご紹介する「カヤード」のようなシェルターの他にも、テントやタープ、バーナーにランタンなど、様々なアウトドア用品が揃っています。

スノーピークの製品は、そのどれもが素材からはじまり造りや機能まで、アウトドアメーカーとしてのこだわりを持って製造されています。

アフターサービスも充実していて、各製品にはあえて保証書を添付せず、製品の製造上の欠陥があった場合は、いつでも修理や交換などの対応をしてくれます。

〇ブログの評判

・どの製品もこだわりが感じられ、とても品質が良い。

・アウトドアの初心者から上級者まで、誰もが楽しめる製品が充実している。

・価格帯もお手頃なものから高級なものまで、様々な製品があるので、自分に合ったものを選べる。

・万一故障してしまっても、すぐに対応してくれるので心強い。

・様々なイベント活動も行っているので、親しみが持てる。

人気のアウトドアメーカースノーピークには、このような特徴とブログの評判があります。

スノーピークのシェルターの特徴

次に、スノーピークのシェルターの特徴をご紹介します。

シェルターというのは、テントとタープの中間のような存在で、キャンプやバーベキューなど、様々なアウトドアシーンで活躍してくれるアイテムです。

テントと違い、シェルターにはボトムがありません。

一見スクリーンタープのようにも見えますが、シェルターの特徴としてフルクローズ、フルメッシュにできるという特徴があります。

また、テントなどとドッキングさせることも可能で、広々とした空間を様々なシーンで楽しむことができます。

夏場などの暑い時期はフルメッシュにして通気性を良くして、冬場などの寒い時期はフルスクリーンにすることで寒さをしのぐことも可能です。

内部にインナーテントを張れば、テントにも早変わりさせることができます。

シェルターにはこのような特徴があり、ブログなどからも高い評価を得ています。

そんなスノーピークのシェルターの一つに「カヤード」がありました。

次は、その「カヤード」の特徴をご紹介していきます。

スノーピークの「カヤード」の特徴と設営方法をご紹介!

ここからは、スノーピークの人気シェルター「カヤード」の特徴をご紹介します。

2018年で廃盤となってしまいましたが、どんなシェルターだったのでしょうか?

〇カヤードの特徴

・その名の通りまるで「蚊帳」のようにメッシュ生地で覆われていので、とても通気性が良く、夏場でも快適に過ごせる。

・メッシュ部分にサイドウォールを取り付ければ、冬場でも使える。

・フロントパネルとサイドパネルを取り付けることができ、目隠しが可能なのでプライベート空間を守ることができる。

・全ての面のパネルを巻き上げることができ、テントとドッキングさせることが可能。

〇カヤードのスペック

・サイズ 680cm×490cm×210cm
・本体重量 約5.2kg
・収容可能人数 6人

〇カヤードの設営方法

①設営場所を決めて、そこに本体を半分に折った状態で広げます。

②メインコーナーにメインポールを差し込んで、そこにロープを掛けて下さい。

③メインポールを立てて、自在付き二又ロープの先端をそれぞれメインポールと約45度くらいの角度で伸ばし、ペグダウンしてメインポールを自立させます。

④メインコーナーのボトム部をペグダウンして、サブコーナーをサブポールで立ち上げて下さい。

立ち上がったら、そこに自在ロープを掛けてそれぞれペグダウンさせます。

⑤最後に、ゴムループも全てペグダウンしてから、本体やロープの張り加減を調節して完成です。

以上が、スノーピークの「カヤード」の特徴です。

次は、そんなカヤードはブログからどんな評判があったのかをご紹介していきます。

スノーピークの「カヤード」のブログの評判は?

スノーピークの人気シェルター「カヤード」は、ブログからどのような評判があったのでしょうか?

・風通しがとても良いので、春から秋にかけてはサイドウォールなしで快適に過ごせる。

・全ての側面がメッシュ生地で覆われているので、夏場など虫が気になる時期でも、中に入ってくる心配がない。

・簡単に設営できるので、すぐに使える。

・テントとドッキングさせると、内部がとても広くなり、人数が多い時でも対応できる。

・サイドウォールを取り付けた時に、ボトム側が固定されていないので、冬場などは隙間風が入って寒い場合がある。

スノーピークの「カヤード」にはブログからこのような評判がありました。

また、特にファミリー層から多くの支持がありました。

ただし、冬場は、サイドウォールのボトム部を固定させる必要があるようです。

ブログでも評判の良いスノーピークのシェルターをご紹介!

ここからは、ブログでも評判が良くて人気のあるスノーピークのシェルターをご紹介します。

・メッシュシェルター

スノーピークのシェルターの中でも、アウトドア初心者の方向けのエントリーラインの大型シェルターです。

可能な限りメッシュ生地を使っているので、暑い夏場も快適にファミリーで過ごせます。

・リビングシェル

コンパクトな見た目にも関わらず、内部はとても快適な空間になっているシェルターです。

サイズも豊富なので、使う人数に合わせて購入することができます。

テントとのドッキングもスムーズに行える優れものです。

・エントリー2ルームエルフィード

アウトドア初心者の方向けのエントリーラインの2ルームシェルターです。

シンプルな構造なので、とても設営しやすいのが特徴で、もちろん内部はとても広く快適な空間が広がっています。

・ランドロック

スノーピークを代表するくらい有名な大型シェルターです。

とても広々とした2ルームシェルターで、頑丈な造りになっているので、とてもタフさがあります。

インナールームをセットできるので、大型のテントとしても十分使えます。

スノーピークには「カヤード」以外にもたくさんのシェルターが用意されています。

他にもまだまだあるので、自分にぴったりなシェルターを探してみて下さい。

「カヤード」の他に廃盤になってしまったスノーピークの製品

最後に、ブログでも人気の高かったスノーピークの「カヤード」のように、2018年に廃盤となってしまったスノーピークの製品をご紹介していきます。

・スカイネスト

スノーピークの新しい挑戦として、2015年に販売が開始された一風変わったハンギングテントです。

その名の通り、地上から離れた場所に設置して浮遊感が楽しめるテントで、2016年にはグッドデザイン賞も受賞しています。

・トルテュシリーズ

家族で楽しめる2ルームオールインワンシェルターとして人気がありました。

シリーズには、トルテュPRO.とトルテュライトがあり、どちらも広々して快適な空間と、充実した機能が揃った優れたシェルターでした。

・タシーク

とてもコンパクトなミニマムサイズの2ルームシェルターです。

スノーピーク最小のシェルターでしたが、多彩なオプションを活用することによって、自在にアレンジできるのが特徴でした。

・カマエルドーム

スノーピークのフォトグラファー向けに開発されたドームテントで、他にはない様々なアイデアが詰め込まれた、多才なドームとして人気がありました。

2018年に廃盤になってしまった製品の一部をご紹介しました。

これらの製品はもう製造はされていませんが、店舗などによっては在庫がある場合もあります。

興味のある方は、ぜひ早めに探してみて下さい。

ブログでも評判の良いスノーピークの「カヤード」は在庫限り!

スノーピークの人気シェルター「カヤード」の特徴や、ブログの評判をご紹介してきました。

もう廃盤となっていますが、店舗によっては在庫がある可能性もあります。

興味を持たれた方は、一度探してみてはいかがでしょうか?

スノーピークのシェルターで、さらに快適なアウトドアライフをお過ごし下さい。