キャンプは女子だけでも!ブログと連携するインスタで楽しく

女子キャンプが人気です。

キャンプといえば、釣り、火起こし、飯盒、BBQなど、なんだか難しそうで手間がかかりそうで、男性の趣味、と思われていたのはもう古い、ですよね。

ブログやインスタでも見かけますが、キャンプグッズは、とってもかわいいアイテムが多いです。

女子だけで行けば、何から何までかわいくすることができますよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者にはモンベルのカヤックがおすすめ?評判はどう?

カヤックの購入を検討しているという方は、モンベルのカヤックを候補に入れてみてはいかがでしょうか。...

一人でバーベキューを楽しみたい!必要な情報はブログから!

バーベキューというと、「大人数でワイワイ盛り上がろう!」といったイメージを持っている方が多いので...

コールマンのガチャガチャで人気のランタンは電池交換可能?

アウトドア用品で人気のコールマンから、コールマン製のランタンやアウトドア用品がガチャガチャになっ...

モンベルのエアマットが野宿に良し!修理キット付きで安心!

キャンプの時など、屋外で夜を明かす時に欠かせないのが、寝袋と『エアマット』です。 エアマットに...

ガルモントの登山靴が人気!?修理のポイントも知りたい!

ガルモントの登山靴をご存知でしょうか。 数ある登山靴のなかでも、品質の高さが人気です。 登山愛...

キャンピングカーで冷蔵庫を使ったら?消費電力の悩みを解決

キャンピングカーで悩むことのひとつに、電化製品の搭載が挙げられるでしょう。 なかでも、長旅に必...

定番シュラフのナンガのオーロラライトは別注モデルがお得!

近年、冬キャンプが静かなブームとなっています。 しかし、寒い冬に野外で快適に一晩過ごすためには...

バックパッカー必見!バックパックカバーを使っての防犯対策

バックパック一つを持って海外などの旅行を楽しむ、バックパッカー。 必要最低限の荷物を持って、見知...

ユニフレームの鉄板!シーズニングを行う理由とそのやり方

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで、調理するときに役立つのが「鉄板」です。 ユニフレーム...

超快適!スノーピークIGTシリーズのオススメ組み合わせ集

バーベキューやキャンプで調理をする時に必要になるのが、調理台として活躍してくれるテーブルです。 ...

フィルソンのバッグはアウトドア派に人気!お手入れ方法紹介

アウトドア好きの皆さんには、お気に入りの道具というものがあるのではないでしょうか。 雨の日のキャ...

話題のスキレットハンバーグを魚焼きグリルで作ろう!

アウトドアな場面でも大活躍のスキレットですが、実は家庭でも非常に便利な調理道具として人気があるの...

コロンビアの登山靴は修理ができる?お手入れして長く使おう

登山をする際に履く靴は登山靴と呼ばれ、登山の形態にあわせてさまざまな形態のものがあります。 ...

ユニフレームのライスクッカーで作ろう!野外での米の炊き方

キャンプで食べる食事の醍醐味といえば、飯盒炊爨(はんごうすいさん)ですね。 しかし、飯盒炊爨では...

スノーピークの新作寝袋・エントリーパックとはどんな物?!

寝袋と言えばアウトドアライフでの必需品の一つです。 数あるアウトドアブランドの中でも、日本が世...

スポンサーリンク

女子キャンプってどこがいいの?

女子キャンプ、というとその名の通り、女子だけで行くキャンプですが、大変ではないのでしょうか。

キャンプというと、テント設営や力仕事が多いイメージで、トイレやお風呂も難しいというイメージがあるかもしれません。

ですが、始めてみると女子が楽しめる要素がたくさんあって、女子会の延長で仲間と行くようになる人もいるようです。

キャンプは、男性と一緒に行くとリーダーシップをとってもらうことが多く、お手伝い的なポジションで楽と言えば楽ですが、物足りないと思うこともありますよね。

それに、張り切って一大イベントにしなくても、もっと気軽に行きたいと思うものです。

女子キャンプをして、ブログやインスタにあげている人達のスタイルを見ると、人それぞれで決まった形というものはありません。

整備されたキャンプ場にザック一つで行って、夏キャンプから冬キャンプまで楽しんでいる女子。

個人個人で一人用テントを持ち寄って、それぞれ設営し、料理もそれぞれが作って持ち寄る自由な女子。

女子キャンプなら、機能性より「かわいい」を追求したスタイルでも分かりあえますし、自分の世界観を追求することができます。

意外とできちゃう?女子だけのキャンプ

アウトドアブームのおかげで、便利なキャンプグッズはどんどん増えて、テント設営もキャンプ料理も、女子だけでも慣れれば簡単です。

携帯燃料で、チャチャっと料理しても十分美味しい料理は作れます。

様々なアイテムを自分一人で使いこなせるようになるのは、「大変」どころか楽しいものです。

また、自立したかっこよさだけではなく、あくまでも女子らしくおしゃれに、見え方にもこだわるとブログが華やかになります。

一時期、メディアでしつこく取り上げられた「インスタ映え」もすること間違いなしなアイディアについては、記事の後半でまた、取り上げます。

その他にも、女子だけのキャンプのメリットはあります。

女子会の様子は、男性にはなるべく見せたくはないものです。

気取らないトークと、恋バナなどで盛り上がれるのは、女子同士だからこそ。

男性がいると、見られ方やモテを気にして、くだけた話ができない人もいます。

キャンプの開放感に加えて、ある意味、女性らしさからも解放されるのが、女子キャンプなんです。

ブログやインスタグラムにキャンプ写真をアップ!

女子キャンプの魅力が伝わったでしょうか。

もし、女子キャンプにこれからチャレンジするなら、ブログやインスタグラムに写真をアップするのもおすすめです。

特に、インスタグラムはビジュアル面で優れており、20~30代のF1層を中心に広がっています。

特に、女性ユーザーが多いのも特徴です。

日常生活の中で可愛いもの、美しいものを見出し、自己表現をしたいという人には、ぴったりです。

関連アプリの豊富な加工メニューによって、撮影技術に自信が無くても、雰囲気ある、おしゃれな一枚に仕上がります。

アプリのスムーズな予約投稿も、使い勝手が抜群です。

さらに、ほかのsnsなどとも連携できます。

ブログとも連携できるようになりましたので、ブログ更新がおっくうになってきた、という人にもおすすめです。

ブログと連携できて便利!インスタグラムの基本①

ブログとも連携できて、ユーザーが増えているインスタで、キャンプの写真をアップするのもおすすめですが、もう若くはない「女子」にとっては、少々ハードルが高く感じるかもしれません。

ですが、意外と簡単です。

画面上に表示されるアイコンについて、ざっと説明しておきますね。

・ホーム

フォローしている友達や有名人、企業の投稿が表示されます。

・発見

注目の写真が来るほか、アカウントの検索もできます。

・カメラ

ここで撮影します。

・お知らせ

自分やフォローしているアカウントへのお知らせです。

(「いいね!」されたことが確認できる)

・プロフィール

自分のプロフィール。

過去の投稿写真が確認できます。

企業のユーザーの場合は、ここがどれだけ充実しているかで判断されることも多い、インスタグラムの中でも「顔」というべきページになります。

・Instagramストーリーズ

自分のストーリーを作るところです。

ホーム画面に、自分のアイコンとフォロー相手のアイコンが並ぶようになりますが、ここがストーリーズになります。

他の投稿よりも目立ち、フォロワーに気づいてもらいやすいところです。

・ほかの人のストーリー

フォローしている相手のストーリーが表示される

ブログと連携できて便利!インスタグラムの基本②

キャンプ女子なら、知っておきたいインスタグラムのいろはについてご説明してきましたが、「これだけは知っておこう!」というものがハッシュタグです。

画像の下に、#に続いてキーワードをつけることで、検索にヒットされやすくなります。

例えば、「女子キャンプ」とハッシュタグを付ければ、そのキーワードで検索した場合に発見され、同じ興味を持っているフォロワー同士がつながるきっかけになるわけです。

また、ハッシュタグをタップすることで、同じハッシュタグを付けた投稿一覧画面に飛びます。

このハッシュタグの使い方はさまざまで、ズラズラっと長く付ける方法や、文章のように付けて読んでもらう、という人もいます。

写真でボケて、ハッシュタグでつっこむ一人ボケツッコミができるのです。

また、メッセージとして使う場合もあります。

ブログのように文章で書けない分、ここを使う、ということですね。

人気お笑い芸人のインスタグラムを見ると、参考になるかもしれませんね。

女子キャンプの輪を広げよう!

人気お笑い芸人だけではなく、一般の方の中にも、センス抜群なインスタグラムで人気を集めている人がいます。

キャンプが趣味な人の中にも人気インスタグラマーはいますので、ぜひ探してみて、気に入ったら「いいね!」をしてみましょう。

キャンプが好きな人は、とにかくギアやテントにこだわっている人が多く、女子でもそれは同じです。

まるで、テントのカタログのように、豊富なテントを持っていて、作り上げたい世界観によって使い分けている方もいます。

自分の好みを追求していきたいなら、区間サイトより、フリーサイトの人気のないキャンプスポットを選ぶ方が表現しやすいかもしれません。

ブログでも同じですが、どうせなら、オリジナルで完成度の高いものにしたいですよね。

そのほうが、フォロワーの目にも止まりやすく、繋がるチャンスが増えます。

初めは、なんとなくアップし続けていても、いつのまにかフォロワー数がどんどん増えて、メディアにも取り上げられる方もいます。

そうなれば、グループキャンプの機会も増えることでしょう。

「いいね!」に取りつかれてしまうリスクもありますが、それだけ夢中になれるということではないでしょうか。

キャンプは海外でも人気があり、インスタグラムでフォロワーが付きやすいので、特に楽しめます。

アイテムにこだわり過ぎなくても、自然の美しさや夜のランタンの明かりをうまく取り入れて、おしゃれな写真がたくさん撮れることでしょう。

キャンプ料理やテントの内装、ファッション、テントサイトなど、楽しくて自分の「好き」が詰まった写真をぜひ、撮ってきてくださいね!

女子キャンプするならインスタがおすすめ

「かわいい」は女子の生きる糧ですよね。

もちろん、本格的で機能的なかっこいいスタイルの女性もいらっしゃいますが、ファンタジックだったりラブリーな世界観のキャンプも素敵です。

アウトドアファッションも、同性がチェックしていると思うと、選ぶのにも気合が入るものです。

ブログやインスタグラムをフル活用して、自分のこだわりを表現し、仲間を増やしていければきっと、楽しいですよ!