コールマンのアテナシリーズはなぜ人気?設営方法は?

コールマンは有名なアウトドア用品専門のブランドです。

キャンパーでなくとも、1度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。

アウトドアブランドのため、コールマンはテントの種類が大変豊富です。

その中でも「アテナ」シリーズのテントは人気が高く、ファンが多いと聞きます。

そんなアテナシリーズの特徴と設営方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ユニフレームのダッチオーブン!サイズ展開は8インチから!

アウトドアメーカーのユニフレームからは、バーナーや焚き火台など、アウトドアでの活動をサポートする様...

サーモスジャーで作る便利なレシピやスープをご紹介!

サーモスといえば、断熱容器で有名です。以前までは、断熱といえば保冷のみで、主に水筒などでその...

バーベキューの時に使いたい椅子のおすすめアイテムをご紹介

皆さんは、バーベキューに必要なものをそろえる時に何を重要視しますか。やはり、バーベキューアイ...

初めてのダッチオーブン!サビに強いユニフレームがおすすめ

「初めてダッチオーブンを買うけど、どれならサビないのだろう…。」と悩んでいる方はいらっしゃいません...

タトンカの1TCでファミリーキャンプ!適したポールはどれ?

タトンカタープはコットン混紡で耐火性が高いことから、焚き火のそばでも穴が開いてしまう事を気にせず...

これで外のゴミ箱が飛ばない!キャンプ場でできる風対策5撰

みなさんは、キャンプ場でどのようなゴミ箱を使っていますか?外でバーベキューを楽しんでいる間に...

スノーピークの寝袋の特徴とたたみ方などをご紹介!

スノーピークは、日本を代表するアウトドアブランドの1つです。テントやタープなど、アウトドアで...

スカルパの人気シューズ「ドラゴ」選ぶときはサイズ感が重要

テレビなどのメディアに取り上げられることの多いボルダリング。これはアウトドアスポーツの一つで...

トランギア製メスティンのシーズニング方法とは?

キャンプでおいしいご飯を簡単に炊くことができるトランギアのメスティン。シンプルな形は様々な調...

便利なバーベキューコンロ!カセットガス使用のイワタニ製品

バーベキューといえば「炭に火を起こして食材を焼いて食べる」というイメージがあるでしょう。しか...

アークテリクスのゴアテックスアイテムはどうやって洗濯する?

アークテリクスと言えば、本格的な登山のアイテムからタウンユースまで様々なアイテムが揃い、幅広い層...

アウトドアの調理で大活躍コールマンツーバーナーの修理方法

アウトドアの醍醐味と言ったら、外で食べる美味しい料理ですよね。外で食べることによって、いつも...

クーラーボックススタンドは必要?木製・アルミ製のオススメ

クーラーボックススタンドはキャンパーさんによって、持参すべきかどうか迷うキャンプ道具の1つでもあり...

コールマンの便利なクッカー!使い方と簡単レシピのご紹介

キャンパーに愛されている「コールマン」は、アウトドア用品のブランドで有名です。コールマンか...

残ったホワイトガソリンを保管したい!場所は物置で大丈夫?

キャンプや登山などで火を使いますが、その燃料の1つにホワイトガソリンがありますね。帰る支度を...

スポンサーリンク

簡単に設営できる!コールマン・テントのラインナップ

もともとコールマンはアメリカのメーカーで、創業当初はガソリン式ランプの販売・修理を行っていました。

その後、今のように様々なキャンパーに愛される、アウトドア用品の人気店となったのです。

そんなコールマンのテントは、種類が豊富です。

どんな種類があるか、いくつかご紹介します。

・ツーリングドーム/LX(2~3人用)

1人でも設営できるコンパクトシリーズです。

前室が高いので、開放感があるのが特徴です。

・サンドーム グリーン(3人用)

1人で設営が可能で、電気コードの引き込み口がついています。

防水加工になっているので、雨の日も安心です。

・BCクロスドーム/270(4~5人用)

コールマンの中で、最もベーシックなテントです。

シンプルで設営もしやすい定番モデルです。

・インスタントツールームドームテント(8人用)

8人用と大型なのに、設営に10分かからないと言われています。

室内をパーテーションで仕切って、2部屋にできる特徴があります。

・アテナ トンネル2ルームハウス/LDX

寝室スペースと作業スペースが分かれている大型のテントです。

雨・風を避けることが可能で、ゆったり過ごすことができます。

いかがでしたか。

一部のみのご紹介ですが、様々な種類のテントがあります。

その中でも人気の高い「アテナ」シリーズの詳しいご紹介をさせていただきます。

コールマン・アテナ「トンネル2ルームハウス」の魅力

コールマン・人気のアテナシリーズ「トンネル2ルーム」について詳しくご紹介します。

その名の通り、トンネル型の大きなテントになっています。

奥が寝室、手前が作業スペースになっており、2つの部屋のように分かれているのです。

寒い時期にキャンプを行っても、きちんと寝室を閉めれば防寒になるので安心です。

リビングルーム(作業スペース)は、料理をしたり食事をとったりできます。

アテナはリビングルームが広いので、ファミリーキャンパーにおすすめのテントとなります。

また、アテナは機能面も優れています。

大きな窓やルーフフライ、ランタンハンガーが設置されています。

さらに、電気コードの引き込み口もついているのです。

そして、テント全周が「スカート」になっています。

スカートとはその名の通り、テント幕が外に向かって開いている状態を指します。

これによって、虫や冷気をシャットアウトできるのです。

今は1年を通してアウトドアを楽しむ人が増えているので、寒い時期に嬉しい機能ですね。

アテナのトンネル2ルームハウスは10万円以内で購入できるテントです。

この機能と広さなら、十分ではないでしょうか。

続いて設営方法のご紹介になります。

コールマン・アテナ「トンネル2ルームハウス」の設営手順

コールマン・アテナのトンネル2ルームハウスの設営手順をご紹介します。

こちらは大型テントですが、一人でも設営が可能です。

設営に必要なもののご案内です。

・アウターテント
・ポール類(フレーム用4本、ひさし用1本)

①フレームポール4本は、湾曲していることを確認します。

②テント本体を広げます。

③前から順番に端を仮ペグしていきます。

④ポールスリープにシルバーポール3本とレッドポール1本を通します。

⑤1番前の2ヶ所をペグ打ちします。

⑥後ろのポールを持って一気に立ち上げます。

⑦1番後ろを2ヶ所ペグ打ちします。

⑧全体の位置を調整したら完成です。

基本的には本体を広げてポールスリーブにポールを通す、といった手順になります。

ポールエンドはグロメットがあるので、そこにさすだけです。

さらに通すポールも、スリーブが色別に分かれているのでわかりやすいでしょう。

トンネルテントはポールをクロスさせる要素がありません。

そのため比較的簡単に設営が可能です。

コールマン・アテナ「スクリーン2ルームハウス」の特徴は?

コールマン・アテナシリーズで人気の、スクリーン2ルームハウスのご紹介になります。

さきほどご紹介したトンネル2ルームハウスよりも、一回り小振りのテントになります。

しかし奥に寝室、手前が作業スペースと、きちんと別れています。

一般的なテントよりはゆったりと、大きい作りになっています。

幕の素材は「リップストップファブリック」を使用しており、破れに強い素材になっています。

また各縫目も十分に縫われているので、多少の強さで引っ張ってもびくともしません。

防水加工になっているので、雨の日でも問題なく使用できます。

四方エプロンになっているので、結構な雨が降っても浸水することはないでしょう。

他にも良い点はあります。

アルミポールを使用しているので軽くてとても丈夫です。

テントの中の天井も高くなっています。

作業スペースは、机(1200×500)、椅子4脚、クーラーボックス、キッチン代を入れてもまだ余裕があります。

そのため、ファミリーで使うのにいいテントです。

設営はとても簡単で、慣れると1人で行えると聞きます。

トンネル2ルームまではいかなくとも、大きめでくつろげるテントを探してる人におすすめとなります。

コールマン・アテナ「スクリーン2ルームハウス」の設営手順

コールマン・アテナのスクリーン2ルームハウスの設営手順をご紹介します。

こちらも慣れれば一人でも設営が可能です。

設営に必要なもののご案内です。

・アウターテント
・ポール類(リッジ1本、メイン2本、リアメイン2本、フロント1本、ミドル1本)

①テントを広げます

②リッジポールを通します。

③メインポールをテント横のスリーブに通し、リッジポールと接続します。

この時「IN」マークが下を向くようにします。

反対側も同じように行います。

④メインポールを立ち上げるとリビング部分が自立し、ドーム状になります。

⑤更にフロントポールとミドルポールをつなげます。

先ほどよりしっかりとしたドーム状になります。

⑥リアメインポール2本で寝室部分を立てます。

ここまで行うと自立状態になります。

全体の位置を調整して完成です。

2ルームハウスのテントにしては、一人で設営するのに無理のない構造だと言われています。

付属にロープがついているのでキャノピーも建てることができます。

大きな日よけになるので、ぜひ設置しましょう。

アテナシーズのメンテナンスは?テントクリーニングとは?

コールマンのテント、アテナは「クリーニングに出せる」のをご存知ですか。

アテナでなくとも、いくら丈夫なテントを購入しても、メンテナンスを怠ると破損の原因になります。

テントクリーニングを行う条件はいくつかあります。

・前回使用してからメンテナンスをしていない
・買ってから一回もクリーニングをしていない
・雨の日にテントを設営した
・雨の後テントを乾かしていない
・テントの水弾きが悪くなった

いかがですか。

どれか一つでも当てはまるなら、テントクリーニングをおすすめします。

クリーニング店では、テントの構造や生地を見極め、手洗いか機械洗いかを選択します。

テントが丸ごと洗える大型の洗濯機も置いてあります。

これによって、高い洗浄力で頑固な汚れをしっかり落とせるのです。

アウトドア用品の専門クリーニング店なので、仕上がりは一目瞭然です。

お店によっては「デラックスコース」と「エコノミーコース」の2コースがあります。

デラックスコースは仕上げにアイロンがついていたりと、シーズンオフにメンテナンスを行う場合におすすめです。

エコノミーコースはまだテントが新しく、こまめにメンテナンスしたい人におすすめです。

エコノミーコースでしたら1万円以下でクリーニングに出せるテントが多いです。

長くテントを使うために、ぜひご検討ください。

コールマンのアテナは魅力的である

いかがでしたか。

コールマンで人気のアテナシリーズのテントをご紹介させていただきました。

大型のテントなのに一人で設置ができる、良い構造のテントだという事が分かりました。

2ルームハウステントは寝室とリビングが分かれていて、ゆったりとストレスなく過ごすことができます。

まるで自分だけの別荘のようです。

アテナで行うキャンプは、家族との最高の良い思い出になるでしょう。