コールマンのアテナシリーズはなぜ人気?設営方法は?

コールマンは有名なアウトドア用品専門のブランドです。

キャンパーでなくとも、1度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。

アウトドアブランドのため、コールマンはテントの種類が大変豊富です。

その中でも「アテナ」シリーズのテントは人気が高く、ファンが多いと聞きます。

そんなアテナシリーズの特徴と設営方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夏にぴったりなキャンプファイヤー!ゲームも簡単に楽しもう

夏はキャンプに行く予定がある人もいるのではないでしょうか。キャンプといえば、キャンプファイヤ...

涼しく快適なコールマンのオアシススクリーン!設営方法は?

テントは今やアウトドアだけでなく、ピクニックやビーチ、運動会などさまざまなシチュエーションで使用...

コールマンガソリンランタンを愛用!修理・お手入れ法!

コールマンのガソリンランタンは非常に魅力的です。アウトドアでこのアイテムを1つ持っていくだけ...

週末はハイキングを満喫!初心者おすすめのツアーをご紹介!

週末のイベントとして最近注目されているハイキングは、老若男女とわず、どなたでも楽しめます。大...

スノーピークのシュラフ「SS」を例にして選び方を考えよう

キャンプやアウトドアで必要なもののひとつであるシュラフ。アウトドア初心者はどのようなものを選...

バーベキューの主役「肉」を使ったおいしいレシピを大公開!

バーベキューで使う食材の中で主役的存在といえばやっぱり「肉」です。牛肉、豚肉、鶏肉などがそれ...

人気ブランド!モンベルとパタゴニアのダウンをご紹介

寒い時期のアウトドアで、必要になってくるのがダウンジャケットですよね。ダウンジャケットは普通の...

ストウブで炊いたご飯がくっつく問題!対策を知り再度挑戦!

ストウブ鍋でご飯を炊いた経験はありますか?「ストウブで炊いたご飯は本当に美味しい!」と言われ...

キャンプで本格コーヒーを!アウトドアでもミル挽きコーヒー

キャンプといったアウトドアを満喫している最中の飲食は、普段よりもおいしく感じますよね。もし自...

フィルソン社のトートバッグの魅力とエイジングの楽しみ

フィルソン社というアウトドアウェアや道具を扱うメーカーをご存知でしょうか?今回は、数あるフィル...

釣り道具を買うなら実店舗?ネット?店選びのアドバイス!

「釣り道具を購入したいけれど、どこのお店で購入しよう?」そう迷っているという方に、おすすめの...

ツェルトの張り方ってどうやるの?モンベル製品の活用術!

「ツェルトってテントと違うの?」そういった疑問もあるかと思いますが、本来ツェルトは不慮の事態...

キャンプで盗難に遭わないために!ブログを参考にしよう!

楽しいはずのキャンプ。もしも、そんな楽しいはずのキャンプで盗難被害に遭ったら、一気に悲しい気...

コールマンランタンのジェネレーターを自分で再生させる!

コールマンのガソリンランタンは、灯火するにも、メンテナンスにも手間がかかる道具ですが、やっていく...

釣り餌が無い時でも安心!餌代わりとなる代用品をご紹介!

いざ釣り餌を買おうと思っても「店が閉まっていた」といったことや、釣りをしている途中で「餌を切らし...

スポンサーリンク

簡単に設営できる!コールマン・テントのラインナップ

もともとコールマンはアメリカのメーカーで、創業当初はガソリン式ランプの販売・修理を行っていました。

その後、今のように様々なキャンパーに愛される、アウトドア用品の人気店となったのです。

そんなコールマンのテントは、種類が豊富です。

どんな種類があるか、いくつかご紹介します。

・ツーリングドーム/LX(2~3人用)

1人でも設営できるコンパクトシリーズです。

前室が高いので、開放感があるのが特徴です。

・サンドーム グリーン(3人用)

1人で設営が可能で、電気コードの引き込み口がついています。

防水加工になっているので、雨の日も安心です。

・BCクロスドーム/270(4~5人用)

コールマンの中で、最もベーシックなテントです。

シンプルで設営もしやすい定番モデルです。

・インスタントツールームドームテント(8人用)

8人用と大型なのに、設営に10分かからないと言われています。

室内をパーテーションで仕切って、2部屋にできる特徴があります。

・アテナ トンネル2ルームハウス/LDX

寝室スペースと作業スペースが分かれている大型のテントです。

雨・風を避けることが可能で、ゆったり過ごすことができます。

いかがでしたか。

一部のみのご紹介ですが、様々な種類のテントがあります。

その中でも人気の高い「アテナ」シリーズの詳しいご紹介をさせていただきます。

コールマン・アテナ「トンネル2ルームハウス」の魅力

コールマン・人気のアテナシリーズ「トンネル2ルーム」について詳しくご紹介します。

その名の通り、トンネル型の大きなテントになっています。

奥が寝室、手前が作業スペースになっており、2つの部屋のように分かれているのです。

寒い時期にキャンプを行っても、きちんと寝室を閉めれば防寒になるので安心です。

リビングルーム(作業スペース)は、料理をしたり食事をとったりできます。

アテナはリビングルームが広いので、ファミリーキャンパーにおすすめのテントとなります。

また、アテナは機能面も優れています。

大きな窓やルーフフライ、ランタンハンガーが設置されています。

さらに、電気コードの引き込み口もついているのです。

そして、テント全周が「スカート」になっています。

スカートとはその名の通り、テント幕が外に向かって開いている状態を指します。

これによって、虫や冷気をシャットアウトできるのです。

今は1年を通してアウトドアを楽しむ人が増えているので、寒い時期に嬉しい機能ですね。

アテナのトンネル2ルームハウスは10万円以内で購入できるテントです。

この機能と広さなら、十分ではないでしょうか。

続いて設営方法のご紹介になります。

コールマン・アテナ「トンネル2ルームハウス」の設営手順

コールマン・アテナのトンネル2ルームハウスの設営手順をご紹介します。

こちらは大型テントですが、一人でも設営が可能です。

設営に必要なもののご案内です。

・アウターテント
・ポール類(フレーム用4本、ひさし用1本)

①フレームポール4本は、湾曲していることを確認します。

②テント本体を広げます。

③前から順番に端を仮ペグしていきます。

④ポールスリープにシルバーポール3本とレッドポール1本を通します。

⑤1番前の2ヶ所をペグ打ちします。

⑥後ろのポールを持って一気に立ち上げます。

⑦1番後ろを2ヶ所ペグ打ちします。

⑧全体の位置を調整したら完成です。

基本的には本体を広げてポールスリーブにポールを通す、といった手順になります。

ポールエンドはグロメットがあるので、そこにさすだけです。

さらに通すポールも、スリーブが色別に分かれているのでわかりやすいでしょう。

トンネルテントはポールをクロスさせる要素がありません。

そのため比較的簡単に設営が可能です。

コールマン・アテナ「スクリーン2ルームハウス」の特徴は?

コールマン・アテナシリーズで人気の、スクリーン2ルームハウスのご紹介になります。

さきほどご紹介したトンネル2ルームハウスよりも、一回り小振りのテントになります。

しかし奥に寝室、手前が作業スペースと、きちんと別れています。

一般的なテントよりはゆったりと、大きい作りになっています。

幕の素材は「リップストップファブリック」を使用しており、破れに強い素材になっています。

また各縫目も十分に縫われているので、多少の強さで引っ張ってもびくともしません。

防水加工になっているので、雨の日でも問題なく使用できます。

四方エプロンになっているので、結構な雨が降っても浸水することはないでしょう。

他にも良い点はあります。

アルミポールを使用しているので軽くてとても丈夫です。

テントの中の天井も高くなっています。

作業スペースは、机(1200×500)、椅子4脚、クーラーボックス、キッチン代を入れてもまだ余裕があります。

そのため、ファミリーで使うのにいいテントです。

設営はとても簡単で、慣れると1人で行えると聞きます。

トンネル2ルームまではいかなくとも、大きめでくつろげるテントを探してる人におすすめとなります。

コールマン・アテナ「スクリーン2ルームハウス」の設営手順

コールマン・アテナのスクリーン2ルームハウスの設営手順をご紹介します。

こちらも慣れれば一人でも設営が可能です。

設営に必要なもののご案内です。

・アウターテント
・ポール類(リッジ1本、メイン2本、リアメイン2本、フロント1本、ミドル1本)

①テントを広げます

②リッジポールを通します。

③メインポールをテント横のスリーブに通し、リッジポールと接続します。

この時「IN」マークが下を向くようにします。

反対側も同じように行います。

④メインポールを立ち上げるとリビング部分が自立し、ドーム状になります。

⑤更にフロントポールとミドルポールをつなげます。

先ほどよりしっかりとしたドーム状になります。

⑥リアメインポール2本で寝室部分を立てます。

ここまで行うと自立状態になります。

全体の位置を調整して完成です。

2ルームハウスのテントにしては、一人で設営するのに無理のない構造だと言われています。

付属にロープがついているのでキャノピーも建てることができます。

大きな日よけになるので、ぜひ設置しましょう。

アテナシーズのメンテナンスは?テントクリーニングとは?

コールマンのテント、アテナは「クリーニングに出せる」のをご存知ですか。

アテナでなくとも、いくら丈夫なテントを購入しても、メンテナンスを怠ると破損の原因になります。

テントクリーニングを行う条件はいくつかあります。

・前回使用してからメンテナンスをしていない
・買ってから一回もクリーニングをしていない
・雨の日にテントを設営した
・雨の後テントを乾かしていない
・テントの水弾きが悪くなった

いかがですか。

どれか一つでも当てはまるなら、テントクリーニングをおすすめします。

クリーニング店では、テントの構造や生地を見極め、手洗いか機械洗いかを選択します。

テントが丸ごと洗える大型の洗濯機も置いてあります。

これによって、高い洗浄力で頑固な汚れをしっかり落とせるのです。

アウトドア用品の専門クリーニング店なので、仕上がりは一目瞭然です。

お店によっては「デラックスコース」と「エコノミーコース」の2コースがあります。

デラックスコースは仕上げにアイロンがついていたりと、シーズンオフにメンテナンスを行う場合におすすめです。

エコノミーコースはまだテントが新しく、こまめにメンテナンスしたい人におすすめです。

エコノミーコースでしたら1万円以下でクリーニングに出せるテントが多いです。

長くテントを使うために、ぜひご検討ください。

コールマンのアテナは魅力的である

いかがでしたか。

コールマンで人気のアテナシリーズのテントをご紹介させていただきました。

大型のテントなのに一人で設置ができる、良い構造のテントだという事が分かりました。

2ルームハウステントは寝室とリビングが分かれていて、ゆったりとストレスなく過ごすことができます。

まるで自分だけの別荘のようです。

アテナで行うキャンプは、家族との最高の良い思い出になるでしょう。