コールマンcpx6クアッドLEDランタンの使い方をご紹介!

キャンプは、絆を深めるためにも自分自身を見つめるためにも、かかせないことだと思われませんか?

昼間は青空の下で、大自然の新鮮な空気を思いきり楽しんで、夜はキャンプファイヤーを囲んで、みんなで楽しく団らんしたり、夜空を静かに眺めたり。

素晴らしい体験ができるキャンプですが、大自然の夜の暗さに戸惑う方もいるかもしれませんね。

足元が見えない、手元が見えない、字が読めない、と不便に思うこともあるかもしれません。

「大自然も満喫したい、でも夜も快適に過ごしたい。」

今回はそんなあなたにピッタリの、高性能で使い方も簡単な、コールマン社のcpx6クアッドLEDランタンをご紹介します。

コールマン社の歴史

アメリカでは、キャンプと言えばコールマン、と言うほど人気と信頼のあるコールマン社。

創業118年のコールマン社は、アウトドアやキャンプ用品を専門に製造しているアメリカ大手のメーカーです。

創立当時からその信頼は厚く、アメリカ軍が使う調理用のガソリン式ストーブなどを製造し重宝されたということもきっかけになり、コールマン社の名前は有名になりました。

現在では、キャンプ用品全般を数多く製造していて、今でも新たな製品開発への意欲のあるメーカーです。

アメリカでは、キャンプはとても安価に楽しめる娯楽です。

週末になると、キャンプ場や国立公園や市営公園などの公園へキャンプをしに行く人がたくさんいます。

そしてキャンプ場へ行くと、いたるところに、たくさんのコールマン社製のキャンプ用品を目にすることができます。

コールマン社の製品は、大手のお店などに必ずと言っていいほど販売されていることもあり、アメリカ人にとって、「キャンプ用品はコールマン」というイメージがあるのも、うなずけます。

今回は、コールマン社から発売されたcpx6クアッドLEDランタンをご紹介します。

使い方も簡単で、とても便利で優秀な商品となっています。

コールマン社のcpx6クアッドLEDランタンの人気の秘密

コールマン社や他のメーカから様々なキャンプ用のランタンが販売されていますが、その中でも今回特におすすめしたいのが、コールマン社のcpx6クアッドLEDランタンです。

cpx6クアッドLEDランタンは、本体に4つのLEDランタンが取り付けてあり、ひとつひとつのLEDランタンは、取り外して持ち運ぶことが可能です。

夜のキャンプ場での移動は、ランタンがないと大変に危険です。

夜の星の美しさとは裏腹に、暗闇の中では何かにつまずいたり、見えにくい崖などの危険と隣り合わせです。

そんなときに大活躍するのが、cpx6クアッドLEDランタンなのです。

通常、LEDランタンは、時にまぶしく感じるのですが、cpx6クアッドLEDランタンはまぶしさを軽減させるアンバーレンズを採用し、明るすぎず丁度良い光量で、使い勝手がとても良いです。

使い方が簡単なことも、人気の大きな理由です。

さらに、乾電池、充電池、AC電源と、どのカートリッジでも使用できるので、様々なシーンに対応できます。

そして多くの人が、デザインのスタイリッシュさを高く評価していて、人気商品というのもうなずけます。

では次に、cpx6クアッドLEDランタンの便利な機能を詳しくご紹介します。

cpx6クアッドLEDランタンの便利な機能とは

コールマンのcpx6クアッドLEDランタンの一番の特徴は、4つのエリアライトが本体から外すことができるということです。

それぞれを持ち運ぶことができたり、また、本体に一つにまとめて使えるという使い分けができるのは、とても便利な機能です。

ライトもhighとlowと2段階に調節できるので、シーンに合わせて明るさを調節することができます。

さらに、様々なシーンに合わせて、乾電池や充電地などに切り替えも簡単にできるので、バッテリーの残量もコントロールすることができます。

カートリッジの切り替えも簡単で、本体の底の部分にカートリッジをはめ込むだけでOKです。

特に、「乾電池、充電地、AC電源と3種類のカートリッジを使い分けられる機能はとても便利」と、ユーザーからの評判が高いのもうなずけます。

カートリッジの使い方によって、バッテリーの残量をコントロールできるので、長時間ランタンの明かりを使い続けることができます。

コールマンのcpx6クアッドLEDランタンのカートリッジの使い方

コールマンのcpx6クアッドLEDランタンの人気の理由の1つに、3種類のカートリッジを使用できるということがあります。

ここでは、それぞれのカートリッジの使い方を詳しくご紹介します。

まず、乾電池を使う場合です。

乾電池はアルカリ単一形幹電池を4本使用します。

明るさは、先程お伝えしたとおり、highとlowの2種類です。

4本の単一形幹電池の使用の場合、highにしたときの連続点灯間は約27時間で、lowのときは約112時間です。

cpx6充電式カートリッジハイパワーの場合、highにしたときの連続使用時間は約5時間で、lowのときは約16時間です。

AC電源を使用すれば、バッテリーの残量を気にせずに使用することが可能です。

さらに本体に取り付けられている4つのエリアライトは、本体から自動で充電されますので、とても使いやすく、これも便利な機能となっています。

このように性能がとても高く、ランタンとして、とても優秀な製品なのです。

コールマンのcpx6クアッドLEDランタンの使い方の例!

コールマンのcpx6クアッドLEDランタンは、機能的で使い方も簡単で、本当にあらゆるシーンで活躍します。

夜のキャンプ場での使用は、とにかく便利で機能も優秀です。

夜のトイレへ行くときや、1人で出かけなければいけないときの、安全のためのフラッシュライトとして使用することができます。

エリアライトを1つ外しても、ほかのエリアライトは光ったままなので、手元や足元が暗くなる瞬間もなく、とても便利です。

食事時のテーブルランプとしての使用や、テント内に持ち込んで、天井からつるしてランタンを使用することもできます。

そうすると、とてもオシャレな雰囲気になります。

また、キャンプでの使用に限らず、防災の際に非常用ランプとして力を発揮できるランタンとしても、優秀です。

震災のときに即、売り切れていたというのも、その性能と機能が支持されている証拠と言えるでしょう。

コールマンのcpx6クアッドLEDランタン!使い方の注意点

とても便利で機能的なコールマンのcpx6クアッドLEDランタンですが、大切に使い続けるために注意する点「大自然も満喫したい、でも夜も快適に過ごしたい。」がいくつかあるので、ご紹介していきます。

まず、乾電池は使用するときに入れ、使用後は乾電池を本体から取り出してください。

なぜかというと、長時間未使用で乾電池を入れたままにすると、放電してしまうからです。

ほかの注意点は、カートリッジを変えるときです。

乾電池を使用するときは、カートリッジに乾電池を入れますが、必ずランタンの電源をオフにしてから、カートリッジを本体から外し、乾電池を入れてください。

充電式カートリッジや、AC電源のためのカートリッジを取り付けるときも、必ずランタンの電源をオフにしてください。

カートリッジは蓋をしっかりと閉め、必ず正しい位置に、はめ込むようにしましょう。

位置が正しければ、本体にカートリッジを押し込んだときに、カートリッジの左右のロックがかかります。

使い方をきちんと守れば、長期間使用することができますので、以上の点を注意してみてください。

コールマンのランタンをキャンプのお供に!

コールマン社のcpx6クアッドLEDランタンが人気の理由がお分かりいただけたと思います。

キャンプは大好きだけれど、実は暗所恐怖症の私ですが、このランタンのお陰で、夜のキャンプ場も快適に安心して過ごせています。

きっと、使用すればその優秀さを実感できるに違いありません。

キャンプを快適に、余すところなく楽しみましょう。