サイフォン式コーヒーはネルフィルターの交換がポイント?

コーヒーは、私たちにとってとても身近な飲み物です。

その味わいと香りは、アウトドアの際の癒しにもなり得るでしょう。

コーヒーのなかでも最近人気なのが、サイフォン式コーヒーです。

これはその名の通り、サイフォンという器具を使用して入れるコーヒーのことです。

美味しいサイフォン式コーヒーを味わうには、ネルフィルターのお手入れや交換が重要でしょう。

これらについて、詳しくまとめていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アークテリクス・アルファsvを徹底調査!サイズ感や詳細は?

アークテリクスと言えば、アウトドア業界でもその製品のデザイン性と品質の高さは高水準とされているメ...

釣り仕様に車をカスタムしたい!おすすめ車種も!

自宅の近くに良好な釣りスポットがあれば良いのですが、ほとんどの人は釣りスポットまで移動しなければ...

ドイターのロードワンやバイクワンの選び方やインプレ紹介!

リュックというと荷物が入ればよいと思われるかもしれませんが、自転車を乗るうえでは一般的なリュック...

釣り餌が無い時でも安心!餌代わりとなる代用品をご紹介!

いざ釣り餌を買おうと思っても「店が閉まっていた」といったことや、釣りをしている途中で「餌を切らし...

ストーブの臭いの原因は?一酸化炭素中毒に気を付ける

寒い季節に、部屋全体を温めてくれるのが石油ストーブです。キャンプでも暖をとるために、持ち運ぶ...

バーベキューをより美味しく楽しもう!ソースの手作りレシピ

大自然の中で肉や野菜を焼いて食べるバーベキューは、アウトドアアクティビティの代表格です。いつ...

大人気!スノーピークのテント『トルテュPRO』の設営方法

スノーピークは、キャンプをはじめ様々なアウトドア用品を扱っている日本のメーカーです。スノーピ...

釣りの餌はスーパーで調達できる?!手軽な食材のご紹介!

釣りのために買う「釣り餌」ですが、行くたびに購入しているうちに、結構な金額になっていたということ...

キャンプ場ブログアクセス数UPのコツ!関西でのオススメは?

あなたは、「ブログ」を書いたことがありますか?何かを調べたいときのツールの一つとして、「ブロ...

磯の人気者「グレ」釣り上達のテクニックを一挙公開!

堤防や磯釣りの対象魚として人気なのがグレです。グレ専門に狙う釣人はたくさんおり、様々な方法で...

ダッチオーブンで燻製を!臭いが残った場合の解消法もご紹介

「焼く」「煮る」など、様々な調理法が可能なダッチオーブン。その他にも、ダッチオーブンでは燻製...

バーベキューがより楽しくなる!役に立つ達人技をご紹介!

達人技と聞くと「なんだか難しそう」「素人が習得するには長い時間を要するのでは?」といったイメージ...

グレゴリーのクイックポケットは便利な使い方がたくさん!

グレゴリーと言えば、タウンユースから本格的な登山まで対応したバックパックが有名ですが、「テールメ...

ユニフレームのダッチオーブン!サイズ展開は8インチから!

アウトドアメーカーのユニフレームからは、バーナーや焚き火台など、アウトドアでの活動をサポートする様...

人気のコールマンコクーン2!設営方法を動画から学ぶ

キャンプに必需品のテントというと、代表的なものにコールマンのシリーズが挙げられます。中でもコ...

スポンサーリンク

サイフォン式コーヒーの抽出方法とは!?

コーヒーの抽出方法には、浸漬式と透過式の2つがあります。

【浸漬式】

コーヒー豆を挽いたものを、お湯に浸す方法です。

サイフォン式コーヒーは、この浸漬式を利用します。

高温で短時間の抽出が可能であり、コーヒーの香りをより楽しむことができます。

また抽出方法も手軽なため、アウトドアの際にも役立つでしょう。

2回攪拌するだけで、美味しいコーヒーを味わうことができます。

サイフォンの、アルコールランプの揺れや沸騰する様は、見ているだけでも心を落ち着かせてくれるでしょう。

【透過式】

コーヒー豆を挽いたものに、お湯を透過させる方法です。

代表的な方法はドリップです。

ドリップは、フィルターを使用してコーヒーを抽出します。

抽出方法により、使用するフィルターの素材が異なります。

ペーパードリップは紙にフィルターを使用し、クリアな味わいが特徴です。

ネルドリップはネルという布のフィルターを使用し、まろやかな味わいがあります。

また、金属のフィルターを使用する抽出方法もあります。

フィルターを洗剤で洗うことにより長期使用が可能です。

そのため、フィルターの交換頻度が少ない点も人気です。

サイフォン式コーヒーを作るには何が必要?

サイフォン式コーヒーを作る際に、必要なものは何でしょうか。

以下にまとめました。

●コーヒー豆

コーヒー豆の種類は、主にブレンドとストレートに分けられます。

ブレンドは、複数の種類のだけで構成されます。

組み合わせは何通りもあります。

それにより、組み合わせを選んだ方の個性も大きく反映されるのです。

ストレートは、1種類の豆で構成されます。

モカやキリマンジャロなどが挙げられるでしょう。

豆の産地などでも味に違いが出るのも特徴です。

●コーヒーミル

コーヒー豆を砕く器具です。

豆は新鮮さが大切ですよね。

古い豆は、コーヒーの味わいが著しくそこなわれているものが多いです。

その場合は、豆を新しいものと交換しましょう。

コーヒーミルのタイプは、電動から手動まであります。

●サイフォン

なんといってもサイフォンの用意が肝心です。

サイフォンは、ネルフィルターなどいくつかのパーツから構成されます。

事項で詳しくお伝えします。

●アルコール

サイフォンには、ほぼアルコールランプがセットで売られています。

ですが、アルコール自体は自分で用意する必要があります。

アルコールランプは、注ぎ口が小さいです。

そのため、特に初心者はアルコールが注ぎにくい場合があるでしょう。

注ぎやすいように工夫されているものも販売されていますのでおすすめです。

ネルフィルターなどのサイフォンのパーツ

前項では、サイフォンはいくつかのパーツから構成されてると述べました。

そのパーツについて詳しくご説明します。

●フラスコ

丸い形が特徴です。

水の沸騰や、抽出したコーヒーの入れておくなど重要な役割を果たします。

注意点として、フラスコの表面が水で濡れている状態を避けてください、

暖めるときに、割れる危険性があります。

また、ひびなどがみられる場合は、新しいものと交換してください。

●スタンド

フラスコを固定させるパーツです。

特に、フラスコの首の部分をしっかり固定させましょう。

ここがゆるんでいると、コーヒーを注ぐときにフラスコが落下する場合があります。

ひどいやけどに繋がりますので注意してください。

●ロート

沸騰したお湯とコーヒー豆を挽いたものを混ぜるパーツです。

●ネルフィルター

ロートにセットし、抽出されたコーヒーをろ過します。

●アルコールランプ

水が沸騰する際の熱源です。

火力は、布が出ている長さで調整できます。

サイフォン式コーヒーの入れ方とは?ネルフィルターの水洗いや交換がカギ?

ここでは、サイフォン式コーヒーを入れる手順をご説明します。

①ろ過する部分にネルフィルターをセットする

紐をきつく絞ってからセットします。

新しいネルフィルターは、糊を取り除いてから使用します。

コーヒー豆とともに煮沸してください。

その後よく洗ってから使用しましょう。

②ロートにネルフィルターをセットする

先ほどセットしたネルフィルターを、ロートに取り付けてください。

また、ロートからはガラス管が伸びています。

その先に、留め金具を引っかけてください。

③フラスコに水を入れる

水の代わりにお湯でもよいです。

入れたらアルコールランプに点火し、温めましょう。

沸騰したかどうかを見極める方法があります。

ネルフィルターからはボールチェーンがのびていますよね。

それがフラスコの底に当たったかどうかで、判断することができるのです。

ここまでが、コーヒーの入れ方の主な流れとなります。

またサイフォン使用後は、ネルフィルターを洗剤ではなく水で洗いしましょう。

流水で洗い流すようにするのがポイントでしょう。

ネルフィルターは、時期がきたら交換することも重要です。

これらに関しては、事項でまとめていきます。

ネルフィルターの交換時期

サイフォンのネルフィルターの長期使用は、過度の目詰まりを起こします。

少しの目詰まりであれば、それもコーヒーを蒸らすのによいでしょう。

ですが過度の目詰まりは、コーヒーを抽出する一定の時間を大幅に超えてしまうのです。

それは、ネルフィルターの起毛が関係しています。

長期使用により、起毛がコーヒーの細かい粒子をろ過できなくなるのです。

過度な目詰まりは、コーヒーの味わいを著しく損ないます。

アウトドアの際は、自然に囲まれながら美味しいコーヒーを味わいたいものですよね。

エグ味などを防ぐためにも、適切な時期にネルフィルターを交換しましょう。

ネルフィルターには、交換時期の見極め方があります。

空のネルフィルターにお湯を注ぎます。

そのお湯の落ちる早さを計ってください。

まず、新しいネルフィルターで計ってください。

そして、何度か使用したネルフィルターでも計るのです。

おおよそ、30~50回ほど使用したネルフィルターがよいでしょう。

これら両方のネルフィルターの早さを比べてみてください。

何度か使用したネルフィルターの早さが著しく低下していたら、交換のサインです。

強くこすったネルフィルターは交換必須?各パーツのお手入れポイント

前項では、ネルフィルターのお手入れについて触れました。

ここではその他各パーツのお手入れについても、順を追ってご説明します。

①ロートを洗う

コーヒーの色素が付くのを防ぐように、水洗いで丁寧に洗いましょう。

②ネルフィルターに付いたコーヒーの出がらしや粉末を落とします。

コーヒーの粉末は、水気をよく切ってから捨てましょう。

また、排水溝にコーヒーの粉が流れないよう注意してください。

③フラスコを洗う

フラスコも、ロート同様に洗います。

特に底の部分は汚れが溜まりやすいので注意してください。

④ネルフィルターを洗う

ネルフィルターは、強くこすらずに洗いましょう。

前項では、ネルフィルターの長期使用は過度の目詰まりを起こすと述べました。

それは、ネルフィルターを強くこすって洗うことでも起こるのです。

過度の目詰まりは、フラスコからお湯が上がるのを遮るだけではありません。

場合により、フラスコの破裂にも繋がるのです。

アウトドアでサイフォンを安全に使用するためにも、これらの過度な目詰まりには交換をおすすめします。

サイフォン式コーヒーで優雅な時間を楽しもう

サイフォン式コーヒーは、味わいや香りを楽しめると人気です。

また、サイフォン自体のアンティークな佇まいは、多くのファンの心を魅了し続けています。

コーヒーが出来上がるまでの様を、のんびりと眺めるのもよいでしょう。

アウトドアの有意義な時間といえます。

またサイフォン式コーヒーを美味しく味わうには、ネルフィルターのお手入れが大切ですね。

適切な時期にネルフィルターを交換することもポイントです。