スノーピークで人気のテントタシーク!気になる評価とは?

アウトドアで必要なものの1つがテントです。

遊び疲れてほっと一息ついたり、自然の中でゆったりくつろぐのに、快適なテントを選ぶことはアウトドアを楽しむ上で重要ですよね。

人気ブランドのスノーピークでは、様々な種類のテントを販売しています。

この記事では、スノーピークのテント「タシーク」を中心に、その評価などもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学生もできるワカサギ釣りの魅力とおすすめな釣り竿を解説

ワカサギ釣りは、小学生のお子さまや初心者の方でも気軽に楽しめる冬のアクティビティです。「家族...

キャンプはトレーラーで楽しむ?ブログからその魅力を探ろう

キャンプ場などで、乗用車とトレーラーが連結している「キャンピングトレーラー」を見たことはありませ...

ヒルバーグのアルタイに結露が!どうしたらいい?

アウトドアをする時に、ヒルバーグのアルタイを使っている方、これから使おうと思っている方がいらっしゃ...

スノーピークのチタンマグカップ!機能や利点、蓋について

アウトドアを始めるのに特別な道具は必要ありませんが、道具から始めるというのもおすすめです。ま...

コールマンのクラシックテントが人気!口コミで高評価な理由

最近の雑貨などでは、60年代や70年代などのヴィンテージなデザインが人気ですよね。キャンプで...

マムートの福袋は何が入ってる?最近の中身の傾向とからくり

福袋って「買う派」と「買わない派」に分かれますよね。福袋を買うために元旦から並ぶ人もいれば、...

スノーピーククッカーで料理を作ろう!ブログのおすすめは?

キャンプ料理をより快適に楽しいものにするためのクッカーセットをご存知でしょうか。アウトドアに...

スノーピークのペグハンマー!特徴と使い方を詳しくご紹介

「品質に、情熱を。」というスローガンを掲げるスノーピーク。品質のクオリティの高さは、圧倒的な...

どの製品が良い?バーベキューグリル・コンロおすすめ11選

バーベキューの必需品と言えるグリルやコンロですが、たくさんのアウトドアブランドの製品があります。...

クーラーボックスの正しい使い方をご紹介~釣り編~

釣りをして釣った魚を、おいしく食べるために鮮度を保ってくれる重要なアイテムが、クーラーボックスで...

アークテリクス・アルファsvを徹底調査!サイズ感や詳細は?

アークテリクスと言えば、アウトドア業界でもその製品のデザイン性と品質の高さは高水準とされているメ...

バーベキューコンロの折りたたみ式は使い勝手が良いのか

バーベキューは楽しくても、道具が大きくて持ち運びや収納が大変だと思いませんか。イスやテーブル...

季節に合わせた釣り用ファッション!オシャレメンズに変身!

釣りが趣味のメンズは大勢いますね。釣りは真夏や真冬のような厳しい環境で行う場合もありますし、...

キャンプで石油ストーブの使用は大丈夫?正しい灯油の入れ方

寒い冬を乗り越える為に必要な暖房器具として、もっとも使われているのが石油ストーブです。そして...

ナンガのシュラフはふわふわすぎて、たたみ方に困るかも?!

ナンガは、高い品質のシュラフを製造していることで有名です。最近では人気キャップブランドと...

スポンサーリンク

人気ブランドスノーピークが力を注いでいるこだわりのテント!

日本発祥のアウトドアブウランドであるスノーピークは、日本のアウトドアメーカーの中でもトップレベルの品質で、人気があります。

スノーピークは、創業者の山井幸雄氏が金物問屋からスタートした会社です。

その後、自社でオリジナルの登山用品を開発、販売したのがスノーピークの始まりです。

スノーピークはキャンパーの目線で、オリジナリティー溢れる機能的な商品や様々な新しい商品を生み出しています。

スノーピークのテントに対しての考え方は、「テントは一日遊んで疲れた身体を休息させる快適なベッドルームでなければならない」です。

アウトドアで思いっきり体を動かした後は、ゆっくりと体を休ませて次の日に備えたいですよね。

家族や仲間とテントの中で過ごす時間もまた、思い出に残るものにしたいものです。

雨や風を受けるテントの屋根であるフライシート、壁であるウォール、床であるボトムなどテントを構成する全てのパーツに必要なスペックを検証し、取り入れています。

また、生地の種類、厚さや織り方などにもこだわってテントを作っています。

細部にまでこだわってテントを作っているスノーピークですが、評価の高いテント「タシーク」について後述していきます。

モデルで展開するスノーピークのテント!

スノーピークのテントは初心者向けから上級者向けまで、商品が取り揃えてあります。

初心者には「エントリー」、中級者には「スタンダード」、上級者には「プロ」の3タイプのモデルがあるので、ご自身にあったものが選べて嬉しいですよね。

これに合わせて、人数や季節、用途からも選択できます。

評価の高いテント「タシーク」は居住一体型のテントで、「オールインワンテント」と呼ばれています。

居住空間と寝るところが一体になっているので、タープなどを張る必要のないところが、人気です。

この「オールインワンテント」にも、エントリーモデル・スタンダードモデル・プロモデルとあり、タシークはスタンダードモデルです。

モデル別に、おすすめのものをご紹介していきます。

初心者から高評価!スノーピークエントリーモデルのトルテュ!

では、モデル別にご紹介します。

まずはエントリーモデルです。

【スノーピーク:トルテュ ライト】

・参考価格 138,240円

・重量 15.8キロ

初心者向けエントリーモデルのトルテュは、家族向けのオールインワンテントです。

4人以上が快適に過ごせるリビングルーム・ベンチレーター・サイドエントランス・アップライトポールなどがオプションではなく最初から付いています。

後からオプションを付ける必要がないので、経済的と言えるでしょう。

オプションによるテントの拡張が必要ないため、接続部分などに隙間が空かず、冬場などの寒い時期でも快適に過ごせます。

オールシーズンに対応する設計になっているので、寒い時期にもキャンプを楽しみたい方におすすめです。

また、キャンプ初心者向けで、組み立ては難しくありません。

使った感想は「2ルームあるので、タープなしで利用できてとても便利」「組み立てもスムーズにできた」などの高評価が見られました。

最初から4人以上で使用することが分かっている場合に、おすすめのオールインワンテントです。

次項では、スタンダードモデルのタシークをご紹介します。

評価の高いスノーピークのテント!スタンダードモデルのタシーク

続いて、スタンダードモデルのタシークをご紹介します。

【スノーピーク:タシーク】

・参考価格 121,284円

・重量 17キロ

中級者向け、スタンダードモデルのタシークは、2人で使うのに最適な2ルームテントです。

とにかくコンパクトさを追求していて、収納サイズは30センチ×75センチ×35センチととても小さくなります。

コンパクトになるにもかかわらず、広げると、テント内は大人2人がゆっくりとくつろげる空間が広がります。

また、テント内を自由にカスタマイズしたり、家族が増えたりして小さく感じたら、拡張することも可能です。

拡張するには、オプションの「インナールーム」や「エクステンション」をつなぎ合わせると簡単に広げることができます。

家族構成が変わったり、キャンプの度に参加人数が変わる場合がある方に、おすすめのテントです。

ここで、インナールームとエクステンションもご紹介します。

【スノーピーク:テント タシーク エクステンション】

・参考価格 41,580円

【スノーピーク:テント タシーク インナールーム】

・参考価格 26,784円

これらを使うことで、急な人数変更にも対応できますね。

次項では、実際にタシークを使った方の評価もご紹介します。」

タシークの気になる評価とプロモデルのトルテュプロ!

では、タシークを使った方の評価をご紹介します。

タシークは防風性や耐水性に優れているテントなので、購入した方のほとんどが「風や水に強い」という感想をもっています。

また、「2人で使用するのに、本当にちょうどいいサイズ感」という評価も多く見られました。

「見た目がおしゃれ」といった、茶色を基調として赤のラインが落ち着いたデザインのタシークの外観に対しての高評価もありました。

2人向けのオールインワンテントの中では、とてもコンパクトで、なおかつゆったりと快適に過ごせます。

次にプロモデルをご紹介します。

【スノーピーク トルテュPro.】

・参考価格 192,240円

・重量 24キロ

上級者向け、プロモデルのトルテュ プロは家族のリビングを想定したオールインワンテントです。

ゆったりとして奥行があるので、「キャンプ場であることを忘れてしまった」という評価が見られるほどくつろげます。

また、アップライトポールが標準装備されているので、パネル上げてリビングをより広く使えます。

存在感があるので、これを設置することで、他のキャンパーたちと一線を画すことができるでしょう。

タシークと同様大人気!スノーピークのドーム型テント

ここまで、スノーピークのタシークを中心に、オールインワンテントについて色々とご紹介してきましたが、最後に「ドーム型テント」をご紹介します。

ドーム型テントは、これからキャンプを始めたい人にぴったりの設営のしやすいテントです。

では、商品をご紹介します。

【スノーピーク:アメニティドームM】

・参考価格 35,424円

・重量 8キロ

評価の高いスノーピークの代表的なテントで、快適さと耐久性を兼ね備えています。

テントの高さも絶妙で、風の抵抗を避けられるように設計されています。

次にご紹介する、ドーム型テントはこちらです。

【スノーピーク:ランドブリーズ2】

・参考価格 64,584円

・重量 5.5キロ

4方向にベンチレーションが備わり、通気性が高いです。

マッドスカートの追加で、春先や秋口の寒さにも対応できます。

前述したアメニティドームに比べると、重量が軽く収納サイズもコンパクトになるので持ち運びに便利です。

キャンプ経験や用途に合わせてご自身にぴったりのテントを!

スノーピークの色々な種類のテントをご紹介しました。

泊りがけで本格的に自然を満喫したいなら、オールインワンテントがおすすめです。

気軽に日帰りでキャンプを楽しみたいなら、設営がより簡単なドーム型テントが最適です。

ご自身のキャンプの経験や用途に合わせて、ぴったりのテントが見つかるといいですね。